« 飲み会 | メイン | 貨幣価値危機? »

2009年05月22日

侍士の会

弟の近所の酒屋に売っていたので、買ってきてもらいました(^^;

蔵番長と桐野が仲間入りです♪

侍士の門もそうだったのですが、その酒屋さん今月中は10%OFFみたいで・・・

蔵番長3024円、桐野2646円でした♪

明日、私は名古屋に行ってて居ないのですが、私領 五番隊も届きます(^^;
 
 
 
侍士の会が揃ってしまいそう・・・

ヤバイです(^^;
 
 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
 
 
 

<侍士の門>

【産地】  鹿児島県曽於郡
【原料】  芋・米麹(白玉)
【製造元】 太久保酒造
【容量】  1800ml
【度数】 25度

【定価】 3300円前後
【ネット通販相場】 4000円~8000円程度

侍士の門に使用されている米・白玉は154年以上栽培していなかった幻の酒米です。
白玉は明治時代まで栽培されていましたが、その後生産が途絶えましたが、七年前に農水省の研究所から種もみ七グラムを入手し、有機農業グル-プの協力を得て幻の米「白玉」を増やしました。
財部産の幻の米「白玉」と天然水を使った「侍士の門」は154年以上前の侍がいたであろう当時の香を感じさせる本格焼酎です。
味も香もまろやかで芋焼酎のイメ-ジを変えた極上本格焼酎です。
 
 
 
<武門 蔵番長>

【産地】  鹿児島県阿久根市
【原料】  ベジータクイーン・米麹(白玉)
【製造元】 鹿児島酒造
【容量】  1800ml
【度数】 25度

【定価】 3300円前後
【ネット通販相場】 3500円~7000円程度

芋「ベジータクイーン」は大隅町の生産農家「カライモ屋のアンちゃん」竹下一成氏の畑で、コガネセンガンの同種のベニアズマの突然変異種として偶然発見した芋です。
米は侍士の門と同様、幻の米「白玉」を使用してます。
清い澄んだ水のように軟らかく、その中に真の主張があり、胃の中に落ちる頃には味わいという深い余韻が残ります。

※現在は販売終了されています。 
 
 
 
<桐野>

【産地】  鹿児島県指宿市
【原料】  黄金千貫・米麹(山田錦)
【製造元】 中俣合名会社
【容量】  1800ml
【度数】 25度

【定価】 2800円前後
【ネット通販相場】 7000円~10000円程度

焼酎道五十五年、杜氏集団黒瀬杜氏の雄、黒瀬勉が其の杜氏人生の集大成として醸した骨太な旨みが感じられる芋焼酎。
敢えて時代の主流黒麹でなく、玄人好みの白麹仕込み。
決して「桐野利秋」その人に名前負けすることのない、実力派中俣合名会社が自信を持って世に送り出す本格芋焼酎の逸品。
甕仕込、甕貯蔵。 
 
 
  
<私領 五番隊>

【産地】  鹿児島県阿久根市
【原料】  ベジータレッド・米麹(大隅町産)
【製造元】 大石酒造
【容量】  1800ml
【度数】 25度

【定価】 2800円前後
【ネット通販相場】 4000円~5000円程度

鹿児島県曽於郡大隅町の甘藷生産業者から「日本・侍士の会」へ大隅町のために熱き思いの焼酎を造ってもらいたいと依頼され、薩摩大隅の歴史の色濃い「私領 五番隊」として製造されました。
香りが穏やかな広がりを見せ口当たりはまろやかで刺激はほとんどなく膨らみのある柔らかさ、丹念に麹を造られていると実感します。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする