FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
個別株シストレ〜トランプ式投資術
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

個別株シストレ〜トランプ式投資術

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  
 
 

全部で 79件 の記事があります。(表示:1−10)


今週のカード   2017/10/14(土)15:56:47  
  フルキャストHD(4848)株数300株
エンジャパン(4849)株数100株
テルモ(4543)株数100株
Uアローズ(7606)株数100株
日経平均ベア2倍(1360)株数140株

のセットです。

※先週末の終値から算出した想定投資金額
250万円前後

【ルール】
・上記全銘柄を週中保有
※銘柄の比率が重要なので、銘柄によって株数を増減するなど比率を変えない。(株数の増減をする場合は、全ての銘柄を同じ比率で行う)

・月曜日(週初が休場の場合翌営業日)の寄り付きに買い、その週の金曜日(週末が休場の場合前営業日)の引けで売る。

・ロスカットルールは買い値から-4%に設定。ストップロスに抵触した場合成行で手仕舞いする。(予め逆指値などでストップロス設定をしておく。ギャップダウンスタートの場合も含む)

※年間を通した利回りを追求するシステムトレードの特性上、マイナスになる週もあります。


■先週の結果
先週は相場が強かったというのもありますが、ようやく本来の調子を取り戻すことができました。長らくマイナスが続いていたなかで大幅プラスとなっており、チャートで言うと、下げ相場の中、底値圏で大陽線が出現したような感じでしょうか。歪んでいた需給も元に戻り始めてきており、底入れからのリバウンドを予感させるような状況です。全体は過熱感が広がってきましたが、指数に関係なく安定的なリターンを目指しましょう。


マクロミル(3978)株数200株
買値2,738円→売値3,160円 +422円 損益+84,400円 

大成建(1801)株数100株
買値5,950円→売値6,300円 +350円 損益+35,000円

日電産(6594)株数100株
買値13,915円→売値14,080円 +165円 損益+16,500円 

JCRファーマ(4552)株数100株
買値3,660円→売値3,643円 -146円 損益-14,600円
※ロスカット抵触

日経平均ベア2倍(1360)株数130株
買値3,795円→売値3,780円 -152円 損益-19,760円
※ロスカット抵触


最低ロットでの今回損益+101,540円

4月の通算損益 +35,150円
5月の通算損益 +101,800円
6月の通算損益 +88,610円
7月の通算損益 +100,000円
8月の通算損益 -33,250円
9月の通算損益 -164,300円
10月の通算損益 +72,640円

2017年4月からの通算損益 +200,650円
(スタートの最低投資金額約300万円)

(過去の損益は記事番号1番に記載してあります。)

掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について発行者、製作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任を負わず、損害賠償に応じません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。また、無断転載は固くお断りします。ご了承の上、ご利用ください。
 


今週のJOKER(1枚だけ選ぶならコレ!)   2017/10/14(土)15:55:00  
  投資資金が少ない方や1銘柄に集中投資したいという方のために!!

まるでババ抜きのように「トランプ式投資術」からカードを一枚ピックアップ!!

見事「JOKER」を引き当てることができるか!?


今週のJOKERは・・・・

フルキャストHD(4848)

※株数は各自リスクのとれる範囲内で自由に設定。


【過去の実績】
2017年5月
ヤマトHD(9064) 買値2522.5円→売値2421.5円 -101円
関電工(1942) 買値1140円→売値1112円 -28円
太陽誘電(6976) 買値1542円→売値1584円 +42円

2017年6月
エムスリー(2413)買値3170円→売値3275円 +105円
ミネベアミツミ(6479)買値1915円→売値1888円 -27円
カルビー(2229)買値4545円→売値4510円 -35円
太陽誘電(6976) 買値1647円→売値1795円 +148円
アコム(8572)買値525円→売値504円 -21円

2017年7月
東製鉄(5423)買値958円→売値991円 +33円
ミネベアミツミ(6479)買値1,775円→売値1,898円 +123円
ローム(6963)買値9,010円→売値9,340円 +330円
トーセイ(8923)買値865円→売値876円 +11円

2017年8月
アルバック(6728)買値5,910円→売値5,674円 -236円  ロスカット抵触
日電産(6594)買値12,745円→売値12,590円 -155円
第一興商(7458)買値5,550円→売値5,420円 -130円
ホシデン(6804)買値1,812円→売値1,775円 -37円

2017年9月
マツダ(7261)買値1,605円→売値1,619円 +14円
サンケン電(6707)買値571円→売値548円 -23円
ソニー(6758)買値4,365円→売値4,241円 -124円
日製鋼(5631)買値2,658円→売値2,552円 -106円 ロスカット抵触
千葉銀(8331)買値785円→売値805円 +20円

2017年10月
理計器(7734)買値2,266円→売値2,285円 +19円
マクロミル(3978)買値2,738円→売値3,160円 +422円

【ルール】
・月曜日(週初が休場の場合翌営業日)の寄り付きに買い、その週の金曜日(週末が休場の場合前営業日)の引けで売る。

・ロスカットルールは買い値から-4%に設定。ストップロスに抵触した場合成行で手仕舞いする。(予め逆指値などでストップロス設定をしておく。ギャップダウンスタートの場合も含む)

掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について発行者、製作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任を負わず、損害賠償に応じません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。また、無断転載は固くお断りします。ご了承の上、ご利用ください。
 


ノートランプルール   2017/10/14(土)15:54:24  
  ここでのノートランプルールというのは「トランプ式投資術」の銘柄採用ロジックから外れたという意味

トランプ式投資術のロジックルール上、採用されなかった銘柄ですが、そのまま見送るにはもったいない銘柄を紹介します。

できる限りリスクをとらずに、かつ少額から早期の資産形成を目指している投資家にオススメ!!

※不定期の更新になります。


そのカードは・・・・

エンジャパン(4849)

※株数は各自リスクのとれる範囲内で自由に設定。


【過去の実績】

2017年5月
OSG(6136)買値2218円→売値2298円 +80円
日電産(6594) 買値10380円→売値10745円 +365円
ローム(6963) 買値8430円→売値8580円 +150円
リクルートHD(6098) 買値5580円→5680円 +100円
ダイヘン(6622)買値835円→売値865 +30円

2017年6月
東エレク(8035)買値16340円→売値15765円 -575円
コーセー(4922)買値12740円→売値12800円 +60円
U.S.M.H(3222)買値1196円→売値1195円 -1円
日本新薬(4516)買値7000円→売値7220円 +220円
日本ライフL(7575)買値4715円→売値4755円 +40円
村田製(6981)買値17415円→売値17070円 -345円
大成建(1801)買値1072円→売値1029円 -43円

2017年7月
光通信(9435)買値11900円→売値11560円 -340円
クボタ(6326)買値1941円→売値1928円 -13円
村田製(6981)買値17280円→売値17315円 +35円

2017年8月
TKP(3479)買値14720円→売値14650円 -70円
富士通(6702)買値837円→売値825.7円 -11.3円
伊藤忠(8001)買値1720円→売値1742円 +22円
堀場製(6856)買値6460円→売値6520円 +60円

2017年9月
ソフトバンクG(9984)買値8860円→売値8950円 +90円
洋ゴム(5105)買値2155円→売値2167円 +12円
大林組(1802)買値1316円→売値1298円 -18円
プリマハム(2281)買値782円→売値762円 -20円

2017年10月
協和キリン(4151)買値1930円→売値1960円 +30円
丸井G(8252)買値1677円→売値1725円 +48円

【ルール】
・月曜日(週初が休場の場合翌営業日)の寄り付きに買い、その週の金曜日(週末が休場の場合前営業日)の引けで売る。

・ロスカットルールは買い値から-4%に設定。ストップロスに抵触した場合成行で手仕舞いする。(予め逆指値などでストップロス設定をしておく。ギャップダウンスタートの場合も含む)


・掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について発行者、製作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任を負わず、損害賠償に応じません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。また、無断転載は固くお断りします。ご了承の上、ご利用ください。
 


今週のカード   2017/10/09(月)14:01:17  
  マクロミル(3978)株数200株
大成建(1801)株数100株
日電産(6594)株数100株
JCRファーマ(4552)株数100株
日経平均ベア2倍(1360)株数130株

のセットです。

※先週末の終値から算出した想定投資金額
340万円前後

【ルール】
・上記全銘柄を週中保有
※銘柄の比率が重要なので、銘柄によって株数を増減するなど比率を変えない。(株数の増減をする場合は、全ての銘柄を同じ比率で行う)

・月曜日(週初が休場の場合翌営業日)の寄り付きに買い、その週の金曜日(週末が休場の場合前営業日)の引けで売る。

・ロスカットルールは買い値から-4%に設定。ストップロスに抵触した場合成行で手仕舞いする。(予め逆指値などでストップロス設定をしておく。ギャップダウンスタートの場合も含む)

※年間を通した利回りを追求するシステムトレードの特性上、マイナスになる週もあります。


■先週の結果
今週も指数が上昇する一方、運用銘柄は再びマイナスとなってしまいました。まだ需給にゆがみが生じていて、通常の相場に戻っていない印象です。これから決算シーズンに突入していくため、トランプ式投資術にとっては有利な展開となります。そろそろ挽回といきたいところです。

理計器(7734)株数300株
買値2,266円→売値2,285円 +19円 損益+5,700円 

住友電気工業(5802)株数300株
買値1,839円→売値1,839円 ±0円 損益±0円

LIXILG(5938)株数200株
買値3,015円→売値3,070円 +55円 損益+11,000円 

トリケミカル(4369)株数200株
買値3,755円→売値3,605円 -150円 損益-30,000円
※ロスカット抵触

日経平均ベア2倍(1360)株数130株
買値3,900円→売値3,780円 -120円 損益-15,600円

最低ロットでの今回損益-28,900円

4月の通算損益 +35,150円
5月の通算損益 +101,800円
6月の通算損益 +88,610円
7月の通算損益 +100,000円
8月の通算損益 -33,250円
9月の通算損益 -164,300円
10月の通算損益 -28,900円

2017年4月からの通算損益 +99,110円
(スタートの最低投資金額約300万円)

(過去の損益は記事番号1番に記載してあります。)

掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について発行者、製作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任を負わず、損害賠償に応じません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。また、無断転載は固くお断りします。ご了承の上、ご利用ください。
 


今週のJOKER(1枚だけ選ぶならコレ!)   2017/10/09(月)13:58:21  
  投資資金が少ない方や1銘柄に集中投資したいという方のために!!

まるでババ抜きのように「トランプ式投資術」からカードを一枚ピックアップ!!

見事「JOKER」を引き当てることができるか!?


今週のJOKERは・・・・

マクロミル(3978)

※株数は各自リスクのとれる範囲内で自由に設定。


【過去の実績】
2017年5月
ヤマトHD(9064) 買値2522.5円→売値2421.5円 -101円
関電工(1942) 買値1140円→売値1112円 -28円
太陽誘電(6976) 買値1542円→売値1584円 +42円

2017年6月
エムスリー(2413)買値3170円→売値3275円 +105円
ミネベアミツミ(6479)買値1915円→売値1888円 -27円
カルビー(2229)買値4545円→売値4510円 -35円
太陽誘電(6976) 買値1647円→売値1795円 +148円
アコム(8572)買値525円→売値504円 -21円

2017年7月
東製鉄(5423)買値958円→売値991円 +33円
ミネベアミツミ(6479)買値1,775円→売値1,898円 +123円
ローム(6963)買値9,010円→売値9,340円 +330円
トーセイ(8923)買値865円→売値876円 +11円

2017年8月
アルバック(6728)買値5,910円→売値5,674円 -236円  ロスカット抵触
日電産(6594)買値12,745円→売値12,590円 -155円
第一興商(7458)買値5,550円→売値5,420円 -130円
ホシデン(6804)買値1,812円→売値1,775円 -37円

2017年9月
マツダ(7261)買値1,605円→売値1,619円 +14円
サンケン電(6707)買値571円→売値548円 -23円
ソニー(6758)買値4,365円→売値4,241円 -124円
日製鋼(5631)買値2,658円→売値2,552円 -106円 ロスカット抵触
千葉銀(8331)買値785円→売値805円 +20円

2017年10月
理計器(7734)買値2,266円→売値2,285円 +19円

【ルール】
・月曜日(週初が休場の場合翌営業日)の寄り付きに買い、その週の金曜日(週末が休場の場合前営業日)の引けで売る。

・ロスカットルールは買い値から-4%に設定。ストップロスに抵触した場合成行で手仕舞いする。(予め逆指値などでストップロス設定をしておく。ギャップダウンスタートの場合も含む)

掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について発行者、製作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任を負わず、損害賠償に応じません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。また、無断転載は固くお断りします。ご了承の上、ご利用ください。
 


ノートランプルール   2017/10/09(月)13:57:36  
  ここでのノートランプルールというのは「トランプ式投資術」の銘柄採用ロジックから外れたという意味

トランプ式投資術のロジックルール上、採用されなかった銘柄ですが、そのまま見送るにはもったいない銘柄を紹介します。

できる限りリスクをとらずに、かつ少額から早期の資産形成を目指している投資家にオススメ!!

※不定期の更新になります。


そのカードは・・・・

丸井G(8252)

※株数は各自リスクのとれる範囲内で自由に設定。


【過去の実績】

2017年5月
OSG(6136)買値2218円→売値2298円 +80円
日電産(6594) 買値10380円→売値10745円 +365円
ローム(6963) 買値8430円→売値8580円 +150円
リクルートHD(6098) 買値5580円→5680円 +100円
ダイヘン(6622)買値835円→売値865 +30円

2017年6月
東エレク(8035)買値16340円→売値15765円 -575円
コーセー(4922)買値12740円→売値12800円 +60円
U.S.M.H(3222)買値1196円→売値1195円 -1円
日本新薬(4516)買値7000円→売値7220円 +220円
日本ライフL(7575)買値4715円→売値4755円 +40円
村田製(6981)買値17415円→売値17070円 -345円
大成建(1801)買値1072円→売値1029円 -43円

2017年7月
光通信(9435)買値11900円→売値11560円 -340円
クボタ(6326)買値1941円→売値1928円 -13円
村田製(6981)買値17280円→売値17315円 +35円

2017年8月
TKP(3479)買値14720円→売値14650円 -70円
富士通(6702)買値837円→売値825.7円 -11.3円
伊藤忠(8001)買値1720円→売値1742円 +22円
堀場製(6856)買値6460円→売値6520円 +60円

2017年9月
ソフトバンクG(9984)買値8860円→売値8950円 +90円
洋ゴム(5105)買値2155円→売値2167円 +12円
大林組(1802)買値1316円→売値1298円 -18円
プリマハム(2281)買値782円→売値762円 -20円

2017年10月
協和キリン(4151)買値1930円→売値1960円 +30円

【ルール】
・月曜日(週初が休場の場合翌営業日)の寄り付きに買い、その週の金曜日(週末が休場の場合前営業日)の引けで売る。

・ロスカットルールは買い値から-4%に設定。ストップロスに抵触した場合成行で手仕舞いする。(予め逆指値などでストップロス設定をしておく。ギャップダウンスタートの場合も含む)


・掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について発行者、製作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任を負わず、損害賠償に応じません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。また、無断転載は固くお断りします。ご了承の上、ご利用ください。
 


今週のカード   2017/09/30(土)16:56:39  
  理計器(7734)株数300株
住友電気工業(5802)株数300株
LIXILG(5938)株数200株
トリケミカル(4369)株数200株
日経平均ベア2倍(1360)株数130株

のセットです。

※先週末の終値から算出した想定投資金額
310万円前後

【ルール】
・上記全銘柄を週中保有
※銘柄の比率が重要なので、銘柄によって株数を増減するなど比率を変えない。(株数の増減をする場合は、全ての銘柄を同じ比率で行う)

・月曜日(週初が休場の場合翌営業日)の寄り付きに買い、その週の金曜日(週末が休場の場合前営業日)の引けで売る。

・ロスカットルールは買い値から-4%に設定。ストップロスに抵触した場合成行で手仕舞いする。(予め逆指値などでストップロス設定をしておく。ギャップダウンスタートの場合も含む)

※年間を通した利回りを追求するシステムトレードの特性上、マイナスになる週もあります。


■先週の結果
今週は全体が伸び悩む中、ようやく連敗記録から脱出しました。とはいえ、大幅プラスではなくぎりぎりマイナスにはならなかった程度です。結果、9月のパフォーマンスは過去最低の記録となってしまいましたが、異常値はいつまでも続くものではありません。今後、決算発表のシーズンに向かう中、ファンダメンタルズを重視したトランプ式投資術はそろそろ通常モードに戻ってくるタイミングではないかと考えています。

千葉銀(8331)株数1000株
買値785円→売値805円 +20円 損益+20,000円 

ふくおか(8354)株数1000株
買値513円→売値520円 +7円 損益+7,000円

日立建(6305)株数200株
買値3,415円→売値3,278円 -137円 損益-27,400円 
※ロスカット抵触

スルガ銀(8358)株数200株
買値2,401円→売値2,426円 +25円 損益+5,000円

日経平均ベア2倍(1360)株数120株
買値3,940円→売値3,920円 -20円 損益-2,400円

最低ロットでの今回損益+2,200円

4月の通算損益 +35,150円
5月の通算損益 +101,800円
6月の通算損益 +88,610円
7月の通算損益 +100,000円
8月の通算損益 -33,250円
9月の通算損益 -164,300円

2017年4月からの通算損益 +128,010円
(スタートの最低投資金額約300万円)

(過去の損益は記事番号1番に記載してあります。)

掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について発行者、製作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任を負わず、損害賠償に応じません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。また、無断転載は固くお断りします。ご了承の上、ご利用ください。
 


今週のJOKER(1枚だけ選ぶならコレ!)   2017/09/30(土)16:55:01  
  投資資金が少ない方や1銘柄に集中投資したいという方のために!!

まるでババ抜きのように「トランプ式投資術」からカードを一枚ピックアップ!!

見事「JOKER」を引き当てることができるか!?


今週のJOKERは・・・・

理計器(7734)

※株数は各自リスクのとれる範囲内で自由に設定。


【過去の実績】
2017年5月
ヤマトHD(9064) 買値2522.5円→売値2421.5円 -101円
関電工(1942) 買値1140円→売値1112円 -28円
太陽誘電(6976) 買値1542円→売値1584円 +42円

2017年6月
エムスリー(2413)買値3170円→売値3275円 +105円
ミネベアミツミ(6479)買値1915円→売値1888円 -27円
カルビー(2229)買値4545円→売値4510円 -35円
太陽誘電(6976) 買値1647円→売値1795円 +148円
アコム(8572)買値525円→売値504円 -21円

2017年7月
東製鉄(5423)買値958円→売値991円 +33円
ミネベアミツミ(6479)買値1,775円→売値1,898円 +123円
ローム(6963)買値9,010円→売値9,340円 +330円
トーセイ(8923)買値865円→売値876円 +11円

2017年8月
アルバック(6728)買値5,910円→売値5,674円 -236円  ロスカット抵触
日電産(6594)買値12,745円→売値12,590円 -155円
第一興商(7458)買値5,550円→売値5,420円 -130円
ホシデン(6804)買値1,812円→売値1,775円 -37円

2017年9月
マツダ(7261)買値1,605円→売値1,619円 +14円
サンケン電(6707)買値571円→売値548円 -23円
ソニー(6758)買値4,365円→売値4,241円 -124円
日製鋼(5631)買値2,658円→売値2,552円 -106円 ロスカット抵触
千葉銀(8331)買値785円→売値805円 +20円


【ルール】
・月曜日(週初が休場の場合翌営業日)の寄り付きに買い、その週の金曜日(週末が休場の場合前営業日)の引けで売る。

・ロスカットルールは買い値から-4%に設定。ストップロスに抵触した場合成行で手仕舞いする。(予め逆指値などでストップロス設定をしておく。ギャップダウンスタートの場合も含む)

掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について発行者、製作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任を負わず、損害賠償に応じません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。また、無断転載は固くお断りします。ご了承の上、ご利用ください。
 


ノートランプルール   2017/09/30(土)16:54:22  
  ここでのノートランプルールというのは「トランプ式投資術」の銘柄採用ロジックから外れたという意味

トランプ式投資術のロジックルール上、採用されなかった銘柄ですが、そのまま見送るにはもったいない銘柄を紹介します。

できる限りリスクをとらずに、かつ少額から早期の資産形成を目指している投資家にオススメ!!

※不定期の更新になります。


そのカードは・・・・

協和キリン(4151)

※株数は各自リスクのとれる範囲内で自由に設定。


【過去の実績】

2017年5月
OSG(6136)買値2218円→売値2298円 +80円
日電産(6594) 買値10380円→売値10745円 +365円
ローム(6963) 買値8430円→売値8580円 +150円
リクルートHD(6098) 買値5580円→5680円 +100円
ダイヘン(6622)買値835円→売値865 +30円

2017年6月
東エレク(8035)買値16340円→売値15765円 -575円
コーセー(4922)買値12740円→売値12800円 +60円
U.S.M.H(3222)買値1196円→売値1195円 -1円
日本新薬(4516)買値7000円→売値7220円 +220円
日本ライフL(7575)買値4715円→売値4755円 +40円
村田製(6981)買値17415円→売値17070円 -345円
大成建(1801)買値1072円→売値1029円 -43円

2017年7月
光通信(9435)買値11900円→売値11560円 -340円
クボタ(6326)買値1941円→売値1928円 -13円
村田製(6981)買値17280円→売値17315円 +35円

2017年8月
TKP(3479)買値14720円→売値14650円 -70円
富士通(6702)買値837円→売値825.7円 -11.3円
伊藤忠(8001)買値1720円→売値1742円 +22円
堀場製(6856)買値6460円→売値6520円 +60円

2017年9月
ソフトバンクG(9984)買値8860円→売値8950円 +90円
洋ゴム(5105)買値2155円→売値2167円 +12円
大林組(1802)買値1316円→売値1298円 -18円
プリマハム(2281)買値782円→売値762円 -20円

【ルール】
・月曜日(週初が休場の場合翌営業日)の寄り付きに買い、その週の金曜日(週末が休場の場合前営業日)の引けで売る。

・ロスカットルールは買い値から-4%に設定。ストップロスに抵触した場合成行で手仕舞いする。(予め逆指値などでストップロス設定をしておく。ギャップダウンスタートの場合も含む)


・掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について発行者、製作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任を負わず、損害賠償に応じません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。また、無断転載は固くお断りします。ご了承の上、ご利用ください。
 


今週のカード   2017/09/23(土)11:38:48  
  千葉銀(8331)株数1000株
ふくおか(8354)株数1000株
日立建(6305)株数200株
スルガ銀(8358)株数200株
日経平均ベア2倍(1360)株数120株

のセットです。

※先週末の終値から算出した想定投資金額
290万円前後

【ルール】
・上記全銘柄を週中保有
※銘柄の比率が重要なので、銘柄によって株数を増減するなど比率を変えない。(株数の増減をする場合は、全ての銘柄を同じ比率で行う)

・月曜日(週初が休場の場合翌営業日)の寄り付きに買い、その週の金曜日(週末が休場の場合前営業日)の引けで売る。

・ロスカットルールは買い値から-4%に設定。ストップロスに抵触した場合成行で手仕舞いする。(予め逆指値などでストップロス設定をしておく。ギャップダウンスタートの場合も含む)

※年間を通した利回りを追求するシステムトレードの特性上、マイナスになる週もあります。


■先週の結果
先週も全体相場の上昇の恩恵を受けれない結果となりました。外国人投資家が売り越し姿勢を強めていることが影響しているものと考えられます。過去5年のバックテストでは夏〜秋にかけてパフォーマンスが落ちたあと年末に向けて回復する傾向があります。今年は春〜夏のパフォーマンスが良かった分、その反動が今来ているものと考えられます。年末に向けての回復に期待しましょう。

日製鋼(5631)株数200株
買値2,658円→売値2,552円 -106円 損益-21,200円 
※ロスカット抵触

ピジョン(7956)株数200株
買値4,000円→売値3,995円 -5円 損益-1,000円

伊藤米久(2296)株数500株
買値1,024円→売値1,021円 -3円 損益-1,500円 

ダイフク(6383)株数100株
買値5,690円→売値5,462円 -228円 損益-22,800円
※ロスカット抵触

日経平均ベア2倍(1360)株数120株
買値4,055円→売値3,985円 -70円 損益-8,400円

最低ロットでの今回損益-54,900円

4月の通算損益 +35,150円
5月の通算損益 +101,800円
6月の通算損益 +88,610円
7月の通算損益 +100,000円
8月の通算損益 -33,250円
9月の通算損益 -166,500円

2017年4月からの通算損益 +125,810円
(スタートの最低投資金額約300万円)

(過去の損益は記事番号1番に記載してあります。)

掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について発行者、製作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任を負わず、損害賠償に応じません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。また、無断転載は固くお断りします。ご了承の上、ご利用ください。
 

2017年10月の「個別株シストレ〜トランプ式投資術」記事一覧
2017年09月の「個別株シストレ〜トランプ式投資術」記事一覧
2017年08月の「個別株シストレ〜トランプ式投資術」記事一覧
2017年07月の「個別株シストレ〜トランプ式投資術」記事一覧
2017年06月の「個別株シストレ〜トランプ式投資術」記事一覧
2017年05月の「個別株シストレ〜トランプ式投資術」記事一覧
2017年04月の「個別株シストレ〜トランプ式投資術」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。