FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
推奨銘柄
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  
 
 

全部で 3689件 の記事があります。(表示:1−1)


お題「ボウマン理事が住宅市場についてお話をしたスピーチを鑑賞とひと捻りしてみましたの巻」   2020/01/20(月)08:02:06  
  http://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2020/ron200117a.htm/
ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応

本文はこちら。
href="http://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2020/data/ron200117a.pdf

・・・・・・・・誰か解説して下さいお願いしますさっぱりワカランチ会長。


〇ボウマン理事が米国住宅市場について語っているのですが全面的にポジティブなんですよこれがまた

と言いましても先週木曜の話ですサーセン。

https://www.federalreserve.gov/newsevents/speech/bowman20200116a.htm
https://www.federalreserve.gov/newsevents/speech/files/bowman20200116a.pdf
January" target="_blank">[外部リンク]
16, 2020
The Outlook for Housing
Governor Michelle W. Bowman
At the 2020 Economic Forecast Breakfast, Home Builders Association of Greater Kansas City, Kansas City, Missouri

ご覧の通りでホームビルダーズ協会でのお話なので住宅市場の話をしているのですな。

・米国経済の話は最近皆さん揃いも揃ってこれですな

第2パラグラフからですけれどもね。

『Let me start with just a few words about the overall economic picture. I'm pleased to say that the U.S. economy is currently in a good place, and the baseline outlook of participants on the Federal Open Market Committee (FOMC) is for continued moderate growth in gross domestic product (GDP) over the next few years.』

『Unemployment is the lowest it has been in 50 years, and FOMC participants expect it to remain low. Inflation has been muted and is expected to rise gradually to the FOMC's 2 percent objective.』

最近FOMCの方々って一部の変態仮面を除いて判で押したように「米国経済は順調に推移していて、経済は潜在成長率をモデレートに上回って推移して物価も2%に向けて徐々に上がっていくでしょう」という説明になっておりまして、コンセンサスが取れているのか統制が取れているのか知りませんけれども、「よって今の政策を維持するのが妥当」という地蔵モードの正当化という話になっておりまして、何ちゅうかホンマカイナという気もしますが、金融政策の方向性(ただの維持ですが)に対して割としっかりとしたコンセンサスが取れると急に発言もコンセンサスになってくるという感じではありますな。


・雇用の強さが経済を牽引という話

『One of the most remarkable features of the current economic expansion has been the vitality and resilience of the U.S. job market.』

と次のパラグラフが始まりまして、

『More than 22 million jobs have been created since the low point for employment at the end of the last downturn, and the pace of job gains has been amazingly consistent. Until this expansion, even in good times, scarcely a year went by without at least one month when payrolls shrank. Yet during the past 10 years, we haven't had a single month with a decline in the overall number of jobs. I should note that I would not necessarily consider a single month of job losses as saying much about the direction of the economy. But the unbroken string of job gains that we have experienced during this recovery highlights how our economy has kept humming along during this past decade, weathering the occasional lull.』

この10年間で雇用が減少した月が無かったのは過去の拡大局面でもなかっただの色々と威勢の良い話をしておりまして(それは拡大が過去よりもモデレートだから糊代があるだけなのでは、などと意地悪いツッコミをしたくなりますが)、まあ兎に角威勢の良い話。

『Let me also add here that, as good as the national numbers for the job market look, things seem even better here in the Kansas City area, where job growth has been steady and the unemployment rate has consistently run around 1 percentage point below the national average-at last count, it was 2.8 percent.』

ご当地カンサスシティの話もしていますな、なんかエライ低い失業率で。


・住宅市場の話をしているのですけれども警戒モードとかの視点は皆無でございました

というマクラから住宅市場の話になるんですが次のパラグラフ。

『Let me now turn to the main topic of my talk today. My colleagues and I at the Federal Reserve pay close attention to developments in the housing sector, in part because it has historically been such an important driver of economic growth.』

住宅セクターは米国経済成長の重要なドライバーだそうな。

『In the national economic data, the part of GDP that includes homebuilding activity is referred to as residential fixed investment. This measure summarizes a variety of housing-related activities, including spending on the construction of new single-family and multifamily structures, residential remodeling, real estate brokers' fees, and a few other smaller components.』

成長率のパートには住宅関連のこのような活動が含まれていますってのはまあ良いとしまして次。

『If we look at the growth of residential fixed investment in periods since World War II that are defined as economic expansions, we see that this broad category has increased at an average rate of around 7 percent per year, faster than the roughly 4 percent pace of GDP growth in those same periods.』

経済拡張期には経済成長が平均4%なのですが住宅市場は平均7%の伸びだそうです。

『And, as many of you know from experience, the opposite is true as well-that housing activity tends to experience relatively large declines in economic downturns.』

住宅市場は経済の落ち込みの時により大きく落ち込みますって言ってるのだが、これは単に米国経済が過熱すると直ぐにそれが住宅価格に反映されて、その規模はどうあれバブル発生と崩壊を連続しているというお話なのではなかろうか、と思うのだが・・・・・・・・・・・

『In particular, residential fixed investment declined an average of about 15 percent annually during periods defined as recessions, compared with an average annual rate of decline in GDP of just 2 percent in those same periods.』

それって米国経済においては住宅市場のバブル崩壊が経済の落ち込みのメインドライバーである、ってことを意味するんじゃネーノと小一時間問い詰めたい。で次のパラグラフ。

『These numbers illustrate that residential fixed investment is particularly sensitive to where we are in the business cycle. The strong economy we are experiencing now has an obvious upside for the housing sector: A robust job market translates into higher incomes, greater confidence, and more people looking to buy a new home or considering whether to make a change from their current home.』

この数字の意味するところは、というお話なのですが、ボウマン理事に言わせると「住宅市場はビジネスサイクルに対して極めて鋭敏に反応するのです(キリッ)」って事らしいのですよ。でもってその経済のプラス方向のサイクルを支えるのがロバストなジョブマーケットですよってな話をしている次第でありまして、いやそれはそうではあるのでしょうけれども、でも米国経済って一々住宅が(程度の差こそあれ)バブってピークを迎えてそれが崩壊するとあばばばばーということは、ジョブサイクルよりも金融サイクルなんじゃなかろうか、などとアタクシなんぞは思ってしまうのはバブル崩壊の見過ぎですかそうですか。

まあそれはそれとして、さきほど経済の話をする中でジョブマーケットの話をやたらと威勢よく行っていた伏線はここで回収されまして、

『Yet even though the financial crisis and the bursting of the real estate bubble occurred more than a decade ago, all of us here are no doubt aware of the lasting imprint that those developments left on the housing market.』

住宅バブル発生の兆候はまるで見られませんとかローゼングレン総裁憤怒待ったなし。

『On an annual basis, both new and existing home sales did not increase again until 2012, and they remained at modest levels for several years thereafter. Given the large and persistent inventory overhang of unsold homes in the aftermath of the crisis, the construction of new homes was also sluggish for many years into the recovery.』

今般の景気拡大中においても2012年までは新規および中古住宅の販売が横ばいで推移しており、その後もモデストなレベルで推移しています。金融危機によって拡大した住宅のストックが大きかったことから、新規住宅着工件数も今般の景気回復期においては低調に推移していました。

『Part of the weak recovery in the housing market during the first few years of this expansion can be traced to extremely tight mortgage credit conditions.』

今般の経済拡大期において当初はモーゲージ市場の環境が非常にタイトだったのも住宅市場拡大のペースを遅くしましたとな。

『Despite the fact that the Fed slashed interest rates and kept them low for many years, many households were underwater on their existing mortgages, with more owed on their housing than their homes were worth, while others were unable to obtain a loan to finance a new purchase. As a result, housing demand remained very weak for an extended period.』

長期にわたって金利を低くしましたが、多くの住宅保有者はモーゲージに対して担保割れ状態が継続していましたし、新規住宅購入者への住宅取得向け貸出もタイトな状態が続いていたので住宅市場の弱さが続いていましたよと。

『Although the effects may evolve slowly, the higher rate of household formation will eventually result in higher demand for housing and encourage further increases in homebuilding. Home sales have been rising in recent years, the percentage of homes that are vacant has been falling, and inventories of both new and existing homes for sale have drifted back down to relatively low levels.』

とは言いましてもそのあたりの効果が徐々に出て来まして、住宅市場がだんだん活発になって来ましたとな。

『In fact, at this point, the residential real estate market is quite tight in some areas of the country and by enough that I have heard that the volume of home sales is being restricted by the low inventory of homes on the market.』

実際に最近では一部の地域では住宅市場がとてもタイトになってきておりまして、在庫が足りなくて販売が進まんとかいう現象もあります、だそうです。ということで次のパラグラフになりますが、

『The most recent housing data have been encouraging:』

というのから始まっておりまして、いやもしかしてそのような状況というのはまた来たバブルちゃんなのではないでしょうかとか思ったりするアタクシはデフレ脳ですかすいませんという風情でして、この状況がエンカレッジングなんですってよ奥様。

『Both new and existing home sales moved up strongly in the second half of 2019, and traffic of prospective buyers in new homes for sale and expected sales within the next six months have approached all-time highs. Permits for new residential construction, which had been sluggish early last year, recently moved up to highs for this expansion.』

『In all, the national indicators suggest a positive growth outlook for the housing sector over the next several quarters.』

ということで威勢の良い状況であることについて威勢の良い話をしている、という感じです。まあ確かにホームビルダー協会のブレックファーストミーティングでお話するのに住宅市場にバブルの兆候があってとか朝から景気の悪い話をしない、というのもあるのかも知れませんけれども、しばらく前のパウエルの議会証言とかでも、今般の金融緩和に関して、(2019年の)年始位から長期金利とモーゲージ金利が下がったことによって住宅市場が良くなって来たのが金融緩和効果として最初に出ております今後このように金融緩和の効果を見極めて行きたい(ので政策は地蔵)というような話をしていたと思いますが。どうも茲許はモーゲージ金利の低下からの住宅市場好調というのを思いっきり金融政策の効果として考えておるようでして、そらローゼングレン大先生が憤怒するわなとか思いますが、どうもそういう認識で説明していて、金融不均衡の話は確かに強行に主張する人がいて、折に触れてそのネタが出てくるという感じではあるのですが、FRBの理事が住宅市場の動向に関して全面的にポジティブな話をしているという時点で何か住宅バブル気にしてないのね、というのは把握した(商業用不動産の話は別だと思うけど)。


でもって住宅セクターが現在直面している課題、という話だがこれもまた別に金融不均衡とかそういう視点は皆無だったりしますが見てみましょう。

『Before I conclude, I'd like to address two challenges currently facing the housing sector.』

ほうほう。

『The first relates to the difficulties that some employers face, including homebuilders, in finding and retaining qualified and skilled workers. To provide some context, the national data show that the unemployment rate in the private construction industry is now well below the rate we observed in the early 2000s, a time when the housing market was booming.』

人手、特にスキルのある人材の確保がチャレンジングですよねということのようで。

『In addition, the ratio of job vacancies to unemployment in the construction industry-a measure of labor market strength-shot up to historic highs at the end of 2018, and it has remained near those levels. These indicators confirm what I have been hearing from construction industry employers during my visits to different parts of the country-it's extremely difficult to find and hire workers, skilled or otherwise.』

スキルある人じゃなくてそうじゃないのも人手確保が大変だそうな。

『The second challenge I want to highlight relates to the declining presence of community banks in the consumer real estate mortgage market.』

地域金融機関のモーゲージ市場におけるプレゼンスの低下に関連した点がチャレンジングとな。

『As regulatory burdens have risen, many community banks have significantly scaled back their lending or exited the mortgage market altogether. These developments concern me for several reasons.』

規制の影響で地域金融機関の住宅関連貸出や新規モーゲージ組成が大きく減少しているとな。

『Home mortgage lending has traditionally been a significant business for smaller banks, and the decline in this business threatens a part of the banking industry that plays a crucial role in communities.』

住宅向け貸出というのは地域の中小金融機関にとってこれまで重要なビジネスを占めていたものであって、このビジネスが縮小するというのは地域における金融機関の重要な役割を阻害するものですよ、だそうな。

『Bankers who are present and active in their communities know and understand their customers and the local market better than lenders outside the area. Because of their local knowledge and customer relationships, they are often more willing to help troubled borrowers work their way through difficult times.』

本来は地域金融機関にとってはその地域での貸出などが他のビジネスよりも有効な筈ですとな。


『These two challenges notwithstanding, I remain optimistic about the outlook for housing. I expect construction to continue advancing to meet the underlying expansion in housing demand from population growth and the strong economy.』

というようなチャレンジングなことはあるけれども住宅市場の見通しには楽観的と来ました。

『In addition, low interest rates will continue to be a key factor supporting growth in housing activity.』

低金利が住宅市場をサポートキタコレ!

『As reported in the latest Summary of Economic Projections, released in December, most FOMC participants see the current target range for the federal funds rate as likely to remain appropriate this year as long as incoming information remains broadly consistent with the economic outlook I described earlier.』

でもって利上げしませんよ安心して下さい(安心とは言ってないが^^)と締めておりまして、どの辺までホームビルダー協会向けのサービスモードなのかはよくわかりませんですけれども、とにかく全編に渡って景気の良い話でこれはホームビルダー協会もニッコリという内容になっておりまして、金融不均衡何それおいしいの状態なボウマン理事の住宅市場に関する認識というのを確認してみました。

#最後は挨拶なのでパスします


〇20年国債入札通過ということで(メモというより愚痴)

[外部リンク] / 15:35
〔マーケットアイ〕金利:国債先物は続伸で引け、長期金利はマイナス圏に転じる

『国債先物中心限月3月限は前営業日比11銭高の152円02銭と続伸して取引を終えた。先物が強含みで推移し、それにつれて中長期ゾーンが底堅さを増す展開となった。一方、20年債入札結果は無難と受け止められたものの、超長期ゾーンの上値は重かった。10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比1.0bp低下のマイナス0.005%。』(上記URL先より、以下同様)

20年入札はまあ確りではあるのですが、前場引けのバランスが先物3銭高の20年新発入札が平均0.300%足切り0.305%なのだが大引けで先物11銭高で0.305%出合いだし売参だと0.307%だしということで、入札は堅調だったけれどもその年限が伸びないで先物強くなるとか何ですねんという感じではありましたな。

『20年債入札結果は無難と受け止められた。市場では「新発債ニーズなどに支えられ、予想よりもしっかりとした需要があった。ボラティリティーが低下していることから、超長期債を買いやすいのかもしれない」(別の国内証券)との声が聞かれた。また、「国債が償還されていく中で、投資家は利回りが高いところに資金を置く必要がある。ゼロ%近辺の10年ゾーンよりも、キャリー目的で0.3%の20年債が選好されるだろう」(外資系証券)との見方も出ている。』

中々微妙なコメントありがとうございます(まあこういうコメントしかやりようが無いというのは分かるので別にいちゃもん付けている訳ではない、為念)という風情で、確りした需要があったんだったら何で超長期置いてかれるのよとか、30bpだと調達コストとの見合いで考えたらその水準はキャリーと言っても概ねネガティブキャリー何ですがそれはという感じではございますが、まあ一応ニーズも無くてあばばばばーという訳でもないので無事通過ということにしておけばよろしいんですね分かりますという所で。


まーこの辺で少し押し込んだから手掛けやすい云々というのも、レラティブとか短期的な話ではそうですけれども、昨年頭くらいのイールドカーブをみておりますと多少押したからと言っても悲しさが沸き起こる水準でして、超長期輪番減額してもこの有様という辺りがもうね。

『 TRADEWEB
    OFFER  BID   前日比 時間
2年  -0.136 -0.128  -0.002 15:16
5年  -0.106 -0.097  -0.006 15:05
10年 -0.006  0.001  -0.008 15:17
20年  0.301  0.31  -0.001 15:11
30年  0.453  0.461  0.001 15:17
40年  0.483  0.493  0.002 15:17』

まあ今週から来週にかけて金融政策決定会合祭りになるのですが、そもそも当初の段階から祭りが開催されない雰囲気(ECBが何を言い出すのかというのはありますが、どうせこれから着手するという話に終わりそうな悪寒)で、これは何ぞという感じではございますなナムナム。

#ただのメモでサーセン
 

2020年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。