FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

場況と戦略

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  

全部で 15件 の記事があります。(表示:1−15)


暴飲暴食でリバウンド気味の場況   2009/06/30(火)15:52:20  
  日経平均株価は急反発。昨晩の米国株高や投信の設定、ドレッシング買いへの期待もあり一時6月15日以来の10000円台を回復。5月の完全失業率は5.2%、5月の有効求人倍率0.44倍と雇用環境は依然として悪化が続いているが、相場への影響は限定的。もっとも、一巡後は明日の日銀短観や中国PMIを控えて様子見気分が強まり、10000円手前でのもみあいに終始した。東証一部の売買代金は1兆4909億円と盛り上がりに欠けるが、値上がり銘柄数は1255、値下がり銘柄数は336と悪くない相場。個別ではゴールドマンサックスが投資判断を「中立→買い推奨」に引き上げたアイフル(8515)が急騰。昨日急落したGSユアサ(6674)は小幅反発したほか、明電舎(6508)も急反発。明日は経済指標の結果次第では波乱が予想される。急騰場面があれば売り上がりで臨みたい。  


穏やかじゃない週明けの場況   2009/06/29(月)15:56:59  
  週明けの日経平均株価は大幅反落。寄り前の5月鉱工業生産(速報値)は前月比5.9%とコンセンサスの7.0%を下回ったにも関わらず、月末のドレッシング買いや投信設定への期待からしっかりな値動きをしていた東京市場であったが、後場に入って先物主導で急落。GLOBEXで米株先物が軟調に推移するなか、一部が、みずほFG(8411)の増資や、中国の非鉄金属の国家備蓄向け買い付け停止を報じたことが嫌気された。また、ゴールドマンサックスが個人中心に人気のあるGSユアサ(6674)を売り推奨したこともセンチメントを悪化させ、東証一部の値下り銘柄数は1064まで上った。今週の国内外の重要経済指標次第では25日線や9500円のサポートラインを下回り、3月からのリバウンド相場が終了する可能性があることには要注意。弱めのスタンスで臨みたい。  


静かな週末の場況   2009/06/26(金)15:50:34  
  日経平均株価は続伸。アジア株高を背景に225先物は一時9900円台を回復も、主力株中心に上値は重く一巡後は小動き。米FOMC通過で材料難となるなか、様子見気分は強く、東証一部の売買代金は1兆3988億円と低水準に留まった。こうしたなか、モルガンスタンレー証券が不動産投資信託の投資判断を引き上げたことで、東証REIT指数が年初来高値を更新し、東証一部の約70%の銘柄が値上がり。一方、日経ジャスダック平均も高値を更新するなど、個人投資家の物色意欲は依然として旺盛なようだ。こうしたなか、来週は重要な経済イベントが多く、株価の波乱材料になる可能性も考えられる。材料株の短期売買もいいが、レスポンスは早目を心掛けたい。
 


農業関連大噴火の場況   2009/06/25(木)16:01:32  
  日経平均株価は続急伸で25日線回復。OECDが加盟30カ国の実質経済成長率の見通しを上方修正したことに加え、米FOMCを波乱なく通過したことでイベントリスク後退から買い安心感が広がった。また、為替が1ドル96円台と円安が進んだことも支援材料。さらに堅調なGLOBEXでの米株先物やアジア株高を背景に後場から一段高。東証一部の値上がり銘柄数は1452、値下り銘柄数は181と、井関農(6310)を中心とした農業関連など約85%が上昇する力強い相場。一方、グリー(3632)が上場来高値を更新するなど新興市場も賑わっていた。今晩の米国での7年債の入札も波乱がないとの見方が多く、目先はリバウンドも期待できそう。もっとも、信用買い残が大幅に増加するなか、信用評価損率も悪化しており、上値圧迫要因になることが想定される。徐々に利益を確定していきたい。
 


そろそろふんどしを締め直したい場況   2009/06/24(水)16:06:31  
  日経平均株価は小幅反発。米FOMCの声明文発表を控えて、様子見ムードが強まる展開。北朝鮮が中短距離ミサイルを発射する見通しとの報道で売られる場面が見られたが、アジア株高や円高一服がサポート材料となった。東証一部の売買代金が1兆4873億円と低迷するなか、値上がり銘柄数は816、値下り銘柄数は750とほぼトントン。こうしたなか、GSユアサ(6674)や明電舎(6508)を中心としたこれまで個人投資家中心に人気化していた環境関連が急落したこともセンチメントを悪化させた。昨日発表された6/19申し込み時点の3市場の信用買い残は1兆4982億円と前の週の1兆2778億円から大幅に増加するなど取り組みが急激に悪化しており、そろそろ3月からのリバウンド相場も佳境に入った可能性が考えられる。目先の調整に備えてポジションを軽めにしておきたい。  


洗濯のチャンスの場況   2009/06/23(火)16:26:37  
  日経平均株価は急反落。世界銀行が世界経済の09年度の成長率を従来予想の-1.7%→-2.9%に下方修正したことで景気回復期待が後退。リスク回避によるドル回帰の動きでコモディティー通貨や商品市況も下落。もっとも、9500円水準では押し目買いも入っており、東証一部の売買代金は1兆8537億円まで増加。とはいえ、アジア株安や円高が重しとなり戻りは鈍い。値下がり銘柄数は約85%にも上った。明日も引き続き9500円処を維持できるかどうかが焦点となるが、過去最大の米国債の入札や米FOMCなどによる金利の影響次第では波乱も予想される。短期売買を中心に、ポジションは軽めを心掛けたい。
 


ベトベト、ジメジメと梅雨らしい場況   2009/06/22(月)16:02:59  
  週明けの日経平均株価は続伸。米FOMCや過去最大の1040億ドルの国債入札を今週に控えて、買い一巡後は徐々に様子見ムードを強める展開。アジア株高を受けて後場から一段高も、ドル円が95円台まで下落したことで引けにかけて上げ幅を縮小した。東証一部の売買代金も1兆5415億円と低迷するなか、個人投資家中心にGSユアサ(6674)、明電舎(6508)など材料株が人気化。値上がり銘柄数は約7割にも上った。また、ネット関連も買われ、マザーズ指数が高値を更新するなど物色意欲は依然として旺盛なようだ。明日も主力株は方向感のない展開が続きそう。割り切りが必要ではあるが、旬な銘柄の短期売買で臨みたい。もしくは出遅れ感のある内需株などの押し目も妙味がありそうだ。  


GSユアサ1000円割れの場況   2009/06/19(金)15:58:38  
  週末の日経平均株価は反発。前日の米国株の上昇や為替の円高一服を好感し、朝方から買い優勢も、週末ということもあり徐々に様子見ムードを強める展開。セクター別では外資系が強気見解を示したメガバンクが買われたものの、直近人気化していたGSユアサ(6674)や日本電工(5563)、古河電池(6937)などの電池関連が大きく売られ、東証一部の値下がり銘柄数は約6割にも達した。指数の割には体感温度の低い相場だったのではなかろうか。こうしたなか、来週も25日線がサポートとなるかが最大の焦点。押し目買いで臨みたい。  


明日は米国SQの場況   2009/06/18(木)15:49:03  
  日経平均株価は大幅反落。為替が1ドル95円台と円高進行が嫌気された。またm海外勢の6月期末によるポジション整理が観測されるなか、個人投資家の利益確定売りも上値を圧迫。もっとも、25日線を前に積極的に売る動きも見られず、一巡後はもみあいとなった。東証一部の値上がり銘柄数は523、値下り銘柄数は1053、変わらずは124と、約62%が売られる軟調な地合。これまで個人中心に人気化していたGSユアサ(6674)や三洋電(6764)などの電池関連も利益確定売りの動き。一方、OECDと国連食糧農業機関(FAO)が2009年版の農業アウトルックで、増加する食料需要の拡大に対応するために世界の食料生産を2030年までに現在の4割増、2050年までに7割増に増やす必要があるとしたことで、井関農(6310)を中心とした農業関連が盛り上がっていた。明日も25日線を意識した展開が想定される。現時点では押し目買いスタンスに変更はない。
 


ゲリラ豪雨にはこりごりの場況   2009/06/17(水)15:51:04  
  日経平均株価は反発。米国株の下落を受けて、寄り付きは前日比マイナス圏でのスタートとなったが、一巡後はプラス圏まで切り返し、9800円台前半でもみあう展開。GLOBEXで米株先物が堅調に推移していたことに加え、欧州系ファンドや国内年金の買い観測もあったようだ。値上がり銘柄数は1248、値下り銘柄数は349と東証一部の約73%が上昇するしっかりとした相場。こうしたなか、古河池(6937)、明電舎(6508)、GSユアサ(6674)、日本電工(5563)、東京製綱(5981)などの電池関連が急騰するなど個人投資家中心にお祭りモード。もっとも、これらは期待先行でファンダメンタルズで説明が付かないほど超過熱しており、チキンレースと割り切った方が良さそうだ。明日も経済指標次第では荒れる可能性はあるが、旬の銘柄の短期売買もしくは日経平均が25日線を維持している間は主力株の押し目買いで対応したい。  


リスク回避志向が高まる場況   2009/06/16(火)15:44:14  
  昨晩の米国市場で6月ニューヨーク連銀製造業景況指数が予想より悪化したことを受けて、日経平均株価は10000円を割り込み、安値引けで取引を終了。為替が1ドル96円台と円高に進んだことも上値を圧迫し、東証一部の値上がり銘柄数は93、値下り銘柄数は1590とほぼ全面安。原油や金など商品市況の下落で資源関連が売られたほか、不動産経済研究所が16日の13時に発表した09年5月の首都圏マンション市場動向が予想を下回ったことで不動産株も安い。もっとも、兼松日産農(7961)や東日グループ(8291)、田崎真珠(7968)など仕手株が急騰するなど依然とした個人の物色意欲が旺盛なほか、東証一部の売買代金が1兆8359億円と増加傾向にあることから押し目買い意欲も強いようだ。当面は経済指標の結果に一喜一憂する展開が続きそう。そういった意味では今晩の米5月米住宅着工件数、鉱工業生産に注目が集まる。
 


6月も半分が終わった場況   2009/06/15(月)15:41:59  
  週明けの日経平均株価は反落。先週末にメジャーSQを通過したことで買い一巡感。アジア株安、GLOBEXで米株先物がマイナスで推移していることから利益確定売りが優勢。米マクロ系のファンドが株売り、債券買いを進めているとの声もあった。もっとも、押し目買い意欲は旺盛で10000円水準は維持するなど底堅さも感じられる相場。こうしたなか、不動産を中心とした内需株が堅調で、東証一部の値上がり銘柄数は1014、値下り銘柄数は582と指数以上に体感温度は高い。一方、マザーズ指数も4日続伸し、年初来高値を更新するなど個人投資家の旺盛な物色意欲は継続している。テクニカル的な過熱感が台頭するなか、当面は小動きが予想されるが、基本的にはしっかりが続きそう。新興国、環境、資源株などの押し目買いもしくは出遅れ内需系などの短期売買で臨みたい。  


GSユアサ1000円超えの場況   2009/06/12(金)16:25:16  
  日経平均株価は08年10月以来の8ヶ月ぶりに10000円台を回復。寄り付きは年金の売り観測もあり、伸び悩んだものの、4月の鉱工業生産指数確報値が前月比5.9%と速報値の5.2%から上方修正されたことで下値もしっかり。こうしたなか、中国の小売売上高が予想を上回ったことで一段高。東証一部の値上がり銘柄数は1034、値下り銘柄数は547と建設、証券株などを中心に買われた。もっとも、セクターで買われているよりも個別物色的な印象があり指数よりも体感温度は低かったものと思われる。目先の相場を占う上でも、SQ値の10147.65円を超えてこれるかがポイント。12-13日のイタリアG8財務相会合で積極財政の出口政策模索することになれば、株価にとってネガティブになるかもしれないため要注意。ここからは利益確定もしくは、割り切りの短期売買で臨みたい。  


上値余地は10500円との見立てが多い場況   2009/06/11(木)16:11:09  
  日経平均株価は小幅反落。騰落レシオやボリンジャーバンド、移動平均乖離率などテクニカル的な過熱感が台頭するなか、1万円を付けたことで達成感から利益確定の売りに押された。もっとも、アジア系ファンドの買い観測もあり下値も限定的。東証一部の売買代金は1兆8289億円と増加傾向。値上がり銘柄数は809、値下り銘柄数は758とほぼトントン。セクター別では鉄鋼株やハイテク株が買われたほか、GSユアサ(6674)や三洋電機(6764)を中心とした電池関連が人気化。10000円前後の攻防戦もメジャーSQ通過後はどちらかに方向感が出てもおかしくないため、ポジション管理はしっかりしておきたい。引き続き、割り切りながらも旬の銘柄に短期で付いていくスタンス。  


先物は一時10000円にタッチした場況   2009/06/10(水)15:52:46  
  日経平均株価は8日に付けた年初来高値の9914.07円を更新し、10000円に迫る勢い。先物は一時10000円台を回復。中国紙が「5月の中国の鉱工業生産が市場予想を大幅に上回る前年比8.9%増となった」と報じたことがきっかけで買いに拍車が掛かり、東証一部の値上がり銘柄数は1415、値下り銘柄数は199と全面高。売買代金も1兆7474億円と明日に繋がるような力強い相場だった。もっとも、テクニカル面では25日騰落レシオや25日線との上方乖離は過熱感を示唆しており、10000円を付けて達成感が広がるようだと一旦調整ということも考えられる。一方、主力以外ではダヴィンチ(4314)やケネディクス(4321)など新興不動産が人気化するなど、引き続き個別株物色は旺盛。短期と割り切りながらもこういった旬の銘柄の上昇についていきたい。ただし、レスポンスは早目を忘れずに。  

2016年10月の「場況と戦略」記事一覧
2016年09月の「場況と戦略」記事一覧
2016年08月の「場況と戦略」記事一覧
2016年07月の「場況と戦略」記事一覧
2016年06月の「場況と戦略」記事一覧
2016年05月の「場況と戦略」記事一覧
2016年04月の「場況と戦略」記事一覧
2016年03月の「場況と戦略」記事一覧
2016年02月の「場況と戦略」記事一覧
2016年01月の「場況と戦略」記事一覧
2015年12月の「場況と戦略」記事一覧
2015年11月の「場況と戦略」記事一覧
2015年10月の「場況と戦略」記事一覧
2015年09月の「場況と戦略」記事一覧
2015年08月の「場況と戦略」記事一覧
2015年07月の「場況と戦略」記事一覧
2015年06月の「場況と戦略」記事一覧
2015年05月の「場況と戦略」記事一覧
2015年04月の「場況と戦略」記事一覧
2015年03月の「場況と戦略」記事一覧
2015年02月の「場況と戦略」記事一覧
2015年01月の「場況と戦略」記事一覧
2014年12月の「場況と戦略」記事一覧
2014年11月の「場況と戦略」記事一覧
2014年10月の「場況と戦略」記事一覧
2014年09月の「場況と戦略」記事一覧
2014年08月の「場況と戦略」記事一覧
2014年07月の「場況と戦略」記事一覧
2014年06月の「場況と戦略」記事一覧
2014年05月の「場況と戦略」記事一覧
2014年04月の「場況と戦略」記事一覧
2014年03月の「場況と戦略」記事一覧
2014年02月の「場況と戦略」記事一覧
2014年01月の「場況と戦略」記事一覧
2013年12月の「場況と戦略」記事一覧
2013年11月の「場況と戦略」記事一覧
2013年10月の「場況と戦略」記事一覧
2013年09月の「場況と戦略」記事一覧
2013年08月の「場況と戦略」記事一覧
2013年07月の「場況と戦略」記事一覧
2013年06月の「場況と戦略」記事一覧
2013年05月の「場況と戦略」記事一覧
2013年04月の「場況と戦略」記事一覧
2013年03月の「場況と戦略」記事一覧
2013年02月の「場況と戦略」記事一覧
2013年01月の「場況と戦略」記事一覧
2012年12月の「場況と戦略」記事一覧
2012年11月の「場況と戦略」記事一覧
2012年10月の「場況と戦略」記事一覧
2012年09月の「場況と戦略」記事一覧
2012年08月の「場況と戦略」記事一覧
2012年07月の「場況と戦略」記事一覧
2012年06月の「場況と戦略」記事一覧
2012年05月の「場況と戦略」記事一覧
2012年04月の「場況と戦略」記事一覧
2012年03月の「場況と戦略」記事一覧
2012年02月の「場況と戦略」記事一覧
2012年01月の「場況と戦略」記事一覧
2011年12月の「場況と戦略」記事一覧
2011年11月の「場況と戦略」記事一覧
2011年10月の「場況と戦略」記事一覧
2011年09月の「場況と戦略」記事一覧
2011年08月の「場況と戦略」記事一覧
2011年07月の「場況と戦略」記事一覧
2011年06月の「場況と戦略」記事一覧
2011年05月の「場況と戦略」記事一覧
2011年04月の「場況と戦略」記事一覧
2011年03月の「場況と戦略」記事一覧
2011年02月の「場況と戦略」記事一覧
2011年01月の「場況と戦略」記事一覧
2010年12月の「場況と戦略」記事一覧
2010年11月の「場況と戦略」記事一覧
2010年10月の「場況と戦略」記事一覧
2010年09月の「場況と戦略」記事一覧
2010年08月の「場況と戦略」記事一覧
2010年07月の「場況と戦略」記事一覧
2010年06月の「場況と戦略」記事一覧
2010年05月の「場況と戦略」記事一覧
2010年04月の「場況と戦略」記事一覧
2010年03月の「場況と戦略」記事一覧
2010年02月の「場況と戦略」記事一覧
2010年01月の「場況と戦略」記事一覧
2009年12月の「場況と戦略」記事一覧
2009年11月の「場況と戦略」記事一覧
2009年10月の「場況と戦略」記事一覧
2009年09月の「場況と戦略」記事一覧
2009年08月の「場況と戦略」記事一覧
2009年07月の「場況と戦略」記事一覧
2009年06月の「場況と戦略」記事一覧
2009年05月の「場況と戦略」記事一覧
2009年04月の「場況と戦略」記事一覧
2009年03月の「場況と戦略」記事一覧
2009年02月の「場況と戦略」記事一覧
2009年01月の「場況と戦略」記事一覧
2008年12月の「場況と戦略」記事一覧
2008年11月の「場況と戦略」記事一覧
2008年10月の「場況と戦略」記事一覧
2008年09月の「場況と戦略」記事一覧
2008年08月の「場況と戦略」記事一覧
2008年07月の「場況と戦略」記事一覧
2008年06月の「場況と戦略」記事一覧
2008年05月の「場況と戦略」記事一覧
2008年04月の「場況と戦略」記事一覧
2008年03月の「場況と戦略」記事一覧
2008年02月の「場況と戦略」記事一覧
2008年01月の「場況と戦略」記事一覧
2007年12月の「場況と戦略」記事一覧
2007年11月の「場況と戦略」記事一覧
2007年10月の「場況と戦略」記事一覧
2007年09月の「場況と戦略」記事一覧
2007年08月の「場況と戦略」記事一覧
2007年07月の「場況と戦略」記事一覧
2007年06月の「場況と戦略」記事一覧
2007年05月の「場況と戦略」記事一覧
2007年04月の「場況と戦略」記事一覧
2007年03月の「場況と戦略」記事一覧
2007年02月の「場況と戦略」記事一覧
2007年01月の「場況と戦略」記事一覧
2006年12月の「場況と戦略」記事一覧
2006年11月の「場況と戦略」記事一覧
2006年10月の「場況と戦略」記事一覧
2006年09月の「場況と戦略」記事一覧
2006年08月の「場況と戦略」記事一覧
2006年07月の「場況と戦略」記事一覧
2006年06月の「場況と戦略」記事一覧
2006年05月の「場況と戦略」記事一覧
2006年04月の「場況と戦略」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。