FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

場況と戦略

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  

全部で 10件 の記事があります。(表示:1−10)


開店休業の場況   2010/04/30(金)15:43:58  
  日経平均株価は急反発。ギリシャ支援策が拡充されるとの観測からリスク回避的な動きが後退したことで東京市場も買い優勢の展開。寄り前の3月鉱工業生産が前月比0.3%増と市場予想の0.8%増を下回ったものの、相場への影響は限定的。もっとも、買い一巡後は大型連休を前に様子見ムードも強まり伸び悩む展開。日銀の金融政策決定会合で政策金利の現状維持を全員一致で決定したものの、影響もなく高値もみあいに終始した。東証一部の値上がり銘柄数は1144、値下がり銘柄数は413。不動産株や海運株が高い。連休中の米国株や為替など外部環境次第では大きく動くことも考えられる。基本的には好決算を発表した銘柄の短期トレードや、個人投資家に人気の新興市場銘柄などが物色対象となりそう。  


微妙な飛び石連休の場況   2010/04/28(水)15:52:24  
  日経平均株価は急反落。格付け会社S&Pがギリシャのソブリン格付けを投機的な水準に引き下げたことで、債務不履行懸念が増大。昨晩の米国株が大幅に下落したほか、リスク回避の円買いが進行したため、日経平均の下げ幅は今年2番目の大きさを記録。一巡後は上方修正期待から下げ渋る場面も見られたが、大型連休を前に方向感に乏しい。東証一部の値上がり銘柄数は151、値下り銘柄数は1476と全面安。こうしたなか、売買代金は1兆9307億円まで増加しているなど、押し目買い意欲は旺盛なようだ。今晩の米FOMCの声明文を受けた米国株や、為替次第では波乱も考えられる。無理に動く必要はなく、押し目買いを入れるとしても、もう一段の下落を想定して、軽めのロットにしておきたい。  


明日の満月が気になる場況   2010/04/27(火)16:02:45  
  日経平均株価は続伸。前場は前日の急騰の反動もあり、利益確定の売りが優勢となったが、海運株やファナック(6954)などの好決算を受けて、後場から上昇に転じた。中国株は軟調に推移しているが、相場への影響は限定的だった。東証一部の値上がり銘柄数は595、値下り銘柄数は957。セクター別ではハイテク株が買われたほか、個人好みの新興市場銘柄や低位株、材料株なども人気が継続している。大型連休を控えて積極的なポジションは取りづらいなか、今晩からの米FOMCを受けて波乱も想定される。無理に動く必要はないが、どうしてもというなら決算トレードや値動きが良い銘柄の短期売買にとどめておきたい。もっとも割り切りは必要。  


一週間ぶりの場況   2010/04/26(月)15:53:12  
  週明けの日経平均株価は急反発。先週末の米国株高に加え、ギリシャの支援要請などで投資家のリスク許容度が改善し、円安が進行したことでハイテク株や自動車株など輸出関連株に買われる展開。また、中国政府が8月に4兆元(約55兆円)規模の景気刺激策を発表すると報じられたことも追い風となった。東証一部の値上がり銘柄数は1478、値下り銘柄数は150とほぼ全面高。テクニカル面では25日線を回復したものの、為替を中心とする外部環境の影響を大きく受ける地合いが継続する可能性が高い。また、今週は日米の金融政策決定会合や主要な経済指標の発表も多く、波乱要因となりそう。国内主要企業の決算発表が目白押しとなるため、好業績が期待できる銘柄の押し目を狙いたい。  


お知らせ   2010/04/16(金)15:54:33  
  誠に勝手ながら4/19-23日は場況と戦略をお休みさせていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございませんが、ご了承の程、宜しくお願いいたします。
 


気温乱高下で風邪が流行っている場況   2010/04/16(金)15:50:48  
  日経平均株価は急反落。昨日の米国市場では新規失業保険申請件数や住宅差し押さえ件数が増える一方、4月ニューヨーク連銀製造業景気指数、4月フィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想を上回ったため、米国株は小幅上昇。ただ、決算を発表した米グーグルが時間外取引で下落するなか、東京市場では利益確定の売りが優勢の展開。週末の手仕舞い売りや人民元切り上げ観測などを背景とした円高も売りに拍車を掛けた。東証一部の値上がり銘柄数は320、値下り銘柄数は1256とほぼ全面安。テクニカル面ではSQ値の11146.95円を下回ったことで週明けは25日線を試しに行く可能性が高い。まずは今晩の米3月住宅着工件数及び着工許可件数や米4月ミシガン大学消費者信頼感指数を受けた米国株に注目。リスク回避が強まれば目先は調整か。  


今月も半分終わった場況   2010/04/15(木)15:47:05  
  日経平均株価は続伸。JPモルガンの決算が好感されたほか、バーナンキFRB議長が上下両院合同経済委員会の証言で、政策金利に関して「長期間の低金利は必要」という文言を使用したことに加え、ベージュブックで12地区のうち11地区の経済活動が拡大していることを示したことも支援材料。注目の中国の第一四半期GDPや中国3月CPIなど中国の経済指標はある程度予想の範囲内との声もあり相場への影響は限定的となった。こうしたなか、東京市場は利益確定の売りに押されたものの、押し目買いも入り、方向感の乏しい展開。東証一部の値上がり銘柄数は1057、値下り銘柄数は457だった。今晩も米国で主要な経済指標の発表が相次ぐため、この結果を見てからとなりそう。引き続き、押し目買いスタンスで良いだろう。  


明日は真冬の寒さになる場況   2010/04/14(水)16:41:25  
  日経平均株価は反発。米インテルの第1四半期決算が市場予想を上回ったことで寄り付きは買い優勢も、一巡後は徐々に利益確定の売りに押される展開。シンガポールが金融引き締めに踏み切ったことで、日本以外のアジア全体への引き締め懸念も強まった。ただし、短期筋の売りをこなしプラス圏を維持するなど押し目買い意欲は旺盛なもよう。こうしたなか、3月首都圏マンションの新規発売戸数が大幅増加したことで不動産株が買われ、東証一部の値上がり銘柄数は829、値下り銘柄数は675。本日はバーナンキFRB議長が上下両院合同経済委員会で証言する予定。一部のエコノミストからは、27〜28日の米FOMC声明文で、政策金利に関する文言が変更されるとの見方が出てているだけに注目材料。発言内容次第ではドル高バイアスがかかる可能性も考えられる。押し目買いスタンスは継続。  


明日の新月が気になる場況   2010/04/13(火)15:37:31  
  日経平均株価は反落。昨晩の米国株はNYダウが11005.97ドルと、終値ベースで08年9月以来の水準を回復も、東京市場は利益確定の売りに押される展開。人民元切り上げの思惑もあるなか、為替が92円台と円高に進んだことが嫌気された。また、CTA(商品投資顧問業者)による売りが出ているとの観測もあったもようで、東証一部の値下り銘柄数は1130にも上った。こうした中でも石川製(6208)などの低位材料株が急騰するなど、個人投資家による物色意欲は旺盛なようだ。米アルコアを皮切りにスタートした米決算発表であるが、今晩の米インテルの決算が波乱要因となりそう。日経平均はSQ値の11146.95円を維持することができるかがポイントである。  


天気が悪い場況   2010/04/12(月)15:45:38  
  日経平均株価は続伸。先週末の米国株が堅調だったことに加え、ユーロ圏の財務省によるギリシャに対する300億ユーロの緊急支援計画の合意などで買い安心感。ただし、為替を睨んで方向感に乏しく、買い一巡後は先物に断続的な売りが出たとの観測もあり、徐々に上げ幅を縮小した。こうしたなか、個人投資家中心に低位材料株に人気が集中し、東証一部の値上がり銘柄数は1041にも上った。今晩に米アルコアを皮切りに決算発表がスタート。好決算は織り込み済みとの見方も多く、材料出尽くしとなることも考えられる。また、今週は重要な経済指標も多いため、これらに振られやすい展開が想定される。内需関連などの押し目を狙いたい。  

2016年10月の「場況と戦略」記事一覧
2016年09月の「場況と戦略」記事一覧
2016年08月の「場況と戦略」記事一覧
2016年07月の「場況と戦略」記事一覧
2016年06月の「場況と戦略」記事一覧
2016年05月の「場況と戦略」記事一覧
2016年04月の「場況と戦略」記事一覧
2016年03月の「場況と戦略」記事一覧
2016年02月の「場況と戦略」記事一覧
2016年01月の「場況と戦略」記事一覧
2015年12月の「場況と戦略」記事一覧
2015年11月の「場況と戦略」記事一覧
2015年10月の「場況と戦略」記事一覧
2015年09月の「場況と戦略」記事一覧
2015年08月の「場況と戦略」記事一覧
2015年07月の「場況と戦略」記事一覧
2015年06月の「場況と戦略」記事一覧
2015年05月の「場況と戦略」記事一覧
2015年04月の「場況と戦略」記事一覧
2015年03月の「場況と戦略」記事一覧
2015年02月の「場況と戦略」記事一覧
2015年01月の「場況と戦略」記事一覧
2014年12月の「場況と戦略」記事一覧
2014年11月の「場況と戦略」記事一覧
2014年10月の「場況と戦略」記事一覧
2014年09月の「場況と戦略」記事一覧
2014年08月の「場況と戦略」記事一覧
2014年07月の「場況と戦略」記事一覧
2014年06月の「場況と戦略」記事一覧
2014年05月の「場況と戦略」記事一覧
2014年04月の「場況と戦略」記事一覧
2014年03月の「場況と戦略」記事一覧
2014年02月の「場況と戦略」記事一覧
2014年01月の「場況と戦略」記事一覧
2013年12月の「場況と戦略」記事一覧
2013年11月の「場況と戦略」記事一覧
2013年10月の「場況と戦略」記事一覧
2013年09月の「場況と戦略」記事一覧
2013年08月の「場況と戦略」記事一覧
2013年07月の「場況と戦略」記事一覧
2013年06月の「場況と戦略」記事一覧
2013年05月の「場況と戦略」記事一覧
2013年04月の「場況と戦略」記事一覧
2013年03月の「場況と戦略」記事一覧
2013年02月の「場況と戦略」記事一覧
2013年01月の「場況と戦略」記事一覧
2012年12月の「場況と戦略」記事一覧
2012年11月の「場況と戦略」記事一覧
2012年10月の「場況と戦略」記事一覧
2012年09月の「場況と戦略」記事一覧
2012年08月の「場況と戦略」記事一覧
2012年07月の「場況と戦略」記事一覧
2012年06月の「場況と戦略」記事一覧
2012年05月の「場況と戦略」記事一覧
2012年04月の「場況と戦略」記事一覧
2012年03月の「場況と戦略」記事一覧
2012年02月の「場況と戦略」記事一覧
2012年01月の「場況と戦略」記事一覧
2011年12月の「場況と戦略」記事一覧
2011年11月の「場況と戦略」記事一覧
2011年10月の「場況と戦略」記事一覧
2011年09月の「場況と戦略」記事一覧
2011年08月の「場況と戦略」記事一覧
2011年07月の「場況と戦略」記事一覧
2011年06月の「場況と戦略」記事一覧
2011年05月の「場況と戦略」記事一覧
2011年04月の「場況と戦略」記事一覧
2011年03月の「場況と戦略」記事一覧
2011年02月の「場況と戦略」記事一覧
2011年01月の「場況と戦略」記事一覧
2010年12月の「場況と戦略」記事一覧
2010年11月の「場況と戦略」記事一覧
2010年10月の「場況と戦略」記事一覧
2010年09月の「場況と戦略」記事一覧
2010年08月の「場況と戦略」記事一覧
2010年07月の「場況と戦略」記事一覧
2010年06月の「場況と戦略」記事一覧
2010年05月の「場況と戦略」記事一覧
2010年04月の「場況と戦略」記事一覧
2010年03月の「場況と戦略」記事一覧
2010年02月の「場況と戦略」記事一覧
2010年01月の「場況と戦略」記事一覧
2009年12月の「場況と戦略」記事一覧
2009年11月の「場況と戦略」記事一覧
2009年10月の「場況と戦略」記事一覧
2009年09月の「場況と戦略」記事一覧
2009年08月の「場況と戦略」記事一覧
2009年07月の「場況と戦略」記事一覧
2009年06月の「場況と戦略」記事一覧
2009年05月の「場況と戦略」記事一覧
2009年04月の「場況と戦略」記事一覧
2009年03月の「場況と戦略」記事一覧
2009年02月の「場況と戦略」記事一覧
2009年01月の「場況と戦略」記事一覧
2008年12月の「場況と戦略」記事一覧
2008年11月の「場況と戦略」記事一覧
2008年10月の「場況と戦略」記事一覧
2008年09月の「場況と戦略」記事一覧
2008年08月の「場況と戦略」記事一覧
2008年07月の「場況と戦略」記事一覧
2008年06月の「場況と戦略」記事一覧
2008年05月の「場況と戦略」記事一覧
2008年04月の「場況と戦略」記事一覧
2008年03月の「場況と戦略」記事一覧
2008年02月の「場況と戦略」記事一覧
2008年01月の「場況と戦略」記事一覧
2007年12月の「場況と戦略」記事一覧
2007年11月の「場況と戦略」記事一覧
2007年10月の「場況と戦略」記事一覧
2007年09月の「場況と戦略」記事一覧
2007年08月の「場況と戦略」記事一覧
2007年07月の「場況と戦略」記事一覧
2007年06月の「場況と戦略」記事一覧
2007年05月の「場況と戦略」記事一覧
2007年04月の「場況と戦略」記事一覧
2007年03月の「場況と戦略」記事一覧
2007年02月の「場況と戦略」記事一覧
2007年01月の「場況と戦略」記事一覧
2006年12月の「場況と戦略」記事一覧
2006年11月の「場況と戦略」記事一覧
2006年10月の「場況と戦略」記事一覧
2006年09月の「場況と戦略」記事一覧
2006年08月の「場況と戦略」記事一覧
2006年07月の「場況と戦略」記事一覧
2006年06月の「場況と戦略」記事一覧
2006年05月の「場況と戦略」記事一覧
2006年04月の「場況と戦略」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。