FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
稀にデイトレ&ほぼスイングサロン
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

場況と戦略

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  

全部で 15件 の記事があります。(表示:1−15)


明日以降寒さが緩みそうな場況   2011/01/31(月)15:40:21  
  日経平均株価は大幅続落。エジプト情勢の緊迫化によるリスク回避の動きが強まる展開。もっとも、寄り前の12月鉱工業生産が前月比+3.1%と市場予想の同+2.9%を上回ったことから売り一巡後は下げ渋った。上海総合指数が堅調に推移していることとも支援材料。だが、一巡後は手掛かり材料難からもみあい。中国が3日に春節を迎えるため利上げ懸念が強まっているもよう。また、週末の米雇用統計を前に積極的に動きにくい。東証一部の値上がり銘柄数は332、値下がり銘柄数は1233とほぼ全面安。マザーズ指数も大幅反落。テクニカル面から10200円処は一旦下げ渋ることが想定されるが、ここをもれると10000円トライも視野に入る。スタンスは好業績銘柄の押し目買いでよいだろう。  


マーケットは一足先に春の様相も寒の戻りに注意の場況   2011/01/28(金)15:39:45  
  日経平均株価は大幅反落。前場は日本国債が引き下げられたことで売り優勢の展開も、国内企業の好決算や為替が円安に進んだことにより売り一巡後は下げ渋った。しかし、後場に入ると、上海株が下げに転じたこともあり、ポジション調整の売りに押されて一段安。先物に断続的な売りが出ているとの観測もあった。もっとも、今晩に米10-12月期GDPを控えていることから売り一巡後は安値圏でのもみあいに終始。東証一部の値下がり銘柄数は1318と全面安。一方、マザーズ指数は逆行高。サイバーエージェント(4751)の決算発表を受けて、野村証券が目標株価を引き上げたことやJPモルガン証券がカバレッジを開始したことが刺激材料となり同指数のけん引役となった。今晩の米国の経済指標や決算発表次第では週明けは波乱も予想される。しかし、物色意欲は旺盛であることから好業績銘柄の押し目を狙いたい。  


週末に天気が崩れそうな場況   2011/01/27(木)15:57:13  
  日経平均株価は反発。昨日の米国市場でNYダウが一時2年半ぶりの水準まで上昇したことで、東京市場も買い優勢の展開。上海総合指数などアジア株の上昇も支援材料となるなか、野村の大型投信の設定などに対する期待感もあり、先物に断続的な買いが入った。また、ファナック(6954)が決算発表後に一段高となったこともセンチメントの改善につながり、東証一部の値上がり銘柄は1053にも上った。売買代金も1兆4658億円に増加している。明日は寄り付き一巡後は週末の米10-12月期GDPを前に様子見ムードが強まりそう。個別株物色の相場となることが想定される。主力株中心に押し目買いスタンスは継続。  


まだまだ寒い日が続く場況   2011/01/26(水)15:51:39  
  日経平均株価は反落。米国企業の決算発表が強弱交錯となるなか、欧州株の下落を受けて売り優勢の展開。ドル/円がやや円高方向に振れたことも重しとなった。オバマ米大統領の一般教書演説は想定内で相場への影響は限定的。売り一巡後はFOMC前で様子見ムードが強まり、東証一部の売買代金は1兆2334億円にとどまっている。値上がり銘柄数は452、値下がり銘柄数は1076。銀行、証券などの金融株や、資源関連株などが軟調。朝方元気だったマザーズ指数も引けにはマイナスに転じている。明日は早い段階で25日移動平均線を回復することができるかがポイント。戻りが鈍いようだと、再び10000円大台を意識されやすくなるかもしれない。押し目買いスタンスは継続。  


朝から電車遅延で大混乱の場況   2011/01/25(火)15:47:17  
  前日の米国株高を好感し、日経平均株価は大幅続伸。決算発表への期待から徐々に上値を切り上げたが、上昇一巡後は25-26日のFOMCを前に様子見ムードを強める展開。11年3月期第3四半期決算を発表した信越化学(4063)が材料出尽くしで利益確定の売りに押されたことも過熱しすぎた市場センチメントを冷やした。とはいえ、東証一部の値上がり銘柄数は1386、値下がり銘柄数は187と全面高。売買代金も1兆4613億円と個別銘柄への物色意欲は依然として旺盛なもよう。テクニカル面では日経平均は25日線を上回った。SQ値の10470.13円を抜けてくれば、調整が完了したとの見方もできるため、少し強気なスタンスに転換してもよいかもしれない。主力株の押し目を狙いたい。  


全身筋肉痛の場況   2011/01/24(月)15:49:40  
  日経平均株価は反発。先週末に売られ過ぎたことで突っ込み警戒感が台頭、買い戻しが入る展開となった。今週から国内企業の決算発表が本格化するため、好業績への期待が下支えする格好。先物に断続的な買いが入っているとの声もあった。もっとも、戻りは限定的で買い一巡後は高値もみあいに終始した。セクター別では自動車株など輸出関連株の一角が堅調に推移し、東証一部の値上がり銘柄数は1145、値下がり銘柄数は376とほぼ全面高。今週は米国企業の決算発表や経済指標を睨みながらの展開となりそう。こうしたなか、ちょうど一年前にも似たようなタイミングで調整していることを考慮すれば、2010年11月から本格的な上昇トレンドを歩んできた日経平均はそろそろ一服のタイミングとなるかもしれない。ただし、調整は限定的となる可能性が高く、心理的な水準である10000円がターゲットとして意識される可能性が高い。主力株の押し目買いで臨みたい。  


徐々に日が長くなってきた場況   2011/01/21(金)15:46:38  
  日経平均株価は続急落。昨日の中国10-12月期実質GDPが予想以上に好調だったため、金融引き締めへの懸念から投資家のリスク回避が強まる展開。日経平均は25日移動平均線でも下げ止まらずに下げ幅を拡大。先物に断続的な大口売りが出ているとの声もあり、後場から一段安となった。東証一部の値下がり銘柄が1500と全面安。セクター別では銀行、証券、保険などの金融株や総合商社、電機、自動車などが売られる一方、医薬品、電力・ガスなどディフェンシブ銘柄には買いが入った。また、東証マザーズシスが4.51%も下落するなどこれまで個人投資家中心に人気化していた新興市場銘柄や低位材料株などの下げ幅を大きい。もっとも、東証一部の売買代金は1兆9152億円まで拡大するなど押し目買い意欲も強いようだ。目先は調整も、金余りを背景にした先高期待は依然として強いことから押し目買いで臨みたい。  


大寒の場況   2011/01/20(木)15:54:55  
  日経平均株価は大幅反落。昨晩の米国市場でGSなどの決算発表が嫌気されたほか、米12月住宅着工件数が予想を下回ったことも重しとなった。これを受けて為替が円高に進んだこともあり、日経平均は寄り付きから弱含みの展開。注目の中国の経済指標は、10-12月期実質GDPは前年比+9.8%と第3四半期の+9.6%から加速し、市場予想の9.4%を上回る一方、12月消費者物価指数は前年比4.6%と前月の5.1%から鈍化したが、強い経済指標を前に利上げ懸念が強まった。これを受けて、中国市場で上海総合指数が下げ幅を拡大したため、日経平均も一段安となった。東証一部の値上がり銘柄数は305、値下がり銘柄数は1245とほぼ全面安。これまで賑わっていた新興市場銘柄や低位材料株も利益確定の売りに押された。明日は米決算発表や経済指標、中国株の動向などを睨みながらの展開となりそう。SQ値を下回ったため目先は少し弱めのスタンスで見ていきたい。  


明日の満月が気になる場況   2011/01/19(水)15:44:05  
  日経平均株価は続伸。連休明けの米国株が堅調だったことを好感。好決算を発表した米アップルが時間外取引で上昇していることも追い風。ただ、買い一巡後は米中首脳会談を控えて為替動向を懸念する声もあり上値の重い展開。東証一部の売買代金は1兆3441億円。値上がり銘柄数は1049、値下がり銘柄数は468。10年12月首都圏マンション販売動向が追い風となり不動産株が一段高したほか、サイバーエージェント(4751)などネット関連も強い。低位材料株も賑わうなど個人投資家の物色意欲は衰えていない様子。明日は11時に発表になる中国の経済指標を睨みながらの相場となりそう。押し目買いを心掛けたい。  


気を抜くと意識不明になる場況   2011/01/18(火)15:39:06  
  日経平均株価は小幅反発。昨日の米国市場が休場となるなか、米国企業の決算発表への期待から底堅い動き。上海総合指数がプラス転換したことも支援材料となったものの、買い一巡後は今晩の米アップルなどの決算発表を控えて様子見ムードが強く、高値もみあいに終始した。東証一部の値上がり銘柄数は943、値下がり銘柄数は547。日経新聞が「東京23区で橋の超寿命化のための修繕計画をまとめる区が相次いでいる」と報じたため、日本橋(5912)や駒井ハルテック(5915)、サクラダ(5917)などの橋梁株が軒並み高。このように個人投資家による材料株を中心とした物色意欲は旺盛なもよう。明日は連休明け後の米国市場に左右されそう。主力株の押し目買いや材料株、新興市場などの短期売買で臨みたい。  


平年より寒い1月の場況   2011/01/17(月)15:43:44  
  日経平均株価は小幅反発。先週末の米国株高を受けて寄り付きはしっかりも、預金準備率を引き上げた中国で上海総合指数が下落したため、日経平均も一時前日比マイナス転換する場面も見られた。もっとも、今晩の米国市場が休場となるため、追随する動きも限定的となり、売り一巡後はもみあいに終始。かろうじてプラスで取引を終えている。東証一部の売買代金は1兆2510億円と低水準。基本的には10500円程度のもみあいを想定も、今週は追加利上げ観測が強まっている中国の経済指標や2010年第4四半期決算発表が本格化する米国の動向などに左右される展開となりそう。主力株の押し目買いのほか、材料株や新興市場銘柄の短期売買で臨みたい。  


正月が遠い昔のことに感じる場況   2011/01/14(金)15:37:32  
  日経平均株価は大幅反落。昨日の米国市場で新規失業保険申請件数の結果が予想より弱かったことで米国株が下落、ドル/円も売られたことにより、東京市場は寄り付きから弱含みの展開。米インテルの第4四半期決算が市場予想を上回ったことやファーストリテイリング(9983)の大幅高が指数を下支えしたものの、中国の利上げ観測が台頭すると徐々に下げ幅を拡大。東証一部の値下がり銘柄数は937にも上った。週明けはSQ値の10470.13円を守ることができるかがポイント。テクニカル的な過熱感が台頭するなか、同水準を割り込むと目先は調整が想定される。主力株の押し目買いもしくは出遅れ株や割安株などの待ち伏せで臨みたい。  


場況と戦略   2011/01/13(木)15:58:55  
  12日、ポルトガルの入札が順調だったことから欧米市場の株価が上昇、これを受けて日経平均株価も小高く寄り付いた。寄り前発表の11月の機械受注は民需(船舶・電力除く)前月比-3.0%(市場予想の同+2.0%)と、3カ月連続でマイナスになり、内閣府は機械受注の判断を「持ち直し傾向にあるものの、非製造業で弱い動きがみられる」と下方修正したが、材料視されず。朝方10620円をマークした後は高値もみ合いに終始した。本日のスペイン国債の入札も順調となれば買い安心感も広がるが、日経平均株価には短期的な上昇による高値警戒感もあり、窓埋め程度の調整待望論もきかれるところ。オシレーターではびっくりするほど過熱ゾーンと言うわけではないので、調整入りのタイミングが図りづらく、押し目買いや出遅れ選好といったリスクを抑えながらの攻めで対応したい。  


手が悴んで動かない場況   2011/01/12(水)15:41:40  
  日経平均株価は小幅反発。ポルトガルの首相が外部へ支援を求めないだろうと発言したことや欧州金融安定基金(EFSF)が発行する債券の20%以上を日本政府が購入すると発表したことで、欧州財政問題への懸念が後退した。直近6営業日で大きく下落していたインド株が反発したことも支援材料となったが、週末のSQを前に先物の動きに振られやすく引けにかけて上げ幅を縮小する展開となった。12月の景気ウォッチャー調査は景気の現状判断DIが前月比+1.5ポイントの45.1、先行き判断DIは同+2.5ポイントの43.9とそれぞれ2ヶ月連続の上昇。内閣府は景気ウォッチャー調査の判断の表現を「景気はこのところ持ち直しの動きが見られる」に変更し、9ヵ月ぶりに上方修正したが、相場への影響は限定的。東証一部の値上がり銘柄数は595、値下がり銘柄数は911と銀行株や不動産株がしっかり。こうしたなか、売買単価が617円まで低下するなど、主力株が一服する一方で低位株が物色されたものと推測される。明日も10500円前後での攻防が予想されるが、個人を中心とした個別株物色は継続しそうだ。ただ、急ピッチに値を上げたものについては調整が入っており無理に上値を追う必要はなさそうだ。  


鏡開きの場況   2011/01/11(火)15:37:53  
  日経平均株価は小幅反落。12〜13日のポルトガルやスペインの国債入札を前に円高警戒感が強まるものの、売り一巡後は下げ渋る展開。もっとも、25日騰落レシオが149%まで上昇するなど再び過熱感が広がるなか、戻りも限定的。11月の景気動向指数はCI一致指数が前月比+1.4ポイントの102.1、先行指数が同+3.3ポイントの101.0となったが、相場への影響は限定的。東証一部の値上がり銘柄数は1069、値下がり銘柄数は462。業種別ではクレディスイスが格上げした鉄鋼株が堅調。一方、マザーズ指数も2.16%上昇するなど、新興市場銘柄への人気は継続。明日も指数は為替を睨む神経質な展開となる一方、個別株物色は続きそう。材料株や新興市場銘柄は割り切りが必要。主力株の押し目買いで臨みたい。  

2016年10月の「場況と戦略」記事一覧
2016年09月の「場況と戦略」記事一覧
2016年08月の「場況と戦略」記事一覧
2016年07月の「場況と戦略」記事一覧
2016年06月の「場況と戦略」記事一覧
2016年05月の「場況と戦略」記事一覧
2016年04月の「場況と戦略」記事一覧
2016年03月の「場況と戦略」記事一覧
2016年02月の「場況と戦略」記事一覧
2016年01月の「場況と戦略」記事一覧
2015年12月の「場況と戦略」記事一覧
2015年11月の「場況と戦略」記事一覧
2015年10月の「場況と戦略」記事一覧
2015年09月の「場況と戦略」記事一覧
2015年08月の「場況と戦略」記事一覧
2015年07月の「場況と戦略」記事一覧
2015年06月の「場況と戦略」記事一覧
2015年05月の「場況と戦略」記事一覧
2015年04月の「場況と戦略」記事一覧
2015年03月の「場況と戦略」記事一覧
2015年02月の「場況と戦略」記事一覧
2015年01月の「場況と戦略」記事一覧
2014年12月の「場況と戦略」記事一覧
2014年11月の「場況と戦略」記事一覧
2014年10月の「場況と戦略」記事一覧
2014年09月の「場況と戦略」記事一覧
2014年08月の「場況と戦略」記事一覧
2014年07月の「場況と戦略」記事一覧
2014年06月の「場況と戦略」記事一覧
2014年05月の「場況と戦略」記事一覧
2014年04月の「場況と戦略」記事一覧
2014年03月の「場況と戦略」記事一覧
2014年02月の「場況と戦略」記事一覧
2014年01月の「場況と戦略」記事一覧
2013年12月の「場況と戦略」記事一覧
2013年11月の「場況と戦略」記事一覧
2013年10月の「場況と戦略」記事一覧
2013年09月の「場況と戦略」記事一覧
2013年08月の「場況と戦略」記事一覧
2013年07月の「場況と戦略」記事一覧
2013年06月の「場況と戦略」記事一覧
2013年05月の「場況と戦略」記事一覧
2013年04月の「場況と戦略」記事一覧
2013年03月の「場況と戦略」記事一覧
2013年02月の「場況と戦略」記事一覧
2013年01月の「場況と戦略」記事一覧
2012年12月の「場況と戦略」記事一覧
2012年11月の「場況と戦略」記事一覧
2012年10月の「場況と戦略」記事一覧
2012年09月の「場況と戦略」記事一覧
2012年08月の「場況と戦略」記事一覧
2012年07月の「場況と戦略」記事一覧
2012年06月の「場況と戦略」記事一覧
2012年05月の「場況と戦略」記事一覧
2012年04月の「場況と戦略」記事一覧
2012年03月の「場況と戦略」記事一覧
2012年02月の「場況と戦略」記事一覧
2012年01月の「場況と戦略」記事一覧
2011年12月の「場況と戦略」記事一覧
2011年11月の「場況と戦略」記事一覧
2011年10月の「場況と戦略」記事一覧
2011年09月の「場況と戦略」記事一覧
2011年08月の「場況と戦略」記事一覧
2011年07月の「場況と戦略」記事一覧
2011年06月の「場況と戦略」記事一覧
2011年05月の「場況と戦略」記事一覧
2011年04月の「場況と戦略」記事一覧
2011年03月の「場況と戦略」記事一覧
2011年02月の「場況と戦略」記事一覧
2011年01月の「場況と戦略」記事一覧
2010年12月の「場況と戦略」記事一覧
2010年11月の「場況と戦略」記事一覧
2010年10月の「場況と戦略」記事一覧
2010年09月の「場況と戦略」記事一覧
2010年08月の「場況と戦略」記事一覧
2010年07月の「場況と戦略」記事一覧
2010年06月の「場況と戦略」記事一覧
2010年05月の「場況と戦略」記事一覧
2010年04月の「場況と戦略」記事一覧
2010年03月の「場況と戦略」記事一覧
2010年02月の「場況と戦略」記事一覧
2010年01月の「場況と戦略」記事一覧
2009年12月の「場況と戦略」記事一覧
2009年11月の「場況と戦略」記事一覧
2009年10月の「場況と戦略」記事一覧
2009年09月の「場況と戦略」記事一覧
2009年08月の「場況と戦略」記事一覧
2009年07月の「場況と戦略」記事一覧
2009年06月の「場況と戦略」記事一覧
2009年05月の「場況と戦略」記事一覧
2009年04月の「場況と戦略」記事一覧
2009年03月の「場況と戦略」記事一覧
2009年02月の「場況と戦略」記事一覧
2009年01月の「場況と戦略」記事一覧
2008年12月の「場況と戦略」記事一覧
2008年11月の「場況と戦略」記事一覧
2008年10月の「場況と戦略」記事一覧
2008年09月の「場況と戦略」記事一覧
2008年08月の「場況と戦略」記事一覧
2008年07月の「場況と戦略」記事一覧
2008年06月の「場況と戦略」記事一覧
2008年05月の「場況と戦略」記事一覧
2008年04月の「場況と戦略」記事一覧
2008年03月の「場況と戦略」記事一覧
2008年02月の「場況と戦略」記事一覧
2008年01月の「場況と戦略」記事一覧
2007年12月の「場況と戦略」記事一覧
2007年11月の「場況と戦略」記事一覧
2007年10月の「場況と戦略」記事一覧
2007年09月の「場況と戦略」記事一覧
2007年08月の「場況と戦略」記事一覧
2007年07月の「場況と戦略」記事一覧
2007年06月の「場況と戦略」記事一覧
2007年05月の「場況と戦略」記事一覧
2007年04月の「場況と戦略」記事一覧
2007年03月の「場況と戦略」記事一覧
2007年02月の「場況と戦略」記事一覧
2007年01月の「場況と戦略」記事一覧
2006年12月の「場況と戦略」記事一覧
2006年11月の「場況と戦略」記事一覧
2006年10月の「場況と戦略」記事一覧
2006年09月の「場況と戦略」記事一覧
2006年08月の「場況と戦略」記事一覧
2006年07月の「場況と戦略」記事一覧
2006年06月の「場況と戦略」記事一覧
2006年05月の「場況と戦略」記事一覧
2006年04月の「場況と戦略」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。