FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
稀にデイトレ&ほぼスイングサロン
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

場況と戦略

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  

全部で 12件 の記事があります。(表示:1−12)


明日から3月の場況   2011/02/28(月)15:32:28  
  日経平均株価は大幅続伸。時間外での原油高や円高基調が重しとなるなか、前場は売り優勢の展開だったが、後場に入り先物に断続的な買いが入ると引けにかけて上げ幅を拡大した。東証一部の値上がり銘柄数は1371、値下り銘柄数は211とほぼ全面高。主力株だけでなく、新興市場も物色された。テクニカル面では上値抵抗として利いていた25日移動平均線を回復したため、中東情勢の動向次第ではあるものの、上昇トレンドに回帰する可能性も考えられる。ただし、今週末に米雇用統計を控えており、戻り一巡後は上値が重たくなるかもしれない。そのため、上値を追うのではなく、押し目買いで対応したい。  


4月下旬並みの暖かさの場況   2011/02/25(金)15:40:19  
  日経平均株価は反発。リビア情勢の悪化を背景にリスク回避姿勢が強まり円高基調となっているものの、原油と金価格が反落したことで一旦自律反発の動き。値ごろ感からの押し目買いや、週末ということもありポジション調整の買い戻しも入ったようだ。さらにアジア株が堅調に推移したことも支援材料となり引けにかけて上げ幅を拡大する動きとなった。東証一部の値上がり銘柄数は1178。値下り銘柄数は356だが、売買代金は1兆5718億円はそれほど膨らんでいない。テクニカル面では依然として25日移動平均線を下回っており予断を許さない状況。週末の米国株次第では調整が継続する可能性も考えられる。スタンスは少し弱めだが、押し目買いには変わりない。  


原稿締め切り間近でてんてこ舞いの場況   2011/02/24(木)15:53:51  
  日経平均株価は大幅続落。リビア情勢の悪化を背景に、原油価格が一時1バレル100ドルまで上昇したことが嫌気。押し目買いで一時的に持ち直す場面も見られたが、戻りは限定的だったため、さらに下げ幅を拡大する展開となった。東証一部の値上がり銘柄数は159、値下がり銘柄数は1454と全面安。マザーズ指数も4%の下落となるなど主力株だけでなく、個人投資家に人気の新興市場も軟調。テクニカル面でも日経平均が25日移動平均線や10500円処を割り込んだことで調整が長引く可能性が考えられる。まずは2月初めに出現したアイランド・リバーサルを否定しにいくかどうかに注目が集まる。スタンスは押し目買いで変わりないが、少し弱めに考えておきたい。  


場況と戦略   2011/02/23(水)16:00:29  
  ほぼ安値引け。日経平均株価は、リビア情勢の悪化等を嫌気して大幅安した米国市場や、円高を受けて続落。日中に下げ幅を縮小したものの、午後から前場の高値を抜け切れなかったことから売りが加速、引けにかけて下げ幅を拡大した。東証一部の7割が下落、業種別でも34業種中値上がりは4業種のみと全面安の様相。昨日今日と大幅安の中、売買代金が、1兆8000億円にせまる水準まで膨らんでいることから、利食い売りの加速がみてとれる。個別には津田駒(6217)など往年の仕手株が小確りしていることから、指数には調整警戒感があるものの、個人投資家の物色意欲は衰えていないとようだ。引き続き地政学的リスクに左右される展開も、通期上方修正や復配などが期待される銘柄には良い押し目となりそうだ。  


また春に会いましょうの場況   2011/02/22(火)15:36:10  
  日経平均株価は急反落。リビアの政情不安を背景にリスク回避的な動きが強まる展開。売り一巡後は下げ渋るも、中国株が軟調なことやGLOBEXで米株先物が急落していることも重しとなり戻りは鈍い。ムーディーズが日本国債の格付け見通しを「安定的」→「ネガティブ」に変更したことで、債券価格下落につながることから銀行株中心に売られ、東証一部の値下がり銘柄数は1429と全面安。ただし、売買代金は1兆7381億円と拡大しており、押し目を狙う向きも多い印象。明日は三連休明けの米国株の動向に左右されそう。基本的には主力株の押し目買いでよいだろう。  


1週間の始まりの場況   2011/02/21(月)15:55:42  
  日経平均株価は小幅続伸。週末に中国が2011年で2度目となる0.5%の預金準備率引き上げを発表したため、寄り付きこそアジア市場への警戒感が強まったものの、中国株の下げが限定的だったことで安心感が広がった。しかし、今晩の米国株が休場となることから様子見ムードも強く、東証一部の売買代金は1兆4610億円に留まっている。値上がり銘柄数は768、値下がり銘柄数は734。GSのレーティング引き上げを背景にブリヂストン(5108)や住友ゴ(5110)などが強い。一方、東証マザーズが2年半ぶりの高値水準を回復するなど個人中心に新興市場も物色された。今晩の米国市場が球状となるため、明日も今日の流れを引き継いだ展開となりそう。主力株中心に押し目買いで対応したい。  


朝の嵐で傘が吹っ飛んだ場況   2011/02/18(金)15:43:45  
  日経平均株価は小幅反発。米2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想を上回ったことで米国株が上昇も、日経平均は利益確定の売りが上値を圧迫した。一巡後はG20財務省・中央銀行総裁会議や米国の三連休を控えて様子見ムードを強める展開。東証一部の値上がり銘柄数は673、値下がり銘柄数は835。日経平均がもみあう中、マザーズ指数が急伸し、2010年4月の高値507.53ポイントに肉薄するなど新興市場が人気化するなど個人投資家中心に物色意欲は依然として旺盛なもよう。週明けは今晩の米国市場を織り込んだあとは手掛かり材料難から方向感のない動きとなる可能性が高い。好業績銘柄の押し目買いで臨みたい。  


明日の満月が気になる場況   2011/02/17(木)15:43:14  
  日経平均株価は続伸。米国株高を受けて、買い優勢の展開。が、買い一巡後はGLOBEXで米株先物が軟調なことを受けて利益確定の売りに押され、徐々に上げ幅を縮小する展開となった。12月景気動向指数CI一致指数の改定値が前月比+1.1ポイントとなり、速報の同+0.7%から上方修正されたものの、相場への影響は限定的。東証一部の値上がり銘柄数は1044、値下がり銘柄数は498。銀行や電力、情報通信など出遅れ銘柄を中心に物色された。売買代金も1兆8289億円と2兆円が見える水準まで拡大しており、米国株が調整しない限りは日経平均は11000円大回復を視野に入れた動きとなりそう。リターンリバーサルが効き始めていることから上値追いは避けて、押し目買いに徹したい。  


いつの間にか2月も半分終わっていた場況   2011/02/16(水)15:38:19  
  日経平均株価は続伸。予想を下回る米経済指標を受けて米国株が下落したものの、ドル/円が円安方向に進んだことが支援材料。後場から先物主導の上昇も10800円台半ばでは利益確定の売りに押され、伸び悩む展開となった。東証一部の値上がり銘柄数は711、値下がり銘柄数は760と拮抗。セクター別では銀行、証券、保険などの金融株中心に物色された。特にりそな(8308)が公募価格の440円を上抜いたことには注目される。こうしたなか、決算発表のピークを通過したことで、投資家の関心はミクロからマクロにシフトする可能性。米国株がしっかりしている間は日経平均も強含みとなりそう。押し目買いで臨みたい。  


連日高値更新の場況   2011/02/15(火)17:10:54  
  10700円を割り込むことなく高値もみ合い継続。朝方の日経平均株価はNYダウが利食い売りに押されて反落したことを受け、おっかなびっくりの展開。前場はほぼ寄り天で推移したが、上海総合指数の上昇などを受け、徐々に市場に買い安心感が広がった。連日の高値更新だが、先物で昨日夕場の高値10770円には至らなかったことから、強気ながら上値につっかけるまでもないという様子見機運が伺える。個別株では、日立や東芝など主力銘柄が高値を更新。アジア内からの資金流入が噂されていることから、海外投資家が好みそうな主力株や、機関投資家の手が入っているような銘柄物色が続きそうだ。先物で十字足が出ており、そろそろ高値警戒感も台頭。チキンレースに参加するのではなく、トレーリングストップの設定などで損失を限定しながら相場についていきたい。  


連休明けの場況   2011/02/14(月)16:38:41  
  日経平均株価は狭いレンジでの高値もみ合いだったが、引けにかけて高値を更新、マザーズ指数、ジャスダック平均ともに9カ月ぶりの高値を更新した。連休中にムバラク大統領の辞任を受け、エジプト情勢沈静化期待から買い安心感が広がったことに加え、上海総合指数の堅調や円安が後押しした。レーィング引き上げ銘柄が寄りから伸びたり、10日に下方修正を出した銘柄が反発するなど、個別株のムードも良い。今晩のオバマ米大統領の予算教書や、明日の中国消費者物価指数などを控え海外指標に振り回されやすい環境。市場は楽観ムードだが、これら指標に水をさされるような結果となれば、高値警戒感から売り先行の動きも想定される。エントリーは押し目狙い、イグジットはトレーリングストップを設定して、上手に利を伸ばしていきたいところ。  


連休は大雪の予報の場況   2011/02/10(木)15:38:15  
  日経平均株価は小幅続落。米国株がまちまちとなるなか、三連休を前に利益確定売りに押される格好。寄り前の12月機械受注は民需(電力・船舶除く)が前月比1.7%増と市場予想の同5.0%増を下回ったものの、相場への影響は限定的。売り一巡後は押し目買いから持ち直す場面も見られたものの、戻りは限定的で手掛かり材料難から膠着感が強まった。東証一部の値上がり銘柄数は872、値下がり銘柄数は606。売買代金は1兆5550億円だが、オプションSQということを考慮すれば少ない印象。週明けは10-12月期GDP速報値や日銀金融政策決定会合など注目材料も多い。テクニカル面ではSQ値の10561.41円を守ることができるかがポイントとなりそうだ。物色面ではリターンリバーサルが効いているが、季節柄、3月期末に向けて高配当利回り銘柄の押し目にも妙味。  

2016年10月の「場況と戦略」記事一覧
2016年09月の「場況と戦略」記事一覧
2016年08月の「場況と戦略」記事一覧
2016年07月の「場況と戦略」記事一覧
2016年06月の「場況と戦略」記事一覧
2016年05月の「場況と戦略」記事一覧
2016年04月の「場況と戦略」記事一覧
2016年03月の「場況と戦略」記事一覧
2016年02月の「場況と戦略」記事一覧
2016年01月の「場況と戦略」記事一覧
2015年12月の「場況と戦略」記事一覧
2015年11月の「場況と戦略」記事一覧
2015年10月の「場況と戦略」記事一覧
2015年09月の「場況と戦略」記事一覧
2015年08月の「場況と戦略」記事一覧
2015年07月の「場況と戦略」記事一覧
2015年06月の「場況と戦略」記事一覧
2015年05月の「場況と戦略」記事一覧
2015年04月の「場況と戦略」記事一覧
2015年03月の「場況と戦略」記事一覧
2015年02月の「場況と戦略」記事一覧
2015年01月の「場況と戦略」記事一覧
2014年12月の「場況と戦略」記事一覧
2014年11月の「場況と戦略」記事一覧
2014年10月の「場況と戦略」記事一覧
2014年09月の「場況と戦略」記事一覧
2014年08月の「場況と戦略」記事一覧
2014年07月の「場況と戦略」記事一覧
2014年06月の「場況と戦略」記事一覧
2014年05月の「場況と戦略」記事一覧
2014年04月の「場況と戦略」記事一覧
2014年03月の「場況と戦略」記事一覧
2014年02月の「場況と戦略」記事一覧
2014年01月の「場況と戦略」記事一覧
2013年12月の「場況と戦略」記事一覧
2013年11月の「場況と戦略」記事一覧
2013年10月の「場況と戦略」記事一覧
2013年09月の「場況と戦略」記事一覧
2013年08月の「場況と戦略」記事一覧
2013年07月の「場況と戦略」記事一覧
2013年06月の「場況と戦略」記事一覧
2013年05月の「場況と戦略」記事一覧
2013年04月の「場況と戦略」記事一覧
2013年03月の「場況と戦略」記事一覧
2013年02月の「場況と戦略」記事一覧
2013年01月の「場況と戦略」記事一覧
2012年12月の「場況と戦略」記事一覧
2012年11月の「場況と戦略」記事一覧
2012年10月の「場況と戦略」記事一覧
2012年09月の「場況と戦略」記事一覧
2012年08月の「場況と戦略」記事一覧
2012年07月の「場況と戦略」記事一覧
2012年06月の「場況と戦略」記事一覧
2012年05月の「場況と戦略」記事一覧
2012年04月の「場況と戦略」記事一覧
2012年03月の「場況と戦略」記事一覧
2012年02月の「場況と戦略」記事一覧
2012年01月の「場況と戦略」記事一覧
2011年12月の「場況と戦略」記事一覧
2011年11月の「場況と戦略」記事一覧
2011年10月の「場況と戦略」記事一覧
2011年09月の「場況と戦略」記事一覧
2011年08月の「場況と戦略」記事一覧
2011年07月の「場況と戦略」記事一覧
2011年06月の「場況と戦略」記事一覧
2011年05月の「場況と戦略」記事一覧
2011年04月の「場況と戦略」記事一覧
2011年03月の「場況と戦略」記事一覧
2011年02月の「場況と戦略」記事一覧
2011年01月の「場況と戦略」記事一覧
2010年12月の「場況と戦略」記事一覧
2010年11月の「場況と戦略」記事一覧
2010年10月の「場況と戦略」記事一覧
2010年09月の「場況と戦略」記事一覧
2010年08月の「場況と戦略」記事一覧
2010年07月の「場況と戦略」記事一覧
2010年06月の「場況と戦略」記事一覧
2010年05月の「場況と戦略」記事一覧
2010年04月の「場況と戦略」記事一覧
2010年03月の「場況と戦略」記事一覧
2010年02月の「場況と戦略」記事一覧
2010年01月の「場況と戦略」記事一覧
2009年12月の「場況と戦略」記事一覧
2009年11月の「場況と戦略」記事一覧
2009年10月の「場況と戦略」記事一覧
2009年09月の「場況と戦略」記事一覧
2009年08月の「場況と戦略」記事一覧
2009年07月の「場況と戦略」記事一覧
2009年06月の「場況と戦略」記事一覧
2009年05月の「場況と戦略」記事一覧
2009年04月の「場況と戦略」記事一覧
2009年03月の「場況と戦略」記事一覧
2009年02月の「場況と戦略」記事一覧
2009年01月の「場況と戦略」記事一覧
2008年12月の「場況と戦略」記事一覧
2008年11月の「場況と戦略」記事一覧
2008年10月の「場況と戦略」記事一覧
2008年09月の「場況と戦略」記事一覧
2008年08月の「場況と戦略」記事一覧
2008年07月の「場況と戦略」記事一覧
2008年06月の「場況と戦略」記事一覧
2008年05月の「場況と戦略」記事一覧
2008年04月の「場況と戦略」記事一覧
2008年03月の「場況と戦略」記事一覧
2008年02月の「場況と戦略」記事一覧
2008年01月の「場況と戦略」記事一覧
2007年12月の「場況と戦略」記事一覧
2007年11月の「場況と戦略」記事一覧
2007年10月の「場況と戦略」記事一覧
2007年09月の「場況と戦略」記事一覧
2007年08月の「場況と戦略」記事一覧
2007年07月の「場況と戦略」記事一覧
2007年06月の「場況と戦略」記事一覧
2007年05月の「場況と戦略」記事一覧
2007年04月の「場況と戦略」記事一覧
2007年03月の「場況と戦略」記事一覧
2007年02月の「場況と戦略」記事一覧
2007年01月の「場況と戦略」記事一覧
2006年12月の「場況と戦略」記事一覧
2006年11月の「場況と戦略」記事一覧
2006年10月の「場況と戦略」記事一覧
2006年09月の「場況と戦略」記事一覧
2006年08月の「場況と戦略」記事一覧
2006年07月の「場況と戦略」記事一覧
2006年06月の「場況と戦略」記事一覧
2006年05月の「場況と戦略」記事一覧
2006年04月の「場況と戦略」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。