FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

場況と戦略

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  

全部で 16件 の記事があります。(表示:1−16)


8/31の場況   2012/08/31(金)15:39:07  
  日経平均株価は大幅続落。31日にジャクソンホールでのFRBバーナンキ議長の講演を控えて、ポジション解消売りに押される展開。寄り前に発表された7月鉱工業生産が前月比-1.2%と事前予想の+1.7%を下回ったことも重石。日銀のETF買い観測もあったが、先物に大口売りが出るとスルスルと下げ幅を拡大。終値は143.87円安の8839.91円と安値引けで取引を終了するなど週明けに不安を残す格好となった。東証一部の値上がり銘柄数は286、値下がり銘柄数は1270とほぼ全面安。個別では野村証券が格上げした三菱食品(7451)や中間期の業績が予想を大きく上回ったとの観測報道で丹青社(9743)が大幅高したほか、業績上方修正したパイプドビッツ(3831)や好業績を発表したパーク24(4666)などにも買いが入った。週明けは波乱が予想されるが、テクニカル面でも心理的フシの9000円、200日線、25日線を割り込んだことから、7月からのリバウンドも一巡した可能性。戻り売りで臨みたい。  


8/30の場況   2012/08/30(木)15:33:26  
  日経平均株価は反落。31日にジャクソンホールでのFRBバーナンキ議長の講演を控えるなか、米4-6月期GDPが速報値から上方修正されたことで、景況感の回復から追加金融緩和への思惑が後退した。こうしたなか、GLOBEXで米株先物が軟調なことに加え、中国、香港などのアジア株安を受けて一段安。心理的フシの9000円を割り込む弱い展開となった。東証一部の値上がり銘柄数は354、値下がり銘柄数は1196とほぼ全面安。個別ではサニックス(4651)、三晃金属(1972)など太陽光関連が値上がり上位にランクイン。そのほか、住友軽金属との経営統合を発表した古河スカイ(5741)や大和証券が格上げしたアイカ工業(4206)が堅調に推移。ジーンズメイト(7448)は3日連続ストップで、タカキュー(8166)やライトオン(7445)にも人気が波及した。明日も似たような展開が想定されるが、200日線を割り込むと調整局面に入る可能性が考えられる。無理をせず見送りが無難か。  


8/29の場況   2012/08/29(水)15:29:48  
  日経平均株価は反発。31日にジャクソンホールでのFRBバーナンキ議長の講演を控えて様子見姿勢を強める展開。東証一部の売買代金は7825億円と薄商いが継続している。こうしたなか、ルック(8029)や日産東京(8291)など値動きの大きい仕手株に人気が集まり、東証一部の値上がり銘柄数は1000近くにも上った。個別では業績上方修正したソースネクスト(4344)や、三菱UFJ証券が投資判断を引き上げた東映(9605)などが高い。ジーンズメイト(7448)は22日から6連騰している。今晩の米国市場では米4-6月GDP・改定値や米地区連銀経済報告(ベージュブック)などの結果次第では波乱も予想される。ただ、仮に米4-6月GDP・改定値の結果が悪くても、追加緩和への思惑が強まれば、株価はそれほど下がらないかもしれない。低位材料株や好業績の小型株中心の相場が続きそうだ。  


8/28の場況   2012/08/28(火)15:35:45  
  日経平均株価は小幅続落。31日にジャクソンホールでのFRBバーナンキ議長の講演を控えて、追加緩和への思惑が強まるものの、ドル安・円高が進むとの懸念が重石。東証一部の売買代金は9806億円と薄商いの中、先物に断続的な売りが出たことで一時9000円台を割り込む場面も見られたが、引けにかけて持ち直した。東証一部の値上がり銘柄数は253、値下がり銘柄数は1311と全面安の様相。公的資金完済計画を発表したあおぞら銀行(8304)が急騰したほか、8月の既存店売上高が好調だったクスリのアオキ(3398)も高い。これまで売られ過ぎていたシャープ(6753)にも買い戻しが入った。明日も似たような展開が想定されるが、9000円を明確に割り込むとリバウンドが一巡し、調整に向かう可能性が高い。ポジション管理はしっかりしておきたい。  


8/27の場況   2012/08/27(月)15:31:26  
  日経平均株価は小幅反発。米国の追加緩和への期待から寄り付きはしっかりも、上海総合指数が下値模索となっていることで上値の重い展開となった。手掛かり材料難の中、薄商いが継続しており、東証一部の売買代金は6582億円と今年2番目に少ない水準。値上がり銘柄数は560、値下がり銘柄数は923。個別では好決算を発表したキタック(4707)がストップ高買い気配となったか、東証一部の上場が認証されたノエビアHD(4928)が急騰。大和証券が格上げした生化学工業(4548)も買われた。スケジュール面では、31日に予定されているFRB議長のジャクソンホールでの講演に注目する声も大きく、現時点では大きく売られる可能性も低いと考えられる。9000円で値固めする展開となりそうだ。  


8/24の場況   2012/08/24(金)14:10:25  
  日経平均株価は大幅反落。米セントルイス地区連銀総裁が、FOMC議事録は「やや古い」との見解を示したことでり、追加緩和への期待が後退した。売り一巡後は、後場寄り後に先物に小口売りが出たこともあり、安値もみあいに終始した。個別では好決算を発表したリアルコム(3856)がストップ高したほか、仏通信機器メーカーと販売代理店契約を締結したと発表したソフトバンクテクノ(4726)、8月の売上高がプラス転換したニッセン(8248)が高い。GSが格上げした関西電力(9503)と東北電力(9506)も買われた。一方、東証によるTOBが終了した大証(8697)が急落。テクニカル面からは一旦心理的フシ目の9000円や200日線を試しに行く可能性が考えられる。安い時に買い、高い時に売るという逆張りで臨みたい。  


8/23の場況   2012/08/23(木)15:30:38  
  日経平均株価は反発。FOMC議事録の内容を受けて、QE3への期待が高まったものの、ドル安・円高が進行したため、寄り付きは売りに押されたが、売り一巡後は薄商いの中、先物主導で買い戻しが入った。HSBCが発表した中国8月PMIは47.8と9か月ぶりの低水準となったものの、相場への影響は限定的。東証一部の売買代金は8394億円と市場参加者が少ないなか、値上がり銘柄数は775、値下がり銘柄数は700とほぼ拮抗。個別ではJPモルガンが格上げした花王(4452)が高値更新したほか、人口股関節新製品を販売すると発表した日本MDM(7600)が急反発。業績上方修正した綜合HD(2399)や12.10期第3四半期は営業最高益になるとの日経報道でパーク24(4666)が大幅高。明日は今晩の米国市場や為替相場など外部環境にもよるが、目先は9500円の心理的フシを意識する展開となりそうだ。好業績銘柄や材料が出た銘柄の個別物色で臨みたい。  


8/22の場況   2012/08/22(水)15:24:25  
  日経平均株価は続落。手掛かり材料難を背景に、東証一部の売買代金7491億円と薄商いの中、先物主導で売りに押される展開。もっとも、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズが中国には新たな大型刺激策を実施する余地があるとのリリースを発表すると徐々に持ち直す格好となった。東証一部の値上がり銘柄数は492、値下がり銘柄数は965。業績上方修正したタカキユー(8166)や8月既存店売上高が好調だったジーンズメイト(7448)が東証一部値上がり率上位に並んだ。日経新聞が政府が風力で起こした電気を消費地へ送るための送電線を電力会社、風力発電事業者と共同で整備すると報じたことで日本風力開発(2766)がストップ高。そのほか、東京特殊電線(5807)や昭和電線HD(5805)、沖電線(5815)などの低位電線株にも物色が向かった。こう着感が強まる中、好業績銘柄や材料が出た銘柄の個別中心の相場となることが想定される。割安な好業績銘柄を狙いたい。  


8/21の場況   2012/08/21(火)15:41:47  
  日経平均株価は小幅反落。野村アセットマネジメントの投信設定への需給改善期待が後退したため、上値の重い展開。市場参加者も少なく、東証一部の売買代金は6981億円と前日より減少し、今年二番目の薄商い。指数も小動きとなるなか、個別株中心の様相。値上がり銘柄数は922、値下がり銘柄数は586。増配を発表した夢真HD(2362)が買われたほか、シティグループ証券が格上げした富士通(6702)や三菱UFJ証券が格上げしたスクウェアエニックスHD(9684)も高い。このところ大きく売られていたシャープ(6753)にも買い戻しが入った。明日も材料難となるなか、上値の重い展開が続くと予想。更なるリバウンドには売買代金の増加が必要になる。  


8/20の場況   2012/08/20(月)15:24:27  
  日経平均株価は小幅続伸。先週末の堅調な米国株を背景に寄り付きはしっかりした展開となったが、買い一巡後は先週後半から続いていた投信設定に伴う先物買いの反動が出たとの声もあり上値の重い展開。上海、香港などアジア株安も重石となり一時マイナス圏に転落する場面も見られたが、引けにかけて若干持ち直した。東証一部の売買代金は7601億円と薄商い。値上がり銘柄数は626、値下がり銘柄数は880。個別では日経新聞が太陽光パネル設置で建築確認不要と報じたことで、サニックス(4651)や三晃金属(1972)、ウエストHD(1407)など関連銘柄が人気を集めた。好決算を発表したドンキホーテ(7532)も高い。一方、ルック(8029)や日産東京(8291)などの仕手系材料株は売られた。今週は主要な経済指標も少ないことから手掛かり難となりそうだが、チャートはダブルボトムを形成するなど戻り歩調が継続する見通し。もっとも自律反発に留まる可能性が高いことから、安いところで買い、高いところで売る逆張り戦略は継続したい。  


8/17の場況   2012/08/17(金)14:33:52  
  日経平均株価は続伸。米国のQE3への観測が後退したことを背景としたドル買い・円売りが支援材料。後場から先物主導で上げ幅拡大。その後は高値もみあいに終始するなどしっかりした相場となった。個別では1:200の株式分割を発表したSI(3826)がストップ高買い気配となったほか、14.3期は6期ぶりに過去最高益を更新する見通しと日経新聞が報じた一休(2450)や、クレディスイスが格上げしたヤマハ発動機(7272)が大幅高。日経新聞電子版が台湾企業がシャープ本体への出資比率を当初の9.9%から20%程度に引き上げるよう求めていることが分かったと報じたことで、シャープ(6753)が急伸した。テクニカル面では7月4日の戻り高値9136.02円を回復したことで、ダブルボトムが出現し、2-5月にサポートとして機能していた9500円処にチャレンジしに行く展開が想定される。ただ、本格的な上昇は想定しにくく、安いところで買い、高いところで売る逆張り戦略は継続したい。  


8/16の場況   2012/08/16(木)15:29:39  
  日経平均株価は大幅反発。ドル/円が79円台まで円安が進んだことをキッカケに、トヨタ(7203)や日立(6501)、シャープ(6753)など主力の輸出株に買いが入り、東証一部の値上がり銘柄数は1230とほぼ全面高の様相を呈した。もっとも、売買代金は9238億円と薄商いであり腰の据えた買いは限定的の様子。そのため、買い一巡後は伸び悩み、高値もみあいに終始した。セクター別ではハイテク、自動車などの輸出株や、証券、保険などの金融株などこれまで大きく売られてきた銘柄に買い戻しが入った。個別ではルック(8029)、栗本鉄工所(5602)、日産東京(8291)などの仕手系材料株が東証一部値上がり率上位にランクイン。株式新聞に取り上げられたオリジン電気(6513)や、クレディスイスが投資判断を引き上げたシップヘルスケアホールディングス(3360)なども高い。今晩の米住宅着工件数や米フィラデルフィア連銀製造業景況指数など主要経済指標の結果次第では波乱が予想されるものの、予想を上回るようなら、一段高も想定される。こうした中ではこのところ見られた内需買い・外需売りが一巡した可能性もあり、リターンリバーサルを狙いたい。  


8/15の場況   2012/08/15(水)15:22:30  
  日経平均株価は小幅反落。米7月小売売上高が4ヵ月のプラスとなり、事前予想を上回ったことが下支えも、一巡後は200日線を前に利益確定の売りに押されて安値もみあいに終始した。東証一部の売買代金は8475億円と薄商い。値上がり銘柄数は601、値下がり銘柄数は895。業績予想を上方修正したドン・キホーテ(7532)が大幅高する一方、決算発表が嫌気されたグリー(3632)や公募増資を発表したツクイ(2398)、ドイツ証券が投資判断を「Hold→Sell」に、目標株価を365円→110円にそれぞれ引き下げたシャープ(6753)が値下がり率上位にランクイン。明和産業(8103)、日産東京(8291)など仕手系材料株も売られた。お盆明けで週末に向けて市場参加者が戻ってくることが予想されるが、9000円台回復にはフレッシュ材料が必要。方向感が出るまでは個別銘柄中心の相場を予想している。  


8/14の場況   2012/08/14(火)15:37:11  
  日経平均株価は反発。ユーロに対して円が弱含んだことが支援材料。お盆休みで市場参加者が少なくなるなか、200日線や9000円処を前にもみあいに終始した。東証一部の値上がり銘柄数は1240、値下がり銘柄数は336とほぼ全面高。個別では好決算を発表した学研HD(9470)、構造計画研究所(4748)や優先株発行に伴う資本増強策を発表したアルバック(6728)に買いが入ったほか、三菱UFJが投資判断を引き上げたスクウェアエニックス(9684)、みずほ証券が目標株価を引き上げたエンプラス(6961)も高い。こうしたなか、東証一部の売買代金が1兆0009万に増加したことはポジティブ。出来高を伴いながら、200日線をブレイクすれば、戻りに弾みがつく可能性が考えられる。引き続き、個別中心の相場を想定している。  


8/13の場況   2012/08/13(月)16:08:31  
  日経平均株価は小幅続落。寄り前の4-6月期実質GDPが前期比+0.3%、年率+1.4%と市場予想の+0.6%、+2.6%を下回ったことが重石。お盆休みということもあり、東証一部の売買代金は6144億円と昨年12月30日以来の薄商い。こうしたなか、賑わっていたのがルック(8029)や明和産業(8103)などの仕手系材料株。そのほか、業績予想を上方修正したフジオフード(2752)、日本ミクロ(5381)、日本橋梁(5912)や好決算を発表した酒井重工業(6358)、セイコーHD(8050)、アイフル(8515)などが買われるなど、好業績銘柄は素直に評価されている。明日も似たような相場が想定される。割り切りは必要だが、低位材料株の短期売買などが有効か。  


8/10の場況   2012/08/10(金)15:31:20  
  日経平均株価は反落。昨日の上昇のあとだけに利益確定の売りに押される展開。お盆休みを前にしたポジション調整売りが出る中、アジア株安も嫌気され、後場から一段安となった。個別では好業績を発表したサカイオーべ(3408)、DeNA(2432)などが東証一部値上がり率上位に並んだ。ソフトバンクとスマホに音楽・映像を配信する新会社を設立すると発表したエイベックス(7860)や、ソニーがTOBで完全子会社化すると発表したソネット(3789)が急騰。ルック(8029)や日産東京(8291)などの仕手系材料株の一角も強い。終値でSQ値8914.81円を下回ったため、目先は弱含みも、200日線や9000円台回復なら戻り余地が広がりそう。  

2016年10月の「場況と戦略」記事一覧
2016年09月の「場況と戦略」記事一覧
2016年08月の「場況と戦略」記事一覧
2016年07月の「場況と戦略」記事一覧
2016年06月の「場況と戦略」記事一覧
2016年05月の「場況と戦略」記事一覧
2016年04月の「場況と戦略」記事一覧
2016年03月の「場況と戦略」記事一覧
2016年02月の「場況と戦略」記事一覧
2016年01月の「場況と戦略」記事一覧
2015年12月の「場況と戦略」記事一覧
2015年11月の「場況と戦略」記事一覧
2015年10月の「場況と戦略」記事一覧
2015年09月の「場況と戦略」記事一覧
2015年08月の「場況と戦略」記事一覧
2015年07月の「場況と戦略」記事一覧
2015年06月の「場況と戦略」記事一覧
2015年05月の「場況と戦略」記事一覧
2015年04月の「場況と戦略」記事一覧
2015年03月の「場況と戦略」記事一覧
2015年02月の「場況と戦略」記事一覧
2015年01月の「場況と戦略」記事一覧
2014年12月の「場況と戦略」記事一覧
2014年11月の「場況と戦略」記事一覧
2014年10月の「場況と戦略」記事一覧
2014年09月の「場況と戦略」記事一覧
2014年08月の「場況と戦略」記事一覧
2014年07月の「場況と戦略」記事一覧
2014年06月の「場況と戦略」記事一覧
2014年05月の「場況と戦略」記事一覧
2014年04月の「場況と戦略」記事一覧
2014年03月の「場況と戦略」記事一覧
2014年02月の「場況と戦略」記事一覧
2014年01月の「場況と戦略」記事一覧
2013年12月の「場況と戦略」記事一覧
2013年11月の「場況と戦略」記事一覧
2013年10月の「場況と戦略」記事一覧
2013年09月の「場況と戦略」記事一覧
2013年08月の「場況と戦略」記事一覧
2013年07月の「場況と戦略」記事一覧
2013年06月の「場況と戦略」記事一覧
2013年05月の「場況と戦略」記事一覧
2013年04月の「場況と戦略」記事一覧
2013年03月の「場況と戦略」記事一覧
2013年02月の「場況と戦略」記事一覧
2013年01月の「場況と戦略」記事一覧
2012年12月の「場況と戦略」記事一覧
2012年11月の「場況と戦略」記事一覧
2012年10月の「場況と戦略」記事一覧
2012年09月の「場況と戦略」記事一覧
2012年08月の「場況と戦略」記事一覧
2012年07月の「場況と戦略」記事一覧
2012年06月の「場況と戦略」記事一覧
2012年05月の「場況と戦略」記事一覧
2012年04月の「場況と戦略」記事一覧
2012年03月の「場況と戦略」記事一覧
2012年02月の「場況と戦略」記事一覧
2012年01月の「場況と戦略」記事一覧
2011年12月の「場況と戦略」記事一覧
2011年11月の「場況と戦略」記事一覧
2011年10月の「場況と戦略」記事一覧
2011年09月の「場況と戦略」記事一覧
2011年08月の「場況と戦略」記事一覧
2011年07月の「場況と戦略」記事一覧
2011年06月の「場況と戦略」記事一覧
2011年05月の「場況と戦略」記事一覧
2011年04月の「場況と戦略」記事一覧
2011年03月の「場況と戦略」記事一覧
2011年02月の「場況と戦略」記事一覧
2011年01月の「場況と戦略」記事一覧
2010年12月の「場況と戦略」記事一覧
2010年11月の「場況と戦略」記事一覧
2010年10月の「場況と戦略」記事一覧
2010年09月の「場況と戦略」記事一覧
2010年08月の「場況と戦略」記事一覧
2010年07月の「場況と戦略」記事一覧
2010年06月の「場況と戦略」記事一覧
2010年05月の「場況と戦略」記事一覧
2010年04月の「場況と戦略」記事一覧
2010年03月の「場況と戦略」記事一覧
2010年02月の「場況と戦略」記事一覧
2010年01月の「場況と戦略」記事一覧
2009年12月の「場況と戦略」記事一覧
2009年11月の「場況と戦略」記事一覧
2009年10月の「場況と戦略」記事一覧
2009年09月の「場況と戦略」記事一覧
2009年08月の「場況と戦略」記事一覧
2009年07月の「場況と戦略」記事一覧
2009年06月の「場況と戦略」記事一覧
2009年05月の「場況と戦略」記事一覧
2009年04月の「場況と戦略」記事一覧
2009年03月の「場況と戦略」記事一覧
2009年02月の「場況と戦略」記事一覧
2009年01月の「場況と戦略」記事一覧
2008年12月の「場況と戦略」記事一覧
2008年11月の「場況と戦略」記事一覧
2008年10月の「場況と戦略」記事一覧
2008年09月の「場況と戦略」記事一覧
2008年08月の「場況と戦略」記事一覧
2008年07月の「場況と戦略」記事一覧
2008年06月の「場況と戦略」記事一覧
2008年05月の「場況と戦略」記事一覧
2008年04月の「場況と戦略」記事一覧
2008年03月の「場況と戦略」記事一覧
2008年02月の「場況と戦略」記事一覧
2008年01月の「場況と戦略」記事一覧
2007年12月の「場況と戦略」記事一覧
2007年11月の「場況と戦略」記事一覧
2007年10月の「場況と戦略」記事一覧
2007年09月の「場況と戦略」記事一覧
2007年08月の「場況と戦略」記事一覧
2007年07月の「場況と戦略」記事一覧
2007年06月の「場況と戦略」記事一覧
2007年05月の「場況と戦略」記事一覧
2007年04月の「場況と戦略」記事一覧
2007年03月の「場況と戦略」記事一覧
2007年02月の「場況と戦略」記事一覧
2007年01月の「場況と戦略」記事一覧
2006年12月の「場況と戦略」記事一覧
2006年11月の「場況と戦略」記事一覧
2006年10月の「場況と戦略」記事一覧
2006年09月の「場況と戦略」記事一覧
2006年08月の「場況と戦略」記事一覧
2006年07月の「場況と戦略」記事一覧
2006年06月の「場況と戦略」記事一覧
2006年05月の「場況と戦略」記事一覧
2006年04月の「場況と戦略」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。