FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
稀にデイトレ&ほぼスイングサロン
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

場況と戦略

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  

全部で 13件 の記事があります。(表示:1−13)


2/28の場況   2013/02/28(木)15:26:41  
  日経平均株価は急反発。昨日の急落を帳消しにしての上昇となった。バーナンキFRB議長が下院での議会証言で、金融緩和策の継続を支持する発言を行ったことに加え、政局の混乱が警戒されるイタリアの国債入札で需要が堅調だったことが買い安心感に繋がった。野村アセットマネジメントの日本株投信設定や月末のドレッシング買い期待もあり引けにかけて一段高となり11500円台を回復した。東証一部の売買代金も2兆1169億円。値上がり銘柄数は1451、値下がり銘柄数は185と全面高。東京都競馬(9672)や東京テアトル(9633)、よみうりランド(9671)などの含み資産関連に物色が向かったほか、ファーストリテ(9983)やファナック(6954)など指数に寄与度の高い値嵩株も買われた。円安が一服する中での、株価上昇はポジティブ。11500円台が定着すれば、12000円に向けてレンジを一段切り上げる可能性が考えられる。  


2/27の場況   2013/02/27(水)15:30:54  
  日経平均株価は大幅反落。昨晩の米国市場での堅調な住宅指標や、バーナンキFRB議長が議会証言で「金融緩和の恩恵はそのコストを凌ぐものであり、QEは労働市場が大幅に改善するまで継続したい」と述べたことが買い安心感に繋がり、寄り付きはしっかりしたものの、一巡後は売りに押されてマイナス圏へ転落。ヘッジファンドによる債先買い・株先売りが断続的に出ているとの観測あり、先物主導で下げ幅を拡大。終値は144.84円安の11253.97円の安値引けで取引を終了するなど、明日に不安を残す格好となった。東証一部の値下がり銘柄数が1000を超える一方、東証REIT指数は連日で昨年来高値を更新した。メディシノバ(4875)や免疫生物研究所(4570)などのバイオ関連も引き続き人気化していた。こうした中、3月1日に期限を迎える米国の歳出強制削減問題や、イタリアの選挙結果がユーロ圏の危機を再燃させるのではないかとの懸念から目先は上値の重い展開が想定される。  


2/26の場況   2013/02/26(火)15:32:19  
  日経平均株価は急反落。TPP交渉参加の可能性や日銀人事案などを背景に12000円が視野に入るなどイケイケムードになったところに、イタリア総選挙の混戦を受けて、米国株やドル/円が急落したことが水を差す格好。一巡後は持ち直す動きも見られたが、11500円処での戻り売りに押され、安値もみあいに終始した。東証一部の値上がり銘柄数は366、値下がり銘柄数は1253とほぼ全面安。こうしたなか、政府が農業支援策を検討するとの報道で、日配飼料(2056)協同飼料(2052)、ヤマタネ(9305)など農業関連株が高い。新興市場では、免疫生物(4570)、メディシノバ(4875)、ラクオリア(4579)などバイオ関連株が引き続き人気。主力株は売られたが、東証一部の売買代金が2兆2120億円まで拡大するなど押し目買い意欲は強い様子。テクニカル面では11500円を割り込んだことで、昨日の急騰がダマシとなり、再び11000-15000円のレンジに回帰する可能性が考えられる。  


2/25の場況   2013/02/25(月)15:30:07  
  日経平均株価は続急伸。安倍首相が日米首脳会談でTPPの交渉参加をほぼ認めたことに加え、日銀人事報道を受けて為替が円安に振れたことも支援材料。中国2月のHSBC製造業PMIは50.4と、前月の52.3から低下したことや、イタりアの総選挙を前に買い一巡後は伸び悩んだものの、引けにかけて一段高となり、終値は276.58円高の11662.52円と高値引けで取引を終了した。東証一部の値上がり銘柄数は1368、値下がり銘柄数は252と全面高。個別では丸山製作所(6316)や井関農機(6310)などの農業関連が物色された。新興市場では、GNI(2160)やDNAチップ(2397)、医学生物研究所(4557)などのバイオ関連株の人気が継続している。日経平均は2月の往来レンジの上限である11500円を突破したため、目先は12000円までレンジを切り上げる展開が期待できそう。東証一部の売買代金は2兆132億円とかろうじて2兆円を維持。この水準をキープできるかが今後の相場を占う上でポイントとなりそうだ。TOPIX Core30や輸出関連銘柄などの主力株を狙いたい。  


2/22の場況   2013/02/22(金)15:44:43  
  日経平均株価は反発。FRBによる量的緩和策の早期縮小や終了との懸念が払拭されないなか、米2月のフィラデルフィア連銀製造業業況指数やユーロ圏2月製造業PMIが市場予想を下回ったことで朝方は弱含みも、中国株の下げ止まり感を受けて後場から先物主導で上昇。東証一部の売買代金も2兆0807億円と5営業日ぶりに2兆円台を回復した。もっとも、値上がり銘柄数は573、値下がり銘柄数は982と、値下がり銘柄数の方が多く体感温度は低い。セクター別では銀行、自動車は冴えない一方、紙・パルプ、食品、サービスなどディフェンシブ株がしっかり。また個別では、もともと仕手性が強く、シェールガス関連、農業関連の両面から丸山製作所(6316)が人気化したほか、好決算が報じられたパーク24(4666)も大幅高。来週は米国の住宅に関する経済指標が相次ぐほか、中国の主要経済指標も予定されており、これらの結果を睨みながらの展開となりそうだ。  


2/21の場況   2013/02/21(木)15:33:22  
  日経平均株価は大幅反落。FOMC議事録で従来よりも早期にQEの規模を縮小させる可能性が高まったことで、米国株が大きく売られたことが嫌気された。中国の金融引き締め懸念などで中国株を中心としたアジア株が軟調なことも重石。東証一部の売買代金は1兆7834億円と4営業日連続で2兆円割れ。値上がり銘柄数は562、値下がり銘柄数は1020。主力株が軟調に推移する一方、中小型株に物色が向かった。メドレックス(4586)や地盤ネット(6072)、ワイヤレスゲート(9419)など直近IPOが人気化したほか、ナノキャリア(4571)やオンコセラピー(4564)、UMNファーマ(4485)などバイオ関連株が高い。テクニカル面では、日経平均が11500円台をブレイクできなかったことで、目先は25日線がイメージされやすい。現時点では、押し目買いスタンスを継続したい。  


2/20の場況   2013/02/20(水)15:32:09  
  日経平均株価は反発。米国高を背景に、ボックス上限の11500円を試す動きとなったが、明確にブレイクすることができなかったため買い一巡後は利益確定の売りが出た。安倍首相が参院予算委員会で外債購入について否定的な発言をしたことで為替が円高に振れたことや、中国株が軟調に推移したことも重石。東証一部の値上がり銘柄数は1316、値下がり銘柄数は291と全面高。セクター別では電力・ガス、紙パルプなどが高い。そのほか、個別では好決算を発表したアップル(2788)がストップ高する一方、政府保有株の年度内売却報道でJT(2914)が安い。東証一部の売買代金は1兆8543億円と2兆円割れが続いており、日銀総裁の後任人事の発表までは様子見姿勢を強めそう。11500円をブレイクして、12000円を目指すには後押し材料が欲しいところ。  


2/19の場況   2013/02/19(火)14:30:18  
  日経平均株価は小幅反落。麻生財務相が緩和手段として外債を購入する気はないと述べたことで為替が円高に振れて先物が売られる展開。軟調な中国株も重石となった。こうした中、売り一巡後は22日の日米首脳会談などの重要イベントを前に手控えムードが広がった。物色面では、政府が農業強化策の検討に入ったとの報道で、井関農機(6310)やクミアイ化学(4996)など農業関連が物色されたほか、マザーズやジャスダックなどの新興市場銘柄の一角もしっかり。テクニカル面では、目先は11000-11500円のレンジで推移する可能性が高いが、過熱感が後退するなか、日銀総裁の後任人事など後押し材料で一段高ということも考えられる。強気スタンスは継続で良さそうだ。  


2/18の場況   2013/02/18(月)15:27:32  
  日経平均株価は急反発。G20財務相・中央銀行総裁会議の声明で、名指しで直接的な批判がされなかったことや、良好な米経済指標を受けて米長期金利は上昇傾向にあることを背景に、先週末に比べて円安に振れたことが好感された。こうしたなか、安倍首相が参議院予算委員会で、デフレ脱却に向けた金融緩和の手段に関して外債を買うという考え方もあるとの見方を示したことで上げ幅を拡大する場面も見られたが、一巡後は上げ一服となった。東証一部の値上がり銘柄数は1542、値下がり銘柄数は121と全面高。銀行、証券、保険などの金融株や、自動車などの輸出関連株中心に物色された。もっとも、東証一部の売買代金は1兆8404億円と1/30以来の2兆円を下回るボリューム。2兆円上回る売買代金を維持できなければ、2/6の高値を突破し、11500円を付けるのはエネルギー不足の印象。更なる円安、株高を達成するには、後押し材料が必要であり、そういった意味では、日銀総裁の後任人事などが材料となりそう。  


2/15の場況   2013/02/15(金)14:36:01  
  日経平均株価は大幅反落。20ヶ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に利益確定の売りに押される展開。ユーロ/円の下落を背景に、一時11065.06円まで下落する場面もあったが、引けにかけてやや持ち直した。業種別では東北電力(9506)、九州電力(9508)を中心に電力・ガスが唯一の値上がりセクター。一方、トヨタ(7203)、ソニー(6758)などの輸出株や、三菱UFJ(8306)、三井住友(8316)などのメガバンクも安い。テクニカル面では日経平均が11000円のフシを維持できるかがポイントとなるが、イベントを通過した後の為替次第といったところ。週明けは波乱が予想されるものの、仮に下落する場合は主力株の押し目を拾うチャンスとなる可能性が考えらえる。  


2/14の場況   2013/02/14(木)15:51:38  
  日経平均株価は反発。2012年10-12月期実質GDPは前期比-0.1%(市場予想+0.1%)、年率-0.4%(同+0.5%)と市場予想を下回り3期連続でマイナス成長が継続したものの、相場への影響は限定的だった。日銀禁輸政策決定会合では、金融政策は現状維持となり、景気判断が「下げ止まりつつある」に引き上げられた。東証一部の値上がり銘柄数は636、値下がり銘柄数は960。村田製作所がTOBを発表した東光(6801)、株式交換で完全子会社化すると発表した東京電波(6900)が急騰したほか、決算と自社株買いを発表したアサヒHD(2502)も高い。また、iPS細胞への注目が高まり、コスモバイオ(3386)、ナノキャリア(4571)などバイオ関連株にも物色が向かった。市場の関心はファンダメンタルズよりも、為替相場にあることから、本日も要人発言に神経質になりながらの相場が続きそうだ。今週末の20ヶ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を通過してからの相場展開に期待したい。  


2/13の場況   2013/02/13(水)14:43:11  
  日経平均株価は大幅反落。G7声明で安倍政権の政策は為替操作にあたらないと、円安を容認したものの、G7当局者が「G7声明は誤解されている」と述べたことで、ドル/円が円高に振れたことが嫌気された。こうした中、決算発表が嫌気されたルック(8029)や、業績下方修正を発表した新日本理化(4406)など仕手株や、ユーグレナ(2931)、地盤ネット(6072)、モブキャスト(3664)などの直近IPO、グリー(3632)が急落したことが個人投資家のセンチメントを悪化。引けにかけて一段安となるなど明日に不安を残す格好となった。15-16日のG20財務相・中央銀行総裁会議に向けて、要人発言などを睨みながら為替相場は不安定な動きとなりそうだ。もっとも、上昇トレンドが崩れたわけではないため、主力株の押し目買い方針は継続したい。  


2/12の場況   2013/02/12(火)15:35:38  
  日経平均株価は急反発。米財務省の財務次官が、日本の経済成長支援とデフレ脱却に向けた措置に支持を表明すると発言したことで、15-16日のG20財務相・中央銀行総裁会議で、通貨安政策を牽制する発言が出るとの懸念が後退した。北朝鮮で核実験の可能性が浮上も、相場への影響は限定的。ただ、東証一部の値上がり銘柄数は840、値上がり銘柄数は732とほぼ拮抗するなど、上昇幅に比べて値上がり銘柄が少ない印象。個別では、銀行、証券などの金融株が高い。一方、カーバイド(4064)や新日本理化(4406)、ルック(8029)などの仕手株や、ユーグレナ(2931)や地盤ネット(6072)、ワイヤレスG(9419)などの直近IPOが急落した。また、バイオ関連株も総崩れとなりマザーズ指数は5%近くの大幅安となった。このため、個人投資家にとっては体感温度の低い相場だったといえる。今週は13-14日の日銀金融政策決定会合や、14日の2012年10-12月期GDPなどが予定されているものの、基本的には大きなサプライズは期待しにくい。無理をせず休むも相場である。  

2016年10月の「場況と戦略」記事一覧
2016年09月の「場況と戦略」記事一覧
2016年08月の「場況と戦略」記事一覧
2016年07月の「場況と戦略」記事一覧
2016年06月の「場況と戦略」記事一覧
2016年05月の「場況と戦略」記事一覧
2016年04月の「場況と戦略」記事一覧
2016年03月の「場況と戦略」記事一覧
2016年02月の「場況と戦略」記事一覧
2016年01月の「場況と戦略」記事一覧
2015年12月の「場況と戦略」記事一覧
2015年11月の「場況と戦略」記事一覧
2015年10月の「場況と戦略」記事一覧
2015年09月の「場況と戦略」記事一覧
2015年08月の「場況と戦略」記事一覧
2015年07月の「場況と戦略」記事一覧
2015年06月の「場況と戦略」記事一覧
2015年05月の「場況と戦略」記事一覧
2015年04月の「場況と戦略」記事一覧
2015年03月の「場況と戦略」記事一覧
2015年02月の「場況と戦略」記事一覧
2015年01月の「場況と戦略」記事一覧
2014年12月の「場況と戦略」記事一覧
2014年11月の「場況と戦略」記事一覧
2014年10月の「場況と戦略」記事一覧
2014年09月の「場況と戦略」記事一覧
2014年08月の「場況と戦略」記事一覧
2014年07月の「場況と戦略」記事一覧
2014年06月の「場況と戦略」記事一覧
2014年05月の「場況と戦略」記事一覧
2014年04月の「場況と戦略」記事一覧
2014年03月の「場況と戦略」記事一覧
2014年02月の「場況と戦略」記事一覧
2014年01月の「場況と戦略」記事一覧
2013年12月の「場況と戦略」記事一覧
2013年11月の「場況と戦略」記事一覧
2013年10月の「場況と戦略」記事一覧
2013年09月の「場況と戦略」記事一覧
2013年08月の「場況と戦略」記事一覧
2013年07月の「場況と戦略」記事一覧
2013年06月の「場況と戦略」記事一覧
2013年05月の「場況と戦略」記事一覧
2013年04月の「場況と戦略」記事一覧
2013年03月の「場況と戦略」記事一覧
2013年02月の「場況と戦略」記事一覧
2013年01月の「場況と戦略」記事一覧
2012年12月の「場況と戦略」記事一覧
2012年11月の「場況と戦略」記事一覧
2012年10月の「場況と戦略」記事一覧
2012年09月の「場況と戦略」記事一覧
2012年08月の「場況と戦略」記事一覧
2012年07月の「場況と戦略」記事一覧
2012年06月の「場況と戦略」記事一覧
2012年05月の「場況と戦略」記事一覧
2012年04月の「場況と戦略」記事一覧
2012年03月の「場況と戦略」記事一覧
2012年02月の「場況と戦略」記事一覧
2012年01月の「場況と戦略」記事一覧
2011年12月の「場況と戦略」記事一覧
2011年11月の「場況と戦略」記事一覧
2011年10月の「場況と戦略」記事一覧
2011年09月の「場況と戦略」記事一覧
2011年08月の「場況と戦略」記事一覧
2011年07月の「場況と戦略」記事一覧
2011年06月の「場況と戦略」記事一覧
2011年05月の「場況と戦略」記事一覧
2011年04月の「場況と戦略」記事一覧
2011年03月の「場況と戦略」記事一覧
2011年02月の「場況と戦略」記事一覧
2011年01月の「場況と戦略」記事一覧
2010年12月の「場況と戦略」記事一覧
2010年11月の「場況と戦略」記事一覧
2010年10月の「場況と戦略」記事一覧
2010年09月の「場況と戦略」記事一覧
2010年08月の「場況と戦略」記事一覧
2010年07月の「場況と戦略」記事一覧
2010年06月の「場況と戦略」記事一覧
2010年05月の「場況と戦略」記事一覧
2010年04月の「場況と戦略」記事一覧
2010年03月の「場況と戦略」記事一覧
2010年02月の「場況と戦略」記事一覧
2010年01月の「場況と戦略」記事一覧
2009年12月の「場況と戦略」記事一覧
2009年11月の「場況と戦略」記事一覧
2009年10月の「場況と戦略」記事一覧
2009年09月の「場況と戦略」記事一覧
2009年08月の「場況と戦略」記事一覧
2009年07月の「場況と戦略」記事一覧
2009年06月の「場況と戦略」記事一覧
2009年05月の「場況と戦略」記事一覧
2009年04月の「場況と戦略」記事一覧
2009年03月の「場況と戦略」記事一覧
2009年02月の「場況と戦略」記事一覧
2009年01月の「場況と戦略」記事一覧
2008年12月の「場況と戦略」記事一覧
2008年11月の「場況と戦略」記事一覧
2008年10月の「場況と戦略」記事一覧
2008年09月の「場況と戦略」記事一覧
2008年08月の「場況と戦略」記事一覧
2008年07月の「場況と戦略」記事一覧
2008年06月の「場況と戦略」記事一覧
2008年05月の「場況と戦略」記事一覧
2008年04月の「場況と戦略」記事一覧
2008年03月の「場況と戦略」記事一覧
2008年02月の「場況と戦略」記事一覧
2008年01月の「場況と戦略」記事一覧
2007年12月の「場況と戦略」記事一覧
2007年11月の「場況と戦略」記事一覧
2007年10月の「場況と戦略」記事一覧
2007年09月の「場況と戦略」記事一覧
2007年08月の「場況と戦略」記事一覧
2007年07月の「場況と戦略」記事一覧
2007年06月の「場況と戦略」記事一覧
2007年05月の「場況と戦略」記事一覧
2007年04月の「場況と戦略」記事一覧
2007年03月の「場況と戦略」記事一覧
2007年02月の「場況と戦略」記事一覧
2007年01月の「場況と戦略」記事一覧
2006年12月の「場況と戦略」記事一覧
2006年11月の「場況と戦略」記事一覧
2006年10月の「場況と戦略」記事一覧
2006年09月の「場況と戦略」記事一覧
2006年08月の「場況と戦略」記事一覧
2006年07月の「場況と戦略」記事一覧
2006年06月の「場況と戦略」記事一覧
2006年05月の「場況と戦略」記事一覧
2006年04月の「場況と戦略」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。