FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

場況と戦略

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  

全部で 13件 の記事があります。(表示:1−13)


11/28の場況   2014/11/28(金)15:59:03  
  日経平均株価は反発。昨日の米国市場は感謝祭の祝日で休場。東京市場は3日ぶりに反発して始まった。円安・原油安の進行や10月の鉱工業生産指数を好感。また、OPECでの原油減産見送り・価格下落から物価上昇圧力が一段と弱まったことや10月の消費者物価指数の低下などから追加緩和の観測も浮上し、幅広い銘柄に買いが入った。後場に入っても投資家の物色意欲は衰えず、日経平均株価は211円高の17459円で取引を終了。原油先物相場の急落から国際帝石(1605)、石油資源開発(1662)が売られ、JAL(9201)、ANA(9202)などの空運株や郵船(9101)、商船三井(9104)など海運株が買われた。ブレーキ事業統合と伝わったデンソー(6902)、アイシン精機(7259)が高い。相場の過熱感はやや薄れ、底堅さが目立つようになってきた。日本市場は解散から総選挙までは上昇し易いアノマリーがあり、米国でも感謝祭以降年末商戦が本格化するが好調が予想されている。下げれば買いのスタンスで相場に参加していきたい。  


11/27の場況   2014/11/27(木)15:26:16  
  日経平均株価は続落。昨日のNYダウは、景気拡大期待を支えに買いが優勢となり12ドル高。東京市場は続落して始まった。目立った買い材料がない中、短期的な過熱感から利益確定売りが幅広く出た。週末と月末を控えているうえ、今晩の米国市場が感謝祭のため休場となるので物色意欲は低調で薄商いが続いた。後場に入り、円相場が117円台前半と円高が進んだことを嫌気して下げ幅を拡げ、日経平均株価は135円安の17248円で取引を終了。12月3日をもって東証1部に指定される理研ビタミン(4526)、ユーグレナ(2931)が高く、CB発行を発表した帝人(3401)が安い。ヤクルト(2267)は筆頭株主の仏ダノンが株の売却を検討と伝えられ急落。東京市場は方向感なく上値の重い展開が続く。中国の成長鈍化が気掛かり材料だが、堅調な企業業績・日銀の追加緩和策などで先高感は根強い。日銀のETF買いやGPIF改革などで底堅いので、年末相場に期待して好業績株の押し目買いを続けたい。  


11/26の場況    2014/11/26(水)15:15:00  
  日経平均株価は反落。昨日のNYダウは利益確定売りが優勢となり2ドル安。東京市場は、円相場が117円台後半とやや円高に振れたことから輸出関連株の一部に売りが目立ち、小反落して始まった。指標面での過熱感に加え新たな材料待ちの状態となり、弱含みに推移した。後場に入り、アジア株市場の好調さを好感した買いが入るも続かず、前日終値を挟んでのもみ合いのまま、日経平均株価は24円安の17383円で取引を終了。国際原油市況が約4年ぶりの安値を付けたことから、国際帝石(1605)、石油資源開発(1662)などが安く、燃料コスト低下や中国の景気減速懸念の後退により日本郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)などが買われた。東証1部指定と記念配を発表したエバラ食品(2819)が高く、選挙関連銘柄は材料出尽くしとなり、ムサシ(7521)が安い。全般的に買い疲れが目立ち、手掛かり材料に欠けて上値が重い展開となっている。短期的な調整ムードも見られるが、下値は限定的な為、指標面で割安かつ出遅れ感のある中小型銘柄を物色していきたい。  


11/25の場況   2014/11/25(火)15:18:09  
  日経平均株価は続伸。昨日の米国市場は、中国の利下げや欧州での追加緩和観測を好感し3日続伸、NYダウは7ドル高。日本の連休中は98ドル上昇。今朝の東京市場は投資家心理が強気に傾き、3日続伸して始まった。しかし、急ピッチな上昇から短期的な過熱感は残り、上値では利益確定売りが広がって伸び悩んだ。後場に入り、円安一服で更に手掛かり難となり、日経平均株価は50円高の17407円で取引を終了。中国の利下げにより、コマツ(6301)、日立建機(6305)、ダイキン(6367)など中国関連銘柄が買われた。電力会社が再生エネの買取り再開方針と報道されサニックス(4651)がストップ高。4000万株の自社株買いを発表した日通(9062)も高い。米国株は連日史上最高値を更新中だが、日本株は、前週のGDP発表からやや上値の重い展開となっている。ただ、円相場の落着きや中国の金融緩和など環境面は良好で、日銀のETF買い、GPIFの改革など需給面でも好材料があって下値は限定的か。本日からJPX日経400の先物取引がスタートし、高ROE銘柄などに注目度が一段と増す。  


11/20の場況   2014/11/21(金)15:09:50  
  日経平均株価は続伸。昨日のNYダウは、順調な景気回復を好感し、年末商戦への期待感も下支えして33ドル高。東京市場は反落して始まった。ドル高・円安が一服したことや短期的な過熱感が出ていることを嫌気し、また、3連休を控えて目先の利益を確定させる動きも強まって軟調な相場が続いた。後場に入り、日銀のETF買いや選挙公約への期待から下げ幅を縮小し、先物への大口買いが入った後はプラス転換した。日経平均株価は56円高の17357円で取引を終了。首都高速の大規模改修許可でOSJB(5912)、ピーエス三菱(1871)などが買われた。日本航空(9201)と提携交渉入りと報じられたスカイマーク(9204)はストップ高に。日銀による追加緩和策の発表から3週間が経過し、その間、ほぼ全業種が買われて全体の底上げ相場は一巡した模様。現在は、短期資金が中小型株に集中し、個別の材料には良くも悪くも即反応する相場となり、売り買いのタイミングは難しい状況となっている。指標面やチャートなど良く吟味しつつ、情報には敏速に対応したい。  


11/19の場況   2014/11/19(水)15:13:13  
  日経平均株価は反落。昨日の米国市場は、日本株の上昇や欧州景気への警戒感が和らいだことなど外部環境の改善を好感し、NYダウは40ドル高。東京市場も続伸して始まった。「解散は買い」とのアノマリーが意識されたが、日経平均株価が17500円に近づくと利益確定売りに押されてマイナスに転じた。後場に入っても、先高感と過熱感が交錯し、日経平均株価は一進一退のまま55円安の17288円で取引を終了。燃料電池車を12月に発売すると発表したトヨタ(7203)は7年ぶりに7000円台乗せ。関連の水素ステーションの岩谷産業(8088)、水素輸送の千代建(6366)、川重(7012)、水素製造装置の化工機(6331)なども高い。選挙関連のムサシ(7521)、フラップJ(2449)などは利益確定売りから安い。市場は、7-9月期のマイナス成長や増税延期・解散総選挙を織り込みつつあり、次の焦点は補正予算の内容や選挙結果など。来週25日からJPX日経400先物の取引が開始されるため、高ROE銘柄への物色が強まると予想される。景気刺激策への期待もあり、好業績株の物色を続けたい。  


11/18の場況   2014/11/18(火)15:54:33  
  日経平均株価は反発。昨日の米国市場は、日本市場の急落で投資家心理が悪化したが、欧州株高を支えにNYダウは13ドル高。東京市場は、昨日の反動で買い戻しや押し目買いが入り、ほぼ全面高で始まった。好調な企業業績を背景に先高感は強く大幅高で推移した。後場に入っても、円安や経済対策期待から買いが続き、日経平均株価は370高の17344円で取引を終了。株主優待制度を発表したイオン(8267)が高く、「妖怪ウォッチ」を韓国など海外で販売を検討中と伝えられてバンナムHD(7832)、ハピネット(7552)も買われた。都内で鳥インフルエンザ陽性反応が出たと発表され、大幸薬品(4574)、ダイワボウHD(3107)、シキボウ(3109)なども高い。昨日、日経平均株価は517円安と急落したが、直前に10%を超えていた25日移動平均線からの上方乖離は6%にまで低下し、過熱感は後退、本日は値ごろ感や先高感を意識した買いで戻した。アベノミクスに対する市場の信認は揺らいでない模様。波乱含みながらも年末に向けての相場に期待して好業績株の押し目は拾っていきたい。  


11/17の場況    2014/11/17(月)15:33:30  
  日経平均株価は反落。前週末の米国市場は、利益確定売りが先行しNYダウは18ドル安、ナスダック指数は小幅続伸。週明けの東京市場は5営業日ぶりに反落して始まった。朝方発表された7-9月GDP速報値が年換算で1.6%減と市場予想を大きく下回ったことで、景況感の悪化が意識され、先物主導で売りが先行した。株の下落で円相場も1ドル115円台と円高が進んで輸出関連株も売られ、日経平均株価の終値は517円安の16973円。ボーイングから炭素繊維1兆円受注報道の東レ(3402)が高く、燃料電池自動車向け水素の価格決定を好感され岩谷産業(8088)も買われた。地方銀行の業界再編の思惑と業績の上方修正、自社株買いを好感して大垣共立銀行(8361)も高い。前週は海外ファンド筋を中心にリスクマネーが大量に流入して日経平均株価は07年8月以来の高値を付けた。週明けは相場過熱感の漂う中、GDP速報値で大きく下げている。下げれば日銀のETFや年金等の国内機関投資家の買いが期待されるが、ヘッジファンドの売り仕掛けにも注意し好業績株の押し目を待ちたい。  


11/14の場況   2014/11/14(金)15:08:39  
  日経平均株価は続伸。昨日の米国市場は、企業業績の回復期待から買われ、NYダウは40ドル高。日経平均株価は米国株高と円安を好感し続伸して始まり、節目の17500円台に乗せたが、短期的な過熱感に加え週末要因もあって利益確定売りが目立つようになって下げに転じた。後場、先物主導で再度買われ引けは98円高の17490円。追加金融緩和で資金の流入が期待され、出遅れ感もあった三井不動(8801)、三菱地所(8802)、東京建物(8804)など不動産株が高い。消費増税先送り観測や株高による資産効果を期待してJフロント(3086)、高島屋(8233)など百貨店株も買われた。自社株買いや業績の上方修正を発表し、「住宅エコポイント」復活報道もあって積水ハウス(1928)が高い。追加緩和やGPIF改革、消費増税先送り報道など好材料が相次ぎ、日経平均株価は年初来高値を更新しているが、出遅れ銘柄の物色は一巡し、TOPIXの予想PERは17倍に達したので暫くはもみ合う展開か。好業績株の中には相対的に割安感の出ている銘柄もあり、その押し目拾いは継続したい。  


11/13の場況   2014/11/13(木)15:07:30  
  日経平均株価は続伸し年初来高値を更新。昨日の米国市場は方向感の乏しい中、利益確定売りが先行しNYダウは2ドル安、ナスダック指数は14年7ヶ月ぶりの高値。東京市場は小幅安で始まった。金融追加緩和などを背景とした先高感と短期的な過熱感が交錯し、一進一退となったが物色意欲は強く、後場、消費増税の先送りが景気の支えになるとして上げ幅を拡げ日経平均株価は195円高の17392円で取引を終了。「がんワクチン」関連の発表を好感してオンコセラピー(4564)がストップ高。アイスクリームを7年ぶりに値上げする明治HD(2269)も買われた。今期業績の見通しを下方修正した東洋エンジニアリング(6330)や、決算が市場予想に届かなかったコロプラ(3668)が安い。消費増税先送りと解散・総選挙報道で日経平均株価は終値でも17000円の大台を超えてきたが、25日移動平均線との乖離は約10%になるなど過熱感も漂っている。来週17日のGDP発表が注目されるが、暫くは政治要因に振り回される展開が続こう。業績面で買い安心感がある銘柄の押し目を拾いたい。  


11/12の場況   2014/11/12(水)15:16:43  
  日経平均株価は続伸し年初来高値を更新。2007年10月以来約7年ぶりの高値圏。昨日のNYダウは、ベテランズデーの祝日で市場参加者が少ない中、小幅続伸し1ドル高。東京市場は衆議院解散や消費増税見送り観測報道で、景気の腰折れ懸念が後退し、続伸して始まった。円相場が一時1ドル116円台となったことも相場の下支えとなり、海外投資家による先物市場での断続的な買いで上げ幅を拡げた。後場は新たな買い材料に乏しく、様子見気分も強まって上値が重くなり、日経平均株価は72円高の17197円で取引を終了。消費増税が先送りとなると更なる景気対策の必要性が低下するとして公共投資関連銘柄が軟調となり、逆に高額消費関連は息を吹き返し、Jフロント(3086)、高島屋(8233)など百貨店株が高い。業績の上方修正や増配を発表した東京精密(7729)も買われた。日経平均株価の予想PERは16倍に達し、25日移動平均との乖離が9%になるなど短期的な過熱感が広がっている。日銀のETF買いで大崩はないと思われるが、慎重な対応が求められる。  


11/11の場況   2014/11/11(火)15:29:35  
  日経平均株価は反発。昨日のNYダウは、好調な企業業績と緩和的な金融政策が継続されるとの見方から4日連続最高値を更新し、39ドル高。東京市場は米株高を受け反発して始まった。一時利益確定売りに押される場面もあったが、円相場が1ドル115円台と円安傾向となり、アジアの主要市場の堅調さも加わって上げ幅を拡大させ、日経平均株価は343円高の17124円で取引を終了。衆議院の解散が近いとしてフラップJ(2449)、ムサシ(7521)など関連銘柄が高い。中国企業との提携を好感してタカキタ(6325)も買われた。冷食・家庭用食品の値上げを発表した味の素(2802)、アイスクリームの値上げを発表したグリコ(2206)も高い。昨日、日銀は指数連動型上場投資信託(ETF)買いを実施した。年間3兆円を目標としており、1日当たりでは約124億円となるため、市場へのインパクトは強く、暫くは堅調な相場展開が続くと予想される。個別銘柄は指数ほどには動かないと考えられるので、新値を追わずに好業績株の押し目買いに徹したい。  


11/10の場況   2014/11/10(月)15:21:48  
  日経平均株価は反落。前週末のNYダウは雇用統計の発表を受けて4日続伸し、19ドル高と過去最高を更新。週明けの東京市場は、利益確定売りが先行し、反落して始まった。売り一巡後は、先高感が強いものの円安一服と短期的な過熱感から一進一退となった。売買材料に乏しい中、ファストリティ(9983)、ソフトバンク(9984)、ファナック(6954)など指数インパクトの大きな銘柄の下げも影響して、日経平均株価は99円安の16780円で取引を終了。今期の純利益が10%減の見通しを発表したNTT(9432)や大幅下方修正の井関農機(6310)が安い。業績悪化に歯止めがかかりつつあるとしてディーエヌエー(2432)、グリー(3632)が買われ、好決算発表のミクシィ(2121)、妖怪ウォッチの好調なハピネット(7552)は材料出尽くしとして安い。東京市場は、円安・米株高により先高感は強いが、現状は全面高からの踊り場形成と考えられる。約1ヵ月後には消費税再引上げの決断が控えており、不透明感も漂っているので、好業績株の押し目を待つなど慎重に対応したい。  

2016年10月の「場況と戦略」記事一覧
2016年09月の「場況と戦略」記事一覧
2016年08月の「場況と戦略」記事一覧
2016年07月の「場況と戦略」記事一覧
2016年06月の「場況と戦略」記事一覧
2016年05月の「場況と戦略」記事一覧
2016年04月の「場況と戦略」記事一覧
2016年03月の「場況と戦略」記事一覧
2016年02月の「場況と戦略」記事一覧
2016年01月の「場況と戦略」記事一覧
2015年12月の「場況と戦略」記事一覧
2015年11月の「場況と戦略」記事一覧
2015年10月の「場況と戦略」記事一覧
2015年09月の「場況と戦略」記事一覧
2015年08月の「場況と戦略」記事一覧
2015年07月の「場況と戦略」記事一覧
2015年06月の「場況と戦略」記事一覧
2015年05月の「場況と戦略」記事一覧
2015年04月の「場況と戦略」記事一覧
2015年03月の「場況と戦略」記事一覧
2015年02月の「場況と戦略」記事一覧
2015年01月の「場況と戦略」記事一覧
2014年12月の「場況と戦略」記事一覧
2014年11月の「場況と戦略」記事一覧
2014年10月の「場況と戦略」記事一覧
2014年09月の「場況と戦略」記事一覧
2014年08月の「場況と戦略」記事一覧
2014年07月の「場況と戦略」記事一覧
2014年06月の「場況と戦略」記事一覧
2014年05月の「場況と戦略」記事一覧
2014年04月の「場況と戦略」記事一覧
2014年03月の「場況と戦略」記事一覧
2014年02月の「場況と戦略」記事一覧
2014年01月の「場況と戦略」記事一覧
2013年12月の「場況と戦略」記事一覧
2013年11月の「場況と戦略」記事一覧
2013年10月の「場況と戦略」記事一覧
2013年09月の「場況と戦略」記事一覧
2013年08月の「場況と戦略」記事一覧
2013年07月の「場況と戦略」記事一覧
2013年06月の「場況と戦略」記事一覧
2013年05月の「場況と戦略」記事一覧
2013年04月の「場況と戦略」記事一覧
2013年03月の「場況と戦略」記事一覧
2013年02月の「場況と戦略」記事一覧
2013年01月の「場況と戦略」記事一覧
2012年12月の「場況と戦略」記事一覧
2012年11月の「場況と戦略」記事一覧
2012年10月の「場況と戦略」記事一覧
2012年09月の「場況と戦略」記事一覧
2012年08月の「場況と戦略」記事一覧
2012年07月の「場況と戦略」記事一覧
2012年06月の「場況と戦略」記事一覧
2012年05月の「場況と戦略」記事一覧
2012年04月の「場況と戦略」記事一覧
2012年03月の「場況と戦略」記事一覧
2012年02月の「場況と戦略」記事一覧
2012年01月の「場況と戦略」記事一覧
2011年12月の「場況と戦略」記事一覧
2011年11月の「場況と戦略」記事一覧
2011年10月の「場況と戦略」記事一覧
2011年09月の「場況と戦略」記事一覧
2011年08月の「場況と戦略」記事一覧
2011年07月の「場況と戦略」記事一覧
2011年06月の「場況と戦略」記事一覧
2011年05月の「場況と戦略」記事一覧
2011年04月の「場況と戦略」記事一覧
2011年03月の「場況と戦略」記事一覧
2011年02月の「場況と戦略」記事一覧
2011年01月の「場況と戦略」記事一覧
2010年12月の「場況と戦略」記事一覧
2010年11月の「場況と戦略」記事一覧
2010年10月の「場況と戦略」記事一覧
2010年09月の「場況と戦略」記事一覧
2010年08月の「場況と戦略」記事一覧
2010年07月の「場況と戦略」記事一覧
2010年06月の「場況と戦略」記事一覧
2010年05月の「場況と戦略」記事一覧
2010年04月の「場況と戦略」記事一覧
2010年03月の「場況と戦略」記事一覧
2010年02月の「場況と戦略」記事一覧
2010年01月の「場況と戦略」記事一覧
2009年12月の「場況と戦略」記事一覧
2009年11月の「場況と戦略」記事一覧
2009年10月の「場況と戦略」記事一覧
2009年09月の「場況と戦略」記事一覧
2009年08月の「場況と戦略」記事一覧
2009年07月の「場況と戦略」記事一覧
2009年06月の「場況と戦略」記事一覧
2009年05月の「場況と戦略」記事一覧
2009年04月の「場況と戦略」記事一覧
2009年03月の「場況と戦略」記事一覧
2009年02月の「場況と戦略」記事一覧
2009年01月の「場況と戦略」記事一覧
2008年12月の「場況と戦略」記事一覧
2008年11月の「場況と戦略」記事一覧
2008年10月の「場況と戦略」記事一覧
2008年09月の「場況と戦略」記事一覧
2008年08月の「場況と戦略」記事一覧
2008年07月の「場況と戦略」記事一覧
2008年06月の「場況と戦略」記事一覧
2008年05月の「場況と戦略」記事一覧
2008年04月の「場況と戦略」記事一覧
2008年03月の「場況と戦略」記事一覧
2008年02月の「場況と戦略」記事一覧
2008年01月の「場況と戦略」記事一覧
2007年12月の「場況と戦略」記事一覧
2007年11月の「場況と戦略」記事一覧
2007年10月の「場況と戦略」記事一覧
2007年09月の「場況と戦略」記事一覧
2007年08月の「場況と戦略」記事一覧
2007年07月の「場況と戦略」記事一覧
2007年06月の「場況と戦略」記事一覧
2007年05月の「場況と戦略」記事一覧
2007年04月の「場況と戦略」記事一覧
2007年03月の「場況と戦略」記事一覧
2007年02月の「場況と戦略」記事一覧
2007年01月の「場況と戦略」記事一覧
2006年12月の「場況と戦略」記事一覧
2006年11月の「場況と戦略」記事一覧
2006年10月の「場況と戦略」記事一覧
2006年09月の「場況と戦略」記事一覧
2006年08月の「場況と戦略」記事一覧
2006年07月の「場況と戦略」記事一覧
2006年06月の「場況と戦略」記事一覧
2006年05月の「場況と戦略」記事一覧
2006年04月の「場況と戦略」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。