FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
個別株シストレ〜トランプ式投資術
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  

全部で 15件 の記事があります。(表示:1−15)


お題「市場メモ/SF連銀ウィリアムス総裁は緩和縮小に慎重で物価動向に注目(FOMC前に駆け込みネタ^^)」   2013/07/31(水)08:06:04  
  北ハマー先生から消費税増税問題に関するお告げキタコレ!
[外部リンク] ○昨日の各種メモ(俺様備忘メモ)

・さあ盛り上がって参りました(違)

[外部リンク] (2013/07/30-20:42)

『甘利明経済財政担当相は30日、経済財政諮問会議後の記者会見で、消費税率について「よほど外的に大きなショックでもない限り、全く上げないという選択肢はない」と述べた。社会保障の財源に充てることが既定路線になっていることを踏まえ、リーマン・ショック並みの経済の激変がない限り、中期的には消費増税は不可避との見解を示したもの。ただ、安倍晋三首相が今秋に消費増税の是非を最終判断するとしているため「私が判断することではない」とも強調。消費増税の前提となるデフレ脱却に向けて「最大限の環境整備」を行うとした上で「私が予断を与えることはいかがなものかと思っている」と締めくくった。』

ヘッドラインを見たらもう思いっ切り引上げ論で甘利+麻生VS安倍+菅キタコレでさあ盛り上がって参りましたのかと思ったら良く良く読むと「全く上げない」という選択肢は無い、と言っているだけでありますので、何かヘッドライン詐欺の香りもするのですが・・・・・・・

まあしかし昨日発表の失業率も4%割れましたし、足元の指標はどう見ても好調でそらまあQQEの効果とか言って黒田総裁がドヤ顔(かどうか知らんが)で講演するわなという状況な訳ですが、これで上げないとかいう選択肢になるんだったら一体全体どうなったら増税できるんでしょうかね毎年政府債務残高が2ケタ兆円のオーダーで増殖しているんですけどねえとは思いますが、まあこうやって盛り上がって頂きました方が単に相場が動くかも知れませんという意味の無い観点からすると面白いからもっと盛り上がれという所ですな(ヤケクソ)、いやはやもうね。


・短期関連雑談

TKRRである
[外部リンク] (3)募入最低価格 99円94銭0厘 (募入最高利回り)(0.130%)
(4)募入最低価格における案分比率 2.0258%
(5)募入平均価格 99円94銭5厘 (募入平均利回り)(0.127%)

前場引けの気配が0.130/0.135でオファーサイドで切れるのは予想通りとして、按分が2%しか無くて市場推計のいわゆる不明玉が2兆以上という結果で入札空振り組のカバーらしき動きで0.115%の出合い(日本相互証券の引けは0.115%)となりまして堅調というか誰ですか2兆もガメたのは(まあ一人じゃないかも知れませんけど)発行日来月15日の先渡キャッシュ潰しですかそうですかという結果に貫録の2年金利クオリティを感じるのでありました。


○FOMC前にまたまた(というか最終投下の)虫干し連銀高官講演ネタでウィリアムス総裁講演

サンフランシスコ連銀のサイトデザインが変わっておりますな(汗)しかしURLが長い・・・・・・

(あまりにも長いので画面レイアウトがおかしくなるのを避ける為にリンクにしていません)
[外部リンク] [外部リンク] The Economic Recovery: Past, Present, and Future
Presentation to the Sonoma County Economic Development Board
Rohnert Park, California
By John C. Williams, President and CEO, Federal Reserve Bank of San Francisco
For delivery on June 28, 2013

つーことで6月28日の講演ですので、これまた長期金利上昇に対する火消し成分は強くなっていますけれども、総じて見ますと昨日までネタにしたパウエル理事よりもより緩和縮小に対する慎重なニュアンスが感じられまして、まあ大体このSF連銀ウィリアムス総裁というのは「ほぼFOMCの中間的な見方を代表する」という先生でありまして、中間的な見方がぶれてくると本人の発言もぶれてくるという傾向にありますので、そーゆー意味では炭鉱のカナリアじゃないですけれども動向を見るのには良いかなと思っているのですがどうっすかね。


・経済に関しては「回復の強さ」という強めの話をしておりますな

最初の所でいきなり「景気は持続的な成長の時代に入っている」というぶちかましがあります。

『Our economy is well into a period of sustained growth.』

ほうほうそれでそれで?

『It’s now been four years since the recession ended. Recessions are never pleasant, but this one was especially grim. Think back four years to June 2009. The housing market had collapsed. The unemployment rate stood at 9.5 percent and was still rising. Consumers and businesses were deeply shaken. And the stock market had plunged nearly 40 percent.』

『Thankfully, we’ve come a long way since then. From a peak of 10 percent, the unemployment rate has dropped to 7.6 percent. Households and businesses have regained much of their lost confidence. And finally, the housing market is springing back to life.』

つーことで、まず最初に「景気が良くなっている」という話をして、その次に「でも水準的には以前のレベルを取り戻していない」という話をするのもお約束なのですが、その部分とその次にある先進17か国との比較という謎分析をスルーしましてその次。

『The surprise, it turns out, is the strength of the subsequent recovery.』

サブシークエントと言ってるのは、その前の部分でリセッションの後の2年間の回復(つまり2009年から2011年の回復)の説明をしているからなのですが、直近の回復の強さがサプライズとな。

『Now you may not associate the word “strength” with this recovery. So let me explain.』

ほうほう。

『Figure 2 adds to Figure 1 a forecast of real GDP per person for the five years following the start of the recession. This forecast, shown as the dashed red line, is based on an economic model that aims to describe past recessions and recoveries based on a few key factors.』

『According to the model, the enormous boom in private-sector credit before the recession-when credit was cheap and easy to get-was a major reason why the recession ended up being so deep. The model also predicts that the economy should have been virtually stagnant in terms of real GDP per person through 2012. In other words, the recovery has actually been stronger than might be expected given the extent of the prior credit buildup.』

何でもクレジットバブル崩壊によるリセッションからの回復という前提で経済モデルを回すと、もっと回復力が弱くなる筈なのだが足元の米国経済の回復力はそれより強いという話のようで。

『So why has the economy done better than the model predicts after such a destructive financial crisis and credit collapse?』

理由はと言いますと・・・・・・・・

『One big reason is that economic policies put in place during and after the recession, including extraordinary measures taken by the Federal Reserve, lent critical support to the recovery.』

何という自画自賛。

『These policies pulled us out of the recession much faster and made the recovery stronger than would have happened otherwise. To be sure, the recovery has been weaker than we wanted. But the fact that we’ve made as much progress as we have is due to a great extent to these timely policy actions. Absent these actions, I fear that we could have experienced the stagnant economy the model predicts.』

政策効果なかりせば回復はもっと弱かったキタコレですな。


・やっぱり住宅ですかそうですか

で、この回復は継続するでしょうという見通しになっておりまして、その要因は思いっきり「住宅」である所はパウエル理事と全く同じでして、そーゆー意味では最近のFOMCは「やっぱり住宅がナンバーワン!」(って明治大学応援歌「ハイパーユニオン」ネタただし字余りとか通じませんかそうですか)とゆー風情を益々強くするものでありまする。

『Recent data show this improvement is continuing. This is easiest to see in housing, which is now in a broad-based expansion after years of depressed activity. Across the country, sales of new and existing homes have risen substantially over the past year, and prices are up 10 to 15 percent. Homebuilders have responded by stepping up construction.』

『The housing rebound is a powerful tonic for the economy. Homebuyers often want new carpeting, drapes, furniture, and appliances. Meanwhile, rising home prices allow more people to refinance mortgages at lower rates, giving them hundreds or thousands of extra dollars to spend each year. What’s more, rising home prices make people feel wealthier, giving them confidence to reach for their wallets.』

やっぱり住宅がナンバーワン!


・住宅を含めて資産価格上昇によるバランスシート改善を重視とな

『And homes are not the only assets going up in value. Stock prices have risen considerably over the past year, adding significantly to household wealth. Rising wealth makes consumers more willing to spend. My staff estimates that the increase in wealth registered just in the first quarter of this year will raise consumer spending by roughly $90 billion.』

で、その後に株価ということで家計などのバランスシート改善を回復の大きなドライバーとして上げていまして、まあウィリアムス総裁がこういう点を最初に出してくる、という事は即ちFOMCの政策アクションというのも変に資産価格にショックを与えないようにしながらどうやって運営するか、という事を気を使っているということですな。

『This higher wealth has offset the effects of the increase in taxes at the beginning of the year, allowing consumer spending to grow at a healthy pace. That seems likely to continue. Two major surveys show consumer sentiment in recent months has been higher than at any time over the past five years and that people are more upbeat about prospects for economic growth and jobs.』

だからQE3が延々と続くかというと、それはそれでまた別問題であって、恐らくFOMC内部ではQE3を延々と続けた場合に出口における混乱が拡大するリスクも意識しているので、そーゆー意味で言えば「資産価格をコカさないで、かつ将来のリスクも拡大させないで」低金利政策の方はそれはそれで長期間運営しよう、という話になるんでしょうな。


・労働市場の見通しは強めですかね

でまあその後リスクの話とか財政の話(連邦財政と地方財政)がありますがスルーしまして労働市場。

『In the job market, private-sector hiring has actually picked up. Over the past six months, nonfarm private payrolls have grown by just under 200,000 jobs per month compared with an average of about 160,000 in the previous six months. The unemployment rate has fallen six-tenths of a percentage point over the past 12 months.』

民間雇用はactually picked upだそうですよ奥様。

『What about the future? San Francisco Fed researchers have identified indicators that provide information about how the labor market is likely to fare over the next six months. These include data you may be familiar with, such as initial unemployment claims, and less well-known data, such as the percentage of people who say in surveys that it’s hard to find a job. These indicators suggest that the labor market will continue to strengthen.』

the labor market will continue to strengthenとな。

『Here then is my forecast.』

ほいな。

『I expect the unemployment rate to fall to roughly 7-1/4 percent at the end of this year and drop to about 6-3/4 percent by the end of 2014.』

年末に7.25%、来年末に6.75%とスレッショルドに0.25%盛った数字を出して来るのがお洒落ですな。

『Economic growth is likely to be sluggish in the current and next quarter, reflecting federal spending and employment cuts related to sequestration. It should pick up later in the year. For 2013 as a whole, I see inflation-adjusted GDP growing about 2-1/4 percent and picking up to around 3-1/4 percent in 2014.』

ということで数字は結構強めなんですよね。


・物価に対する配慮を示しておりますな

『I’d like to say a few words about inflation. Our mandate from Congress calls on us to pursue both maximum employment and stable prices. High unemployment is certainly the biggest problem we’re facing these days. But we must also pay close attention to inflation.』

物価への注意必要キタコレ。

『History tells us that severe financial crises are often associated with deflation, that is, falling prices, which are very dangerous for the economy.』

キタコレ!

『We’ve managed to avoid deflation, not least because of the Fed’s aggressive monetary policy. The policies we’ve followed have restored growth and generally kept inflation from falling too low. Similarly, the Fed’s announcement of a 2 percent longer-run inflation target has helped keep public inflation expectations stable.』

でもってこの先が現状と先行き認識。

『It’s true that inflation has come in under our target recently and below what I was expecting. This partly reflects temporary factors, such as a decline in Medicare reimbursement prices forced by sequestration. Inflation will probably remain relatively low for a while, but should gradually rise toward our 2 percent target over the next few years as the economy continues to improve and unemployment comes down. I expect our preferred inflation measure will gradually climb from less than 1-1/2 percent in the second half of 2013 to roughly 1-3/4 percent in 2015.』

ということで、インフレが最近低めという指摘をちゃんとしている辺りがまあ元々ハト系の方だなという所ですが、ただまあ見通しとしては特段弱いという訳ではありません。あくまでもリスク要因認識なんでしょうな。


・金融政策の効果に関しての説明ではMBS金利などの影響を強調

で、この後金融政策のパートになるのですが、金融政策の説明ではこれまた(1)フォワードガイダンス、(2)LSAP、の順で説明をしていまして、パウエル理事の説明の順番(というか他の連銀高官の説明でもそうなのですが)と同じセッティングになっておりまして、まあ今後は「フォワードガイダンスを中心にした金利ガイダンス政策で勝負」となるでしょうというのは既に皆様もご案内の通りかと存じます。

でまあその辺はスルーしまして効果の説明部分。

『Our forward guidance and securities purchases have significantly reduced longer-term rates, and that benefits the economy greatly. For example, at the low point of the recession, the 30-year conventional mortgage was about 5-1/2 percent.』

ふむ。

『Buying a $300,000 home with a 20 percent down payment required a monthly payment of around $1,360. Today, despite the recent run-up in interest costs, mortgage rates are roughly 1 percentage point lower. The same size mortgage now carries a monthly payment of about $1,220. That’s an annual reduction of around $1,700, which could be saved or spent. Alternatively, a homebuyer willing to pay $1,360 per month could buy a house worth more than $335,000, boosting demand for homes.』

なるほどという所ですが、この後低金利は住宅以外にも好影響という部分がありますが引用パスします。


・先行きの金融政策については「もう少し様子を見てから」で理由は重要かも

でまあ最後のパートが今後の金融政策。

『Of course, the economy’s increased momentum has raised questions about when the Fed will cut back, and eventually end, its asset purchase program. So, is it time to act?』

その答えは今でしょ!とはなりません(^^)。

『My answer is that it’s still too early.』

まだ早すぎるですわよ奥様♪

『For one thing, we need to be sure that the economy can maintain its momentum in the face of ongoing fiscal contraction. And it is also prudent to wait a bit and make sure that inflation doesn’t keep coming in below expectations, possibly signaling a more persistent decline in inflation.』

で、ここで重要と思われるのはその理由でして、最初の財政削減の影響を見極めというのもそうですけれども、もう一つの理由に「物価動向およびインフレ期待の動向」を挙げているのがほほうという所です。

んでもってこの先には(この時点で)ちょっと前に行われたFOMCでの逆さ絵会見における説明の説明(^^)をしているのですが、まあこれは既に耳タコ状態だと思われますが、いつも通りのポイントをいつも通りに説明しておりますので割愛しまして最後の最後を引用します。

『As I emphasized at the start, I am convinced that our extraordinary policies during the recession and recovery, including our current asset purchase program, have been hugely beneficial for the economy. The good news is that the economy is on the mend.』

『The time will come when we will no longer need to keep adding monetary stimulus. When that time comes, I am confident that we can make this change without jeopardizing the recovery, while working toward our goals of maximum employment and price stability. Thank you very much.』

ということで、緩和の縮小に関しては影響を見極めながら対処ということで、方向性としては緩和縮小オッケーなのですけれども、LSAPのプロコン話とかそういうネタは無く、物価動向に関する説明がありますように、まー緩和縮小に慎重な姿勢を示しているというのが結論でありました。

ちなみに最近出ていたSF連銀スタッフのペーパーによると労働市場の回復はあまり強くはならないのではないか、というのもあるのですが時間が無いのでURLだけ貼っておきます。(これも長いのでリンク形式にしません)
[外部リンク]
 


今朝のどらめもん サーバートラブルでご迷惑をおかけします   2013/07/30(火)08:07:49  
  http://ameblo.jp/fpeye  


今朝のどらめもん サーバートラブルでご迷惑をおかけします   2013/07/29(月)08:02:06  
  http://ameblo.jp/fpeye  


今朝のどらめもん サーバートラブルでご迷惑をおかけします   2013/07/26(金)08:02:20  
  http://ameblo.jp/fpeye  


今朝のどらめもん サーバートラブルでご迷惑をおかけします   2013/07/25(木)08:05:34  
  http://ameblo.jp/fpeye  


お題「内閣支持率が一部調査急落とな/佐藤審議委員講演は論点が豊富です&会見から少々」   2013/07/24(水)08:02:02  
  うむ。
[外部リンク] ・売る人がいなくなって金利がじり安ですねわかります

・・・・・・ってまあ小見出し書いたら終了位の話なのですが、先物から長期ゾーンが堅調で推移。143円80銭台までやってつえーと思いつつも引けに掛けてはやや押し込むけどやっぱり堅調推移という所で、一頃の「押し目が無いのだがふと気が付くと居場所が違う」コースになってきたのかねと思いつつも、ただまあそのバックに従来であれば「売る人と買う人がいて、戻り売りをしている人が代わりばんこで買戻しに入る物凄いのんびりした踏み回転」みたいなのがあったやに思うのですが、足元では従来のように節目節目の売りVS押し目待ちの買いただし押し目待ちきれないという構図でもなさそうなのが何とも。

まあネタの無い中では日銀が機械的に買うのが効く、というそれだけの話と言ってしまえばそれまでなのですが、かつての短期市場のような不気味な静けさが何ともですな。まあ長期だから昔の短期ほどのどよよーんとした流れにはならんでしょうが。

・2MTBなど

[外部リンク] 99円98銭3厘5毛 (募入最高利回り)(0.0971%)
(4)募入最低価格における案分比率 0.2685%
(5)募入平均価格 99円98銭4厘0毛 (募入平均利回り)(0.0942%)

2か月なので刻みの関係があるのですが、3か月TBがここもと0.095%オファーとかだったのでまあ結果ってこんなもんでしょという所ですが、一方でTKRRの方が低いのでビルの利回り影響するのかと思いましたがふーんという感じ。

まーそれはそれとして新発CPの利回りがもう最近何でもかんでも同じような水準(除く日銀オペ対象外銘柄)となっていまして、銘柄間格差とかまるっきり無いわという状況が元々そういう感じではあったのですが更に猫も杓子も同じようなレートで0.10%台前半で張り付くという有様。まあ発行量が多くて格付けで片足長期BBB格持ちとかだとやや高い場合もありますがそれでも0.11%は割っているので、まー差が無いことないこと。

いつもの短期クオリティではあるのですが、目先そう簡単に追加の金融政策(あたり前ですが出口方向の話が出てくる可能性はマイナス無限大であって何か出るとすれば追加の方だが)は出てくるとは思えず、6月の追加騒ぎは何だったんでしょうという所ではあるのですが(最近すっかり「事前報道」が外れるようになってきましたねえ)、その手のネタは無く、超過準備はホイホイ置いて良し、という状況になってくるとまあ見事に無風になりますなあという所でありまする。

というメモでした、ただの俺様備忘メモですいません。


○内閣支持率

モーサテ(というか日経+テレ東)ではこうだったのですけど・・・・・・・・・・

[外部リンク]
本社世論調査 2013/7/23 23:00 情報元 日本経済新聞 電子版
(詳細ニュースは会員向けです)

昨日出てたニュースでほほうと思ったのはこっち。
[外部リンク] 16:43 【共同通信】

『共同通信社が参院選直後の22、23両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は56・2%で、前回6月調査の68・0%から11・8ポイント急落した。不支持率は31・7%で、前回(16・3%)からほぼ倍増した。』(上記URLより)

詳しい内容がイマイチ無いので何ですが、先週のニュースではANNの調査でも内閣支持率が結構大きく下げていまして、その背景ってどうなのよとゆーのは気になるんですよね。ANNの調査では景気回復の実感が無いだのという話がありましたが・・・・・・・・

んでもって、これが「生活物価が上昇傾向にあるのに中々自分の懐が温かくならないし、この先にもその期待があまりないとなると景気良くなってウハウハという話って本当に本当だったの?」というような話だったりすると、消費税増税議論に対する影響もありそう(真面目な話「生活物価が上昇するのに収入ガー」の声が大きくなってくると消費税増税先送りが支持率アップに寄与するという話になるでしょうし、大体からして安倍ちゃんの政治的信条である所の戦後レジームガーとかをやるには高支持率が無いと厳しいでしょという事もありますし)ですし、それよりもまたまたデフレ脱却に対する阻害要因になっちゃいますよねとゆーのも気になりますよねという話。

まあ昨日ネタにした佐藤審議委員の講演テキストの「私の見解じゃなくて日銀の見解だもんね」という物価上昇期待の形成部分の説明にありましたが、現在の黒田日銀でのロジックだと、コストプッシュで物価が上がっても物価上昇期待の高まりからポジティブフィードバックが起きるというような触れ込みになっておりますが(ただし佐藤審議委員は多分同意していないと思うので「日本銀行はそう期待する」という説明をしていると思われる^^)、コアCPI前年同月比0%如きで物価上昇への拒否反応が高まってしまうとポジティブフィードバックどころか逆になってしまうようにしか思えない訳で、コストプッシュ起点はあくまでもワンタイムエフェクトであると考えた方が良いんじゃネーノとか思うのでありました。


○佐藤審議委員講演ネタの続き:論点が色々とあって非常にオモロイのだが長いっす^^;

[外部リンク] 『(2%の「物価安定の目標」の意味)』と言う部分は佐藤さんの意見を特に強く反映しているものですけれども、これは将来的な金融政策の枠組みに繋がる論点になり得る話ですので重要だと思います。

『私は、「物価安定の目標」について次のように理解している。一般にインフレ目標政策とは柔軟な金融政策の枠組みであり、インフレ目標導入国でも、目標の達成・未達により機械的に政策を変更するような運営はなされていない。こうしたインフレ目標政策についての理解は同様の枠組みを採用する中央銀行の間で既に共有されている。同様に、2%の「物価安定の目標」を掲げる日本銀行の金融政策の枠組みも柔軟なものであり、2%をピンポイントで達成することを目指すものではなく、2%を「安定的に達成」することに主眼を置いたものと私自身は理解している(図表9)』

という事で、まあ元々佐藤審議委員の場合はこの後に言及しているように「2年でアクチュアルに2%の物価上昇率達成は厳しいでしょ」という見方ですな。恐らくは市場のエコノミストなどのような方々の予想も「2年で2%は無理無理(除く消費税)」という話だと思うのですが、問題はその辺りが見えてきた時にどういう話になるのか、という事であります。つまり・・・・・・・・

『ここで「安定的に達成」することの意味だが、金融政策の効果波及までのラグや不確実性を勘案すれば、そもそも2%ピンポイントで物価を安定させることは不可能で、上下に一定程度の変動が許容される幅(アローアンス)があると考えるのが自然であろう。アローアンスをどの程度みるかは政策委員間で多少見解の相違があるかもしれないが、私自身は2%を中央値としてある一定の範囲内で物価上昇率が安定する見通しが立てば、「量的・質的金融緩和」の主要な目的は達成できたと評価できるのではないかと考えている。日本のインフレ率のトラックレコードを勘案すると、インフレ期待が早々に高まらない限り、2 年程度で2%の「物価安定の目標」をピンポイントで達成する可能性は必ずしも高いとは言えない。しかし、「物価安定の目標」があくまでもこうした一定のアローアンスをもった柔軟な枠組みと考えるのであれば、目標はリーズナブルであるし、達成も可能であろう。』

これ以前の講演(群馬での講演)でもこの論点を示していましたが、つまり2%の目標値に関して「アクチュアルのターゲット」なのか「フォーキャストのターゲット」なのかという論点に繋がってくる話でして、実際に2%に到達しなくても見通しベースで2%というのが中期的に達成できれば良い、という話になってくるかどうかっつーことですな。

『ここで強調しておきたいのは、「量的・質的金融緩和」で目指しているのは、日本銀行法にある「物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資すること」である。具体的には、単純に物価だけが上昇するのではなく、全般的な経済状況が改善するなかで、投資や消費が伸び、企業収益が増大し、雇用・所得環境が改善するなかでバランス良く物価も上がっていく好循環を作り出していくことを日本銀行は目指している。2%というインフレ率を表面的に実現するために「国民経済の健全な発展」を犠牲にすることがあってはならない。』

つまりですな、コストプッシュでのワンタイムエフェクトで物価を押し上げてもそれってサステイナビリティー的にどうよ(まるでルー大柴ですなこりゃ^^)という話なのであって、まあ足元ではコストプッシュなどによりある程度物価上昇するのでしょうが、やはりどう見ても「2年でアクチュアル2%」というのは難しいという状況になった時点で「やはり2年で2%をやる為に無理無理ヤケクソ政策を突っ込んで行く」べきなのか「フォーキャストターゲットという観点で考えてもう少し柔軟に見ていく」のかという話になる筈でして、その際にまあフォーキャストターゲットという観点に戻るような姿勢にしないと、無理矢理のヤケクソ政策による弊害を避けるという点で必要じゃネーノとかそういう話ですよね、と勝手に話を展開させてみましたがどうでしょうかね。


・過去の政策との連続性について

この部分もオモロイ。

『(「包括的金融緩和」から「量的・質的金融緩和」へ)』という所もオモロイ。

『日本銀行は本年3 月まで「包括的金融緩和」を進める一方、正副総裁就任直後の4 月に「量的・質的金融緩和」へと政策転換した。4 月の政策転換に際し全会一致で賛成票を投じた政策委員の投票行動については様々な疑問や批判があることは承知している。』

さいですな。

『ただし、私自身の理解では、日本銀行にとり4 月4 日の金融政策決定会合での決定と同様に、2%の「物価安定の目標」を決定した今年1 月の会合での決定も大きな決断であった(図表6)。』

まあ1月は木内さんと佐藤さんは反対していましたが(^^)。

『この間の議論の詳細は既に公表されている金融政策決定会合の議事要旨に譲るが、1 月の「物価安定の目標」の決定後、正副総裁交代までの2-3 月の会合では、「物価安定の目標」を所与として、その達成に向けた緩和強化策に議論はシフトし、買い入れる国債の年限延長や長期国債買入れオペと資産買入等の基金との統合などについて問題提起がなされた(図表7)。』

白井さんのイミフ提案が話をややこしくした面があるのですが(^^)。

『こうした議論を受けた 4 月4 日の一連の決定は「異次元の金融緩和」と称されるが、緩和策の中身は2001 年3 月〜2006 年7 月の「量的金融緩和」時、及び2010 年10 月〜2013 年3 月の「包括的金融緩和」時のアイデアを多く継承している。例えば、政策誘導目標を政策金利からマネタリーベースとした点は、日銀券発行高がさほど振れないことを前提とすれば政策目標を日銀当座預金残高としていた「量的金融緩和」時のフレームワークと類似している。買入れ対象となる資産は国債のほか、ETF・J-REIT などを含め、「包括的金融緩和」時のものを概ね継承している(図表8)。』

ほほう。

『無論、買入れる国債の平均残存期間を7 年程度としたことにより、必然的に緩和規模は拡大した。しかし、「包括的金融緩和」の最終局面においても、日本銀行は資産買入等の基金の残高を2014 年末で111 兆円程度と見込んでいた。マネタリーベースに換算すると、幅をもってみる必要はあるが200 兆円程度である。確かに、これは現在の「量的・質的金融緩和」下の目安である2014 年末270 兆円に比べれば低いが、それでも日本銀行はマネタリーベースをかなりの規模で積み上げることにもともとコミットしていたとも言える。このように、一連の日本銀行の政策は連続性をもって理解されるべきと考えている。』

まあこの辺は色々と議論がありそうですが、「政策の継続性」を強調するという佐藤さんの説明もその前から政策委員をしている立場としては必要な話でしょうなあと思う次第で、うんうん。


・追加はそう簡単に打ち込まないですよという話

『(「戦力の逐次投入」を避けることの意味)』の小見出しから。

『5 月下旬以降、内外の金融市場が不安定な動きとなるなかで日本銀行が市場安定化のために追加的な措置を行うのではないかとの期待が一部に高まった。』

あの騒ぎは一体全体ナンダッタンダという話ですが。

『ただし、「量的・質的金融緩和」は2 年程度で2%という「物価安定の目標」の実現のため、大胆な金融緩和を一気に行い「戦力の逐次投入をしない」こと、またそれにより家計・企業及び金融市場の期待に働きかけることを狙った点でこれまでの日本銀行の政策とは一線を画している。』

『前者の「戦力の逐次投入をしない」という点は、それまで日本銀行が「包括的金融緩和」の枠組みの下で、景気循環に応じた小刻みな政策変更を行ってきたもののデフレ脱却を果たせなかったことの反省・教訓を踏まえており、その意味はそれなりに重く受け止められるべきである。』

この部分って先ほどの政策の継続性の説明の次に来るものなのですが、つまり今回の異次元緩和に関しては「やっていることそのものは1月の2%物価目標設定からの継続発展版」であるものの、その「運営スタンス」が一線を画したものである、という説明なのですね。

『後者は前者と表裏一体で、現時点で取り得る最大限の政策を打ち出すことで家計・企業や市場の期待の抜本的な転換を狙ったものである。そのためには、最初に市場の期待を上回る大胆な緩和策を打ち出し、あとはその効果を見守ることが肝要で、政策を小出しにすることは却って逆効果となる。』

『同時に、日本銀行は追加策の発動を一切排除している訳でなく、予期せざるテールリスク等が顕在化すれば臨機応変に政策を微調整することを排除していない。』

ということなので、経済に下方ショックでもあれば別だが、そうでもないのに一々クレクレに対応せんわヴォケという話ですね分かります。

『このような日本銀行の新たなスタンスについての市場の理解が必ずしも十分に浸透していないように思われるため、市場参加者との対話を含む情報発信の機会を通じ丁寧に説明していく必要があると感じている。』

まあ市場もそうなのですが、結局のところワカランチンのメディアとかへの説明とか為替などのワカランチンな市場の皆様への説明という話になるので中々ムツカシヤな面もあると思います。


・佐藤さん的には「中短期金利をアンカーさせたい」ようですな

『(国債市場の安定に向けて)』から。

『そもそも「量的・質的金融緩和」は国債市場への政策効果という点において相反する二面性を有する。すなわち、巨額の国債買い入れが国債市場のリスク・プレミアムに働きかけ、名目金利を抑制する一方、政策効果が発現すれば経済・物価情勢の改善を先取りする形で名目金利には上昇圧力が加わる。』

だすなあ。

『「量的・質的金融緩和」導入後の国債市場では、この2 つの相反するベクトルの下で金利が揺れ動き、それがボラティリティ上昇という形で現れた。ボラティリティの高い状態が続くと市場参加者がリスク管理上売り方向に傾きやすく、またそうした動きが一方通行となることで金利上昇が不必要に増幅されるおそれもある。』

さいです。

『こうした国債市場のボラティリティの高まりを受け、5 月の金融政策決定会合では、長期金利安定化策について議論が行われ、弾力的なオペ運営が重要であることが確認された。5 月末にはさらにオペの頻度や金額を見直すなど弾力的なオペ運営の方針を改めて示した(図表5)。』

『その後の6 月の会合では、1 年を超える共通担保オペの導入について検討がなされた。結局、その時点では、共通担保オペについて追加的な措置は必要ないとの結論に至ったが、その主な理由は、日本銀行による巨額の国債買入れによるリスク・プレミアムの圧縮効果は、今後着実に強まっていくことや、当面は、金融調節運営方針(ディレクティブ)の範囲で、弾力的なオペ運営によって対処できると判断したためである。』

で、ここからが佐藤さん独自アイデアの世界と見られます。

『すなわち、現在のディレクティブでは、買い入れる国債の平均残存期間について「6〜8 年程度」という許容される幅(アローアンス)があるので、これを活用して1〜5 年の中短期ゾーンを厚めに買い入れることで同ゾーンをアンカーさせ、それによりイールドカーブ全体の安定化を図ることが期待できる。ディレクティブは「6〜8 年程度」なので、結果として一時的に6 年を多少割り込むことがあっても、私個人の見解としては問題ないと考えている。』

中短期金利をアンカーさせた方が効くという話ですが、一方で「長いのを買う方が効く」という木久扇師匠を始めとした向きの説明もあるので、その辺との見解のズレがどうなっているのかというのは興味があります。


・1年超の固定オペに関しては消極的ですな

で、その続き。

『加えて、1 年を超える期間の共通担保オペの導入については、‘本銀行が金融機関や投資家のポートフォリオ・リバランスを促す目的で現在の政策を進めているなかで、金融機関が国債を保有しやすくする施策を導入することが、無用な誤解を生むおそれがあること、また、1 年を超える期間の共通担保オペには時間軸に関するメッセージを含んでおり、2 年程度で2%という「物価安定の目標」の実現を目指す「量的・質的金融緩和」の時間軸との関係で混乱を生じさせかねないこと、さらに、6 月20 日に初めて貸付を実行した「貸出増加を支援するための資金供給」も、ポートフォリオ・リバランスを促すという当初の目的とともに、一部銀行にとっては負債側で最大3 年相当のデュレーションリスクを削減できるという点で1 年を超える期間の共通担保オペと代替関係にあるため整理が必要と考えられること、といった点を総合的に勘案し、現時点では不要と政策委員会は判断した。ただし、市場安定化のためのツールキットとしての意義はあるため、同オペは将来の検討課題として完全に排除したわけではない。』

政策委員会は判断した、という言い方が微妙なのですが、ロジックの説明として見るとまあ普通に消極的なのかな、とは思いますけどどうでしょうかね。


他にも論点有りますが引用大会で大変な事になるのでこの辺で。


○佐藤審議委員会見より

会見は9ページであるのでホッと一息(違)。
[外部リンク] 『経済面では、製造業については、電子部品・デバイスなど一部業種における需要の持ち直しなど、改善に向けた動きもみられているというお話があったものの、総じてみれば、なお盛り上がりに欠けるとの印象を持ちました。特に、中小企業では、円安などに伴う燃料費や資材の高騰によって、マージンが圧迫されており、改善に向けた動きが波及していないというお話を伺いました。』

>円安などに伴う燃料費や資材の高騰によって、マージンが圧迫されており、改善に向けた動きが波及していない
>円安などに伴う燃料費や資材の高騰によって、マージンが圧迫されており、改善に向けた動きが波及していない
>円安などに伴う燃料費や資材の高騰によって、マージンが圧迫されており、改善に向けた動きが波及していない

事実そういう事なのでしょうけれどもしらっと言及しているのがおしゃれです。


・さきほどの中短期金利安定化をより詳しく説明

ちょっと引用が長くなり過ぎですので質問は割愛しますが、6年割り込む云々に関する質問があってその回答部分から。

『私個人の見解として、6年を一時的に若干割り込んでも問題ないのではないかというのは――これは金融政策決定会合で何回も確認していますが――、オペレーションを弾力的に行っていくということです。弾力的に行っていくということの背景は、イールドカーブを安定させるためには中短期ゾーンが安定することが必要であって、逆に言うと、中短期ゾーンが安定して、そこがアンカーになれば、10年、20年あるいはそれよりも長期の金利は自動的に安定してくるであろうとの判断があったわけです。』

全くおっしゃる通りで。

『特に中短期ゾーンというと、4月の政策変更直後、あるいは5月の連休明け辺りで金利上昇が激しくなり、特に中期ゾーンが売られましたが、この辺りを中心的に買入れていく、具体的には、3年から5年程度の国債を買い入れています。こうしたことでイールドカーブ全体としても安定していく、あるいは安定化を図ることができるのではないかと思っており、そういう観点で、私は中短期を安定させることが重要と考えています。』

債券市場の中の人的にも違和感が無い(というかそもそも佐藤さんは証券会社エコノミスト出身ですが、直球ストレートで債券系の人でしたから同じような見方になるのは当然ちゃあ当然ですが)ですわな。

『6年を若干割り込んでもよいのではないかというのは、それくらい柔軟で弾力的なオペレーションであるということです。ただし、これは私個人の見解です。』


・2%物価目標の話に関して

同じ質問の回答部分になる(つまり上記引用部分の続きです)のですが。

『2点目の2年で2%のインフレ目標が信認を得られたのではないかというご質問ですが、そもそも2年程度で2%を目指すという物価安定の目標は、1月に日本銀行が機関決定をして、政府と日銀が共同文書を交わして、正式に採択したものです。2%の意味については、本日の講演でも触れましたが、諸外国の物価目標の枠組みと同じように、フレキシブルなものであると理解しています。そうしたフレキシブルな枠組みであるという理解は、政府首脳ともある程度共有されていると私は考えています。』

ふむ。

『それはなぜかというと、消費者物価上昇率を2%のピンポイントで安定させることは、現在の金融政策の技術をもってしても不可能だからです。』

キタコレ。

『金融政策の効果の波及には短くて半年、長ければ1年半とか2年程度のラグがありますので、金融政策の実際の運営にあたっては、そうしたラグを勘案しながら進める必要があり、効果が不透明な中、ピンポイントで2%の水準に安定させることは非常に難しいわけです。』

しらっと「第一の矢の効果は黒田体制以前からの政策効果の波及部分がありますよ」という話もしておりますな(違うか?)。

『そうであるからこそ、今の枠組みは上下に一定のアローアンスのある仕組みとなっており、こうした理解は現政権の首脳とも共有できていると思っています。』

どうなんでしょうかね。

『また、おそらく国民も機械的に物価だけが2%上昇する世界を望んではいないと思います。目指すべきはあくまでも国民経済の健全な発展であり、すなわち経済が回復に向かう中で、重要なのは雇用情勢が改善に向かい、それがさらに賃金の回復に向かい、賃金の回復と整合的な形で物価がバランスよく上がっていくという姿を想定しているわけです。日本銀行としては、まさに、こうしたバランスある、国民経済の均衡ある発展を目指していくスタンスにあり、そうしたことについて国民の理解が進んでいくことを期待しています。』

と言う風に説明していますし、佐藤審議委員の講演での趣旨もそういう事ではあるのですが、一方で「2年で2%行かせる」というロジックの中では「フィリップスカーブの上方シフト」というのがありまして、そっちの理屈ですと「賃金の回復と整合的な形で物価がバランスよく上がっていく」という感じでは無い気もするので、この辺の理屈の落とし前が正直よくワカランチ会長ではございますな。


・そもそも銀行券ルールの一時停止は中長期的財政健全化路線の堅持とバーターな訳で

消費税に関する質問に対する回答は当然の回答なのですが念の為引用。

『消費税率の引き上げに限らず、財政健全化は日本経済を持続的な回復軌道に乗せるための非常に重要なステップであると考えています。私どもは国債のグロス発行量の7割超を買い入れるという非常に大胆な政策を行っていますが、これはまかり間違えれば政府の財政ファイナンスのお手伝いをしているとみられかねないわけで、そうみられないためには、政府の財政健全化に向けた努力が非常に重要になってくると思います。』

この点重要ですな。

『その点、消費税率の引き上げは、財政健全化に向けた重要なステップということであり、その帰趨に注目しています。それから、財政健全化に向けた政府の取り組みを促すという点では、黒田総裁は政府の経済財政諮問会議の議員でもありますので、そうした場で総裁から政府に対して直接意見を申し上げることもできるわけです。日本銀行としては、そうした立場から政府の財政健全化に向けた取り組みを強く促していく、あるいは見守っていくスタンスをとりたいと思います。』

ということでまあこういう説明は日銀として当然ではありますが、まあ念の為引用しておきました。
 


お題「選挙翌日なので市場関連メモを少々/佐藤審議員講演から(その1)」   2013/07/23(火)08:05:37  
  雨が降ると聞いて凌ぎやすくなるのかと思ったら東京の予想最高気温32度か・・・・・・

○ご祝儀ヒャッハーとは成らなかったですな(市場メモ)

株式様におかれましては寄りはそこそこ上がったけどその後は何か為替が引っ張ってるのか株が為替を引っ張っているのかよく判らんのですが、株式寄り前は100円80銭辺りだったドル円が9時過ぎになるとまたまた100円に吸い寄せられるようにドル安の巻となって平均株価とかトピとかも前日比変わらず近辺とかマイナスとかやったりして何だご祝儀ヒャッハーじゃないのかつまらんという所ですが、結果織り込み済みにも程があったのでシャーナイナイですか。

で、債券。

[外部リンク] 更新日時: 2013/07/22 16:13 JST

前場から株がヒャッハーにならないし為替も100円近辺だしで債券は特にサガランチ会長となり、前場引けに掛けて徐々に上昇したと思ったら輪番の結果がまあよろしですなあとなり一段高となって10年0.8割れ(前場から割れてましたが)の巻。

しかし織り込み済みとは言え選挙終わったんだからもうちょっと先物売買高無いもんかねと思うのだが、先物の売買高17107枚でして、この前の衆議院選挙の時だって直後の月曜(火曜以降は大型補正で財政アチャーネタから大商いになったのですけれども)の先物売買高24797枚だったのにまあ1兆円台ですかそうですかという所ですな。先週金曜よりも少ないとは残念なことで。


売買高と言えばこれ。

[外部リンク] 6月って利付中長期国債の四半期償還があるのですけれども、いやもう売買代金が減ること減ることという所で、都市銀行の除く短国の売買代金が売り買いグロスで3兆5千億ちょっととかもう皆さん入札で買ってオペで外してその他はホールディングカンパニーという状態になっておられるのが大変分かりやすく示されておりまして誠に遺憾の極みでありまする。

何かね、かつての量的緩和時代に30兆円の当座預金残高目標達成させる為に短国をバカスカ買って市場の玉を思いっ切り吸い上げてしまってTBゼロ金利入札とかいう残念な状況になった時にもうセカンダリーが完璧に干上がってしまったというような残念な展開になった訳ですが、それよりは状況はだいぶマシの筈なのですが、この調子で国債バカスカ日銀が吸い上げて行くと益々売買高がアチャーになるんですかね、良く判りませんけど。

とは言いましても、短国と違うのは日銀が吸い上げると言いましても元々の発行残高がありますし、大体からして短国のように発行残高がホイホイ償還されていくわけでも無いので、本当の本当に玉が無くなっている訳では無いので、売り材料が出た時にさてどうなんでしょうなというのはあります。

ちなみに、あまり参考にならないかもしれませんが、量的緩和解除の時って実際は3月に解除されましたけれども、まあその前から「これはどう見ても解除が近いだろ」という見方になっていたにも関わらず、短国市場の場合は何せリアル玉無し芳一状態になっていたので、実際に需給が崩れるまで結構時間が掛かりまして、何せどう見ても3月(遅くても4月)には解除するだろという状況でしたが、中々先の解除を織り込みに行かなくて???という状態だったりしましたので、短期の場合は物理的なキャッシュ潰しニーズというのを中々侮れないという面白い事案がございます。お暇な方は過去の量的緩和解除前後の短期商品の利回り推移をみるとヨロシある。もしかしたら買入が進み過ぎると長期債の世界でも反応半歩位遅くなって市場参加者が???となるような展開が起こるかも知れない仮説を立ててみたくなったのでメモメモ。


話は変わりますが今日は2M入札ですが、TKRRが昨日は下がっていたのですが短国のレートは0.095%レベルとあまり動かずの巻で、長い所もそうですけれども、短い所も最近は妙に安定というか何というかで、こちらも短国買入とかが入るとその分需給が引き締まるとか、結局日銀オペで需給が動くものの、それ以外の要因での動きが乏しいですなあという感じのようで。


○佐藤審議委員講演である

諸般の事情(単に寝坊)で時間があまりないというのに講演は資料を含めて堂々の49ページ(表紙を含め)となorz

[外部リンク] 『2%の「物価安定の目標」実現のための波及経路(チャネル)として、日本銀行は、〜澗療な金利低下圧力と資産価格のリスク・プレミアムを押し下げる効果、▲檗璽肇侫リオ・リバランス効果、2鳩廖Υ覿箸篁埔譴離ぅ鵐侫豐待へ働きかけてそれを抜本的に転換する効果、を想定している。それぞれについて私の見解を補足したい。』

この前の部分で2%のターゲットについて柔軟であるべき云々という話をしているように、まあ普通にこれまでの説明や展望レポートでの予測分布を考えますと佐藤さんは2年で2%とかそらしんどいでしょという見解と思われますので、そこをどう説明するのかというのが実はワクワクテカテカ。

『,料澗療な金利低下圧力と資産価格のリスク・プレミアムを押し下げる効果は既に述べた通りで、長期国債やETF、J-REIT の買入れを通じてリスク・プレミアムは既に相応に抑制された状態にある。』

『これに関連して、日本銀行が政策の操作目標を短期金利からマネタリーベースに変えたことから日本銀行の短期金利安定へのコミットメントが弱まった、との誤解もみられるが、巨額の超過流動性の供給を通じて短期金利をしっかりとアンカーさせるという日本銀行の方針にいささかも振れはない。』

という話もその前にあるのですが、まあそもそもは従来の政策委員会の皆様ではなくて、総裁と副総裁(のうち木久扇師匠)が「長期金利を下げる」みたいな話を盛大にしていたのにいざ長期金利が上がったら「実質金利ガー」とか「経済物価情勢の改善で金利が上昇するのは自然」とか言い出したので「金利安定へのコミットメントが弱まった」という話になったのであって、誤解させたのはまあ黒田さんです罠という話はさておきまして。

『そもそもマネタリーベースを年間約60-70 兆円に相当するペースで増やすに当たり、年間50 兆円程度の中長期国債の買入れだけでは不十分であり、現在のディレクティブは相応の短期国債買入れないしは短期の資金供給オペを補完的に実施することを暗黙のうちに想定している。短期資産の買入れ規模をディレクティブに明示していないのは、「包括的金融緩和」の経験を踏まえ、短期の資金供給は執行部の裁量に任せる方が、短期金利の変動等により柔軟に対応できると政策委員会が判断しているからである。』

これは仰る通りで、4月の声明文での数字って成長基盤強化や貸出増加支援オペなどで出る分の置きの数字との差分で短期のオペってぶれるのですな。

『一方、日本銀行が2 年程度で2%の「物価安定の目標」の実現を目指すからには2 年後の短期金利はゼロでないかもしれないと市場が受け止め、それが中長期金利に波及することは4 月4 日の「量的・質的金融緩和」導入直後に見られたし、そうした状況は今後も起こり得るかもしれない。』

という相反する話というのはこれまたもうちょっと前でも説明しています。

『この問題に対しては、「量的・質的金融緩和」が含意する自動調整機能により市場が先行きの物価動向に応じて対処することを期待している。すなわち、2%の「物価安定の目標」実現の蓋然性が高まれば、中長期金利がそれを織り込むことはある程度避けられない反面、実現の蓋然性が高まらなければ、中長期金利の水準は抑制され続けよう。重要なことは、その間、日本銀行が買入れを進めることによりプレミアムを圧縮し、経済・物価の先行きの見通しと整合的な水準よりも中長期の金利水準を抑えていくことである。』

つまり「買入をしなかった場合よりも水準が下がっていることが重要で、それによって緩和効果をもたらす」という話なのですが、そもそも買入をする事によって期待を引き上げる分があるので、まあこの話って何とでも言いようがある事でして、そういう意味では実質金利が重要というのはまあその通りですなと思います。導入以前を含む最初の時点で名目金利を下げるような話を散々した(のは総裁ですが)のが話をややこしくしたという訳ですよね。為替市場と違って金利市場は力技だけで全てどうにかできるものでは無い、というのはこの4か月で黒田さんも身に染みたでしょうな。

『これまでのところ、日本銀行による巨額の国債買入れはさまざまな金利上昇要因を抑制してきているし、先行きも買入れが進むにつれてプレミアムの圧縮効果は累積的に強まるとみている(図表10)。』

ほほう。

『△離檗璽肇侫リオ・リバランス効果は日本銀行が金融機関から長期国債を買入れ、巨額の超過準備を供給することを通じて、国債中心の余資運用からより期待リターンの高いリスク資産へのリバランスを促し、実体経済や資産市場の活性化を図るものである。長期国債の買入れの平均残存期間を長期化させたのもこの効果を意識したものである。』

ということで。

『ポートフォリオ・リバランス効果は概ね以下のメカニズムを通じて働く。すなわち、日本銀行による資産買入れが直接的に民間金融機関のバランスシートにもたらす変化をみると、バランスシートの規模は変わらないが、国債等が減少し、その分日銀当座預金が増加するという形で資産サイドの構成が変化する。民間金融機関の資金運用の観点からは、運用資産が減少し日銀当座預金が増加することで、ポートフォリオ全体の収益性が低下するため、収益性維持のために期待リターンのより高い資産にポートフォリオをシフトさせる、すなわちリスク性資産への投資や貸出等を積極化することが期待される(図表11)1。』

脚注1が何気に重要。

『1 その際、気をつけなければならないのは以下の点である。すなわち、民間金融機関が日銀当座預金から期待リターンのより高い資産にシフトさせるとその分だけ日銀当座預金が減少するといった誤解がしばしば見受けられるが、個々の民間金融機関の行動によって日銀当座預金の総量は変化しない。例えば、ある民間金融機関が日銀当座預金から株式へと資産の一部をシフトしても、それは他の金融機関の日銀当座預金を増やすため、日銀当座預金の総量は変化しない。』

まあ未だにこの話って通じてない人多いですよね。余談ですけど。

『このように、日本銀行は巨額の超過準備を供給することで、銀行や生命保険会社、年金基金など主要な投資家の投資行動の変化を後押しすることを狙っている。リバランスの動きが各投資家に広がっていくかどうかはそれぞれの投資家に関わる固有の規制・会計といった制度的要因もあって一概に論じることはできないし、またもとよりそうした変化は一朝一夕に生じるものではないであろうが、私は各投資家がリバランスの制約となり得る制度的要因のなかでも様々な知見を集め、工夫していくことを期待している。』

さて、この部分最後の一文の表現を覚えておきまして次の「期待」の部分。

『の期待への働きかけを通じた効果については、一般に、インフレ期待の形成は適合的期待(過去の動向を踏まえて、これまでの期待を徐々に修正しながら、期待を形成すること)の要素が含まれており、日本のように低インフレないしはデフレが長く続いたなかでは、家計・企業や市場のインフレ期待も相応に低めとなっているとみられる。』

『もっとも、現実の消費者物価(除く生鮮食品)の前年比上昇率は、このところの円安による燃料高や電力料金引き上げといったコストプッシュ要因に加え、薄型テレビやパソコン等のIT 関連財の価格下落がある程度まで進展したことから、足許ではゼロ%となった。このようななかで、消費者物価(除く生鮮食品)の前年比はこの夏場にかけて足許のゼロ近傍からプラスに転じていくことを見込んでいる。』

さいですな。

『現実の物価がある程度持続的にプラスとなれば、家計・企業や市場の期待インフレ率もそれに応じて上方に緩やかにシフトする可能性があろう。』

可能性があろう、ですな。

『内閣府の消費動向調査や日本銀行の生活意識に関するアンケート調査、あるいはエコノミストや市場参加者への各種アンケート調査結果でみた期待インフレ率も、一部は消費税率引き上げの蓋然性の高まりによるものと識別することが困難ではあるものの、既に上昇を示唆するものがみられる。こうした期待インフレ率の変化が現実の物価にフィードバックし、またそれが期待インフレを高めるというフィードバックループが生じることで、中期的なアンカーであるインフレ期待が上向くというメカニズムを日本銀行は期待している。』

>日本銀行は期待している
>日本銀行は期待している
>日本銀行は期待している

・・・・・・・・・・・・先程のポートフォリオリバランスの部分では「私は〜期待している」だったのですが、こちらの期待の変化の部分では「日本銀行は期待している」という表現になっている所が実にこう味わいの深い所でありまして、佐藤審議委員の個人的見解部分の説明をしている筈が何故か「日本銀行は」と書いてあるという事はこれはつまり佐藤さん的には「コストプッシュ起点のフィードバックループがサステイナブルな訳ねえだろ成長力や賃金の上昇が無いと厳しいだろ」と仰りたいものの金融経済懇談会なので政策委員としての矩を派手に外す訳には行かないです罠という事ですねわかります。

などと勝手に解釈してしまったのですが、前の項では「私は」だったのがこちらで「日本銀行は」とあったのに物凄く引っ掛かったのでまずはここをと思いまして引用した次第でありまする(^^)。


・世界経済の先行き見通し&グローバルディスインフレに関して

これまた話がワープしまして講演テキストの最後の部分になるのですが、『3.内外経済・物価情勢』の『(世界経済の先行きとリスク要因)』の部分を注目したかったので引用。

『日本経済の自律成長軌道への復帰の前提として、海外経済が昨年来の減速した状態を脱して緩やかな回復軌道に復することが重要だが、その点ではフィスカル・ドラッグの下でも底堅い米国経済がプラス材料である一方、中国をはじめ新興国にはっきりとした加速の兆しがみられない点はやや気がかりである。改訂されたIMF の世界経済見通しでも、2013 年から2014 年にかけて成長率は徐々に高まる見通しながら、見通し自体は米国も含めこのところ切り下がっている(図表19)。もっとも、新興国の世界経済の牽引役としての影が薄くなるなかでも、頑健性を増す米国の牽引力はしっかりしたものとなることが期待され、全体として世界経済の緩やかな回復軌道への復帰シナリオに大幅な狂いはなかろう。』

ほほう。ということで地域別の見通し。

『米国は、先の4-6 月期は財政緊縮の影響からソフトパッチ気味であったが、足許7-9 月期以降は財政緊縮の影響が限界的に剥落するなかで、堅調な消費者マインドや住宅市場の持ち直しに支えられ、景気は次第に底堅さを増すと見込んでいる(図表20、21)。歳入の好調から債務上限問題が秋以降に先送りされたことも当面のテールリスクを減じる要素と判断している。』

ふむ。

『欧州は引き続き低迷しているが、各国が財政緊縮一辺倒でなくなり、緊縮策に修正の動きがみられること、域外輸出に一部明るさがみられること、また家計・企業マインド面でも改善に向けた動きがみられはじめていることもあり、一段と見通しを引き下げていく局面ではなくなってきている(図表22、23)。』

「一段と見通しを引き下げていく局面ではなくなってきている」ってものは言いようですな、うんうん。

『一方、新興国は米国の資産買入れの早期縮小観測をきっかけに世界的なリスクオフの流れとなるなかで、資金流入ペースの鈍化ないしは流出が生じている点が気がかりである。基本的には、米国において金融緩和の早期縮小が議論され始めた背景に、米国経済が着実に回復を続けていることがあり、そのこと自体は、新興国も含めた世界経済にとってプラスである。もっとも、このような思惑が、急激な資金フローの変化を引き起こし、一部の新興国で景気動向の悪化を招いたり、資金調達面での困難を引き起こすことがないかどうか注意深く見守っている(図表24)。』

新興国の場合はその資本云々以外の要因もあるような気がするんですが・・・・・・・

『また、中国は人口問題や過剰設備問題など構造問題への対処を優先して当局がやみくもに成長を追求しない姿勢が鮮明にみられ、目先成長率が顕著に回復することは期待薄である(図表25)。成長率が8%割れとなるなかでも労働市場が堅調なことは潜在成長率の低下を示唆していると考えられる。このため、当局は成長率が高まらない中でもインフレを警戒している(図表26)。』

ということは更に成長率が抑制される可能性がありますよね、という表現を避けているのか何だかわかりませんが、本当は「その結果として中国の成長率の高まりは想定よりも鈍化傾向になるリスクがある」という結論があるように思えるのですがそこに触れていないのがチャーミング。

『また、6月には、短期金利が一時期急騰する局面がみられたが、そもそも期末にかけて資金需給がタイト化しやすい時期であったことに加えて、信用拡大が急ピッチで進んでいることを受けて、政策当局が流動性リスク管理の強化を促すスタンスを鮮明にしたことが影響したと理解している(図表27)。』

と言う部分も「成長率が一段と鈍化するリスク」の話のような気もするのだがそこは微妙に避けた表現になっているのですな、うんうん。

『もっとも、こうした中国当局の姿勢は成長の質を高め、中長期的には世界経済の安定に寄与するものと考えている。』

まあそれはそうなんですがね。


『以上総じて、先行き、世界経済は米国等での財政面からの下押し圧力が弱まる下で、緩和的な金融環境にも支えられ、緩やかな回復軌道に復するとみている。そうした回復軌道への萌芽として、.哀蹇璽丱襪坊調な家計部門のコンフィデンス、∪渋ざ箸領氷イ塀于拑澹縫丱薀鵐后↓2そにおける財政緊縮路線の軌道修正、といった点を指摘できる。地域別には住宅投資の回復に支えられた米国の牽引力に着目している。また、緩和的な金融環境という点では、金融機関の資金調達環境の改善などが挙げられる。欧州債務問題の不透明感は強いものの、総じて国際金融資本市場の動揺と世界経済の大きな下振れにつながるテールリスクが後退したことに加え、このところの一次産品価格の落ち着きもプラス材料である(図表28)。』

なるほど。で、リスク要因の話なんですけどね。

『先行きのリスク要因としては、先に挙げたFRB の資産買入れペースの鈍化に伴う新興国をはじめとしたグローバルな金融市場への影響と、世界的なディスインフレ傾向に着目している。』

6月決定会合議事要旨に出ていたグローバルディスインフレキタコレ!!!!!!

『金融市場への影響については、前述のようにFRBの政策意図が市場に浸透していくなかで世界経済の成長拡大とともにその影響が次第に吸収されていくことが期待される。一方、世界的なディスインフレ傾向については、特に米国の足許のインフレ率低下が、FRB がみているように一時的なものかどうかに注目している。』

・・・・・・・・・・・・・・・・・うーむ。

いやね、この世界的なディスインフレ傾向に関する佐藤審議委員の見立てというのを詳しく解説して頂きたいなあと思う訳ですが、この後は惜しくも福島県経済に関する話になってしまいまして話が終了しているのが残念な所。

まー確かに物価目標2年で2%(たぶん佐藤さんと木内さんは2年で2%って難しいですよね派の2名だと思うのですが)というのをぶち上げている中で「グローバルにディスインフレ傾向なんです、ご覧ください!!(ウォー!!!→ってスネークマンショーのネタなんかジジイしか知らんか)」とか言い出したら景気の悪い事この上ないので政策委員会の一員として金経懇に出ている立場で詳細解説をするのは如何なものかというのも判らんでも無いのですが、グローバルディスインフレになっているというのが一時的では無かった場合に、現在のインフレ目標のそもそもの設定が妥当なものなのかとか、そういうフレームワークにも繋がる超重要な論点になると思いますので、本当はこの件に関する解説をお聞きしたい所ではございました。

ま、「一時的なものかどうかに注目している」という言葉の裏側には「一時的でなかった場合にインフレ目標の有り方とかに関しての見直しに繋がる」という話もあるのかなとか勝手に妄想をするのですが、その論点も踏まえて考えた場合に佐藤さんの今回の講演での説明の中にある「2%の目標は柔軟な目標であるべき」という話もまた味わいがあるのかなと思うのですが、全てはこのアタクシの寝坊が悪いのですがここで時間が無くなったので続きは会見ネタと共に明日に続くのでありましたorzorzorz
 


お題「選挙なので雑談/BOE議事要旨に見る「量で勝負」時代の転換」   2013/07/22(月)08:05:40  
  与党安定多数は良いとして民主党負け過ぎだろ・・・・・・・

○選挙雑談とか市場雑談

・東京地方区

[外部リンク] 京都
[外部リンク] 7月19日(金)8時15分配信

『安倍晋三首相の経済運営のブレーンである浜田宏一内閣官房参与(米エール大名誉教授)は18日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の効果が順調に表れているとの認識を示す一方、政府が10月にも判断する消費税率引き上げの是非については「極めて慎重に判断すべきだ」と述べ、引き上げ時期の先送りが適当との姿勢を明らかにした。』(上記URLより)

・・・・・・・・・・・従来から安倍ちゃんの発言の傾向を見ておりますと、まあ何だかんだと言いましても浜田参与の発言に近いニュアンスが感じられる訳でして、今回の選挙後の各社ニュース番組でのインタビューでの発言を見ておりますとど〜も消費税増税しないで済ませたい的なニュアンスを感じるのですけれどもねえ。

とまあ色々とございますが、今後の展開次第ですよね〜。


○BOE議事要旨に見る「量で勝負」の終了モード(ただし日本を除く)について

今回何故か資産買入拡大の提案が無かった7月MPC議事要旨である。
[外部リンク] immediate policy decision』の議論部分を読むわけですが、中々味わいがありますな。


・経済に関しては国内が想定通り、海外にやや懸念とな

第21パラグラフはまあいつもの見通しの話なのですが。

『The Committee set monetary policy to meet the 2% inflation target in the medium term, and to do so in a way that avoided undesirable volatility in output in the short term.』

というのはいつもの話。

『There had been further signs during the month that a recovery was in train, but it remained weak by historical standards and a degree of slack was likely to persist for some time. Twelve-month CPI inflation had increased to 2.7% in May and was set to rise further in the near term. Thereafter, inflation was likely to fall back towards the 2% target as external price pressures faded and a revival in productivity growth curbed domestic cost pressures.』

回復は継続しているが水準はうんこで、物価は暫く高めだけれどもその後は2%のターゲットに戻るでしょう、というのが基本的な見通し。

国内景気に関してが次のパラグラフ。

『Developments in the domestic economy had generally been positive and broadly in line with the recovery laid out in the May Inflation Report projections. The composition of spending in Q1 looked to have been more favourable than in the previous data release, with larger contributions from consumption, dwellings investment and net trade. The activity surveys had continued to pick up, signalling stronger growth in Q2, and it might well be the case that this momentum would continue into the second half of the year.』

国内景気は5月インフレ見通しにオンラインで、消費とか住宅投資とかネット貿易などが第2四半期の成長に寄与すると。

『There were also greater signs that the gradual reduction in uncertainty and improvement in credit conditions over the past year were feeding into household spending, with increases in a wide range of spending categories, some rises in house prices and a pickup in housing transactions.』

金融環境やクレジットコンディションの改善が消費をサポートしており、住宅価格の上昇も好影響とな。

『But ONS estimates of business investment had been weak, and looked even more so on the latest vintage of the data. The latest outturns had helped to explain some of the unusual weakness in earnings growth, with some pay likely to have been postponed to Q2 to take advantage of the reduction in the top rate of income tax at the beginning of April. But pay pressures remained muted, and earnings continued to rise more slowly than during the first half of 2012.』

一方で企業の投資が弱くて企業収益の伸びとか弱いとか、支出の先送りの動きがあるとかという話ですな。

でもって海外経済に関しては米国がやや弱いという認識と、EM諸国の原則が明確になったという認識を示しておりまして、まあどこぞの中銀なんぞはあまりこの辺の弱さを強調していないのですが、普通に認識するとこうなるんじゃネーノという気がする。つーことで第23パラグラフ。

『The news on foreign demand conditions was more mixed. US activity indicators had been a little weaker on the month, but the outlook remained very similar to that at the time of the May Report.』

とは言っても米国については一応5月インフレレポートの見通しに似ていると。

『The slowing in activity growth in the major emerging economies was becoming more apparent and it was possible that this reflected in part a gradual re-evaluation by households and businesses of the success of structural reforms in raising future incomes and rebalancing demand.』

大きなEM諸国って中国の話かねとか思う訳ですが、家計や企業の構造改革とかリバランスとかによる影響がこれらの明確になりつつある減速に対して寄与している可能性があると。

『Activity indicators in the euro area had been a little more encouraging, and there had been further steps taken towards constructing a banking union. But the challenge of reducing debt levels in the periphery economies to more sustainable levels remained daunting, and political developments in Portugal and Greece had indicated the fragility of the political consensus. The depressed level of activity in the euro area would weigh on the UK recovery for some time to come.』

ユーロエリアについては銀行同盟に対する進展を評価するものの、周縁国の問題が拡大している点が懸念で、当面は厳しい状態が続くという見通し。


・市場金利上昇に関して:短期金利上昇による金融引き締めがケシカランという認識

第24、25パラグラフがその話。

『Market interest rates had risen sharply internationally and asset prices had been volatile and generally lower. The rise in interest rates in the United States had probably reflected a change in perceptions of the path for monetary policy there, rather than news on the month about the economic outlook. UK gilts were to a certain extent substitutes for US Treasuries. It was understandable, therefore, that movements in longer-term gilt yields might be correlated with those of Treasuries. But it was less clear why shorter-term interest rates had increased in the United Kingdom in tandem with those in the United States. That said, given the volatility in the market, it was not obvious that current forward curves were a fair reflection of market participants’ expectations.』

金利が上昇したのは米国の金融政策見通しの変化によるものが大きくて、まあUKの国債金利も米国の影響を受けて動くのは判るのだが、長期金利は兎も角短期金利が上昇して英国国債市場における先行きの政策金利予想パスが上昇するのは意味が分からんわどうなっとるんじゃヴォケとご認識です(^^)。

『Taken in isolation, this increase in interest rates represented an unwelcome tightening in monetary conditions that, were it to persist, would risk hampering the emerging recovery.』

つーことでUKの金利が上昇するのは「マネタリーコンディションの歓迎できない引締め」であり、これが継続すると英国経済の回復が始まっている傾向に対する阻害となるリスクがあるとかキタコレでありまする。ってまあこの部分は声明文で示されていましたけどね。

『Given that, the Committee agreed that it was important to communicate that the implied rise in the expected future path of Bank Rate had not been warranted by the recent developments in the domestic economy.』

つーことで、MPCは現在の市場における先行きの政策金利予想パス(上記の話)が現在の英国経済の状況に対して正当化できない(had not been warranted)となという事で、要は「市場の予想する政策金利パスを下げたい」という話。


・フォワードガイダンスの導入に関して

第26パラグラフになります。

『The latest remit letter to the MPC from the Chancellor had requested that the Committee provide an assessment, alongside its August Inflation Report, of the case for adopting some form of forward guidance, including the possible use of intermediate thresholds.』

英国財務相からのご依頼って奴ですかそうですか。

『This analysis would have an important bearing on the Committee’s policy discussions in August, although there was no presumption that this would go hand in hand with a change in the policy stance.』

8月インフレレポートに向けて検討を重ねるようで。

『Against that backdrop, the Committee considered the case for additional monetary stimulus at this meeting.』

で、その一方で今回追加緩和をするかというお題があったのですが・・・・・・・・・・


・資産買入拡大不要論の中で「プロコン比較」のメンバーが示されている件について

第27パラグラフが今回の白眉。

『For most members, the current policy setting was appropriate and the onus on policy at this juncture was to reinforce the recovery by ensuring that stimulus was not withdrawn prematurely, subject to keeping inflation on track to hit the 2% CPI inflation target in the medium term.』

早期の緩和縮小はしませんというのはまあそらそうやろ。

『The recent rise in market interest rates, were it to be maintained, would represent such a premature withdrawal, but the proposed statement from the Committee should help to prevent that.』

でまあ市場が早期緩和縮小で先走った事に対して今回の声明文では抑制できるでしょうと。

『Developments on the month had signalled that the recovery was becoming more firmly established, with further rises in business survey indicators of activity and employment, signs of a greater willingness to spend on the part of consumers, and a continuing recovery in the housing market. The current rate of growth was not yet sufficient to begin to close the economy’s margin of spare capacity, but there was reason to believe that the recovery might gain pace in the second half of the year as confidence improved. There had been little news about the near-term prospects for inflation, which would remain well above the target for some time to come, and the downside risks to pay growth had diminished. Productivity growth continued to be weak and, given the impairment of the financial system, it was by no means clear that productivity growth would match any recovery in demand.』

景気回復の状況は良くなっているものの、その水準とかはまだまだ経済のスラックを解消するには至らず、物価に関してはそんなに上がらず、生産性の伸びは相変わらず弱いということで、まあ景気回復過程にはあるもののその勢いとか水準はダメダメですよねという話。

『For some of these members, asset purchases remained an effective tool with which to inject more stimulus, although an expansion in the purchase programme was not warranted at this meeting.』

『But for others, the benefits of further asset purchases were likely to be small relative to their potential costs. In particular, further purchases could complicate the transition to a more normal monetary policy stance at some point in the future.』

ということで今回ここがほほうという所なのですが、資産買入の拡大が不要という人の中でも見解が分かれていて、資産買入の拡大が今後も追加緩和には有効だが今回はその時期では無い、という人もいるのですが、その一方で「プロコン比較をした場合、特に将来の正常化を考えた場合に、これ以降の資産買入拡大はその効果よりも潜在的なコストの方が高まっている」という指摘をしている人がいるというのが今回の白眉。

つまりですね、米国のオープンエンドQE3の買入規模縮小の議論でもそうなのですが、タカ派と言われるラッカーとかスタインとかの経済見通しって別に強い訳では無くて、じゃあ何で縮小論を唱えるのかというと基本的にプロコン比較でこれ以上のバランスシート拡大は効果よりも潜在的なコストが大きい、特に正常化過程の阻害になる、という話をしている所と思いっきりオーバーラップする話でもありまして、まー方向性としてやはり「量で勝負」からの脱却モードに英国もなっておりますなってえ所で、非伝統的金融政策の方向性が日本だけ別ですが、量から時間軸という方向になっているという事なんでしょうかねという風に思いましたですよ、はい。


・追加緩和が必要だけれどもまあ今回はフォワードガイダンスの話があるしバランスシートも大きいしという見解

第28パラグラフから。

『For the other members, further stimulus was warranted.』

mostメンバーは追加緩和不要でしたが、他のメンバー(複数)は追加緩和必要という事ですが、そらまあ前回3名(うち1名はキング総裁)が資産買入拡大を提案していたので。

『Domestic activity was recovering as quickly as envisaged in the May Inflation Report, but the pace remained too slow to begin to close the economy’s margin of spare capacity. Moreover, there remained significant headwinds to growth in the United Kingdom, including the effects of the fiscal consolidation, risks from the euro area and an impaired banking sector. Although the impact of administered and regulated prices meant that inflation was above the target, upward pressures on pay and profit margins were weak, and an expansion in demand would probably initially be associated with a strengthening in productivity growth rather than higher costs. Indeed, if faster growth in demand boosted productivity sufficiently, cost pressures could even be lower. Commodity prices were lower and the downside risks to them had increased with the slowing in emerging economies.』

国内経済は回復基調になるものの、水準はうんこだしリスクは色々とあるし、一方で物価上昇圧力はここから経済回復がより強めになっても低い訳だから追加緩和は必要でしょという事ですな。

『An expansion of the asset purchase programme remained one means of injecting stimulus, but the Committee would be investigating other options during the month, and it was therefore sensible not to initiate an expansion at this meeting.』

よって追加緩和が必要だけど、まあ今回はフォワードガイダンス導入の話がありますから良しとしますかと。

『Given the already large size of the asset purchase programme, there was merit in pursuing a mixed strategy with regards to the different policy instruments at the Committee’s disposal. The Committee’s August response to the requirement in its remit to assess the merits of forward guidance and intermediate thresholds would shed light on both the quantum of additional stimulus required and the form it should take.』

でまあここもほほーなんですが、BOEのバランスシートが既に大きくなっていることもありますので、他の手段も考えていくというのも重要であって、フォワードガイダンスのスレッショルドの検討などもしていきたいとゆーことで、追加緩和が必要と言うメンバーでも必ずしも「量で勝負」一本槍でもないというのも中々味わいがあるというものです。

#まあその一方でジャパンの場合は・・・・・・・・・・・(^^)
 


今朝のどらめもん サーバートラブルでご迷惑をおかけします   2013/07/19(金)08:02:21  
  http://ameblo.jp/fpeye  


今朝のどらめもん サーバートラブルでご迷惑をおかけします   2013/07/18(木)08:02:24  
  http://ameblo.jp/fpeye  


今朝のどらめもん サーバートラブルでご迷惑をおかけします   2013/07/17(水)08:03:29  
  http://ameblo.jp/fpeye  


お題「消費税増税関連小ネタ/今回の総裁会見はまあ普通/ブンデスバンククオリティオソロシス」   2013/07/16(火)08:02:13  
  先週あまりにも暑くて(@東京)ヘロヘロでしたので連休で助かりました・・・・・というくらい暑くなると個人消費って本当に「猛暑効果」になるんかいな????

○消費税増税に関する浜田参与発言とな

こんなん出てましたが。
[外部リンク] 5%の消費増税、日本経済へのショック大きい=浜田内閣官房参与
2013年 07月 14日 08:15 JST

『[東京 13日 ロイター] - 安倍晋三首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一・米エール大名誉教授は13日、2015年度までに現行5%の消費税率が10%まで段階的に引き上げられる計画になっていることについて、5%の消費増税による日本経済へのショックはかなり大きいと語った。都内で開かれたセミナーで述べた。』(上記URLより、以下同様)

確か木曜に名古屋で同じような講演をしていたと思いますが、消費税引き上げに浜田先生が慎重となという事で、まあ従来からそういう話をしていたのでそう来るなあとは思いましたが。

『政府は現在の5%の消費税率を来年4月に8%、2015年10月に10%に段階的に引き上げることを計画している。これに対して浜田氏は「政府の公式見解ではない」と前置きしたうえで、2年後に消費税率が5%上昇することの日本経済へのショックは「かなり大きい」と指摘。』

ふむふむ。だったら円安ドライブのコストプッシュでインフレを2%いやまあどうでも良いです。

『そうしたショックを軽減するための補正予算編成など財政措置は「変動相場制の下では財政は効かないので期待すべきでない」とし、「法人税制で刺激するのがいい」との見解を示した。』

あたくし頭が禿しく悪いのでさっぱりワカランチ会長なのですが、「変動相場制の下では財政は効かない」のに「消費税増税のショックがかなり大きい」という理屈はどうなるとそうなるのでしょうか。「財政措置が効かない」んだったら「マイナスの財政」の増税も効かないと思うのですが何でそうなるんでしょうマジで判らん。消費増税が消費性向の高い所に悪影響とかいう話だったら再配分の問題ではないかと思うのですが・・・・・・・・・・

ま、いずれにせよ判断するのもうちょっと先の話らしいですけどね>消費税増税


○総裁定例会見:今回の会見の特色は特色がないことですな(^^)

[外部リンク] 最初にその質疑があったのね。

『(問) 米国の金融緩和縮小が世界経済に与える影響について、ご見解をお聞かせ下さい。特に、新興国の懸念が強いことを踏まえて、来週のG20会合でどのような議論が行われる見通しかも含めてお聞かせ下さい。』

『(答) 米国において、FRBの資産買入れの縮小が議論され始めた基本的な背景には、米国経済が緩やかながらも着実に回復を続けていることがあり、それ自体は、新興国も含めて世界経済全体にとってプラスであると考えています。また、FRBが資産買入れペースを調整していく前提として、緩やかな成長の持ち直しに支えられた雇用情勢の改善継続を挙げています。ご指摘のように、国際金融資本市場では、このところ、やや神経質な局面もみられましたが、FRBの政策意図については、徐々に市場参加者も含めて幅広く理解が深まってきているように思います。いずれにせよ、こうした金融政策の動向が、新興国を含めた国際金融資本市場にどのような影響を与えるかについては、引き続き注意深くみていく必要があると思います。(G20云々は割愛)』

ということですので、まあ話としては現状の市場動向に関するコメントをしている訳でして、そんなに妙ちくりんな話では無かったのでございましたが、金曜にネタにしたようにヘッドラインの打ち方的には「そもそも世界の金融政策にボラティリティを最初にまき散らしたの誰だかというのを棚に上げてお前が言うな」的な印象を与えるヘッドラインだったりしますな(--)、まあ米国の影響ガーという話をしている訳では無いからその点では自分の話を棚に上げて云々という話では無いのだが。


・中国リスクがどうのこうのの件

次の質問は中国に関する質問。

『(問) 中国の金融システムに対する警戒感が高まっていますが、いわゆる「シャドーバンキング」の問題が抱えるリスクや、中国経済の先行き、日本経済に与え得る影響について、どのようにみておられるか、ご所見をお聞かせ下さい。』

前回の定例会見ではアジア経済についてやたら自信満々で、この前までADB総裁だったこの俺様が言うんだから大丈夫みたいな印象を与えて下さっていましたが今回はと申しますと・・・・

『(答) このところ、中国経済についての議論が色々と行われています。ご承知のように、中国の政策当局は、成長の「スピード」よりも「質」を重視するスタンスを明確にしてきており、その一環として、信用についても、「安定的で適度な増加」を目指しています。従って、信用が急速に拡大し過ぎることについては、これを是正する方針を打ち出しているわけです。その際、いわゆる「シャドーバンキング」についても、規制の強化を行うなど目配りしているのが現状だと思います。』

さいですな。

『政府は、金融のみならず、各種の政策において、先程も申し上げたように、成長の「スピード」よりも「質」を重視する政策を進めています。数年前と比べると、成長率が低めであることは事実ですが、安定していることもまた事実です。最近公表されたIMFの新しい経済見通しでも、2013年の成長率は、若干、下方修正されたようですが、7.8%という数字であり、中国経済が安定した高い成長を続けるという見通しは変わっていません。経済の内容を色々な統計でみても、個人消費は引き続き堅調ですし、投資も前年比2 割増くらいのテンポで増加しているなど、中国経済の先行きについては、内需を中心に安定した成長を続けることが十分に見込めると思います。』

はあそうですか。

『ただ、政府は、構造改革も含めて、色々な政策を打ち出してきていますが、それらについての市場その他における受け止め方に、まだ不確実性が残っていることも事実です。従って、中国経済の動向は、十分注視していきたいと思います。また、中国は、今や世界第2の経済大国になっており、ご指摘のように、日本経済を含めて、アジア経済や世界経済全体に対する影響も大きくなっていますので、当然、それらの影響についてもよくみていきたいと思っています。』

ということで、まあさすがに今回はそんなに進軍ラッパではないという所でこれまた普通の見解であったりするのですな。


・まあ展望レポート中間レビューのMPMを入れる時期がアレでしたな

当然ながらこういう質疑がありまして・・・・・・・・

『(問) 2 点伺います。今回、「回復」という言葉を使うのは2 年半振りということですが、日銀としては、ある意味、「景気回復を宣言した」という見方でよいのか教えて下さい。加えて、現在は参議院選挙期間中ですが、安倍政権が掲げてきた金融緩和の功罪も選挙の争点になっています。その中で「回復」を打ち出すことは──もちろん、日銀として独自に判断したのだと思いますが──、ある意味、政権を後押しすると受け取られる懸念もあると思います。そういう点は考えなかったのかについても、お聞かせ下さい。(2点目割愛)』

まあ何ですな、参議院選挙が実施されるのは前から判っていた話(投票日は判らんけど)なのですから、MPMの日程をもっと月末に寄せるか月初に前倒ししておいた方が良かったのではないかと思いますが、まさかこの日程決める時に世の中がこうなっていたとは思わなかったでしょうというのは有りますけど、3年後のMPM日程決める時には時期をもう少し配慮した方が良いんじゃネーノという気がするのでありました(8月MPMがお盆を外す関係で7月MPMをあまり変な時期に置けないというのは判るのですが)。

『(答) 公表文にも明確に示されている通り、「わが国の景気は、緩やかに回復しつつある」ということに尽きます。この判断については、当然のことながら、政策委員会で議論し、この公表文について全員一致で賛成しているわけであり、政治的な云々ということは全くありません。従来、景気の動向に従って、色々な言い方をしてきたことと平仄は合っています。最初に申し上げた通り、色々な指標がほとんど全て上方に向かって見直しされています。従って、「わが国の景気は、緩やかに回復しつつある」ということは、明らかに様々な経済指標から素直に引き出せる結論であろうと思っています。』

まあそう答えるわな。しかし生活意識アンケートで「中立の立場で政策が行われているように思えない」という回答が急増したというのが公表された直後にこれというのが実にこう心温まるものがある訳で^^;


・コアCPIとコアコアCPI

これは良い質問。

『(問) 2 点質問します。1 点目は、物価についてです。コアのCPIはマイナスを脱却しましたが、実際には、為替や一次産品価格のコストプッシュ的な側面も強いかと思います。コアコアのCPIは依然マイナスですが、コアコアの方に、日本経済の体力の実力が現れているという見方もあると思いますが、総裁のご所見をお願いします。(2点目は次に)』

『(答) 1 点目については、以前にも似たご質問にお答えした記憶があります。物価の動きをみていく場合には、色々な指標があり、消費者物価についても、「除く生鮮食品」あるいは、おっしゃったような「コアコア」という、食料・エネルギー関連を除いたものもあるわけです。重要なことは、どのようなトレンドで物価が動いているかです。』

さいですな。

『生鮮食品の場合は、天候その他、ごく短期的な事由に左右されて動くので、それを除いてみることには十分合理性があると思います。コアコアも一定の合理性があるとは思いますが、以前にも申し上げた通り、食料品やエネルギー関連まで除いてしまうと、消費者支出のバスケットの3 分の2 ぐらいしか代表しない、つまり、3 分の1 ぐらいが落ちてしまうため、消費者の体感する動きとやや離れるという問題もあるわけです。』

コアコアにすると只でなくさえ高い帰属家賃のウェイトがアホのように高くなりますしねえ。

『私どもとしては、従来通り、生鮮食品を除く消費者物価指数でみていくのが適当とは思いますが、その他の指標も、当然、考慮することはあってもいいと思います。また、消費者物価指数だけではなく、企業物価指数や輸入物価指数など、その他の指標も当然みていくことに変わりはありません。(後半は次に)』

他にも刈込平均とか色々な見方があるので、その辺を勘案して総合的に判断すべきものであって、何らかの一つの指標を「これ」として絶対的に扱うのが必ずしも正しくないという説明ですな。まあ極めて普通っすな。


・財政再建絡みの質疑キタコレ

さっきの質問の後半部分。

『(問)(前半は先ほど)2 点目は財政再建絡みです。IMFのブランシャール氏が、先日、アベノミクスの行方について、2 つ目のリスクとして指摘をしています。具体的には、「抜本的な構造改革が反映されなければ、投資家が持続性を懸念し、より高い金利を日本国債に求める」と指摘されたことについて、総裁のご所見をお願いします。』

『(答)(前半はさきほど)2 点目は、私どもとしても、財政の健全性が確保されなければならないと思っています。現状、日本の財政は、OECD諸国の中で最も深刻な状況にあるので、これを再建することが不可欠であることは間違いありません。財政の健全化が進まなければ、市場から信認されず、金利が上がる懸念もあり得るわけです。従って、政府において、十分にこの懸念を考慮し、財政再建を着実に進めていく必要があると思っています。』

(;∀;)イイハナシタ゛ナー

『ちなみに、ご承知の通り、1 月の共同声明でも、政府は、その点を明確に示しています。また、最近のいわゆる「骨太の方針」の中でも、財政の健全化について、2015 年度までにプライマリー赤字の対GDP比を2010 年度と比べて半減、2020 年度までにプライマリー赤字を解消して黒字に持っていくことが明示されており、近々、中期的な財政再建計画も決定されると聞いています。IMFのブランシャール・チーフエコノミストの懸念はよく理解できますし、私も、潜在的にそういうリスクがあるとは思っていますが、今のところ、日本政府は、その懸念を理解して、財政健全化に向けた努力をしようとしているとみています。』

わざわざこの説明を付け加えているのがへーという感じですな。いやまあそもそも政府がちゃんと財政健全化に向けた取り組みをするのが銀行券ルールの停止の条件ですから、話の前提が全て崩壊するんで当然の発言ちゃあ当然の発言なのですけれどもね。


・長期金利に関して

『(問)(前半割愛)2点目は、長期金利についてです。先月の記者会見では、ボラティリティが既に安定してきており、新たなツールを導入する必要はない、ということでした。米国の金利が上がってきている中で、日本の長期金利のボラティリティは引き続きそれほど大きくなく、金利水準も0.8%台ですが、日銀のオペが十分効いているのかどうかについて、今の金利水準も踏まえてご所見をお願いします。』

『(答)2 点目の長期金利については、ご指摘のように、このところ景況感が改善し、物価上昇期待などが高まる中でも、極めて安定しています。また、米国の量的緩和からの出口に絡んで資産買入れ政策が議論され、米国や欧州の金利がかなり上がっている中でも、日本の長期金利は安定し、ボラティリティも低下しています。これは、基本的に、毎月大量の長期国債を購入する──年間で保有残高が50 兆円のペースで増加する、すなわち毎月平均7 兆円を超える長期国債を購入する──ことによるリスクプレミアムの下押し効果が、かなり効いていると思います。この下押し効果は、今後とも累積的に強まっていくと思っています。』

リスクプレミアムの下押し効果なのでは無くて単に「そして誰も居なくなった」だけのような気はするんですけどね。まあどうしても売りたいという人が相応の規模で出てきたら無理っしょ。

『ボラティリティの抑制については、長期国債オペに関する市場関係者との対話、様々な意見交換を行ってきたほか、オペの運営をかなり弾力化したことも、一定の効果を持っていると思います。今後とも、この両面で引き続き努力していきたいと思っています。』

ということで、まあイマイチ判ってい無さそうな気がしますが、ただまあ5月のように「景況感が改善するに伴い金利が上昇するのはある意味自然」みたいな台無しにも程がある余計な発言をしなくなった分だけだいぶ改善の跡が見られますな、うんうん。


・願望レポート質問とな

ワロタ。

『(問) 先程、「複数の委員が物価の見通しについて慎重な姿勢を示された」とおっしゃった点について、差し支えない範囲でもう少し補足して下さい。また、物価見通しの中央値が下がった点について、改めて、物価目標2%というのは、達成可能で現実的な目標なのか、総裁のお考えをお聞かせ下さい。一部の市場関係者の間では、展望レポートのことを日銀の「願望レポート」と揶揄する声もあるようですが、2%というのは現実的な目標なのか、それとも日銀の願望なのか、どちらなのでしょうか。』

一部じゃなくて・・・・・・・・(^^)と言うか別に揶揄している訳では無くて大真面目に「願望でしょ」と思っているような気もしますが。

『(答) 結論を申し上げれば、「展望レポート」は、まさに「展望レポート」であって、日本銀行の政策委員会メンバーの予測であることは間違いありません。』

ほほう。(キリッ)って感じですが。

『ただし、その予測の前提として、どのような政策効果を見込んでいくかということが入っています。従って、市場関係者の見通しと政策担当者の見通しが乖離することがあるのは、別におかしなことではないと思います。』

いやあのそれが願望・・・・・・・・

『私どもとしては、2%の「物価安定の目標」を、2 年程度の期間を念頭に置いて、できるだけ早期に実現するために、必要にして十分な政策を採ったと思っています。今後、その上下のリスクに応じた対応は必要になるかもしれませんが、2%の「物価安定の目標」は、十分に達成できると考えています。』

その根拠の説明が無いのですが(いやまあ展望レポートには気合だ気合だと書いていますけど)。

『ただ、複数の委員は、4 月の展望レポートの時も比較的慎重な見方をしておられたわけですが、その方々は、今回も引き続き慎重な見方をしておられるということです。何度も申し上げますが、この見通しの幅や中央値を見て頂いても分かるように、政策委員会メンバー全体の基本的な見方は変わっておらず、大方の委員は、2015年度、すなわち見通し期間の後半にかけて、2%近傍に達する可能性が高いとみているということだと思います。』


・ではフィリップスカーブは??という質問

この質疑の次に良い質問がありましてですな。

『(問) 4 月の展望レポートで、2 年程度で2%の物価上昇率を実現するためには、単なる需給ギャップの改善だけではなく、いわゆるフィリップス曲線そのものをアップサイドシフト、すなわち、従来よりも小さな需給ギャップの改善で物価を上げられるような状態に持っていく必要があるという論理を展開され、そのためには、期待インフレ率が高まることが必要だというロジックを展開されたと思います。今回、中間評価なので、4 月時点のこの想定を踏まえて、景気判断の中で「予想物価上昇率については、上昇を示唆する指標がみられる」という判断を示されたわけですが、いわゆるフィリップス曲線の上方シフトというものの兆しがある、あるいはその可能性が高まっているという判断をお持ちなのかどうか、その点についてお考えをお聞かせ下さい。』

つーかですな、さっきの質疑の際にこの質問の趣旨に沿った説明をしないと単に「行くから行くんです」と説明しているようにしか見えないので聞かれる前に説明したらと思うのだが。

『(答) 修正フィリップス曲線の理論的枠組みは、一定の期待インフレ率を前提にした場合の曲線の形状であり、期待インフレ率が上昇すれば、バイ・デフィニションで(定義により)、その曲線が上方にシフトするわけです。要するに、期待インフレ率が上昇しているかどうかをみれば、フィリップス曲線が上昇していることが間接的にみてとれます。フィリップス曲線は、理論的なフレームワークであり、目に見える形でそこにあるわけではないので、色々な形で推計しています。』

『期待インフレ率についても、色々な指標──色々なアンケート調査、市場のデータなど──があり、それらをみると、明らかに上昇しています。』

そ、そうなんですか。

『この点を踏まえると、理論的な枠組みからいえば、フィリップス曲線がおそらく上昇してきているだろうと思いますが、「見通し期間の後半にかけて、2%近傍に達する」ためには、GDPギャップが縮小してプラスに転じることと、期待インフレ率が十分に上昇してフィリップス曲線が上方にシフトするという両方が必要です。失業率がこれだけ低下してきているので、GDPギャップもおそらく縮小してきていることは間違いないと思いますし、期待インフレ率も徐々に上がってきているということで、両面からそういう効果は出てくると思います。』

『単月の物価上昇率の動きは個々の要素によって影響されますので、ある程度トレンドをみていく必要があるとは思いますが、明らかに消費者物価の対前年同月比はマイナスからゼロになり、プラスになっていくと思っています。』

はあそうですかとしか申し上げようがございませんが、まあその辺の説明をもうちょっと詳しく会見の最初の部分とかでもやった方が良いような気もしますし、逆にボロが出るのでやっぱり気合の世界で済まるというのもあるかも知れませんが、徐々に「2年間」のケツが接近してくるに従ってこの辺の話はややこしくなるでしょうなあという所で。


#つーことで特色が無いとか言いながら延々と引用してしまったorzorzorz


○ブンデスバンククオリティキタコレ

海外ネタと言えば本当はFOMC議事要旨ネタなのですが、盛大に引用大会をしていたら時間がアレになって参りましたので別件の海外ネタ。

ドイツ連銀の英語版サイトはこちら。
[外部リンク] >No sea change in monetary policy communication
>No sea change in monetary policy communication
>No sea change in monetary policy communication

どう見てもドラギ総裁を後ろから銃撃しています本当にカムサハムニダ。

[外部リンク] No sea change in monetary policy communication
Munich 2013-07-11

『According to Bundesbank President Jens Weidmann, the comments of the ECB Governing Council on longer-term interest rate developments have not set a rigid course for the ECB’s future monetary policy.』

>have not set a rigid course for the ECB’s future monetary policy

それはそうなんだがドラギが色々と強調しているのを台無しにするブンデスクオリティワロタ。

『They do not lay out an "unconditional, fixed path for key interest rates", he said at the conference of the Bavarian Association of Cooperatives (Genossenschaftsverband Bayern) in Munich. "This forward guidance should not, therefore, rule out a timely rise in key interest rates if there are signs of increasing price pressures in the future", Weidmann explained.』

何もそこまで言わんでも・・・・・・・・・・

『The ECB Governing Council had not simply tied itself to a mast like a modern-day Ulysses, he said.』

セイレーンの歌の物語って前も見たことあるなと思ったらシカゴ連銀のエバンス総裁が(奇しくも)フランクフルトで以前フォワードガイダンスに関する講演してましたな。

[外部リンク] particular, I would like to see our forward guidance take a different form-one that explicitly ties liftoff in the funds rate to observable economic outcomes (You can think of this as a Ulysses-type forward guidance: We tie ourselves to the mast to avoid the siren calls of premature tightening.)』なんてえのがありましたのですが、この辺でネタにしました^^;

更に続く。

『According to ECB President Mario Draghi, the Governing Council expects the ECB key interest rates to remain "at present or lower levels for an extended period of time". At the conference in Munich, Weidmann emphasised that this statement did not constitute a change of strategy.』

>this statement did not constitute a change of strategy
>this statement did not constitute a change of strategy
>this statement did not constitute a change of strategy

・・・・・・・・・・ドラギ総裁を後ろから銃撃というよりは最早殲滅しているように見えますが。

『 "It is an attempt to explain our monetary policy stance even more simply and clearly - so that it is understood, as far as possible, by all market participants", he said. Weidmann added that the comments were intended to provide more monetary policy guidance in times of heightened uncertainty.』

そうなのか・・・・・・

『Weidmann believes that the sustained period of low interest rates holds the risk of side-effects. "It leads to the temptation to delay reforms and necessary structural changes", he said. Weidmann stressed that risks to financial stability could also build up, while side-effects would also increase the longer the phase of low interest rates continued.』

長期間における低金利政策の弊害とかもうね・・・・・・・・・

でまあ後半は銀行同盟とかそっちの話のようですな。本ちゃんの講演はドイツ語みたいですな。これなのかな?
[外部リンク]
 


今朝のどらめもん サーバートラブルでご迷惑をおかけします   2013/07/12(金)08:04:28  
  http://ameblo.jp/fpeye  


今朝のどらめもん サーバートラブルでご迷惑をおかけします   2013/07/11(木)08:07:53  
  http://ameblo.jp/fpeye  


お題「材料待ちなので世間話と虫干しネタ」   2013/07/10(水)08:02:30  
  まあバーナンキの講演が材料になるのかは謎ですけどにゃ。

○そういえばすっかり相場雑談がございませんなあという雑談

あたくしの駄文なんですか自分が後で見る用という俺様理由によっててきとーに整理分類しているのですけれども(分類はてきとうで作業は人力)、分類していて思ったのですがここ数年は(諸般の事情?により)相場後講釈コーナーってそんなに多くは無かったのですけれども、今年の4-6はあまりにもそれが多くて普通半期でページを分けるのですが量が多くなるので四半期で分けたんですよね。

・・・・・・・・で、四半期で分けるほどの感じで推移していました債券市場様でございますが、良く良くてめえの駄文を見ておりますとああだこうだと書いていたのは概ね5月末位までで、6月って確かに相場は動いていたのですが、結局の所延々と10年0.8%台での推移が続くという流れでして、海外要因があった時は窓を開けてスタート→輪番のオファーで動く→輪番結果で動く、その他の時間は入札に向けたコンセッションと入札の日はその結果で動く、という展開ではあったものの、「大暴れするけどレンジワーク」という流れが次第に「何か投資家がろくすっぽ動かないのでどうにもこうにも」という風になっている、というのはまあそれこそあたくしなんぞよりもお詳しい方々が大量においでであると存じますので、実際体感的にどうよとゆー辺り親切な方教えてくらはいお願いしますお願いします。

でですな、公社債店頭売買動向とか見てても思うのですが、セカンダリーの売買が別に伴っている訳でも無く、輪番の順列組合せとかでヒョコヒョコと動く相場とかゆーよーに輪番依存状態になっている相場が達観するとウゴカンチ会長(雇用統計で債券おはぎゃー米国10年国債25bp売られた後の月曜の円債10年カレントは2毛5糸甘の0.880%で翌日謎の反発(あの戻りは何だったの?)して10毛戻った火曜の円債10年カレントは1毛5糸強の0.865%とかドンドン反応が弱くなって来ていて先生大変なの円債ちゃんが息を(ryという風情になる所が実にこう残念無念な所。

まーどこからどー見ても「日銀の買入効果で売りたい人の売りの吸収が進みましたけーのー」という状態ではあるので、輪番効果で最終的にボラティリティを低下させましたよとか言われるとはあそうですかという話になってしまう次第で、そのうち日銀からその手の分析ペーパーが出てきやがるのではないかという所なのですが、どうも何か違うんだよな〜というかそうじゃないんだよな〜感は拭えません。

つまりですね、足元では単に「売りたい人の売りを日銀が時間を掛けて吸収した事によって下を叩いて売る投資家がいなくなった」というだけの状態なのであって、その間に買入効果もあって流動性を低下させてしまって、マーケットメーカーの玉吸収力をすっかり落としてしまっているので、今度「どうしても売らないといけない人」が出てきた時に、その規模が大きかった場合に市場がそれを吸収できるのでしょうかというのは正直????であったりします。まあ足元ではそういう「どうしても売らないとマズー」みたいな人が居るとも思えず(つーか居たらもっとボラが高いわ)、一方で今の水準だともうちょっと金利上がったら押し目買いをしようとゆー人は人でいる(でも上を追っかけて買う訳では無いみたい)のでまあ達観するとサガランチ会長モードでもありアガランチ会長モードでもある、という状況のようですな。

とにかく「売買を伴っているものの市場のボラは低下」という訳では無く、単に流動性を殺しに行った結果として誰もいなくなってしまったのでボラが低下しているだけですので、いずれにせよ何かおっぱじまったらまたアチャーな事になって、前回(4月〜5月)対比でマーケットメーカーの流動性吸収(というか供給というか)能力が更に落ちていそうなので色々とアレな気はしますが、じゃあそうなる時は何が原因かっていうと「どうしても買わないと」または「どうしても売らないと」というような人がマーケットメーカーの許容範囲を超えた場合ですので、まあそんなケースってどういう時に起きますかねというのでもつらつらと考えながら頭の体操をする今日この頃でありまする、ってな雑談でありまして、だからどうだと言われると困るのですが・・・・・・・・・


んでもって短い方なのですが、最近はすっかり当座預金残高80兆円越え状態が板について参りまして、マネーストックの数字も誠に結構な数字になっているのですが、こちらはこちらでまた当座預金残高が増えているから市場金利が急低下でもするかというとそういう訳はまるでございませんで、カネの巡り自体はまあそんなに変わりませんし、CPのレートは(日銀買入対象外になる当座預金取引先が発行する銘柄は別として)まあ見事に0.10%〜0.11%のクソ狭いレンジに収斂しているし、おまけに発行体の格付けとかによる差も(格付けが思いっきり低いケースを除いて)ろくすっぽ無いという市場の価格発見機能ってなんでしたっけ状態になっている状況。レポの金利も動きませんし短国の金利はまあ動くには動きますけれども、最近は何だかんだ言って0.09〜0.095位でうだうだしているということで、まあこっちもこっちでウゴカンチ(一時ドルのベーシススワップ関連で金先が叩かれたりしたことはありますが結局一時的要因に終わったようで)会長という風情でありまして、もう何だかねという所。

まー短期に関しては現実問題として当座預金残高80兆円というものがどどーんと鎮座ましますので、0.10%から上に金利が上がったら超過準備の永久凍土が急に溶けて動きだしますからボラが上がるとかいう話にはならないので、債券市場よりも貫録のウゴカンチ会長でありまして、まあこちらはそういうもんでしょうな。うんうん。


ということでダラダラと雑談を書き連ねたのですが、結論は正直無い。短期が動かないのはまあ良いとして、長期に関してはこれ単に市場の流動性が禿しく落ちているだけで、これをもって総裁様がドヤ顔で「債券市場は落ち着きを取り戻している」とか言い出すと債券市場の皆様が「まーた始まった」と脱力するのであまりコメントをしない方が良いと思いますけどね。


○決定会合プレビュー系

盛大にツッコミたいヘッドラインがあったのでプレビュー雑談である(^^)。

[外部リンク] 2013/07/10 00:00 JST

『7月10日(ブルームバーグ):日本銀行は10、11の両日開く金融政策決定会合で、政策運営を現状維持とする見込みだ。足元で景気が改善を続けていることに加え、金融市場で円安・株高基調が続き、長期金利も落ち着きを取り戻していることもあり、日銀が10月ころに追加緩和に踏み切るとの一時強まった見方はやや後退している。』(上記URLより)

・・・・・・・・・・orz

えーっと、現在の金融政策の最大の看板は「2%の物価上昇目標を2年で達成する」でありますので、円安株高基調が続き長期金利が落ち着きを取り戻しているから追加緩和をしない、という見方はそもそも政策ロジックという観点からすると盛大に斜め上の理由だと思うのですけれども何なんでしょうね、と詳しい中のコメントを読まずに(というのは大げさで一応斜め読みはしているよん)小一時間問い詰めたい所です。

どちらかと言いますと足元では物価の方に関して、とりあえず円安で輸入コストがどうのこうのだのの影響でプラスの0%台半ばくらいまでは行くのだろうけれども、その先に関してはどうも伸びそうもないんだけど大丈夫かみたいな話の方が増えてきているとあたしゃ理解しているのですけれども、まあ間違いだったらゴメンナサイなのであまり小一時間とか偉そうなことを言うのも何ですけれども、「物価目標2%の2年間での達成」の先行きが怪しくなってくる可能性が高まってくれば普通に展望レポートの改定となる10月に「何らかのアクションを取らないと都合が悪くなる」というリスクが高まって来るので、それは追加緩和観測が高まる方向になると思うのですけれども。

いやね、物価上昇のペースが思ったよりも強くなっていて、インフレ期待が目に見えて上昇しているんですよというのであれば、だからこそ10月の追加緩和なんかございませんですよウェーハッハッハというのであれば話は分かるのですが、景気改善はともかくとして株高と長期金利が落ち着いているから追加緩和の可能性が後退というのはそもそも変だろと思いますけれどもちょっとヒアリング対象見直した方がエエンデネエノという気はしましたぞ。


という悪態は兎も角として、まあ金融緩和の方法という意味では日本以外に関しては明確に「低金利政策の長期化というフォワードガイダンス」という時間軸政策を強弱の違い(というかECBの場合はただのやるやる詐欺にしか見えないが)はあるにせよ中心に据えて、「中短期金利を確りアンカーさせることによって長期市場金利をすくなくとも上昇させない(BOEとECBは現状から下げようとしている)」というステージになっているのですが、その一方で日本は「量で勝負」の世界におりますな。

んでもってその時間軸勝負ですけれども、ちょうど直近でBOEとECBがまるで協調したかのように時間軸勝負に打って出たので、そうなると日銀も何かするのでしょうかねえという思惑が出ても不思議では無い(というか海外とかそういう発想をする人多いと思うの)のですけれども、まあ日本の場合はこの前も申し上げましたように、金融政策のステージが「物価目標というマンデートに全然行っていない」という状態なので他と状況が違うのでこれはこう成らざるを得ないですし、うっかり変な時間軸を設定しようとすると「2年、というかもう残り1年9か月ですけれども、2%の目標達成させる為に大量の量で勝負をしてたのに何で長期化という話になるんですかやる気あるんですか」という話になってしまうので、惜しくも理屈からして他の中央銀行と同様の時間軸勝負というのは出来ないような仕様になっております。

となった場合に、また海外が何か言うのかなあとか思ったのですが、良く良く考えたら海外の皆様におかれましてはTaperingの方が注目材料ですからBOJなんぞノーケアーなんですかね(^^)。


まあいずれにせよ、どうせ上方修正するんでしょうというのは読めますし、先行き見通しもオントラックで維持するんでしょうというのも読めるのですが、リスクは総裁会見で黒田さんが調子に乗ってまた要らん事を言い出す事でしょうな、うんうん。



○さくらレポートから少々、というか今更気が付いたが前回のレポートネタにしてないわorz

本当に少々ですけど。

[外部リンク] 地域からみた景気情勢』から。

『各地の景気情勢を前回(13年4月)と比較すると、8地域(北海道、北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、四国、九州・沖縄)から判断を引き上げる報告があった。各地域からの報告をみると、家計・企業マインドが改善するもとで国内需要が底堅さを増しているほか、海外需要も持ち直しに向かっていることを背景に、多くの地域から、「持ち直している」等の報告があった。この間、東北からは、「回復しつつある」と、前回からの変化はないとの報告があった。』

というのはご案内の通りですが、需要項目も基本的に全般強いという絵が。

『公共投資は、東北から、「大幅に増加している」、8地域(北海道、北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、四国、九州・沖縄)から、「増加している」、「増加しつつある」等の報告があった。』

『設備投資は、4地域(北海道、東北、関東甲信越、東海)から、「増加している」、「緩やかに増加している」等、3地域(近畿、中国、九州・沖縄)から、「持ち直している」、「持ち直しつつある」等の報告があった。また、四国から、「一部で弱めの動きがみられているものの、そうした影響を除いてみれば底堅さを増している」との報告があったほか、北陸からは「底堅く推移している」との報告があった。この間、企業の業況感については、多くの地域から、「改善している」等の報告があった。』

ということで設備投資や公共投資は改善と。

『個人消費は、消費者マインドの改善等を背景に、5地域(北海道、北陸、東海、近畿、九州・沖縄)から、「緩やかに持ち直しつつある」、「持ち直しの動きがみられている」等の報告があったほか、関東甲信越から、「底堅さを増している」との報告があった。この間、3地域(東北、中国、四国)からは、「底堅く推移している」、「横ばい圏内で推移している」等の報告があった。』

個人消費も上方修正されていますな。詳しくはこんな感じ。

『大型小売店販売額をみると、百貨店は、多くの地域から、高額品の販売が堅調となっているなど、「増加している」、「持ち直しの動きが広がっている」等の報告があった。一方、スーパーは、ほとんどの地域で、「弱めの動きが続いている」等の報告があった。』

実質所得が伸びない中での2極化現象のような気がするのは気のせいですよトリクルダウンですよトリクルダウン!!(棒読み)

『乗用車販売は、多くの地域から、「持ち直している」、「堅調に推移している」等の報告があった。』

ほう。

『家電販売は、スマートフォンや節電機能に優れた白物家電等が堅調であるものの、テレビやパソコンが低調であることから、多くの地域から、「低調に推移している」等の報告があった。一方、複数の地域から、「全体としては横ばい圏内の動き」等の報告があった。』

ふーん。

『旅行関連需要は、多くの地域から、「持ち直している」、「堅調に推移している」等の報告があった。』

ほー。


で、その他の需要項目。

『住宅投資は、3地域(東北、四国、九州・沖縄)から、「増加している」、近畿から、「緩やかに増加している」との報告があった。また、5地域(北海道、北陸、関東甲信越、東海、中国)から、「持ち直している」、「持ち直しが続いている」等の報告があった。』

『生産は、国内需要が底堅さを増しているほか、海外需要も持ち直しに向かっていることを背景に、北陸、東海から、「全体として増加している」、「増加傾向にある」との報告があったほか、5地域(北海道、関東甲信越、近畿、中国、九州・沖縄)から、「持ち直している」、「緩やかに持ち直している」等の報告があった。また、東北、四国からは、「下げ止まっており、持ち直しに向かう動きがみられている」等の報告があった。』

『雇用・所得動向は、多くの地域から、厳しい状況にあるものの、労働需給面を中心に「緩やかに改善している」等の報告があった。』

何かよく見ると「改善なのだが水準的には今一歩」っぽい気がするのですがそういう景気の悪い事は言わないで改善ヒャッハーと喜んでおきましょう(棒)。


・毎度の『II.地域の視点』コーナーは地方企業の投資行動

『II.地域の視点』というコーナーがあって、その時の話題というかトピックスをネタにしているのですけれども・・・・・・・・・

『事業・収益環境の変化を踏まえた地場企業の投資行動』というのがお題でして、

『1.企業の設備投資動向
2.最近の事業・収益環境の変化を踏まえた投資行動の特徴点
3.資金調達環境と今後の展望』

という小見出しになっております。1番と2番の冒頭部分だけ。

『各地域の地場企業の国内設備投資計画をみると、製造業では、なお慎重な投資姿勢を維持する先もみられるものの、売上・収益が改善しつつある中で、投資マインドが徐々に持ち直してきており、維持・更新や研究開発の再開・実施に踏み切る動きが徐々に広がりつつある。また、非製造業では、小売業やサービス業、運輸業などで店舗や拠点を新設する動きが強まっており、底堅さを増していくとみられる。このほか、成長が期待される分野への対応やエネルギー・防災関連投資も引き続きみられており、先行きの設備投資は、全体として緩やかな増加基調をたどる可能性が高まっている。』

ということで、動向と言う部分では今回のさくらレポート全体のトーンと同じくポジティブな見通し。

『製造業では、なお慎重な投資姿勢を維持する先もみられるものの、海外経済が徐々に持ち直しに向かっていることや為替相場の円安方向の動きに加え、これまでの経営体質改善の効果もあって、売上・収益が改善する企業が増えており、「これまでの我慢するスタンスから、チャンスがあれば前向きな投資を検討する動き」が出るなど、投資マインドが徐々に持ち直してきている。こうした中で、先送りしてきた機械等の維持・更新投資の再開、工場の移転・集約等を含む合理化・効率化投資や新製品開発のための研究開発投資の実施に踏み切る動きなどが、徐々に広がりつつある。』

ほう。で具体的な部分の引用はスルーしまして非製造業。

『非製造業では、消費関連業種において、高齢化の進展やライフスタイルの変化等に伴う消費者ニーズの変化への対応、都市部に集積する需要の取り込みを図るべく、既存の商圏や業態を超えた積極的な業容拡大を進める動きが強まっている。こうした中で、大手を中心とした競合他社や他業態の進出への対抗を意識して、地場企業でも市場シェアの維持や拡大を狙って出店・改装等の投資を積極化させている。』

『また、物流分野では、ネット通販の拡大や配送の小口化・迅速化への対応を進めるため、交通インフラの整備もあって、大型物流施設の新設などが大都市圏周辺でみられている。観光分野でも震災後の需要回復に加え、LCC就航等によるインバウンド需要増等の取り込みを狙った宿泊施設やレジャー施設の増改築が積極化している。このほか、医療介護関連、農林水産業関連など、今後の市場拡大が見込まれる分野での投資も引き続きみられている。』

と、まあそんな感じでトーンとしては威勢が良い話が続いています。中小企業の問題とかコスト時上昇の問題とかの指摘もありますがそこは引用割愛(全体的にはそれでも良いですよ的なまとめをしています、為念)。


惜しいのは3番目の小見出し部分でして。

『企業の資金調達姿勢をみると、設備投資を増加させる企業でも現時点ではキャッシュフローや手元流動性で対応可能な範囲内にとどめる先が多い。もっとも、金融緩和が進む中にあって、企業の資金調達環境は一段と緩んだ状態となっており、中には借入を伴う設備投資を行う動きもみられるなど、企業の投資行動を下支えする方向に寄与しているとみられる。今後、金融緩和の効果がさらに浸透していくもとで、設備投資の増加基調がより確かなものとなっていくことが期待される。』

ポートフォリオリバランス効果とか貸出増加施策ェ・・・・・・・・・・・などと良い子は言ってはいけません(キリッ)。

#ということで今日は雑談大会で恐縮でした
 

2017年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。