FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
稀にデイトレ&ほぼスイングサロン
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。



北浜の本社ビル1Fに証券カフェバー
Cafe FPeye がOPENしました。

北浜の証券カフェバー「Cafe FPeye(カフェ エフピーアイ)」
弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  

全部で 14件 の記事があります。(表示:1−14)


お題「昨日のパウエル講演ネタの追記ネタ的な何か/政井審議員福岡金懇から/FOMC議事要旨から」   2018/11/30(金)08:06:02  
  FOMC議事要旨があり地区連銀総裁の講演ありですが、昨日の話の続きから唐突に参ります。

〇昨日のパウエル講演ネタの続きというか何というか

昨日のパウエル講演の報道で物凄い勢いで気になったのですが、朝からいきなり細々調べられなかったので昨晩の夜なべ作業でちょっと調べた件があるのよ。

つまりね、
[外部リンク] / 02:36
米FRB議長「中立金利若干下回る」、利上げ終了前倒し示唆か

『[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は28日、政策金利は中立金利を「若干下回る」水準にあるとの認識を示した。』

『2カ月足らず前には、中立水準にはおそらく「程遠い」との見方を示しており、利上げ終了時期が早まった可能性を示唆したもようだ。ニューヨークで講演した。 政策金利は足元2─2.25%。中立金利は9月時点での推計レンジが2.5─3.5%。 パウエル議長は、物価安定と最大雇用のFRBの二大責務の達成に「近い」と述べ、米経済見通しには「多くの好材料」が存在するとの見解を示した。 FRBは「底堅い」成長が続き、低失業のほかインフレが目標の2%近辺と見通す中でも、経済指標を「非常に」注視していると説明した。』(上記URL先より)

ってのあったじゃん。ただこの時にそんなにネタになったっけとか思いますと、確かにSEPとか受けて中立金利よりも高い水準まで利上げするかもしれまへんで的な話は(FOMC後の会見で)していましたんで、まあ今回の講演は9月FOMC以降しばらくの威勢の良さからはトーンダウンしているのは確かなんですけど、ベースラインの話って前日のクラリダ副議長とそんなに変わらんのではないかとか、そもそもが2.75-3.00が中心なのに「程遠い」って言うかいなと思ってちと調べてみたんですよ。

でまあセントルイス連銀のお役立ちページ
[外部リンク] 02, 2018
Monetary Policy and Risk Management at a Time of Low Inflation and Low Unemployment
Chairman Jerome H. Powell
At the "Revolution or Evolution? Reexamining Economic Paradigms" 60th Annual Meeting of the National Association for Business Economics, Boston, Massachusetts

でもって「程遠い」云々のニュースってのはその次の3日の話でして、ニュース見ると題名がそのものズバリなのはCNBCのこちら↓でして、

[外部リンク] says we're 'a long way' from neutral on interest rates, indicating more hikes are coming

『In a question-and-answer session Wednesday with Judy Woodruff of PBS, Powell said the Fed no longer needs the policies that were in place that pulled the economy out of the financial crisis malaise.』

『"The really extremely accommodative low interest rates that we needed when the economy was quite weak, we don't need those anymore. They're not appropriate anymore," Powell said.』

『Interest rates are still accommodative, but we're gradually moving to a place where they will be neutral," he added. "We may go past neutral, but we're a long way from neutral at this point, probably."』(以上直上のHTML先となるCNBCウェブサイトより)

ブルームバーグだとこんな感じ。
[外部リンク] Says Fed May Lift Rates to Levels That Restrain Growth
・The U.S. is enjoying ‘positive set of economic circumstances’
・Rates probably still a long ways away from neutral level

(こちらはどうも記事10本までしかただで見れないらしいので引用は控えときます)

でして、物件は
[外部リンク] 03, 2018
Interview, The Atlantic Ideas Festival, Fed Chair Jay Powell: U.S. may be in a different era for workers’
wages despite economic gains
ってあるリンク先にあります、

[外部リンク] Chair Jay Powell: U.S. may be in a different era for workers’ wages despite economic gains
Oct 3, 2018 6:35 PM EST
のようなんですな。

でもって『Read the Full Transcript』ってのを見ますと、「"We may go past neutral, but we're a long way from neutral at this point, probably."」っていうのが無くて、音声も聞ける(トップのところが動画になっている)ので最初から最後まで(と言っても画面にあるように13分3秒ですが)聞いてみたんですが、『Read the Full Transcript』に書いてあることと同じ(「is」みたいなのが抜けている部分はあるけど)でして、金利に関する質疑って

『Judy Woodruff:

Now, let's talk about something - I guess your favorite subject, interest rates. Right now, it seems to me half the world is worried that you are raising rates too slowly. They say growth is so strong, the labor markets are so tight, inflation could take off.

The other half of the world doesn't want you to raise rates at all or as much as you are. They argue you are widening the inequality gaps that are already out there, that, as we have been discussing, wages are too low.

You obviously think you're threading the needle about right. But what makes you so sure?』

『Jay Powell:

So it sounds like we're doing something right.

I will talk about the two risks that you mentioned. So the first risk is that we - that we move too quickly and we prematurely end the expansion, and inflation never gets solidly back to 2 percent.

And that's always a risk at this point in the cycle, where the economy has been growing now for nine years. It's in its 10th year of growth.

The alternative risk is that we move too quickly - too slowly - sorry - and the - too slowly - and the economy overheats. And that can show up in the form of too high inflation or financial market imbalances and that kind of thing.

So you look at those two risks. So, for a long, long time after the financial crisis, the second risk wasn't a risk at all. We were far away from full employment and inflation was below target. So, we kept rates low for a long, long time. We kept them at zero for a long time.

And we had a lot of advice to move more quickly and raise interest rates. And I'm very happy we didn't follow that advice, because I think it benefited the country, benefited workers and their families.

So, now we have come to a situation where unemployment, as I mentioned, is close to a 20-year low and headed lower, by all accounts. And the really extraordinarily accommodative low interest rates that we needed when the economy was quite weak, we don't need those anymore. They're not appropriate anymore.

We need interest rates to be gradually, very gradually moving back towards normal.』(以上直上URL先のPBSウェブサイトより、以下同様)

(ちなみに動画だと6分58秒くらいから8分57秒くらい)

となっていまして、むしろ「And we had a lot of advice to move more quickly and raise interest rates. And I'm very happy we didn't follow that advice, because I think it benefited the country, benefited workers and their families.」とか言っているんですがとは思いますが、動画に出ていない部分で言ってる可能性はある(一つだけじゃなくて複数のメディアが報道しているので)かなあとか思うのは、この公開インタビュー(というか対談というか)の最初でJudy Woodruffさんが、『So, as we sit here on October 3, 2018, we seem to be in a Goldilocks economy.』といった後、最後の所でも、

『Judy Woodruff:
Meanwhile, we're in Goldilocks time.

Jay Powell:
Your words, not mine.
(LAUGHTER)』

とか思いっきり最初と最後に「ゴルディロックス」というパウエル議長の琴線に触れる煽り文句を入れておりまして(というかわざと煽っているんだと思いますが)、売り言葉に買い言葉で利上げトーンの強い発言をしている(けど編集が入っている)というのはあるのかもね、とは思います。

ちなみにアトランティックマガジン社のサイトですと、
[外部リンク] Atlantic Festival 2018
The Federal Reserve Chair Is Ignoring President Trump
Jerome Powell foresees the economy continuing to grow and isn’t concerned about what politicians say.
David A. Graham
Oct 3, 2018

ってなっていまして、こちらも「we're a long way from neutral at this point」な話は無かったりしますので、公式文書的なもの(というか確認可能なアーカイブというか)には残っていないという所になっております。


まあそれ以前の問題として、今般の講演の「just below」にしたって、

[外部リンク] 28, 2018
The Federal Reserve's Framework for Monitoring Financial Stability
Chairman Jerome H. Powell
At The Economic Club of New York, New York, New York

『Interest rates are still low by historical standards, and they remain just below the broad range of estimates of the level that would be neutral for the economy--that is, neither speeding up nor slowing down growth.』(昨日引用した時に外字部分が??になっておりましてすいませんでした)

「just below」と「of the level that would be neutral for the economy」の間に、「the broad range of estimates」ってのが入っている訳で、それは2.5%-3.5%になりますので、そらジャストビローだわさ、という事になりますが、もちろんその部分がサービスフレーズになる、というのは意識して言っていると思いますので、見せ方としてハトな見せ方をしよう、という意図はあるのは確かだと思いますが、「2.5%〜3.5%のレンジの下限からみたらわずかに低いと言っているが2.5%で利上げを止めるとは誰も行ってませんが何か?」とすっとぼけることは全然問題ない仕掛けになっているので、12月上げたら利上げ停止だヒャッハーみたいに盛り上がるのはさすがにやりすぎというか、昨日(というか書いているの夜なべなので今日ですが、笑)書いたように、これで利上げ打ち止めヒャッハーとか言って株とかクレジットとかが強くなってくるとまた盛大に水をぶっかけられるという図になるだけの話で、ただまあ金利が急騰したり株が暴落したりするのは困るから、適当にその辺はリスク資産市場の動向を見ながらリアクティブに水ぶっかけたりサービスフレーズ出してみたりの繰り返しになるんじゃないですかねえ。

ただまあ中立金利が近くなっているのは事実(そら利上げ継続してるんですから)なので、どこで利上げを止めるのか、または途中でペースを落とすのか、というのについてはちと頭悩ませているのかもしれませんですなあ、とは思うのでありました。まあ現状では3.5%とかそういう所まで上げる感じは出していない、というのはあると思いますけど。

#とこれだけ書いておいて一晩明けたらFOMC議事要旨で話が全然変わっていたら正直泣きます


〇YOUは何しに日銀へ??

[外部リンク] View on Current Conditions and the Economic Outlook』のケツのパラグラフから逆順に読んでみます(ので話の繋がりが読みにくくてすいません)。

ということで上記小見出しコーナーの最終パラグラフから参ります。

『Participants emphasized that the Committee's approach to setting the stance of policy should be importantly guided by incoming data and their implications for the economic outlook.』

先々の金融政策運営は新たなデータを見ながらどうのこうの、という話ですが以下出てくるのは一般的な話ではなくて今後の運営という話なのでまあ味わいがある。

『They noted that their expectations for the path of the federal funds rate were based on their current assessment of the economic outlook.』

皆さんの経済見通しに伴う金利見通しについてノートしたとな。

『Monetary policy was not on a preset course; if incoming information prompted meaningful reassessments of the economic outlook and attendant risks, either to the upside or the downside, their policy outlook would change.』

政策は事前に決められたコースで運営する訳ではないって話は一般的な話でもありますが、次にあるように割と具体的な話をしているっぽい。

『Various factors such as the recent tightening in financial conditions, risks in the global outlook, and some signs of slowing in interest-sensitive sectors of the economy on the one hand, and further indicators of tightness in labor markets and possible inflationary pressures, on the other hand, were noted in this context.』

ファイナンシャルコンディションのタイト化(ちなみに上の方のパラグラフでもその話isある)とか、金利上昇による影響とか、海外経済のリスクなどがマイナスというか利上げ遅らせる要因で、一方では労働市場の更なるタイト化とかインフレ圧力とかが利上げを早める要因と。

『Participants also commented on how the Committee's communications in its postmeeting statement might need to be revised at coming meetings, particularly the language referring to the Committee's expectations for "further gradual increases" in the target range for the federal funds rate.』

声明文の先行きの金利ガイダンス部分に現在ある、政策金利の"further gradual increases"を想定するという文言を削除するかどうかについての議論があったというキタコレですが、

『Many participants indicated that it might be appropriate at some upcoming meetings to begin to transition to statement language that placed greater emphasis on the evaluation of incoming data in assessing the economic and policy outlook; such a change would help to convey the Committee's flexible approach in responding to changing economic circumstances.』

多くの参加者は「この先の数回のFOMCの時点で」この文言を変更することによって、政策の柔軟性を確保することができると示唆した、ということでして、上の方に次回12月利上げは確定というのが明らかになっておりますので、そうなると3月だとあと3回、6月だとあと5回先になりますが、まあこの文言からすると、とりあえずは3%超までFF金利を上げてくるイメージになってなくて、財政刺激で景気上ぶれヒャッハーとかインフレ圧力が拡大するとか株価が盛大に上がるとかがあれば別で、その場合は正常化とは別件の「正常化した後の微調整」みたいな感じでの利上げってステージになるのかね、という感じでしょうか。

ただまあ何度も申し上げていますが(こちらでも上の方を見ると書かれているのですが)この時点では足元の状況としてファイナンシャルコンディションがややタイト化している、という認識を示して、それゆえ慎重化している、という面がありまして、このファイナンシャルコンディションってのが曲者でして、利上げ打ち止め感が強まるとヒャッハーと緩和されてしまうし、中立よりも上に金利上げまっせと来るとタイト化するという代物になるので、結果的には来年のFED高官からの情報発信って市場の動きに対してリアクティブにそれを止める方向(株高金利低下だとタカ発言、株安金利上昇だとハト発言)になって、一々振り回されるでござるの巻になりそうですな。

ということで最終パラでしたがその一つ前に戻る。

『Consistent with their judgment that a gradual approach to policy normalization remained appropriate, almost all participants expressed the view that another increase in the target range for the federal funds rate was likely to be warranted fairly soon if incoming information on the labor market and inflation was in line with or stronger than their current expectations.』

「almost all」の参加者は12月利上げを支持。

『However, a few participants, while viewing further gradual increases in the target range of the federal funds rate as likely to be appropriate, expressed uncertainty about the timing of such increases.』

『A couple of participants noted that the federal funds rate might currently be near its neutral level and that further increases in the federal funds rate could unduly slow the expansion of economic activity and put downward pressure on inflation and inflation expectations.』

2名が利上げ反対。利上げ論者の中でも次回ですーと決め打ちするほどの自信はないよというのが数名(a few)。


もう一丁前。

『In their discussion of monetary policy, participants agreed that it would be appropriate to maintain the current target range for the federal funds rate at this meeting.』

今回は据え置き。

『Participants generally judged that the economy had been evolving about as they had anticipated, with economic activity rising at a strong rate, labor market conditions continuing to strengthen, and inflation running at or near the Committee's longer-run objective. Almost all participants reaffirmed the view that further gradual increases in the target range for the federal funds rate would likely be consistent with sustaining the Committee's objectives of maximum employment and price stability.』

参加者は経済がオントラックで推移していて、今後も徐々に利上げをすることが適切であるとおおむね一致しました、とのことで、でもってさっき引用したように「あと数回したらfurther gradual increasesという文言には変更かねえ」という話をしているという事で、まあ要するにこれはクラリダ副議長、パウエル議長の先日来の講演と平仄取れている、というか講演の方がFOMCでの議論を受けて平仄合わせているんでしょうが。

という辺りまでが金利政策の話、その前に行きますよ。ファイナンシャルスタビリティの話が2パラほどある。


・ファイナンシャルコンディションとファイナンシャルスタビリティ

『Among those who commented on financial stability, a number cited possible risks related to elevated CRE prices, narrow corporate bond spreads, or strong issuance of leveraged loans.』

という風に始まっているように、この前のパラグラフもファイナンシャルなんとか、ということで前の方ではファイナンシャルコンディションの話をしています。でもって商業用不動産価格とか社債のスプレッドの低さとかレバレッジドローンの拡大とかが懸念されると何人かの委員が指摘していますな。

でもって話ちょっと逸れますけど、これって実は米国が利上げすれば済むかというと、実は大緩和している欧州や日本などからせっせと資金流入が行われていたりすると、その辺がザルモードになってしまうのではないかという気もするので、ファイナンシャルスタビリティで特にクレジットとかを気にするんだったら、実は欧州や日本に文句垂れた方が早いのではないでしょうか、とか何とか妄想をしてしまいました。

『A few participants suggested that some of these financial vulnerabilities might not currently represent risks to financial stability so much as they represent downside risks to the economic outlook; a couple of participants suggested that financial stability risks and risks to the outlook are interconnected. A couple of participants also commented on the upcoming release of the Board's first public Financial Stability Report and noted that the report would increase the transparency of the Federal Reserve's financial stability work as well as enhance communications on this topic.』

現状これらの問題が金融システム上の問題になるほどの大きさではないという認識ですが、問題が大きくなった場合には経済の見通しにも影響する話ですなあということで、昨日でたFRBのFSRでこれらに関する見方を示して世の中と認識を共有するのが重要なコミュニケーションポリシーの1つになるでしょう、と割とイイハナシダナーなお話っすな。

ではもう一つ戻ります。

『In their discussion of financial developments, participants observed that financial conditions tightened over the intermeeting period, as equity prices declined, longer-term yields and borrowing costs for most sectors increased, and the foreign exchange value of the dollar rose.』

ファイナンシャルコンディションについては、前回会合の時よりもタイト化しているとの認識。なおその要因は株価が下がったり長期金利が上がったり多くのセクターにおける借入金利が上がったり、ドル高になったり、ということですので、そらお前らが「財政刺激による景気上振れの可能性があるので、中立金利よりも上に利上げするかも知れませんぜグヘヘヘヘ」って情報発信するからそうなるんだろいい加減にしろこのマッチポンプ軍団、という所ではありまして、最近の所から一連の情報発信でゴルディロックスヒャッハーになったらまたポンプ車が登場するでしょうという読み筋はこういうリアクティブな反応を見てアタクシがそう思っている、という個人の感想ではありますがどうでしょうかね。

『Despite these developments, a number of participants judged that financial conditions remained accommodative relative to historical norms.』

とは言いましてもファイナンシャルコンディション自体はヒストリカルに見れば緩和状態とな。


でもってもう一つ前に戻ると経済の話のコーナーになりまして、先行きの不確実性とリスクの話のパラグラフになりますのでそこまで鑑賞しておきましょう。


・経済の上下リスクに関する記述を確認

『Participants commented on a number of risks and uncertainties associated with their outlook for economic activity, the labor market, and inflation over the medium term.』

ほいな。

『A few participants indicated that uncertainty had increased recently, pointing to the high levels of uncertainty regarding the effects of fiscal and trade policies on economic activity and inflation.』

財政と貿易戦争のテンションの影響が益々ワカランチ会長になってきたとの認識を数名(A few)が示す。

『Some participants viewed economic and financial developments abroad, including the possibility of further appreciation of the U.S. dollar, as posing downside risks for domestic economic growth and inflation.』

海外の金融環境とかドルの上昇が米国経済やインフレにダウンサイドリスクと数名(Some)が示す。

『A couple of participants expressed the concern that measures of inflation expectations would remain low, particularly if economic growth slowed more than expected.』

2名がインフレ期待って実はまだそんなに上がってなくて、もし成長が想定よりも減速したらアカンのとちゃいますかと指摘。

『Several participants were concerned that the high level of debt in the nonfinancial business sector, and especially the high level of leveraged loans, made the economy more vulnerable to a sharp pullback in credit availability, which could exacerbate the effects of a negative shock on economic activity.』

数名(Several)は非金融セクターの負債のレベルが高いこと、特にレバレッジドローンのレベルが高いことに関して、いったん事があれば巻き戻しでエライコッチャになるんじゃないでしょうかとの指摘(これは金融引き締めろ方向の話になる方ですが)。

『The potential for an escalation in tariffs or trade tensions was also cited as a factor that could slow economic growth more than expected.』

貿易戦争のテンションの高まりは経済成長を鈍化させるファクターですよね、とこれは何人かとかいうのが無いので、皆さんの同意できそうな(同意したとは書いてないけど)見解ですと。

『With regard to upside risks, participants noted that greater-than-expected effects of fiscal stimulus and high consumer confidence could lead to stronger-than-expected economic outcomes.』

次にアップサイドリスクの話になっておりまして、財政刺激効果が想定以上に出ること、より高くなっている消費者信頼感が経済を想定以上に引き上げる可能性が指摘されています。こちらはおおむね一致の見解という感じで。

『Some participants raised the concern that tightening resource utilization in conjunction with an increase in the ability of firms to pass through increases in tariffs or in other input costs to consumer prices could generate undesirable upward pressure on inflation.』

数名(Some)の参加者は経済の稼働状況がタイトニングしている中において、追加関税やら投入コストの増加が価格に転嫁されることによって、望ましくないインフレ上昇圧力を発生させうる点を懸念しているとな。

『In general, participants agreed that risks to the outlook appeared roughly balanced.』

ということで、以上を勘案してリスクはバランスということになっているのですが、分量的に下振れの方が大きくないか???という感じもだいぶするんですが、確かにファイナンシャルコンディションから来る部分って利上げ加速観測が後退したら緩和される部分でもあるので、まあどうなんでしょとは思いますが、今回はこの上下リスクを細々書きましたなあという感じです。


・短期市場金利のコントロールに関して(別のコーナーになります)

でもって実は今回のFOMC議事要旨なんですが、もうちょっとじっくり読めるかなあ(夜なべ効果による)とも思ったりしてたのですが、最初の部分に思いっきりこれは孔明の罠(でも何でもないのですが)があって、『Long-Run Monetary Policy Implementation Frameworks』というそんな餌に俺様が釣られクマーという小見出しがあって盛大に釣られて読みふけってしまいまして、お蔭で『Participants' View on Current Conditions and the Economic Outlook』の読み込みが平常運転になるという有様。

でですな、この話がかなりマニアの皆さんには面白い話(裏を返せば別にマニアじゃない人が読んでも「ソーホワット?」って代物)になるのですが、これをやっているとどこからどう見ても時間が足りなくなるので涙を呑んで本日はパスしますが、なんと8パラグラフもある大物でして、じゃあ何の話をしているかという話だけしておきます。

『Long-Run Monetary Policy Implementation Frameworks』って題名なのですが、実際に出ている議論は「短期市場金利を運営するのにどうやりますか」という話で、それフレームワークちゃうやろとは思うのですが、まあそれはそれとしまして、超過準備をどのようにしていくか、という点について、金融危機前と金融危機以降(つまり今)の金融機関の予備的超過準備需要に関する調査結果とかを踏まえて、じゃあどうしましょうかみたいな話をしているのと、市場の現状として、インターバンクの資金の出しがファニーメイとかフレディーマックとかのFederal Home Loan Banks (FHLBs)がドミナントな状態になっているとか、その手の短期市場スキーの皆さんを思いっきりホイホイ(別にホイホイを狙っている議論ではありません、念のため^^)するような話が続いているのですが、これはネタにするのには割と量がありますよ、ということで本日はパスさせていただきます。興味のある方は冒頭のところ(本当の冒頭には誰が出席しただのとか言うのが延々と続いていましてその次になります)にありますのでご覧あれ。


#まあ最初の奴はあまり無駄にはなっていないような気がするのでホッと一息
 


お題「パウエル講演とFEDが満を持して(かどうか知らんが)出したFSRとな」   2018/11/29(木)08:07:33  
  何ちゅうタイミングで砲撃するんですか。
[外部リンク] ○ ● 製造業部門別投入・産出物価指数(10月)
10:30 ○ 【挨拶】政井審議委員(福岡)

ただ文春Webのリードだけ見ても「で?」という感じではあるのですがさて・・・・・・・(個人の第一印象です)


〇FRBのFSRキタコレとかパウエル講演とか

・肝心の講演本題の前に現世利益編:多分あと3回利上げしたらあとは出たとこ勝負って奴ではないかと

まずは現世利益のネタはロイターさんのニュースで安直に確認。

[外部リンク] / 02:36
米FRB議長「中立金利若干下回る」、利上げ終了前倒し示唆か

『[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は28日、政策金利は中立金利を「若干下回る」水準にあるとの認識を示した。』

『2カ月足らず前には、中立水準にはおそらく「程遠い」との見方を示しており、利上げ終了時期が早まった可能性を示唆したもようだ。ニューヨークで講演した。 政策金利は足元2─2.25%。中立金利は9月時点での推計レンジが2.5─3.5%。 パウエル議長は、物価安定と最大雇用のFRBの二大責務の達成に「近い」と述べ、米経済見通しには「多くの好材料」が存在するとの見解を示した。 FRBは「底堅い」成長が続き、低失業のほかインフレが目標の2%近辺と見通す中でも、経済指標を「非常に」注視していると説明した。』(上記URL先より)

ということでまあ講演の方は後程。

[外部リンク] / 06:01
米FRB議長、利上げ終了前倒し示唆か:識者はこうみる

前半はさっきと同じなのですが、識者とやらの最初のが、

『●利上げ休止示唆か、想定下回る可能性
<サントラスト・アドバイザリー・サービシズ(アトランタ)の米国マクロ・ストラテジスト、マイケル・スコルデレス氏>

政策の道筋をあらかじめ定めていないとの文言が重要だ。米連邦準備理事会(FRB)が必要なら(利上げを)休止するという、やや明確なシグナルを市場に送った可能性がある。データ次第という姿勢は市場が聞きたかったポイントだ。(利上げは)機械的な操作で行うものではない。インフレ動向や成長指標、諸外国の動向はどうか。何か他の動向が鈍化すれば、想定したほど多く利上げを行う必要もない。2019年に(予想どおり4回の)利上げに踏み切るかは疑わしい。2、3回にとどまる可能性もある。 』(上記URL先より)

っていう解説があったのでナンジャソラと思ったんだが、そもそもFF先物の織り込みとこの人の説明全然違くねえかという話でして、来年2回利上げして2.75-3.00のレンジにしたところで一旦様子見モードになるってのは既にそれ市場織り込んでるんじゃネーノと思うのだが、どうもこの米国債券市場の「金利見通し」ってのが相変わらずワケワカランわと思うのでした。

えーっとですな、10年が3.3%くらいまで上がった時というのは「中立よりも若干上の水準まで金利を上げる」という絵が9月のSEPで明確に出てきて、しかもそんな威勢の良い話をエバンス辺りが思いっきりしていて、もともと市場が織り込んでいる利上げ見通しが低かった(9月のSEPの前ってうっかりすると12月利上げ無しという話だってあった訳ですよな)のを修正に掛かった時期だったと思いますし、大体からして2019年の利上げが4回だと思ったら10年のUSTが3%そこそこって事はねえだろいい加減にしろと思うので、このコメントは外れ値だとは思うのですけれども、なんか他の何とかストも似たようなコメントしていて、どうもこう米国市場の金利見通しネタって米国債券市場の価格形成を見ながら「市場はこう考えているんだろうなー」というのと全然違うコメントが何とかストからホイホイと出てくるんでしょと不思議で不思議でしょうがないのですが、そんなの気にする方が悪いということですかそうですか。


・パウエル講演の基本は金融安定化の話なんですけどね

つーことで講演なんですけどね。

[外部リンク] 28, 2018
The Federal Reserve's Framework for Monitoring Financial Stability
Chairman Jerome H. Powell
At The Economic Club of New York, New York, New York

ご覧の通りでファイナンシャルスタビリティの話でして、この次にネタにしますがFRBのFSRってのが出てきているのですが(なお当たり前だが寝起きで斜め読みできる量ではない)、基本はそっちの話をしておりまして、その中の一部に金融政策ネタがあるところが大々的にニュースネタになる、というのはまあ仕方がないのではありますがちとショボーンって感じではありますな。

とか何とかいいながらも結局現世利益ということで目先の損益に影響する金利の話に飛びつくのはアタクシも同じなので人の事は言えません(爆)。

では講演の頭の方から。

『It is a pleasure to be back at the Economic Club of New York. I will begin by briefly reviewing the outlook for the economy, and then turn to a discussion of financial stability.』

はい。

『My main subject today will be the profound transformation since the Global Financial Crisis in the Federal Reserve's approach to monitoring and addressing financial stability.』

しかしこのメインサブジェクトはニュースのネタにならない悲しさ。

『Today marks the publication of the Board of Governors' first Financial Stability Report.』

FSRの部分イタリック体になっています。

『Earlier this month, we published our first Supervision and Regulation Report. Together, these reports contain a wealth of information on our approach to financial stability and to financial regulation more broadly. By clearly and transparently explaining our policies, we aim to strengthen the foundation of democratic legitimacy that enables the Fed to serve the needs of the American public.』

ということで初企画なのですがその物件については後程。では現世利益編に参ります。『Outlook and Monetary Policy』って小見出しから。

『Congress assigned the Federal Reserve the job of promoting maximum employment and price stability. I am pleased to say that our economy is now close to both of those objectives. The unemployment rate is 3.7 percent, a 49-year low, and many other measures of labor market strength are at or near historic bests. Inflation is near our 2 percent target. The economy is growing at an annual rate of about 3 percent, well above most estimates of its longer-run trend.』

「I am pleased to say that our economy is now close to both of those objectives」というのは最近毎度言っていますが、まあワシントンの馬鹿が五月蠅いからそれを踏まえて強調しているのではないか、というようなコメントが出てくるのもシャーナイ所はありますな。

『For seven years during the crisis and its painful aftermath, the Federal Open Market Committee (FOMC) kept our policy interest rate unprecedentedly low--in fact, near zero--to support the economy as it struggled to recover. The health of the economy gradually but steadily improved, and about three years ago the FOMC judged that the interests of households and businesses, of savers and borrowers, were no longer best served by such extraordinarily low rates. We therefore began to raise our policy rate gradually toward levels that are more normal in a healthy economy.』

とまあここまではよいとして次が報道ネタになった部分。

『Interest rates are still low by historical standards, and they remain just below the broad range of estimates of the level that would be neutral for the economy??that is, neither speeding up nor slowing down growth.』

ここが「just below」だからヒャッハーというような解説がさっきのロイターなどではあった訳ですが、これって、基本的には昨日のクラリダ副議長のとそんなに変わらなくて、とりあえず中立金利とみられるところまでは利上げしまっせという話でもあると思いますし、大体からして既に「2.75-3.00まで利上げするけどそこで一旦打ち止め」っていうのは市場織り込み済みじゃないのかねと思う次第なんですが。

いやまあそういう意味で言えば、確かに9月FOMCの後に10月前半とかやたら威勢が良くて、中立金利よりも若干高い所まで金利を上げるという話をしていたのですが、あの時って背景に財政による刺激が上ぶれ要因って話をしていたし、株式市場はヒャッハーヒャッハー言っていた時期なので、そういうのが落ち着いてきて、ついでにワシントンの馬鹿が中国相手に馬鹿踊りをしているので中立よりも上まで上げんでもという風になった、というところではあるのでしょうが、まあそのあたりで市場ちゃんの放って急激に政策金利の見方が変わっているという程でもない(しょせん米国10年金利で3.0-3.3%のレンジワークですから利上げ1回分になるかならんかくらいの差だわさ)ので、何とかスト反応し過ぎじゃヴォケとは思いますが。

でもって後でちょこっとだけネタにしますが、FSRの方でも何かそれ違うだろとは思うのですが、リスク要因という奴が貿易とかの話になっているので、直近では経済の過熱に関しても懸念がやや落ちてきた、って感じで、中立手前で利上げサイクルが止まるってのもなさそう(そらまあ中立金利が2.5とかに下げられたら別ですが、そこまでの事はないでしょ、と思うんだが)なんですけどね。まあ寧ろUST市場の方が冷静に反応していると思われ。

『My FOMC colleagues and I, as well as many private-sector economists, are forecasting continued solid growth, low unemployment, and inflation near 2 percent.』

まあそれはSEPでも講演でも出ている話。

『There is a great deal to like about this outlook. But we know that things often turn out to be quite different from even the most careful forecasts. For this reason, sound policymaking is as much about managing risks as it is about responding to the baseline forecast. Our gradual pace of raising interest rates has been an exercise in balancing risks. We know that moving too fast would risk shortening the expansion. We also know that moving too slowly--keeping interest rates too low for too long--could risk other distortions in the form of higher inflation or destabilizing financial imbalances.』

昨日もクラリダ講演ネタで申し上げましたが利上げ遅れると「destabilizing financial imbalances」ってのがあって、その思いで今回FSR出しているんですから、まあとりあえず中立金利までは上げていくでしょうし、ゴルディロックスヒャッハー相場にはしたくないというのはあると思うんだがそこのところは見方は色々とあると思うので個人の感想ですって奴で。

『Our path of gradual increases has been designed to balance these two risks, both of which we must take seriously.』

でもって現世利益の最後から2番目のパラグラフに入る。

『We also know that the economic effects of our gradual rate increases are uncertain, and may take a year or more to be fully realized. While FOMC participants' projections are based on our best assessments of the outlook, there is no preset policy path. We will be paying very close attention to what incoming economic and financial data are telling us. As always, our decisions on monetary policy will be designed to keep the economy on track in light of the changing outlook for jobs and inflation.』

『Under the dual mandate, jobs and inflation are the Fed's meat and potatoes. In the rest of my comments, I will focus on financial stability--a topic that has always been on the menu, but that, since the crisis, has become a more integral part of the meal.』

いつもと言っていることはそんなに変わらなくて、金融政策の効果にはラグがあるから、バランスもってデータディペンデントなアプローチって話をしていて、昨日ネタにしたクラリダ副議長の「データ見ながら中立水準がどこなのかというのを点検」というのと同じで、まあ慎重には遣っていくと思うのですが、明らかに緩和的という水準で止めるというのはちょっとしないんじゃネーノと思います。ですからまあ今の所2.75-3.00までやって様子見ながら考えるって感じ(それを受けてゴルディロックスヒャッハーになるとまた冷やしてくる)ってところではないかと思います(個人の感想です^^)。


でもって本当の本題の部分ですが現世利益重視の為本日はパスしまして(後日ネタにするかもしれませんが)、そこは小見出しだけ見ておきましょう。

Historical Perspective on Financial Stability
The New Approach to Financial Stability
 Building Resilience of the Financial System
 A New Framework for Monitoring Systemic Risks
 Monitoring Likely Triggers for Financial Distress
 Bottom Line: Financial Stability Risks Are Moderate

まあ大体そうですなというようなお話で内容の想像は付くのですが、斜め読みしかしていないのでパスしまして、いきなり最後に飛びます。『Conclusion』な。

『I'd like to conclude by putting financial stability and our two new reports in a longer-term context. To paraphrase a famous line, "eternal vigilance is the price of financial stability."』

eternal vigilanceっていうので、「常に用心する」って感じでしょうか。毎度申し上げていますが、パウエルFRBの従来との違いで一番目立つしたぶんポイントになるのはこのファイナンシャルスタビリティに関するスタンスだと思うの。

『We will publish these reports regularly as part of our vigilance.』

だそうです。

『Over time, some may be tempted to dismiss the reports entirely or to overdramatize any concerns they raise. Instead, these reports should be viewed as you might view the results of a regular health checkup. We all hope for a report that is not very exciting. Many baby boomers like me are, however, reaching an age where a good report is, "Well, there are a number of things we should keep an eye on, but all things considered you are in good health." That is how I view the Financial Stability Report out today.』

『We hope that this report and the Supervision and Regulation Report will be important tools, sharing Federal Reserve views and stimulating public dialogue regarding the stability of the financial system.』

ということなので、まあ景気がコケて来たら別ですが、今のような状態の中で高圧経済アプローチみたいなのはまず取ってこない、とみる(まあそう思う向きもさすがに少ないと思いますが)のが妥当なので、緩和政策長期化ヒャッハーと喜ぶとかいうのはさすがにちょっとという感じだと思います。


・でもってFSRですけど

[外部リンク] report summarizes the Federal Reserve Board’s framework for assessing the resilience of the U.S. financial system and presents the Board’s current assessment. By publishing this report, the Board intends to promote public understanding and increase transparency and accountability for the Federal Reserve’s views on this topic.』

レポートはこちら(やや重い、2M少々ある)
[外部リンク] risks to the financial system』
というお題の部分があって最初に、

『Developments in domestic and international markets could pose near-term risks to the U .S . financial system . The ultimate effects of shocks arising from such developments likely depend on the vulnerabilities in the financial system identified in the previous sections of this report .』

となっていたので現世利益ヒャッハーと飛びついてみたらその中の小見出し(要は当面のリスク要因)が、

『Brexit and euro-area fiscal challenges pose risks for U.S. markets and institutions . . . 』

『. . . and problems in China and other emerging market economies could spill over to the United States 』

『Trade tensions, geopolitical uncertainty, or other developments could make investors more averse, in general, to taking risks』

ってなっていて、お前それはファイナンシャルスタビリティリスクじゃなくてただの経済のテールリスクじゃんという話をしていまして、ナンジャソラと思いましたが本チャンの方をちゃんと(というか全然)読んでいないのでまあこれも追々ネタにするという感じで。
 


お題「クラリダ副議長講演はハトタカではなく無色っぽい感じかなあ/社債市場活性化ねえ・・・・・」   2018/11/28(水)08:27:23  
  法案の内容がスッカスカとかそういう問題点の話を全然しないで、単に政局ネタとして垂れ流した後に法案通ってから急に良識派ぶって「今後の課題」をWeb特集とかでエクスキューズする、という展開まで見えますな。
[外部リンク] 参院へ 与党「会期内成立」 野党「阻止したい」
2018年11月28日 4時27分



〇クラリダ副議長の講演(というかスピーチっぽい)の来ました

題名が直球過ぎてワロタ。
[外部リンク] 27, 2018
Data Dependence and U.S. Monetary Policy
Vice Chairman Richard H. Clarida
At The Clearing House and The Bank Policy Institute Annual Conference, New York, New York

そんなに長くなくてまあスピーチみたいなもんですが、寝起きインスタント読みマンとしては小見出しをまず見てから現世利益の高い順に読んでいく(と必然的に後ろから読むことになるのだが)というイカサマ読みをする。

まずは『Consequences for Monetary Policy』というどう見ても現世利益です本当にありがとうございました編を読む。

『What does this mean for the conduct of monetary policy?』

この「this」は当たり前ですがその前の話なのでそこの前にこの先読むとかインチキにも程がありますが、まあ大体読んでいるうちに前の部分は予想できるので気にしない気にしない。

『As the economy has moved to a neighborhood consistent with the Fed's dual-mandate objectives, risks have become more symmetric and less skewed to the downside than when the current rate cycle began three years ago.』

ほうほうそれで?

『Raising rates too quickly could unnecessarily shorten the economic expansion, while moving too slowly could result in rising inflation and inflation expectations down the road that could be costly to reverse, as well as potentially pose financial stability risks.』

パウエル議長になってからは「as well as potentially pose financial stability risks」というのが結構キーワードだと思う。というか以前の人は言うには言ってたけど後期イエレン(トランプ大統領になる前の高圧経済話が最後でトランプ以降が後期イエレンだと勝手に思っている)前はほぼ「棒読み」状態のFEDビューな人たち(正常化着手を検討していた時期に一時バーナンキがこれをネタに正常化の取っ掛かりにしていた時期がありましたなあ、と懐かしく思い出す、咄嗟に当時の理事の名前が出てこないので自分の過去ログ見たらスタイン理事でした)だったりしてましたので。

『Although the real federal funds rate today is just below the range of longer-run estimates presented in the September SEP, it is much closer to the vicinity of r* than it was when the FOMC started to remove accommodation in December 2015.』

中立金利議論キタコレ(というかその前の所で話をしているのですが、汗)。

『How close is a matter of judgment, and there is a range of views on the FOMC. As I have already stressed, r* and u* are uncertain, and I believe we should continue to update our estimates of them as new data arrive. This process of learning about r* and u* as new data arrive supports the case for gradual policy normalization, as it will allow the Fed to accumulate more information from the data about the ultimate destination for the policy rate and the unemployment rate at a time when inflation is close to our 2 percent objective.』

というので話は終了しているので、ここの現世利益部分では中立金利水準というのは不確実で、今どの位そこに近いのかとかいう話はここでは決め打ちしていないし、大体からしてFOMCの中でも意見が割れている、ということですが、まあ当然といえば当然ですけどそれを知るためにはデータを見ながら判断して行くというデータディペンデントで行かないとなりませんよね、というお話ですが、まあ「new data arrive supports the case for gradual policy normalization」とか言っているので、とりあえずいきなり利上げ止めろとかそういう話をしている訳ではなさそう、ということで一つ前に戻って確認する、というイカサマ読みをする。

『Data Dependence of Monetary Policy: What It Means and Why It Is Important』という小見出しはちと長め。

『Economic research suggests that monetary policy should be "data dependent."3 And, indeed, central banks around the world, including the Federal Reserve, often describe their policies in this way.』

データもへったくれも無くて置物直線一気理論というのもありましたな。あああれもマッカラムルールとかいうの使って当座預金残高の必要額計算してましたっけ。

『I would now like to discuss how I think about two distinct roles that data dependence should play in the formulation and communication of monetary policy.』

ということで。

『It is important to state up-front that data dependence is not, in and of itself, a monetary policy strategy.』

ほうほう。

『A monetary policy strategy must find a way to combine incoming data and a model of the economy with a healthy dose of judgment--and humility!--to formulate, and then communicate, a path for the policy rate most consistent with our policy objectives.』

クラリダ副議長は中立金利の話はしていますが、ここの言い方を見ますと(アタクシの勝手な感想になるので違っていたらゴメンやでなのですが)「ザ・中立金利」みたいなのがあって、修正テイラールールみたいなシステマティックな政策運営をするというのではなくて、経済物価データ見ながら中立金利の水準そのものの推計が動くという話ではございますな(さっきもそんな件があったけど)。

『In the case of the Fed, those objectives are assigned to us by the Congress, and they are to achieve maximum employment and price stability. Importantly, because households and firms must make long-term saving and investment decisions and because these decisions--directly or indirectly--depend on the expected future path for the policy rate, the central bank should find a way to communicate and explain how incoming data are or are not changing the expected path for the policy rate consistent with best meeting its objectives.4』

金融政策運営に関するコミュニケーションの重要性、というお話です。

『Absent such communication, inefficient divergences between public expectations and central bank intentions for the policy rate path can emerge and persist in ways that are costly to the economy when reversed.』

という辺りは常識的な話でごく普通。

『Within this general framework, let me now consider two distinct ways in which I think that the path for the federal funds rate should be data dependent. U.S. monetary policy has for some time and will, I believe, continue to be data dependent in the sense that incoming data reveal at the time of each Federal Open Market Committee (FOMC) meeting where the economy is at the time of each meeting relative to the goals of monetary policy. This information on where the economy is relative to the goals of monetary policy is an important input into the policy decision.』

『If, for example, incoming data in the months ahead were to reveal that inflation and inflation expectations are running higher than projected at present and in ways that are inconsistent with our 2 percent objective, then I would be receptive to increasing the policy rate by more than I currently expect will be necessary.』

『Data dependence in this sense is easy to understand, as it is of the type implied by a large family of policy rules in which the parameters of the economy are known.5』

出てきたデータに対して金融政策がリアクティブに反応するという部分の話ですが・・・・・・

『But what if key parameters that describe the long-run destination of the economy are unknown? This is indeed the relevant case that the FOMC and other monetary policymakers face in practice.』

『The two most important unknown parameters needed to conduct--and communicate--monetary policy are the rate of unemployment consistent with maximum employment, u*, and the riskless real rate of interest consistent with price stability, r*. As a result, in the real world, monetary policy should, I believe, be data dependent in a second sense: that incoming data can reveal at each FOMC meeting signals that will enable it to update its estimates of r* and u* in order to obtain its best estimate of where the economy is heading.6』

『And, indeed, as indicated by the SEP, FOMC participants have, over the past nearly seven years, revised their estimates of both u* and r* substantially lower as unemployment fell and real interest rates remained well below prior estimates of neutral without the rise in inflation or inflation expectations those earlier estimates would have predicted.』

『And these revisions to u* and r* almost certainly did have an important influence on the path for the policy rate that was actually realized in recent years.7 I would expect to revise my estimates of r* and u* as appropriate if incoming data on future inflation and unemployment diverge materially and persistently from my baseline projections today.』

データディペンデントというのはそのデータによって均衡失業率や中立金利水準の推計を常にアップデートしていき、それと現状の政策金利との関係でさてどうなんでしょ、というのを考えていく作業という話をしているようですな。クラリダさんの言っている理屈はまあ理屈としては分かるのですが、それどうやって推計していくんじゃろというのはありますし、プロアクティブにどうするという話の部分がイマイチ見えてこないのはあるのですが、ただまあ政策水準や経済水準がニュートラルな状態にある、というのであれば、プロアクティブにどうのこうの言いましても、「今後の展開次第で上下どちらもありまっせ」ということに理屈の上ではなってしまうので、確かにこういうような言い方になってしまうのかも知れませんが。


でですね、最初の小見出し(なんちゅうインチキ読み)の『Recent Economic Developments and the Economic Outlook』はその部分の最初と最後だけ引用しますと・・・・・・・

『U.S. economic fundamentals are robust, as indicated by strong growth in gross domestic product (GDP) and a job market that has been surprising on the upside for nearly two years. Smoothing across the first three quarters of this year, real, or inflation-adjusted, GDP growth is averaging an annual rate of 3.3 percent. Private-sector forecasts for the full year--that is, on a fourth-quarter-over-fourth-quarter basis--suggest that growth is likely to equal, or perhaps slightly exceed, 3 percent. If this occurs, GDP growth in 2018 will be the fastest recorded so far during the current expansion, which in July entered its 10th year. If, as I expect, the economic expansion continues in 2019, this will become the longest U.S. expansion in recorded history.』

とまあ普通に強いという認識の話をしていまして、途中のデータ話は全部割愛するとして先行きの部分は、

『As for the economic outlook, in the most recent Summary of Economic Projections (SEP) released in September, participants had a median projection for real GDP growth of 3.1 percent in 2018 and 2-1/2 percent in 2019. The unemployment rate was expected to decline to 3-1/2 percent next year. And, for total PCE inflation, the median projection remains near 2 percent.』

って思いっきりSEPの話をしてサラサラ流していまして、

『With a robust labor market and inflation at or close to our 2 percent inflation goal and based on the baseline economic outlook for 2019 I have just laid out, I believe monetary policy at this stage of the economic expansion should be aimed at sustaining growth and maximum employment at levels consistent with our inflation objective.』

『At this stage of the interest rate cycle, I believe it will be especially important to monitor a wide range of data as we continually assess and calibrate whether the path for the policy rate is consistent with meeting our dual-mandate objectives on a sustained basis.』

ということで、別にジャンジャン利上げしろとか利上げ止めろとかいう話もしていませんですし、「At this stage of the interest rate cycle」とか現状追認チックな表現になっているので、まあ目先の正常化路線に対して別に怪しからんとかそういう話をしている訳ではなくて、ちょっとこの前のCNBCインタビューが思いっきりハト扱いされたので変な色を出さないようにしているのかなあ、とは思いました。

〇うーんこのという社債市場ネタ

ブルームバーグがしばらく前から社債市場に対して妙な煽りキャンペーンしているのは気に
なっていたのですが。

[外部リンク] 11:38 JST

『金融庁の遠藤俊英長官は、社債市場の発展に向け、新発債の売れ残り(募残)などの問題点を把握するため、市場関係者からヒアリングを行う考えを明らかにした。ブルームバーグとのインタビューで語った。』(上記URL先より、以下同様)

ってまあそもそもがブルームバーグが煽っているネタなんですけどね。

『遠藤長官は、国内債券市場には圧倒的に大きな国債市場はあるものの、ポートフォリオの安定性を担保する多様な商品が存在せず、社債市場を発展させる必要があると指摘。問題点の現状把握は「大きな課題だ」と述べ、募残問題を含めた社債市場の課題について、証券会社など市場関係者からのヒアリングを検討すると同時に、活性化への取り組みも議論していく考えを示した。』

だそうなのですが、そら企業部門が資金余剰なんだから社債市場が広がらんわというマクロ的な話がありますが、それに加えまして銀行融資の方が元々圧倒的優勢なことに加えまして、すっかり話題にならない用語になりましたが、以前は「リレーションシップバンキング」とか、最近でも有価証券投資よりも本来は貸出をしなさいだの、担保などに左右されない貸出をしろだの、競合するローンに関しても振興させようとしているじゃないですかやだー。

『社債市場では一部の新発債が売れ残り、引受会社が在庫を安く一部の投資家に販売するなど「一物二価」が起きており、取引の不公正さが指摘されている。ブルームバーグの取材によれば、新発債の募残比率は4-9月平均の14%に対し、9月は29%、10月に年度最高の31%に達している。』

このブルームバーグの書き方って前からやっているのですが、「募残比率が〇〇%」とか言ってますが、各証券会社が募残を何ぼ抱えたとか分かりようがなくて、「案件の件数の中で、新発債が発行条件で完売しなかったと思われる件数の率」を出しているようなのですがとしか思えないのですが、まるで新発社債の3割が発行条件で売れなかったかのような書き方をする辺りがもうねという所で。

まあ無理くりな発行条件で受けてくる引受サイドと、とにかくコスト下げ感覚で発行条件ごり押ししてくるような一部の発行会社サイドは物凄い勢いで如何なものかとは思いますけれども、だいたいこの手の話になると何故か流通市場の価格形成がという変な方向に話が行くのが仕様になっていまして、上記記事でも「活性化への取り組み」というワードがあって、これはどう見ても流通市場の謎改革という方向になるフラグが盛大にたっているというのがもうねという感じです。

そらまあ有担保原則(超大昔)みたいな制限がガチガチにあるならともかく、制度上における発行を規制するものって国内公募社債を発行するのに際して(公募をするためのコストというのはあるけど)そこまでの話ではない(ですしレッセフェールにする必要もないでしょ)と思いますし、保管振替決済になって流通上の利便性も特段問題ない状態になっていると思うので、こういうの殊更に「市場の育成」とか力こぶ入れて市場の改革とかやりだしますと、まーた明後日の方向になってしまう可能性がと思いますし、だいたいからして発行サイドに必要があれば発行はドンドン進むし、一方で社債発行よりも銀行融資の方が有利な状態が続けばそら発行は増えんよという話であるので、こういうののデザインっていうのは単にその市場の一部分だけ見てハッスルしてもまあ的外れになってしまうんじゃないですかねえ、と思うのでありました。

なお異論は大幅にあると思いますのであくまでも個人の感想ですというだけの雑談でした。
 


お題「利上げ慎重派の地区連銀総裁2名の発言から/置物日記日記(相変わらず出オチ部分ですが)」   2018/11/27(火)08:07:13  
  おいおいもう委員会通しちゃうのかよ色々なニュースのドサクサ(銃声)
[外部リンク] 与党 きょう委員会採決 野党は法相不信任案も
2018年11月27日 4時42分外国人材

『外国人材の受け入れを拡大するための法案は27日、衆議院法務委員会で採決が行われることが委員長の職権で決まり、与党側は27日中に委員会と本会議で可決し、参議院に送る方針です。野党側は採決を阻止するため山下法務大臣に対する不信任決議案の提出などを検討していて、与野党の攻防はヤマ場を迎えます。』(上記URL先より)

って全然世の中に向けた論点の説明とか無いで通してからナンジャソラとなる事案にしてもちょっとこれは問題が大きすぎると思うのだが。


〇利上げに慎重な地区連銀総裁発言を確認の巻

直近はカプランとカシュカリがそういう発言をしていますが、一方でウィリアムスとかが中和剤を入れてくるのと、足元米国だと原油とかテック系の業績とかの方がネタになっているし、まあ12月は利上げするじゃろという目先の部分まではさすがに大きくは変わっていないでしょうからというのもあって、ここもとは連銀高官発言で動くという感じでもないですわな(個人の感想です)。

なお本日のネタは例によって例のごとく
[外部リンク] will be 'data dependent': Dallas Fed's Kaplan
By Julia Limitone Published November 21, 2018The Fed FOXBusiness

ということですが、喋っている時間50秒でして、記事の方でカバーできているので記事を確認しますね。

『Dallas Federal Reserve President Robert Kaplan said the central bank has no plans to change its policy, despite disapproval from President Trump on the pace of interest rate hikes.』

『“I think we’re getting close or approaching a neutral, where we’re neither accommodative nor restrictive,” he told FOX Business’ Maria Bartiromo during an interview that will air Friday at 9 p.m. ET.』

でまあ発言の方は50秒くらいでアタクシの環境だと普通に見れたんですが、「現状はニュートラルにかなり近いので今後のスタンスは極めて慎重に行うべき」という話をしていました。次回上げるべきかというのはここに出ている部分では特段の言及は無かったですが、

『The Fed raised interest rates in September for the third time this year - to a range of 2 percent to 2.25 percent - and signaled it would raise borrowing costs again in December. The central bank also forecast an additional three rate hikes in 2019 and one in 2020. They have raised rates a total of eight times since 2015.』

この辺りはFOXによる説明部分。

『Trump launched an assault on the Opens a New Window. Fed last month, saying that it is his “biggest threat” because it is “raising rates too fast, and it’s too independent.”』

こちらはトランプ発言に関するネタですな。

『Kaplan said due to potential headwinds, the Fed should be patient and gradual going forward.』

『“We’re going to be - and use the lingo 'data dependent,'” he said. “And that means we’re going to be very sensitive, to talking to contacts, looking at data, understanding what’s going on with businesses, looking global.”』

『Catch the full interview on “Maria Bartiromo’s Wall Street” on Friday at 9 p.m. ET.』

ってことで詳しくはこっちの番組を見ましょうねという結論になっているのですが、そっちは見ている時間と余裕がないのでパス(というかどこを見れば良いのかあまりよくわからん、普段FOXとか見てないもんで)しますけど、まあ基本的には利上げに慎重という話をしていますな。


・カシュカリ総裁の利上げすんな発言(先週月曜)(ただし自分はアウトライヤーとも説明)

カシュカリさんのはこちら。
[外部リンク] Time To Stop Raising Interest Rates, Kashkari Says
November 20, 2018

『The Federal Reserve is likely to raise interest rates in December. Neel Kashkari, president of the Federal Reserve Bank of Minneapolis, tells Steve Inskeep it's not the right time to do so.』

ほほーという感じですが、こちらはラジオになっていて、念のため音を確認しましたら、下にある『Transcript』と同じであることを確認できましたので音は聞かなくても無問題。

最初が前振り。

『STEVE INSKEEP, HOST:

Interest rates have been going up - not a lot, but the Federal Reserve has steadily brought up a key interest rate from near zero during the Great Recession. This is normal. As the economy improves, the Fed is supposed to use its influence over interest rates to make money a bit more expensive to borrow for a house or a car to avoid high inflation. The question is how far to go. There is a debate within the Fed, and one voice in that debate is Neel Kashkari, the president of the Federal Reserve Bank of Minneapolis, who says he would like to hold off further rate increases.』

前振りですな。

『Can you just remind people, on the most basic level, what is the one huge lever that the Fed has over interest rates?』

ということでカシュカリさんのお話。

『NEEL KASHKARI: Well, we move short-term interest rates - overnight interest rates that banks use to trade with each other to affect the trajectory of the economy. And by moving short-term interest rates up and down, longer-term interest rates, such as the rates that you get for a mortgage or that you might pay for a car loan, those end up getting affected by those short-term rates. So we have one tool, but it affects interest rates throughout the economy.』

on the most basic levelの話なのでここは当たり前の話をしている。なお極東のとある国では当たり前の話すら怪しいといういやなんでもありません。

『INSKEEP: So when you've taken part in the discussions at the Federal Open Market Committee, which decides these interest rates, is it your impression that people feel that this is a progression of upward steps that is still going, that there are more interest rate hikes in the future?』

さて・・・・・・・・

『KASHKARI: That's the current projection. So once a quarter, every three months, we put out a collection of our own estimates of what we think is going to happen to interest rates over the next couple years. Most of my colleagues are forecasting additional interest rate increases.』

ほとんどの同僚は更なる利上げを見込んでいる。

『I'm a little bit of an outlier in saying, hey, I think we ought to pause and see how the economy continues to evolve before we continue raising interest rates.』

しかし私は「ちょっと待て少し様子見たらどうじゃ」と言っているんだが、FEDの中では外れ値ですよと。

『INSKEEP: So when you call for a pause in interest rate increases, are you effectively saying the same thing that President Trump has said when he has been criticizing the Fed's leadership for raising interest rates?』

先般のトランプ発言(というか八つ当たり)は向こう的にはそれなりに話題になったんだろうなあという感じで、こちらもトランプ発言への質問が。

『KASHKARI: I think substantively, we're probably saying something similar, though I would argue our styles are somewhat different. I'm not seeing signs that the U.S. economy is overheating. So I don't think we need to pre-emptively raise interest rates.』

別に景気がコケると思っていなくて、プリエンティブな利上げがイラネと言っているんですよ。まあ似たような話をしているけど、違う部分もありまっせ、だそうな。

『INSKEEP: Those of us who are laymen out in the economy, do we have to assume that a recession is coming sooner or later and maybe even sooner because the economic recovery has gone on for so long?』

ふむ。

『KASHKARI: Well, you know, my former colleague and our former chairwoman, Janet Yellen, famously said that economic expansions don't die of old age.』

ほうほう。

『So there's no reason that it has to end just because it's been going on for a long time. In fact, one of my concerns is that if we pre-emptively raise interest rates and it's not in fact necessary, we might be the cause of ending the expansion and triggering that recession.』

景気サイクルという考え方をするのではないという感じの話をしていますな。まあ直観的にそれもわからんでもなくて、これまでの景気サイクルという考え方と違った動きが続いているのは事実としてあるのですが、それをそのまま金融政策運営に使うと結局ゴルディロックスヒャッハー相場が資産市場に起きないのか、という気はだいぶするのですが、カシュカリさんそちらに関する言及は特にないので、まあこの辺りはバックグラウンドとか感覚の問題になってくる話で、誰が正しいのかというのは事後的になってみないと分からない(もしかしたら事後的にもわからないかも知れない)世界なんでしょうな。

質問は続く。

『INSKEEP: How did the Fed's decisions on interest rates ultimately affect what the federal government can do and how much the federal government has to pay in interest?』

まあここの答えは基本的に当たり前の話をしているんだが、でも「利上げすると財政の支出に抑制要因」って話をするのは中銀の人としては割と斬新(あまりそこは触れない)な希ガス。

『KASHKARI: Well, if we continue raising interest rates, and if we need to because the economy is heating up and if inflation picks up, that will lead to higher borrowing costs for the U.S. government, for the Treasury Department and more debt service. So they have to make interest payments every month on the debt that they've accumulated. As interest rates go up, their interest payments go up. And then that crowds out other things they might want to spend on.』

利払い費が上がると他に使える財政資金が減るとな。

『So if Congress or the White House want to spend on education or health care or defense, there's going to be less money for that because they have to service the debt. Now, that's up to them. We're not at the Fed. We're not making interest rate decisions to make Treasury's job easier or Congress's job easier.』

とは言いましても別に財政助けるために金利をどうこうする訳ではない、と言っていまして、質問が上記のようだから、答えが単に素直に答えただけ、とも言えますけど、こういう言い方をするのはちょっと微妙に地雷に片足掛かっているようには思えますけどどうなんでしょ。

『INSKEEP: But I wonder if there can be a self-destructive spiral here. The federal government increases the deficit through spending or tax cuts. That overheats the economy. You then have to raise interest rates. And suddenly, the federal government is stuck with huge interest rates and all the money they just borrowed.』

話を振っておいて財政爆発懸念の方に質問を振るとは何とも。

『KASHKARI: That's a very possible long-term outcome. And that's why, in the long term, we absolutely have to get our fiscal house in order. And if you look at other countries, that happens. That happens in Argentina. That happens in other emerging market countries. It's happening to some degree in Italy or in Turkey. So it absolutely can happen.』

『There's no evidence that that's going to happen in America anytime soon. Treasury is still borrowing at very low rates, about 3 1/4 percent for a 10-year loan, from the public. So that's the good news, but we don't know how much longer this can go on.』

そらそういうこともありますが米国では懸念なし、という当たり前の結論でお話は終了しています。とりあえず利上げに関して慎重なのと、景気循環に関して「ピークアウトがいつ来る」というような考えではない(それはそれでグレートモデレーションちっくになる話なのでどうなのかなあとは思うけど)というのは把握した。


〇置物日記日記:「2年で辞任」発言の真意という思いっきり冒頭部分で・・・・・・・・

さてこの不毛な置物日記日記ですが、何せ最初が「2年で辞任」発言の真意説明という言い訳になっておりまして、置物日記を読みますと何となく筋が通っているように見えるのですが、どうみてもそれは違うんじゃなかろうか、と疑問を呈したくなるのでご報告を。

以下(岩田(2018))となっているのは
「日銀日記-五年間のデフレとの戦い 岩田規久男著」 筑摩書房 ISBN978-4-480-86459-8 C0033 \2500E
からの引用です(縦書きを横書きに直し、漢数字をアラビア数字にしております。引用者はタイポ等慎重に確認しておりますが、引用ミスがあるかもしれません、なお文章の趣旨に関わる重大な引用ミスはない筈です)。

ということで本日は置物日記初日の2013年3月21日という栄光の日付になりますが、こちらの10ページから辞任発言に関する言い訳が連ねられています。以下鑑賞しましょう。本書の10ページの後半から11ページのほぼ最後までになります。

『ここでは、この国会での所信説明における辞任発言を正確に示しておこう。』(岩田(2018))

『2013年3月5日、衆議院民主党(当時)の津村啓介議員から「そこで、お伺いしたいんです。一つは、2年と仰るのは、この就任の3月から2年後、つまり再来年の春ということでよろしいのかというのが一点。それから、もう一つは、全責任を負って市場の信頼をかち取るということですから、それが達成できなかった場合の責任の所在ということははっきりさせていかなければいけないと思いますが、それは、職を賭すということですか」という質問を受け、次のように答えた。』(岩田(2018))

『「それは当然、就任してからの2年でございますが、それを達成できないというのは、やはり責任が自分たちにあるというふうに思いますので、その責任のとり方、一番どれがいいのかはちょっとわかりませんけれども、やはり、最高の責任のとり方は、辞職するということだというふうに認識はしております」』(岩田(2018))

『この回答で、私が「その責任のとり方、一番どれがいいのかはちょっとわかりませんけれども」と述べたのは、私の頭の中には。「責任のとり方は、達成できなかった理由によって異なり、その理由が軽い順に、叱責、減給、職務一時停止などがあるが、重大な自分の政策選択の誤りの場合には、最高の責任のとり方は辞職である」という考えがあった。』(岩田(2018))

『後から考えると、日本銀行法によれば、日銀副総裁ととしての内部組織運営上のミスであれば、叱責、減給、職務一時停止などの責任のとり方はあり得るが、「金融政策運営に関する責任のとり方は、説明責任しかなく、その説明が2年で達成できなかった合理的理由になっておらず、政策選択の誤りであった場合には、責任のとり方は最高の、つまり、それ以上の責任のとり方はありえない辞職である」と誤解のないように言うべきだった。端的に言えば、「説明責任が果たせない場合は、辞職」なのである。これが辞任発言の真意であるから、「2年で2%達成できなかった場合には、辞職する」とはいわず、「最高の(引用者注:この部分強調の傍点入り)責任のとり方は辞職だ」といったのである。ここで重要なポイントは、責任のとり方は、2%を2年で達成できなかった理由によって異なる、ということである。だからこそ、単に「責任」とは言わず、「最高の責任」というように、「最高の」という修飾語を付けたのである。』(岩田(2018))

当該国会での議事録はこちらになります。
[外部リンク]
第183回国会 議院運営委員会 第12号
平成二十五年三月五日(火曜日)
    午前十時三十分開議
(直リンで飛ぶはずですが駄目な場合は国会会議録検索システムで検索してちょ)

でまあ当該部分の議事は確かに置物日記の記載通りですが、念のため当該部分を引用しましょう。(以下『』をつけると見にくくなるので(引用開始)(引用終了)にします。元ネタは上記URLの国会会議録です、なお適宜改行を行っています)

(引用開始)
○津村委員 はい。失礼いたしました。

 二%ということを先ほどおっしゃられていましたが、岩田さんは、全責任を負う、マンデートだ、それを市場が信頼するからこそインフレ期待が上がるんだ、それについては現行の日銀法では不十分ということをおっしゃいましたが、これから中央銀行のトップ、副総裁につかれるとなれば、運用で、自分はこうやるんだ、全責任を負うんだということを明確にされることで、ある意味では、岩田さんのおっしゃる今の法の不備といいますか、そこを補っていかれるということだと思います。

 そこで、お伺いしたいんです。

 一つは、二年とおっしゃるのは、この就任の三月から二年後、つまり再来年の春ということでよろしいかというのが一点。  それから、もう一つは、全責任を負って市場の信頼をかち取るということですから、それが達成できなかった場合の責任の所在ということははっきりとさせていかなければいけないと思いますが、それは、職を賭すということですか。

○岩田参考人 それは当然、就任して最初からの二年でございますが、それを達成できないというのは、やはり責任が自分たちにあるというふうに思いますので、その責任のとり方、一番どれがいいのかはちょっとわかりませんけれども、やはり、最高の責任のとり方は、辞職するということだというふうに認識はしております。

○津村委員 二年間というのは、二年後の春、つまり、二〇一五年の春の消費者物価の上昇率二%ということを目標とされる、そして、最高の責任のとり方としては、職をかけるということでよろしいですね。

○岩田参考人 それで結構でございます。
(引用終了)

・・・・・・とまあここだけ見ると置物日記の通りですな、とかつい勘違いしたくなるのですが、実はこの津村委員の質問の最初の「マンデート」とか「市場が信頼」という辺りに関しては、置物師匠の主張を受けての部分というのがありまして、それは上記質疑の前の部分にあるのですよ。そこを見ますと・・・・・・・・・(質疑の冒頭から引用します)

(引用開始)
○佐田委員長 次に、津村啓介君。

○津村委員 民主党の津村啓介でございます。

 岩田さんに幾つか御質問をさせていただきます。

 まず最初は、日銀法の改正についてでございます。

 かねてから岩田参考人は、現行日銀法は大変問題があるということで盛んに改正を主張されてきましたが、今回の人事案提示後も重ねてその御主張をされているように報道されております。

 きのうの黒田総裁候補は、いろいろお考えはあるものの、これから中央銀行のトップに立つ者として、その制度自体を否定するようなことは立場上控えたいというお立場でしたけれども、岩田さんにおかれては、日銀法改正はやはり必要だということで、お考えに変わりはございませんか。また、必要であるとすれば、どういった改正が必要とお考えですか。

○岩田参考人 先ほど申しました金融政策のレジーム転換というのは、要するに、物価の安定あるいは二%のインフレ目標というのは、日本銀行に責任が全部あるという立場なんですね。それが市場に信頼されるというのがこの基本的なメカニズムなんですね、デフレを脱却して二%インフレになるという。

 そうしますと、現在、日本銀行法では、そういうふうなレジームになるというのは、なかなか法的には担保されていないということで、私は、やはり法治国家ですので、法律できちんと、日銀に、物価のコントロール、二%のインフレ目標というのは達成する責任があって、しかし、その達成手段は日銀が自由に政府から選択できるんだということを明記するというのが中長期的には必要だというふうに思いますので、そのことを国会の方でも少し議論して深めていただければというふうに思っております。(津村委員「端的にお答えいただきたかったんですが、日銀法改正は必要とお考えですか」と呼ぶ)必要です。

 しかし、議論しないとあれですので、すぐ、もうあしたからやるというぐあいにはいかないと思いますので、世界のいろいろな中央銀行の仕組みなども研究した上で、私自身としては、改正は、する方がインフレ目標の達成は容易になるというふうに思っています。

○佐田委員長 津村君、挙手の上、お願いいたします。
(引用終了)

ということで、さっきの津村さんの「失礼しました」が来るのですけれども、この前段階で置物大師匠先生様におかれましては、

『先ほど申しました金融政策のレジーム転換というのは、要するに、物価の安定あるいは二%のインフレ目標というのは、日本銀行に責任が全部あるという立場なんですね。それが市場に信頼されるというのがこの基本的なメカニズムなんですね、デフレを脱却して二%インフレになるという。そうしますと、現在、日本銀行法では、そういうふうなレジームになるというのは、なかなか法的には担保されていないということで、私は、やはり法治国家ですので、法律できちんと、日銀に、物価のコントロール、二%のインフレ目標というのは達成する責任があって、しかし、その達成手段は日銀が自由に政府から選択できるんだということを明記するというのが中長期的には必要だというふうに思いますので、そのことを国会の方でも少し議論して深めていただければというふうに思っております。』(再掲)

って日銀法の建付けそのものが金融政策のレジーム転換に対して担保されていないのは問題だという説明をしている訳でして、その日銀法の建付けで担保されていない部分を強化することによって金融政策のレジーム転換を図るという目的から日本銀行の責任を強調した結果、辞任という発言に繋がっているわけですし、大体からして日銀批判している時も達成しないのに辞職もしないとは何事ぞというような趣旨の非難を繰り返しておられた訳なのに、何故か置物日記になったら「今の日本銀行法の建付け上はそのような規定がないから説明すればいいんだもんね」といけしゃあしゃあと言い出す辺り、もし2013年のこの時点から言ってるんだったら最初の時点でウソツキにも程があるし、途中で都合が悪くなって後から編集を加えているのであればそれはそれで歴史修正キタコレというところなのですが、さて実際はどうなんでしょうかねえ、などと思いながらこの出オチ部分を鑑賞した次第で、この出オチで血圧上がるからそら健康に悪いわけよこの本は・・・・・・・・・・
 


お題「感謝祭だし月曜なので雑談読み物系で(汗)」   2018/11/26(月)07:55:19  
  来週からは12月ですかそうですか。

〇例の東洋経済ネタを少々

・ハマコー大先生はまあ要するにアレ

金曜の朝からアタクシの血圧を盛大に引き上げた例の東洋経済ちゃんですが、血圧を下げてから改めて真面目に読んでみたら出オチの浜田先生の落語の後は何かこうどうでも良い話が並んでいて、「だから何をするんだ」という政策論は見事に皆無でこれで8ページも使うなよと思ってしまいました。

[外部リンク] 5:20

ここの8ページの中のどこにどう物価を安定化させて経済を活性化する方策があるのか小一時間問い詰めたい訳ですが、まあ東洋経済ってアタクシ普段基本読まないのって理由がこの辺にある訳で、まあ大体電波浴には使えるので悪態を並べるネタには使えるのですが、読み物としての意味があるのかというチョイスのものが多くてもうねという感じです。

なお、この対談(鼎談)の読みどころはハマコー先生のアレな話だけだったりしますが、

3ページ目
[外部リンク] 明弘 : 東洋経済 記者
2018/09/26 5:00

ちょっと前のネタなんですが、そういや東洋経済岩村先生もお好きなようでよく出てくるんですけど、話の理論の部分は基本的に良い話なのですが政策論になると急にナンジャソラになるというお方(ちなみにさっきの所に出ていた渡辺センセも物価の話をしている分には物凄くいい話をしているのに政策の具体論になると「”日銀は”賃金目標を設定せよ」(ってどうやってやるんだよ)というような電波ゆんゆんの話をするという残念な仕様になっている)ですが・・・・・・・・・

前のページの話から続いているのですが岩村先生のお言葉。

『シムズ案以上に無理筋なのは、英国金融サービス機構(FSA)のアデル・ターナー元長官による、日銀保有国債の消却を行えという2016年の提案だ。彼は、日銀が持っている国債の一部をもともと存在しなかったことにして利払いも償還もやめてしまえと主張したわけだが、それをしても政府から日銀への元利払いが減る分、日銀からの国庫納付金が減るだけだ。それではヘリマネにすらなりそうもない。』(上記URL先より、以下同様)

無理筋という結論は良いのですが、その結論に至る理由がおかしくて、それはそもそも国庫納付金云々ではなくて、「日銀保有国債の見合い資産は日銀当座預金なのだから、日銀保有の国債を元々存在しなかったことにするというのは日銀当座預金をなかったことにすることと同義になるので、民間金融機関の資産を強制接収することになるのでそもそもあり得ない」が正しい説明になると思うのですが。

でもってまあ異次元緩和金融政策の出口問題の話をこのようにしているんですよ岩村センセ。

『日銀が保有する国債はすでに400兆円を超えたが、そのことは緩和終了時における金利上昇が、日銀保有国債の時価を大幅に下落させることを通じ、新たな危機を発生させてしまう可能性を示唆する。たとえば、日銀保有国債の金額が400兆円で、その元利収入見込額の加重平均期間が3年程度だとすれば、金利上昇幅がわずか0.5%でも現在価値損失額は6兆円、1.0%なら12兆円にもなる。一方、日銀の自己資本は8兆円ほどだから、日銀への信認は大きく傷付く。これが金融緩和の出口問題だ。』

『異次元緩和で膨らみきったベースマネーを回収できないと思われてしまうリスクは無視しないほうがよい。いったん人々にそう思われるようになったら、その効果は回収のスケジュールがない政府紙幣の発行、つまりヘリマネと同じことになってしまう。ヘリマネの問題点は、それで生じた人々の期待が暴走すれば、制御の効かないインフレなど最悪の事態になる可能性があることだ。今の日本で必要なことは、期待の暴走が止められなくなることがないよう、いつでも日銀保有国債を市中に売却できるように準備をしておくことだ。』

とまあここまでの説明は仰せの通り。ただし本当に問題になるのは時価評価そのものというよりは期間収支のマイナスの方での国庫へのマイナスであり、まあもっと達観してしまえばそのマイナスを見た時の市場の反応が暴走すること、なので、「期待の暴走が止められられなくなることがならないよう」にするというのは仰せの通りでございますが・・・・・・・・・・・

『ヒントにしたのは、新規発行国債は日銀が引き受けてしまい、日銀は市場の状況を見て保有国債を売却していくという戦前の高橋財政のスキームだ。ただし、今それを参照するなら、日銀が保有することになる国債の法的性格は工夫して、それが日銀の金庫の中にある間は「無利子の永久国債」とする一方、それを日銀が売却した後では、「変動利付きの国債」として利払いを復活させるというのが提案の骨子だ。このほうが、政策メッセージとして明確だし期待暴走のリスクも制御できる。形式上、国債は市中消化されるが、その後は日銀がほぼ自動的に買い入れるという今の状況は、国民の眼を欺くものだ。』

えーっとすいません、市中売却した時に変動利付国債になったら政府の利払いってその時点で急に(出口で金利が上昇してるんだから)物凄い勢いで負担増になりますし、大体からして売る時の条件って変動永久国債にするとかどんだけの金利になるんだよという話だし、売却始まった瞬間に日銀が持っている無利子永久国債の将来利払いについてちゃんと計算しなおして評価しないと結局「国民の目を欺いている」のって同じであって、期限付き固定利付国債を保有した状態で、その気になれば時価を見ることができる状態になっている方が何ぼわかりやすいかって思うのでございまして、なんか毎度そういう仕様なのですが、岩村先生って元の理屈はおかしくないのですけれども、政策議論に入ると突如電波ゆんゆんの電波浴になってしまうのってどうしてそうなるんんでしょうかと不思議で仕方ありませんな。

#まあそれ以前に「今までの国債どうするんだよ」という大問題があるので最初から現実性がないのですけど

〇連休明け早々に電波浴だけではアレなので浄化のために日銀レビューシリーズ(ただの備忘用ですが)

[外部リンク]

まずは上記URL先紹介ページから。

『要旨』

『個人投資家による外為証拠金取引については、いわゆる逆張りの投資戦略が特徴として意識され、相場の変動を一定程度抑制する作用を持つと考えられてきた。しかし、最近のアンケートでは、7割の投資家が順張りの投資戦略を採るという結果もみられている。順張り戦略を採る個人投資家は、ごく短い時間に売買を繰り返すことが多いとの指摘もあることから、本稿では、個人投資家の売買について、高頻度の取引データも活用しつつ、投資期間別にみた考察を行った。』

ほほう。

『その結果、投資期間が一日以上の投資では逆張りの特徴が確認された。一方、投資期間が一日未満の投資については、全体として逆張りの特徴がみられるものの、局面次第では順張りの特徴もあることが確認され、日中の相場変動の抑制に作用しない場合もあることが示唆された。』

ほー、ということで本文はこちら。
[外部リンク]

以下上記URL先の本文から少々引用します。『はじめに』から。

『個人投資家による外為証拠金取引(以下、「FX 取引」)については、いわゆる逆張りの投資戦略 ――相場の動きと反対向きの売買(相場上昇時には売り、下落時には買い)を行う――が特徴として指摘されてきた。一般的に、こうした逆張り戦略は、他の様々な市場参加者による売買を含む相場の変動を一定程度抑制する作用を持つと考えられてきた1。しかし、最近のアンケート調査では、 7 割の投資家が順張りの投資戦略――相場の動きと同方向の売買(相場上昇時には買い、下落時には売り)を行う――を採っているとの結果もみられる。その場合、個人投資家の投資行動が相場に与える影響が変化している可能性も考えられる2。』

へー。

『この点、順張りの投資戦略を採る個人投資家は、 ごく短い時間に売買を繰り返すことが多いとの指摘も聞かれる。このため、本稿では、個人投資家の投資行動を、期間が一日以上の投資と、期間が一日未満の投資(当日中に売買の両方が行われる投資)に分けて、考察を行った。その際、投資期間が一日未満の投資については、高頻度の取引データを活用して分析を行った。以下では、FX取引の概要を整理したうえで、投資期間別にみた個人投資家の投資行動がどのように異なるかを 確認していく。』

アタクシはおじいちゃんなのでよくわからんのですが個人でFX高頻度取引とかバシバシやるもんなんですか(無知ですいません)。高頻度じゃない日計りってのはどうなんでしょ。

でちょっと先に行きまして、『(店頭 FX・取引所 FX 別にみた取引の特徴)』 から。

『店頭 FX は主要通貨を中心にスプレッド(売値 と買値の差)が狭く、取引コストが低い傾向にあるため、一日以内に高速で回転売買を行う投資が多いとされる。一方、取引所 FX はスワップポイント(ファンディング通貨と投資先通貨の金利差 に基づく利益)が店頭 FX 対比大きい傾向にあるため5、主な高金利通貨を対象に一日以上にわたってポジションを抱える投資家が多いと言われている。』

ほほう。

『この点は、実際の回転売買指標(月間取引金額 /月末時点の建玉数6)からも確認できる。すなわち、店頭 FX では、ドル/円を中心に主要通貨の 倍率は 70 倍近くとなっている一方、取引所 FX では、これらの通貨取引においても回転売買指標は 1 倍程度となっている(図表 4)。』

図表見てワロタです。

『FX 取引のうち、圧倒的に店頭 FX が多いという事実は、多くの投資家がごく短い時間に売買を行っていることを示している。実際、ポジション保有期間別にみた投資家の口座数割合に関する 調査からは、一日以内に決済されるトレード(スキャルピング<僅かな値幅を狙って数秒から数分の間に売買を繰り返す取引手法のこと>やデイトレード<ポジションを翌日に持ち越さず、一日の中の相場の値動きを利用して売買を行う取引手法のこと>)が 8 割以上を占めている(図表 5)。』

ほー。

『この実際の統計からは確認できないが、市場参加者からは、ドル/円を中心としたスキャルピングは拡大傾向を辿っているとの声が聞かれている。そうした増加の背景には、2013 年以降、 大きな政治・経済イベント(例:英国民投票、米大統領選)に伴うボラティリティ上昇局面の増加 (収益機会の増加)等も寄与した模様である。 』

ということで、まあこういう話はFXとかの方からしたら当たり前じゃと言われそうですが、基本的にあたしゃ外為証拠金取引とは無縁で来ておりますので、この辺りの事は中々分かっていなくて、たぶん為替の人には常識なんでしょうけど、個人的にはなるほどと思いました、まあ思ったから現世利益があるかというとあまりないのかもしれませんが、知っておいて損はないことかなあと思いましたので、この手のネタに詳しくない方はご覧になると吉ではないかと。

なお、一応気になるのは最後のまとめの中の・・・・・・・・・・

『第 2 は、為替市場のモニタリングにおけるインプリケーションである。為替市場をモニタリングする上では、秒単位といったより高粒度のデータ を使ってきめ細かいチェックが有益である。今後とも、日本銀行としては、市場参加者との意見交換に加え、市場参加者等と協力しつつ、きめ細かいモニタリングの実施のために、為替市場に関する高粒度データの収集や分析を積極的に行っていく方針である。』

という所なんですが、いやまあ分析を精緻化したいのはよくわかるし、まあそういう結論になるのもわかるのですが、債券市場の分析もそうなんですけど、ミクロデータでの精緻化云々というのはやるとそれなりに面白い結果がでるでしょうからやりたくなるのは分かるのですが、政策当局として考えた場合、そこのマイクロマネジメントよりもやることは別にあると思うので、マイクロマネジメントに力を注ぎすぎて本来のやることをおろそかにするとか、マイクロマネジメント精緻化して仕事した気にならないようにしてほしいな、と思いました。
 


お題「発行計画は順当オブ順当/置物日記日記/浜田先生ェ・・・・・・・・」   2018/11/22(木)08:02:46  
  あっちもこっちも圧力とな。
[外部リンク] / 05:53 /
イタリア国債利回り、ECBがQE継続ならすぐ低下=「同盟」有力議員

〇発行計画関連はまあ順当なお話で

昨日は投資家懇ですが議事要旨がアップされるのが朝になる(というか寧ろ昨日の午後にやっている会議の議事要旨が翌朝にアップされるというのが凄いのだが)のでPD懇の議事要旨の方を少々鑑賞。

[外部リンク] 平成31年度国債発行計画について』のお話でしたがまあ下馬評通りという順当なお話。

・20年と5年の減額は妥当オブ妥当でその次の優先順位が10年ってところですかねえ

まあだいたい最初の3、4人くらいの意見でほぼ話が総括されている訳ですが。

『・超長期ゾーンについては、10年債、20年債に減額余地があると考えている。どちらの年限も日銀買入オペの買入額が多くなっているため、マーケットに不要なボラティリティを生じさせているほか、価格発見機能の低下につながっていると考えている。そうした意味で、10年債、20年債を中心に発行を減額し、それに呼応する形で日銀買入オペが減額されることにより、マーケットの流動性が回復し、価格発見機能が強化されると考える。

中短期ゾーンについては、2年債、5年債のいずれも減額余地はあるが、ドル円ベーシスのマイナス幅のワイドニングによって海外投資家のニーズがT-Billに集中する際に、担保ニーズを抱える国内投資家の投資対象の選択余地を広げるため、2年債の発行額は据え置きとし、5年債を優先的に減額する方がマーケットにとってはよいのではないか。』

10年は超長期ちゃいますがまあそれは兎も角として、20年は本年度減額の対象になっていないからバランス的にまあそこ減らすじゃろというのがあって、マイナス金利と10年YCC(とやたら強い債券先物という7年)に挟まれているマイナス金利の5年はリターンがマイナスな癖にデュレーションリスクは一丁前にあるという要らない子にも程があるので減額、という話ですな。

なお、ちょっとオモロイなと思ったのは「日銀買入オペの買入額が多くなっているため、マーケットに不要なボラティリティを生じさせている」っていう指摘で、うーんそうとも言えるしそうでないとも言えそうな感じではありますけれども、価格形成が日銀オペばっかり見ていて自然ではない、とは思います。しかしまあ「発行減額したら日銀も買入減らせやゴルァ」というのは市場の中の人としては極めて自然な考えではあるのですが、よくよく考えてみますと財政ファイナンスがどうのこうのという論点についてもっと話題になっていた時代(とかいうと大昔の話のようですがQQEぶっこんだ後の2013年終わりの時点での国債発行計画の話でこの裏側の話があったんですけど)ですと、日銀の見解としては確か「財務省が発行を増やすから日銀が買い入れを増やさないといけないという考えは財政従属に繋がる議論なのでアカン」って感じだったと思いますので、実は国債発行が減るから輪番その分減らせというのもコインの裏表みたいな話のような気もする。まあ減る方なので財政従属ガーと目くじら立てる話ではないということなのかも知らんが。

『・現在のマーケット環境を踏まえると、中期、長期、超長期の各ゾーンをバランスよく減額した方がよい。超長期ゾーンについては、現在の投資家需要を考慮すると、30年債、40年債よりは20年債に1回の入札当たり1,000億円程度の減額余地がある。

中期・長期ゾーンについては、2年債、5年債、10年債のいずれにおいても減額余地がある。

流動性供給入札については、各ゾーンとも安定した需要があるため、現在の発行額を維持することを希望。』

どうせなら中期とかドカンと減らして流動性供給入札増やせばとか思うけど、それはそれで調達側的に調達年限とかの管理が面倒なんでしょうな。


『・5年債、10年債、20年債の発行減額は可能である。需給については、発行減額に伴い、日銀買入が減っていくこととのバランスだと思っている。』

『・30年債と40年債については、負債サイドのデュレーションが長い投資家から安定的な需要があることや、今年度減額した影響があるため現状維持を希望。

一方で、20年債については1回の入札当たり1,000億円の減額が可能。10年債についても、1回の入札当たり1,000億円の減額は可能と考えているが、10年債に関しては金融政策のターゲットであるだけではなく、一般的な指標金利という側面もあるため、一定の市場規模・発行規模を維持した方がよい。従って、今後数年のことを考えると、1回の入札当たり2兆円を下回ることになる減額は避けた方がよい。

中短期ゾーンについては、5年債は投資家からの強い需要がここ数年ないセクターになっている一方、2年債は担保需要によって投資されることが多いため、2年債よりも5年債に減額余地がある。T-Billの1年物は減額が可能。』

ということで、基本的に「日銀買入もっと減らせや」という意見だらけ(PD懇だから順当なのですが)ですし、短国は需要ある(上にそもそもがピーク時から発行額が大幅に減っている)ので減らすなという方が多い(国債発行計画の短国は1年短国なので3Mとはまた需給が別なので1年短国というだけで言えば減らしても大差ないという観点での意見もありますな)という話で、短国があまりにも強くて(強いのは3Mですけど)担保需要とかの分が2年債まで弾き出されているので2年も必要。マイナス金利の5年は要らない子でそれ以降で減らすなら30年以上の所は減らされると投資家ニーズに対応できなくなるから勘弁、という感じですな。


・それはそれとして市場コメント

ということで意見がだいたい一致という結果で、シャンシャン総会にも程があるPD懇(投資家懇の方も似たようなもんでしょうと思う)ですが、まあそれだけ日銀が市場介入していて、達観してみると市場が動かんというか、イールドカーブの形状としての傾向が変わらん上に、日銀買入という最終投資家と関係ないニーズがドカンとあってそっちが市場を支配しちゃっているから、参加者の見解が揃ってしまう、とまあそんなことを考えますとやっぱりYCCイクナイ、という話になりますな、うんうん。

でもって今回の『2. 最近の国債市場の状況と今後の見通しについて』はほぼオマケのような扱いで2名だけのコメントが掲載されていますな。

『・ブレグジット関連の報道や、FRB副議長によるハト派発言などもあり、足元、海外マーケットが大きく動いている。FRBの動向に関して特に注目しており、FRBの来年の利上げの打ち止め見通しが、生保の投資方針にも影響すると考えている。仮にリスクオフが続き、FRBの利上げの打ち止め見通しが示され、円高局面になっていくのであれば、生保としては、低い金利の日本国債を買うよりは、オープン外債投資の方にシフトしていくのではないか。従って、日本国債のイールドカーブがブルフラット化していくのは、まだ早いのではないかと考えている。ただし、円高局面にならなければ、生保は日本国債に回帰せざるを得ないだろう。

一方で、日本銀行が、国債買入オペの柔軟化の一環で買入額を減額していくことで、スティープニングの流れになっていくとも考えており、足元のブルフラット相場は短期的なものに終わるだろうとも考えている。』

金曜のクラリダ副議長発言を火曜にネタにするとか足元にも程があるコメント(しかも動いたって言ったって別に10年3%割ってないんだし)ですが、まあそれだけ「最近の国債市場の状況」について話をすることがないという事ですな。

『・日本銀行が7月末の金融政策決定会合において、長期金利の変動幅拡大を容認して以降、一旦は金利上昇したが、足元、金利水準が戻ってきている。その過程において、債券市場における流動性や機能度等が改善しているのではないかとの話も出ているが、米金利の動きとほぼ似たような形で、円金利も動くようになってきた点はよい方向に向かっていると思う。ただし、今後、米金利が更に低下したとしても、これ以上円金利は低下しにくく、一時的に債券市場の流動性や機能度の改善はあったものの、まだ完全に実需を反映した価格で取引がなされているわけではない。引き続き、日本銀行の動きを見ながらの相場が当面は続いていくだろう。』

別にいちゃもんつけるというつもりではないのですが、2本とも何か纏まりの無いコメントじゃなあと思う訳ですが、それは別にゆうてる人たちがどうのこうのなのではなくて、まあ要するに円債市場ちゃんの方が何の主体性もなく(主体性をもって取り組んでいるのは輪番やってる日銀金融市場局だけですかそうですか)テーマも無いという状態(輪番ネタ以外日々のネタにならんというこの惨状)だからということでしょうな、うんうん。


〇置物日記日記:QQEで実際に起きたことの説明が色々とアレ

さて先日ネタにした「ヨーロッパの研究者の皆さんにご説明した話」なのですが、「政策金利を引き下げることによって、銀行貸出を増やし、それによって景気を回復させて、デフレを回避しようとしたり、デフレから脱却しようとしたりする金融政策は効果的でない。」のに、「短期名目金利ではなく、長期名目金利を引き下げる一方で、中長期の予想インフレ率を引き上げることによって、長期の予想実質金利を引き下げることが必要である。」という謎理論を披露した後に、じゃあどういう事をしてるのという部分を折角ですので引用しますが、何か色々とアレでしてですね・・・・・・・・・

以下(岩田(2018))となっているのは「日銀日記-五年間のデフレとの戦い 岩田規久男著」 筑摩書房 ISBN978-4-480-86459-8 C0033 \2500Eからの引用です(縦書きを横書きに直し、漢数字を英数字にしております。引用者はタイポ等慎重に確認しておりますが、引用ミスがあるかもしれません、なお文章の趣旨に関わる重大な引用ミスはない筈です)。

本文150ページ、日付は先日ネタにした部分の続きですので、(2014年11月11日)になります。

『長期の名目金利を引き下げる主たる方法は、中央銀行が満期までの残存期間の長い国債(以下、長期国債という)大量に購入すること(長期国債買いオペ)である。13年4月に開始された「量的・質的金融緩和」では、買いオペ対象の長期国債の平均残存期間は約7年である。これにより、イールド・カーブ(国債の利回り曲線)全体に大きな下押し圧力が働き、国債の金利は残存期間にかかわらず低下する。』(岩田(2018))

中長期の予想インフレ率が上がったらフィッシャー効果で名目長期金利上がる可能性がある(現実問題としてQQEぶっこんだ時には円安と株高が進んだのと、その前にロングがしこたま溜まっていたのもあって金利って当初は上昇したんですよね、金利上がってるの見て株が頭打ちになったところから金利下がったんですけど)んですがまあそこは措いておこう。

『一方、中長期の予想インフレ率を引き上げるためには、残存期間の長い国債を大量に購入するだけではなく、何を目的に、どのような状態になるまで長期国債を買い続けるかを明確に約束(コミットメント)することが不可欠である。』(岩田(2018))

『「量的・質的金融緩和」は、この強いコミットメントの下に、大量の長期国債購入を中心とする資産購入によって、マネタリーベースを2年間で倍増する、というコミットメントを裏付けるアクションをおこすことによって、民間の中長期のインフレ予想形成(一般的には、期待形成と呼ばれる)に働きかけようとするものだ。』(岩田(2018))

ぷぷぷ。

『「量的・質的金融緩和」政策実施以後、長期名目金利が低下する一方で、中長期の予想インフレ率も上昇し始め、長期国債の予想実質金利はマイナスになった。これは、預金や国債などの名目利息が固定された金融資産の保有を不利にする一方で、インフレに強い株式や不動産の保有を有利にする。そのため、預金や国債から株式や不動産へのポートフォリオ・リバランスが進み、株価や不動産価格や株式や不動産を組み込んだ投資信託の価格が上昇する。』(岩田(2018))

いやだから本当にインフレ期待が上がったら実質は下がるかも知れんが名目は上がるって。インフレ期待に直接働きかけて上昇させるってゼロ近辺のものを2%にしようってんだからそれ名目金利はフィッシャー効果がちゃんと効けば上昇しますがな、ということで師匠の説明名目の話と実質の話がごちゃごちゃで何を言ってるのかよくわからん。あと、個人投資家みたいな話をしてるけど、機関投資家(年金なども含む)って預金者なり契約者なりに定時的に支払いが生じるからキャピタルゲインとれたから良いとかいう単純な話じゃないんですけどね、まあいいけどさ。

『また、海外と日本の名目金利差の拡大(海外金利から日本の金利を引いた値)と海外と日本の予想インフレ率の差の縮小は、過度の円高修正・外貨高をもたらす。外貨高は外貨建て資産を保有している家計や企業(特に、輸出企業)や金融機関や機関投資家にキャピタル・ゲイン(資産価格の上昇の利益)をもたらす。』(岩田(2018))

うーんこの、なんちゅうか在外資産がすべてキャピタルゲイン狙いのものという考えなのでしょうかねえ、まあいいけどさ。

『以上のようにして、各経済主体のバランスシートが改善する。バランスシートが改善し、キャピタル・ゲインを得た家計と企業は、それぞれ。消費・住宅投資と、配当・賃金支払いを増やす。』(岩田(2018))

すさまじくナイーブってか、そもそもバランスシートが傷んで過剰債務があるのを金融政策で何とかするって発想がちょっとおかしいので話がどうも・・・・・・・

『配当と賃金の増加は消費の増加をもたらす。バランスシートの改善により、企業はリスクをとり易くなり、設備投資や研究開発投資やイノベーションに積極的になる。さらに、適度の円安が定着すると予想するようになれば、海外投資を抑制し、国内投資を増やすようになる。これにより、製造業の海外生産移転の動きと、したがって、国内空洞化が抑制される。これは大都市圏だけでなく、地方圏における雇用をもたらす。』(岩田(2018))

そんなこと起きましたっけ??????

『円安は海外製品から国内製品への需要転換をもたらすから、たとえ、輸出の増加が小さくても、輸入競争産業(農産物などの食品や旅行サービスとそれに関連する消費財。たとえば、インバウントと呼ばれる外国人の訪日旅行の増大)に利益をもたらす。』(岩田(2018))

『以上のような、内需の拡大は、デフレから脱却して緩やかなインフレへの移行を可能にする一方で、雇用需要を増やして、失業率の低下をもたらす。失業率が低下するにつれ、物価と共に賃金も上がり始め、生産性の上昇と相まって、実質賃金も上昇に転ずる。』(岩田(2018))

『以上のことは、「量的・質的金融緩和」以後、実際に日本で起きたことである。』(岩田(2018))

・・・・・・・・うーんこのという感じでして、師匠の話って全般的に「風が吹けば桶屋が儲かる」テイストが強いのでもう何だかねと思う訳ですが、しかし本日は置物日記日記も裸足で逃げ出す物件が東洋経済方面から投下されているのでありました。


〇ハマコーェ・・・・・・・・・・・・・

アタクシもこの物件今朝気が付いた(というか本石町日記さんのツイッターで知った)のでその衝撃に頭がクラクラしてしまい、他に何かネタを考えていた筈なのにぶっ飛んでしまいましたし、だいたいからして1ページ目で衝撃を受けて全文読むに至っていないのでまあその先は読んで味噌という所なのですが・・・・・・・

[外部リンク] 5:20

ということなので昨日の朝には出てたのね。でまあ8ページもあって最初の1ページ目でノックアウトされてしまったので後の方を読んでない(訳でもないが目は追ったが頭に入れて消化できない・・・・・・)のですけど、まあ今の所全部読めるようなのでご覧あれという事で。

もう最初の大先生の言葉でちょっと大いなる衝撃を受けてしまったんですけど。

『浜田宏一:自分で褒めるのも何ですが(笑)、アベノミクスは効果を上げたと思っています。5年で250万人以上の新たな雇用が生まれた。後楽園ドームの収容人員が5万人ですから、その50個分です。ホームレスのテント村も顕著に縮小してきた。国民所得は約25兆円増えました。』(上記URL先記事より、以下同様)

物価はどうした、というツッコミをしたくなるところに大先生の物凄い説明が来る。

『われわれの経済生活には物価上昇が重要なわけではない。雇用が重要だし、新卒学生が職業を選択できる状態をつくった。それは認めていただきたい。マネーの量的効果を軽視する人がまだ日銀にいて驚きましたが。』

>われわれの経済生活には物価上昇が重要なわけではない

『ただ2013〜14年には「期待」の効果も働いたのですが、時間を経るにつれて、金利は当然、効かなくなるし、マネーの量の効果も薄れてきた。為替も動きにくくなってきたと思います。』

何だよそれ。

『現在、日銀審議委員の中には、まだ物価が上がっていないから「金融緩和を拡大せよ」って言う人もいますが、一部の業種では非常に労働が逼迫して、日本経済は供給過剰から、供給が制約になる状況に変わっています。ですから、金融政策も正常化に向かっていくでしょう。需要はもう天井に来ているので、天井そのものを上げる政策、すなわち成長戦略のほうが重要になってきています。』

>現在、日銀審議委員の中には、まだ物価が上がっていないから「金融緩和を拡大せよ」って言う人もいますが
>現在、日銀審議委員の中には、まだ物価が上がっていないから「金融緩和を拡大せよ」って言う人もいますが
>現在、日銀審議委員の中には、まだ物価が上がっていないから「金融緩和を拡大せよ」って言う人もいますが

・・・・・・・・・とりあえず片岡審議委員のご見解を拝聴したい、というかこの前の置物日記日記でネタにしましたけど、2年で2%達成させるために日銀当座預金幾ら必要かとかいう計算って置物じゃなくて片岡さんがしていたとかありまして、あんさんら片岡さん使い捨てってそれ人としてあまりにも酷くありませんかって思うし、そう思うなら片岡さんの部屋に乗り込んでいって正常化しろって膝詰め談判でもしてこいやという感想しか湧きませんな。

とまあそういうことで、いきなり最初から衝撃の出オチが出てくるわけですが、出オチが衝撃過ぎてそのあとを読もうとしても字面を追うだけで中身が頭にまだ入ってこないので、衝撃から立ち直ったら続きのネタにするかもしれませんが、置物師匠といいハマコー大先生といい何なんですかということで本日も朝から血圧が上昇して大変に健康に宜しくないアタクシなのでした。

なお、浜田大先生のご高説に関しましては、
[外部リンク]
 


お題「どうせ円債はネタがないので米債ということでクラリダ副議長のCNBCインタビュー関連記事をCNBCのサイトから」   2018/11/21(水)08:08:33  
  いろいろとひどいな。
[外部リンク] 21:07 コピーライト一般社団法人共同通信社

[外部リンク] 13時04分

〇うーんこの米国金利下がりたがりモード

[外部リンク] / 05:47 /
米金融・債券市場=国債利回り低下、世界的な株安で質への逃避買い

30年債 15時45分 3.3147% 前営業日終値 3.3160%
10年債 15時45分 3.0573% 前営業日終値 3.0590%
5年債 15時45分 2.8782% 前営業日終値 2.8660%
2年債 15時45分 2.7996% 前営業日終値 2.7830%

『米金融・債券市場では、10年債利回りが低下し7週間ぶりの低水準を付けた。世界的な株安でリスク選好が後退、国債に質への逃避買いが入った。また感謝祭の祝日を控え、ポジションを手じまう動きも見られた。』

『株式市場ではアップルの業績懸念などから売りが膨らみ、ダウ平均株価は一時600ドル以上値下がりしたほか、ハイテク株の多いナスダック総合指数も2%を超える下げとなった。供給を巡る懸念から原油先物相場も6%超急落した。』

『世界経済の減速が懸念される中、投資家らは減速が米利上げの道筋にどのような影響を及ぼすかを見極めようとしている。クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長は前週「世界的な減速を示唆する証拠はある」とした上で、貿易や資本市場を通じて経済に大きな影響を与えることから、米経済の見通しを考える上で関連する問題だと述べた。またパウエルFRB議長は、米経済が非常に強く、成長は続く可能性が高いとの認識を表明。ただ、住宅セクターの減速の兆しや高水準の企業債務を注視しているとした。』(以上上記URL先より)

ということで先週来あばばばばーという感じになっておりますが、FEDがこの状況に関してやべーと思っているのか健全な調整(キリッ)と思っているのかは今の所よー分からんところがあって、いやまあ確かに市場の方では連銀高官の発言を捕まえてハト扱いしていますけれども、中立金利までは上げるとは言っているのでそこまでハトかいなというのは多少ある次第、とは言いましても足元の一連の前は「中立金利を越えて利上げするかも知れんで」というメッセージだしていたりもしたので、そこから比べると少し後退した感じもしますけど、そもそもが中立金利を越えて利上げ云々ってのが足元の強さを反映してオーバーヒートを牽制しようとしている面があったと思うので、これはこれで今後どう出てくるのか(どうせ12月は利上げするんでしょう、と思うけどそのあとに出てくるメッセージが気になりますな)というのを見ながらどの程度腰が引けているのかを見ていくって感じでしょうか。ちょっと足元は債券買い地合いのムードで威勢よくやっている感がありますが(個人の感想です)。


〇クラリダ副議長の先週のCNBCでのインタビュー記事がございましたので遅ればせながら鑑賞鑑賞

ところでクラリダさんの先週の記事が見れたので(気が付くのが遅いと言われそうですが、地区連銀とFEDのサイト以外のネタって基本的に毎度おなじみセントルイス連銀のFOMCSpeak([外部リンク] Clarida says central bank getting closer to neutral and should be 'data dependent' on more hikes
Jeff Cox @JeffCoxCNBCcom
Published 8:42 AM ET Fri, 16 Nov 2018 Updated 11:56 AM ET Fri, 16 Nov 2018

ということなので実は金曜に出ていましたすいません。

『・Federal Reserve Vice Chairman Richard Clarida said the central bank's benchmark short-term rate is getting closer to a "neutral" level.』

『・The distinction is important for the Fed as it moves to a policy that is neither restrictive nor stimulative.』

『・In a CNBC interview, Clarida also said the U.S. economy is in good shape though pockets of the world are "slowing."』

ということで、インタビューについては動画ちゃんがあるようですが、動画なだけにネタという訳にもいかず(汗)記事の方を鑑賞しますと・・・・・・・

『The Federal Reserve is close to the point of being "neutral" on interest rates and should predicate further increases on economic data, the central bank's vice chairman said Friday.』

で、問題の「中立金利水準」ってどうなんですかという話ですが、

『Recent appointee Richard Clarida told CNBC's Steve Liesman that nearly three years of increases have brought the Fed's short-term interest rate near where it is neither restrictive nor stimulative, a key consideration when considering the future path of monetary policy.』

CNBC's Steve LiesmanといえばFOMC後の議長会見の時に毎度登場する著名な方の一人。でもってその人とのインタビューだからちゃんとした話になっているということでしょうな。

・・・・・・・でですな、中立金利水準に関しては「a key consideration when considering the future path of monetary policy」という話をしておりまして、ほうほうそうですかと思うのですが、一方で最近のパウエル議長の話のトーンだとどうせ後付けの推計値しか出てこない中立金利水準について細かく議論することよりも、経済物価情勢の現状と先行き見通しを勘案しながら金利を調整していく、という話になっていた感があって(個人の感想です)、その場合足元では特に財政による刺激部分が効いているので、やや金利はロンガーランよりも高い水準でもええんじゃないのみたいな感じのふわっとした感じでややタカっぽい感じの話をしていた、というイメージがありました。

『"As you move in the range of policy that by some estimates is close to neutral, then with the economy doing well it's appropriate to sort of shift the emphasis toward being more data dependent," Clarida said during a "Squawk Box" interview, his first public comments since being confirmed in September.』

中立金利に近づいてきて、経済状態が良好な状態であれば政策運営はよりデータディペンデントなものにシフトしていく、というお話をしていたとのことでして、まあ冷静に考えたらそらそうよとしか言いようのないお話をしているのですが、そらまあ最初のまとめにありますように「central bank's benchmark short-term rate is getting closer to a "neutral" level」というのが示されていて、市場がハト材料に反応しやすい地合いだったらハト反応するわなとは思うのでした。

『He spoke at a time when the markets are watching Fed speakers closely for what happens next with rates. Fed Chairman Jerome Powell helped stoke market volatility in mid-October when he said the central bank remains "a long way" from neutral, an indication that it would be more aggressive with policy than investors had anticipated.』

やはり米国での見方としてはパウエルがタカ派ってイメージなんですな。まあそうだと思いますけど、パウエル議長って中立金利に対してそんなに遠いって話してたっけとなると(過去ログの整理をさぼっているツケがここに出てきて来るのでちゃんと確認できないので3連休使ってやらないと、と思っていますが、汗)なんか市場ちゃんもそこまで盛大にタカ評価してるんかいなと思ってしまうのですが・・・・・・・・・

『With his comments Friday, Clarida becomes the second central banker in as many days to suggest that neutral isn't so far away. Atlanta Fed President Raphael Bostic, in a speech delivered in Barcelona, said Thursday that the federal funds rate is "not too far" from neutral.』

ということで、FEDwatcherのひとりでありますところのCNBCのSteve Liesmanさんのインタビューを受けたこちらの記事(エディターのJeff Coxさんも会見に出ていたりしたような気もせんでもない)ですが、現状の金利に対して中立金利に近いと評価した2名目(一人目はアトランタ連銀のボスティック総裁)という評価になっていますな。

『Clarida's remarks "continued the process of softening the Fed's message, emphasizing the need for the Fed to be data-dependent as interest rates move close to the lower end of the range of estimates for the neutral rate," Krishna Guha, head of global policy and central bank strategy at Evercore ISI, said in a note.』

中身の前に「Evercore ISI」の方に反応してしまうのが市場脳にも程があるアタクシですが、中立金利に近くなったらデータディペンデントなのか、中立金利以降がデータディペンデントなのか、というのは議論の余地があるのではないかと思います。まあ現実問題としてはその中立金利水準が後付けじゃないと分からんので、「どこで止めるのか」というのは非常にヤヤコシヤな問題でして、今までのように3カ月ごとのオートパイロットではアカンという事になるんでしょうが、来年はどこで一旦打ち止めになってその後両にらみになるのか、というのが焦点(今の所アタクシは2.75-3.00の水準まではオートパイロットと思っている(のであと3回)のですがさてどうでしょうかね)というお話。ただ手前で止めちゃうと追加利上げ余地を残して残尿感が出るという奴ですので、打ち止め感を出すのかどうかという捌きもどう考えているのかよくわからん。12月利上げしたら(ここから株が更に2割とか下がったらしないと思いますが多少の事ならやるっしょ)少し見えてくるのでしょうか。

『Clarida noted that the most recent projections from Federal Open Market Committee members indicate that the long-run funds rate projection is 3 percent. The current funds rate target range is 2 percent to 2.25 percent, with markets widely expecting the FOMC to approve another quarter-point increase in December.』

クラリダ副議長も結局のところ「ではどこが中立か」という話はスルーしていて、SEP使って皆さんのレートを出している辺りはまあ慎重というか決め打ちできないというか(中立金利なんてしょせんそういうもので、正直言って中央銀行の人間が中立金利の話を(事後的な分析レポートペーパーとかじゃなくて)出してくるときってのは、基本的に「政策としてこれをやりたい」というのがあって、それを理屈の上で正当化するために出してくるものである、と中央銀行の行動をそれなりに外野からボケーっとみておりましたが思う訳でして、実際には「中立金利とかの細かい話をするのではなくて経済状況全般を見ながら現状と見通しを勘案しながら運営するもんじゃろ」とゆうとるパウエル議長と本質的に大差はないと思うの。むしろエバンスみたいなタイプが「ザ・中立金利」みたいなのを追っかけて詰めていこうって感じじゃないかなー(個人の感想です)。なお理論を色々出してくるのは面白いのですがブラード総裁の場合はSEPでロンガーランの数値を出したがらないという変態。

『"I think being at neutral would make sense," he said.』

ということでとりあえず中立よりも若干リストリクティブにしておく、なぜならば経済に追い風が強いので、というようなスタンスではないのは把握した。

『In the October interview with PBS, Powell said the Fed may actually want to go past neutral if it sees a need to stop the economy from overheating.』

『While Powell's comments helped rankle markets, Clarida said "there is no clear signal" from the markets about the direction of the economy. He also defended the Fed's actions from criticism that it is moving too quickly with rates and could harm the momentum seen over the past two years.』

『While he said the U.S. economy continues to grow, he did not a slowdown globally that could factor into the Fed's decision-making.』

パウエル議長の発言に対する感想を聞かれたりしているようですが、結局のところパウエル議長もデータ次第と言っていますし、そもそもザ・中立金利に対する思い入れがない(というよりも政策論議上中立金利を過度に重視するのはイクナイと思っているように見える)ので、クラリダ副議長のように「中立金利まで上げたらそこで様子を見る」というのではなくて、そもそもがデータディペンデントおじさんなのと、たぶん金融不均衡の拡大に関する部分の認識というか問題意識の大きさの方が今のFED高官の中での意見差に出ていると思う(経済物価見通しにそこまで大きな差があるようには見えない)ので、そっちの話を敷衍した記事を見たかったなとは思いますけど、まあそれはそれとしまして、クラリダ副議長は別に今のFEDのスタンスなりに文句を言っている訳ではないですし、足元の海外経済やら国内経済の動きを見て今すぐに利上げ打ち止めしろというようなスタンスではないようには見えるのですけれども・・・・・・・・

『"The economy this year as I said is going to be growing at a pace we haven't seen in a decade. Going forward, you have to look at a lot of trends, including the global economy ... Some of it is slowing," Clarida said. "Broadly, we're going to set a policy that will help us achieve the mandate given to us by Congress."』

と最後に来ていまして、

『"At least from my perspective, we're at a point now where we need to be especially data-dependent," he added.』

というまとめになっているので、この記事を見ると確かに中立金利に近くなっているのではという認識は示しているのですが、マーケットの人たちの場合こういう言い方されると「じゃあ早速利上げ打ち止めも含めたデータ次第キタコレ」とかなるんですけど、だったらSEPの話とか出してこない訳で、SEPの話を出しているということはこの「we're at a point now where we need to be especially data-dependent」ってのも本当の意味での今じゃなくて、幅をもった概念として言っている可能性の方が高くねえかと思ったりもするので、まあタカ派じゃないのはよくわかりましたが、市場が大喜び(なのかどうかわからんが)する程のハトとして受け止めるのはさすがに保留したいと思いました。

・・・・・・とか言いながら結局記事を思いっきりネタにしてしまいましたCNBCさんすいません海外行くと(見れるときは)いつも見てますCNBC(他の経済ニュースと比べてディーリングルームっぽいというか、企業決算出たり経済データが出た側から能書き垂れる人たちがガハハ笑いしながら大声で下品に解説してるっぽい(「っぽい」という辺りお察しください、汗)のが雰囲気だけでもオモロイと思うんですがどうでしょうかねえ)、と頼まれもしないのに宣伝しておきます(汗)。
 


お題「FRB関連でクラリダ副議長とダーリーSF連銀総裁ネタ/置物日記日記」   2018/11/20(火)07:56:07  
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011712211000.html
プーチン大統領「2島の主権について引き続き協議が必要」
2018年11月15日 19時55分

えーっとこれエリツィンの時(でしたっけ)よりも後退してない????気のせいだったら良いんですけど。

〇日銀ネタもイマイチなので出稼ぎモードで米国モード

・クラリダ副議長とな

ほほう。
[外部リンク] / 07:07
米金融・債券市場=利回り低下、FRB副議長が利上げサイクル終了示唆

『米金融・債券市場では、米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長が米金利はFRBが中立金利と見なす水準に近づいているとの見方を示し、現在の引き締めサイクルが近く終了する可能性が示唆されたことで、国債利回りが低下した。』(上記URL先より、以下同様)

ほうほう。

『10年債、30年債、2年債の利回りが2週間ぶりの水準に低下したほか、5年債と7年債の利回りは2カ月ぶりの低水準を付けた。』

ほっほー。

『クラリダ副議長はCNBCのインタビューに対し、金利がFRBが中立的な水準と見なす2.5─3.5%に近づくにつれ、政策担当者は労働市場とインフレ動行(原文ママ)を緊密に注視する必要があると指摘。「現在は特にデータに依存する必要がある時点に差し掛かっている」とし、「経済の現状、およびFRBの景気見通しを踏まえると、中立的であることは理に適う」と述べた。米上院はクラリダ氏の副議長指名を8月に承認。この日の発言は承認以来初めての公の場での発言となる。』(以上上記URL先より)

でもってFRBのサイトの方を見に行ったのですが、惜しくもCNBCのインタビュー記事は出ていない(FRBはメディアとの単独インタビューのような物件の場合はサイトに掲載されません、まあ日銀とかもそうだから(ニュースワイヤーの著作権とかの問題があるんでしょうかね)同じなんですけど)ので、内容は確認できないのですが、そもそもクラリダさんの言っている中立金利の幅が広すぎで、実際にはどこで打ち止めになるのかというのがよー分からんですな。

まー毎度申し上げていますが、FRBの捌きが難しくなっているのって、マンデートは達成した形になって安定しているように見えている中でさあどうしましょって話で、マンデート達成してニヨニヨしていると金融不均衡が発生してバブルになられると困る訳で、米国の資産市場は隙あらばゴルディロックス相場ヒャッハーをやりたがるので適当に水をぶっかけて回らないといけなくて、かといってオーバーキルはしたくないという状態の中、たぶん一番美しいのは「打ち止め感を出さないようにしながら中立金利水準になった時にゴルディロックス相場を作らせないためにはどうしたらよいか」という事だと思うの。先週出てきた謎の「政策枠組みの見直しを皆さんも一緒に参加してやっていきませんか???」というリリースもそういう線から来ているんじゃないのかと思う次第。

現状ではまだ中立金利よりは金利が低いのですからもうちょい(あと3回はやるじゃろ、と思うんですけどねえ)利上げするにして、株が暴落されても困るのだがヒャッハー相場でホイサホイサと上昇されても困る訳です。さてどうするんでしょ。


・ダーリー総裁ネタの続き

[外部リンク] made to the Regional Economic Development for Eastern Idaho?
Idaho Falls, Idaho
By Mary C. Daly, President and Chief Executive Officer, Federal Reserve Bank of San Francisco
For delivery November 12, 2018

Download PDF Version (236.97 kb)
[外部リンク] we at full employment? 』という部分になる。

『That summarizes where I see the economy and policy headed. But there are always uncertainties. We’ve been surprised at how long it’s taken inflation to return to target. This has raised questions about whether the economy has truly reached its full potential. In other words, are we at the point where growth will be increasingly constrained by bottlenecks and other supply factors, rather than inadequate demand?』

そもそも今は実際に経済がポテンシャル通りになっているのか、という点を考えないといけませんということで、

『In the labor market, this idea of an economy at its potential corresponds to full employment.』

そこで労働市場の完全雇用に関する考えになる。

『Hence the question: “Are we at full employment?” While we frequently summarize the state of the labor market with the unemployment rate, we always look at a wide variety of other labor market indicators. These include broader measures of underemployment that take into account individuals who are out of the labor market or stuck in part-time jobs. We also watch an array of independent data series on job openings, worker quit rates, reported job availability and difficulties filling jobs, and others. Essentially all of these indicators are flashing bright green: they’ve met or moved beyond their values from past peaks, signaling a labor market that is indeed at full employment.』

失業率以外の色々なデータも緑信号を示しているそうな。ところが・・・・・・・・・・

『The key exception is continued low rates of labor force participation.』

労働参加率に着目とな。

『This refers to the fraction of the working-age population that is either employed or is unemployed and actively seeking work. My first chart shows the patterns in participation over the past 25 years for the overall population ages 16 and over and for workers in their prime working years, corresponding to ages 25 to 54.』

一々解説を入れているので長いがプライムエイジ層(25-54)の労働参加率に関してのお話。

『You can see that the overall rate has generally been on the decline since the year 2000. Demographics play a big role-specifically aging, as many of the baby boom generation head off for retirement. 』

『But an aging population doesn’t explain everything. The chart also shows a drop in labor force participation among prime-age workers. Like the overall rate, prime-age participation peaked around the year 2000. It fell around the 2001 recession and then took an even steeper tumble during and after the Great Recession of 2007 through 2009. It reached a low point in 2015, nearly eight years after the initial downturn. We’ve seen a bit of improvement since then. But currently, the prime-age participation rate is significantly lower than it was in the 1990s. 』

HTMLの方だと図表がくっついていまして、労働参加率は全年代では低下傾向、プライムエイジ層では足元回復しているけど過去のピークよりは低い状態ですので、全年代での低下だけだったら人口構成で説明できるけどそうでもないよねと。

『This raises the question-why aren’t Americans working like they used to?』

ミクロで言われたら大きなお世話とか言いそうですが(笑)。

『Some observers think this reflects a labor market that hasn’t yet recovered from the last recession. But my reading of the evidence suggests that longer-term factors are at play. 』

長期的ファクターとは???

『A number of influences have been identified. Research by San Francisco Fed economist Nicolas Petrosky-Nadeau and his coauthor Bob Hall suggests that some of the drop owes to economically secure families opting in favor of one employed spouse rather than two.5』

『In other words, there may have been some shift toward the “life” end of the work-life balance.』

ええことやん、と思うが後の方でそれに対する論点がある。

『Another factor behind the decline is ongoing job polarization that favors workers at the high and low ends of the skill distribution but hinders those in the middle.』

中間層向けの仕事が減っているとはアカンですな。

『This is mainly due to changing technology. I know for myself, I never call a travel agent anymore. With a few taps and swipes on my phone, I can book a trip to almost anywhere in the world in seconds. But it goes far beyond that: our economy is automating a wide range of jobs in the middle-skill range, from assembly lines, to call center workers, to grocery checkers. 』

やるなダーリーおばさん。ワシは旅行代理店のパッケージツアーに堂々行くわ。

『A growing body of research finds that these pressures on middle-skill jobs leave a big swath of workers on the sidelines, wanting work but not having the skills or flexibility to keep pace with the ever-changing economy.6 』

という中間層の業務が機械化でなくなっているという話でした。


次の小見出しが『What to do?』でして、

『I’ve argued that low workforce participation reflects long-term challenges. Good monetary policy can’t directly cure these problems. But as I’ve already noted, it can help by keeping the expansion going. Recessions cause long-term damage to workers’ employment and wage prospects.7 Keeping the economy on an even keel can help avoid these problems.』

金融政策でどうこうする問題ではなく、金融政策は景気の下支えをして問題の解決をしやすくするだけですけど・・・・・・

『But much can be done beyond good monetary policy. We shouldn’t think of “full employment” as a fixed target, but instead think of it as something that can be moved. From that perspective, there appears to be quite a bit of upside potential for U.S. workforce participation.』

労働参加を上げる方法とは??

『International comparisons are helpful on this point. The next chart shows the prime-age participation rate in Germany, Canada, the United Kingdom, and the United States. In these other advanced economies, participation has increased overall and now stands well above the rates observed in the United States. This is especially striking because, just like the United States, these countries are facing long-term challenges like labor market polarization. Yet, they have managed to offset the downward pull on participation rates.』

この次にHTMLだとグラフが出てくるのですが、1992年以降の米国、英国、ドイツ、カナダのプライムエイジ層の労働参加率の推移をみると確かに米国だけ伸び悩み。

『What factors have contributed to this growing divergence between us and other countries?』

なんでしょうか、ということで・・・・・・・・・

『Education is one. Like most advanced economies, job creation in the United States has tilted toward jobs that require a college degree.8 But we’re not adequately preparing our new workers for the jobs of the future. Although the share of young people with four-year college degrees is rising, we are falling behind many of our international competitors.9 』

『So where should we focus our efforts when it comes to increasing college education? A good place to start would be reducing the educational attainment gap across students of different races and ethnicities. Equalizing opportunity and access to higher education has substantial upside potential for overall growth, as well as for enhancing the economic mobility that is at the core of our American identity.10 』

学卒者が求められるという中で、特に人種やジェンダーによる進学率の差があるようですな。これを改善しましょうと。

『But education is not the only answer. There are other things that can be done. The United States versus Canada comparison is especially telling (chart). You can see a growing participation gap between the two countries since the late 1990s. By 2017, the prime-age participation rate was over 5 percentage points higher in Canada than in the States. This is a startling difference. It represents about 6.7 million additional individuals in the U.S. who could be in the labor force. 』

次の図表ではカナダとの比較があって、1992年以降の参加率推移が思いっきりワニの口状態になっています。

『In a research report scheduled for public release tomorrow, I worked with current and former San Francisco Fed staff to try to understand this gap.11』

[外部リンク] Economic Letter
2018-24 | November 13, 2018
Why Aren’t U.S. Workers Working?
Mary C. Daly, Joseph H. Pedtke, Nicolas Petrosky-Nadeau, and Annemarie Schweinert

というのが出ていますが今日はそこまで届かない(届くつもりだったのですが、汗)。

『We found that it’s mostly due to differences for women: they account for about three-fourths, or 5 million, of that 6.7 million total. And it’s not a matter of differences in educational attainment: the Canadian edge is generally evident across all educational groups.』

要因は女性の労働参加ということで、さきほどは教育の話でしたが、必ずしもこの部分は教育とは関係ないそうで・・・・・・・

『Why is there such a large gap in women’s participation rates across the two countries? We discuss some tentative but compelling answers in our research note.』

暫定的な結論として以下のようなものを得た。

『Government subsidies for the cost of childcare in Canada may play a role, supporting the return to work for parents?especially mothers?with young children.』

出産後の母親の労働市場への復帰の問題のために子供へ政府が行う支援策が効いているとみられる。

『Probably more important, though, are Canada’s generous parental leave policies. Workers are assured of being able to return to their prior job, with the same compensation, after taking a prolonged parental leave-up to a year and a half in some provinces. They also receive payments that replace much of their lost income during leave, funded out of the nation’s employment insurance system. This system encourages people to return to jobs rather than drop out of the labor force following the birth of children.』

出産や育児休暇中における所得補償制度や、職場復帰後の所得水準の保証制度などが有効に機能しているようですな。

『Now I’m not advocating we adopt the Canadian system or recommending any particular policy. But the comparison with Canada, as well as with other industrialized nations, shows that policy matters and that, with the right mix of skills and support, there’s meaningful potential for increasing U.S. workforce participation.』

カナダの例をそのまま使えるかは別にして、比較するとそういう部分がプライムエイジ層の労働参加に効いているというのが言えそう。

『The Fed can help by making sure that the economy continues to grow, creating work opportunities for wide swaths of the population. But over the long term, it is equally important to develop more supportive educational and family policies, so that individuals are encouraged to take advantage of those opportunities.』

FEDが直接どうこうとはできませんが、教育や家庭への支援などに関しても重要なことであり、個人が挑戦する機会を整備するというのは米国の政策として重要でしょう。とこの講演後半のこの話の方が本来ダーリーさんのやりたかった話で、さっきのペーパーとなるのですが時間の都合で割愛。


〇置物日記日記:この高尚過ぎる理論がさっぱりわからん

毎度おなじみ置物日記日記でございますが、本日は2014年11月にヨーロッパの経済研究者と話をしたそうで、その時にどんな話をしたのか、というのが得々と示されている部分があるのだが、理論が高尚過ぎてワカランチ会長だったのでネタにしてみます。

ということで、以下(岩田(2018))となっているのは「日銀日記-五年間のデフレとの戦い 岩田規久男著」 筑摩書房 ISBN978-4-480-86459-8 C0033 \\2500Eからの引用です。なお、間違えないように慎重に引用し、誤字脱字もチェックしていますが、誤字脱字等あった場合は引用者のミスによるものです(内容が取り違うようなミスはない筈です)。

(2014年11月11日)の本文148ぺージからの部分になります。

『今日は、何人かのヨーロッパの経済研究者と話す機会があった。彼らの関心は、デフレ・リスクを抱えているユーロ経済がデフレに陥らないようにするためにはどのような政策をとればよいかについて、日本の経験を踏まえた意見を聞きたいということで、次のような意見を述べた。』(岩田(2018)以下同様ですが入れて起きますね)

以下師匠のご説明。

『日本の経験からすると、資産バブル崩壊後に、ディス・インフレ(インフレ率の低下)からデフレに至る過程では、政策金利を引き下げることによって、銀行貸出を増やし、それによって景気を回復させて、デフレを回避しようとしたり、デフレから脱却しようとしたりする金融政策は効果的でない。その理由は以下である。』(岩田(2018))

な、なんだってー!!!!金利下げてもきかないんだったら何すれば効くのーって思いますけど、その答えは後の方にありますのでそれはそれとして、まあ説明を聞いてみましょう。

『資産バブルが崩壊する前に、家計や企業は大きな債務を負って、設備投資や不動産や株式などに投資をしているが、資産バブルが崩壊すると、それらの投資資産の名目価値が暴落する一方で、債務の名目価値は変化しない。そのため、多くの家計、企業および金融機関(含む機関投資家)の名目純資産価値が暴落したり、それらの経済主体が債務超過に陥ったりする。金融機関についていえば、大量の不良債権を抱える状態である。』(岩田(2018))

バランスシート不況の話をしているのは分かるのですが、そもそも資産バブル時に発生したこととして、借入余力の拡大や、過剰な楽観に伴って、過大な設備投資が進んで、その設備が要はマクロ的に余剰となってしまったというのがあるのですが、どうも師匠はそっちのほうには興味がなくてひたすら資産価格にしか興味がない、というのがアレなんですよ、以下読めばわかります。

『名目純資産価値が暴落したり、債務超過に陥った(以下では、バランスシートの悪化という)家計や企業は、バランスシートを改善しようとして、物への支出を抑制して、貯蓄を増やし、債務返済を優先する。その結果、家計だけでなく、普通は資金不足主体である企業までもが、設備などへの投資を企業貯蓄(内部留保と減価償却費)以下にとどめ、余った資金を現金や預金で保有しようとするようになる。不良債権を抱えた金融機関はリスクが取れなくなり、資金を民間貸出ではなく、比較的安全な資産である国債で運用するようになる。』(岩田(2018))

んーっと何か話が妙なのですが、バランスシートが悪化した状態なのに何で余った資金を現金や預金で保有している訳なのでしょうかそれは(運転資金と予備的資金需要を除けば)債務返済に回ると思いますし、民間銀行が全体として預金超過になったのって2003年とかそのくらいの話で、その時点までは民間銀行は貸出超過(業態によってデコボコはあります、念のため)になっていたので、話の時代が随分先の方に飛んでいて、なんか同時期に発生する話と先に発生する話がごっちゃになっている気がするんですけど・・・・・・・

『このようにして、バブル崩壊後にディス・インフレからさらにデフレに進む過程では、家計でだけでなく、現金・預金を豊富に持っている企業の借り入れ需要もなくなる。』(岩田(2018))

えーっと、そもそもバランスシートが悪化して云々というメカニズムの中で何でディスインフレからデフレに進むのかの因果関係の説明がないですし、大体からしてバランスシート悪化している状態だと現預金が豊富にならないんですけど(債務超過の企業が金しこたま持ってたら金返せ運動が始まるだろうよ)、それから全銀が預金超過になったのは2000年代になってからですというのは先ほど申し上げました。

『そのため、中央銀行が名目金利を引き下げて、銀行貸出を増加させようとする金融政策はディス・インフレやデフレを止める上では効果は限られている。』(岩田(2018))

過剰債務がある状況で名目金利を下げれば債務主体の金利負担が減ってバランスシート改善の助けになると思うんですが、というかいつの間にこれ話がバランスシート調整問題の話からディスインフレデフレの話に化けてないか????

『また、ディス・インフレからデフレに陥る過程では、市場の短期名目金利はゼロに近い水準まで低下しているから、短期の名目政策金利を引き下げる余地はほとんどなく、ゼロ金利制約にぶつかる。』(岩田(2018))

さっきまで政策金利を下げても効果が限られると言っているのに何で市場の短期名目金利が勝手にゼロに下がるの???


『日本では、1994年頃から、消費者物価(除く生鮮食品)前年比が1%を切って低下し始めるディス・インフレが始まった。実際に、GDPデフレーターは1995年度にマイナスになり、消費税率が5%に引き上げられた97年度(消費税込みのGDPデフレーターは消費増税によって高くなる)を除いて、2013年度までマイナスが続いている。97年の消費税率の引き上げは、日本がディス・インフレからデフレに陥るリスクが増大しているにも関わらず、日銀が適切な政策を採用しようとしない状況で、実施された。』(岩田(2018))

何か話が・・・・・・・・・(政策金利は95年に0.5%に下がっておるんですが)

『実際に、不適切な金融政策と消費税増税が重なって、消費者物価前年比は1998年7月からマイナスになり、以後ほぼ15年の間、日本はデフレに悩み続けることになる。』(岩田(2018))

どうも置物師匠の中ではアジア通貨危機とか日本の金融危機というものは無いことになっているようですな。

『ディス・インフレまたはデフレの状態で、家計だけでなく、本来は、資金不足主体であるはずの企業までもが資金余剰主体になってしまっている状況では、金融政策は銀行貸出増加の経路ではなく、家計や企業の傷んだバランスシートを改善する経路を利用しなければ、デフレを阻止し、景気を回復させることはできない。』(岩田(2018))

その前のバブルで出来た過剰を解消しないでどうやってバランスシートを改善しろと仰せなのかという感じですし、バブルで出来た過剰が整理されないとそれは経済に余剰生産力がある状態を維持することになるのですから、ディスインフレ圧力として作用するだろいい加減にしろと思う次第。そもそも不良債権がバカスカある時に銀行貸出増加経路を狙って金利引き下げする訳はないので話が元々何が何だか分からんのですが分かりますこの説明???

まあそれはそれとしてこの次が・・・・・・

『家計や企業のバランスシートを改善するためには、株式や不動産の価格下落や外貨資産の円建て価格の下落を阻止し、引き上げる必要がある。』(岩田(2018))

いやあのバリュエーションが過大なものそのまま維持しようとする方がサステイナブルじゃないんですがまあそれは兎も角としてこの処方箋がですよ・・・・・・・・・

『そのためには、短期名目金利ではなく、長期名目金利を引き下げる一方で、中長期の予想インフレ率を引き上げることによって、長期の予想実質金利を引き下げることが必要である。』(岩田(2018))

さっきまで金利を下げて貸出を増やそうとしても効果が乏しいと言っていたのは何だったのでしょうか??????

以下長期国債を買えという話からQQEの話になるのですがあんまり調子に乗って長々と引用するのも何なので、じゃあ長期国債買入をしたらどうなるかという話は本日は割愛します・この続きもだいぶ何だかなあという話ではあるのですが、まあ前段の理論だけでお腹一杯で、説明している話の時空が同時期に起きていないことが同時期に起きるという亜空間殺法もビックリという置物亜空間理論にしか見えないのですが、まあこの調子で説明が部分部分であっていても全体の整合性とか全体の時間軸とかがとにかく合ってないので読んでいて血圧が上がるというのがお分かりいただけるのではないかと思いますし、先週末の東京のような好天の休みの元で読む気力を起こすの大変(なのであんまり読めませんでしたすいません)でしょ、ということでありますよ。
 


お題「FRB関連でクラリダ副議長とダーリーSF連銀総裁ネタ/置物日記日記」   2018/11/19(月)08:09:53  
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011712211000.html
プーチン大統領「2島の主権について引き続き協議が必要」
2018年11月15日 19時55分

えーっとこれエリツィンの時(でしたっけ)よりも後退してない????気のせいだったら良いんですけど。

〇日銀ネタもイマイチなので出稼ぎモードで米国モード

・クラリダ副議長とな

ほほう。
[外部リンク] / 07:07
米金融・債券市場=利回り低下、FRB副議長が利上げサイクル終了示唆

『米金融・債券市場では、米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長が米金利はFRBが中立金利と見なす水準に近づいているとの見方を示し、現在の引き締めサイクルが近く終了する可能性が示唆されたことで、国債利回りが低下した。』(上記URL先より、以下同様)

ほうほう。

『10年債、30年債、2年債の利回りが2週間ぶりの水準に低下したほか、5年債と7年債の利回りは2カ月ぶりの低水準を付けた。』

ほっほー。

『クラリダ副議長はCNBCのインタビューに対し、金利がFRBが中立的な水準と見なす2.5─3.5%に近づくにつれ、政策担当者は労働市場とインフレ動行(原文ママ)を緊密に注視する必要があると指摘。「現在は特にデータに依存する必要がある時点に差し掛かっている」とし、「経済の現状、およびFRBの景気見通しを踏まえると、中立的であることは理に適う」と述べた。米上院はクラリダ氏の副議長指名を8月に承認。この日の発言は承認以来初めての公の場での発言となる。』(以上上記URL先より)

でもってFRBのサイトの方を見に行ったのですが、惜しくもCNBCのインタビュー記事は出ていない(FRBはメディアとの単独インタビューのような物件の場合はサイトに掲載されません、まあ日銀とかもそうだから(ニュースワイヤーの著作権とかの問題があるんでしょうかね)同じなんですけど)ので、内容は確認できないのですが、そもそもクラリダさんの言っている中立金利の幅が広すぎで、実際にはどこで打ち止めになるのかというのがよー分からんですな。

まー毎度申し上げていますが、FRBの捌きが難しくなっているのって、マンデートは達成した形になって安定しているように見えている中でさあどうしましょって話で、マンデート達成してニヨニヨしていると金融不均衡が発生してバブルになられると困る訳で、米国の資産市場は隙あらばゴルディロックス相場ヒャッハーをやりたがるので適当に水をぶっかけて回らないといけなくて、かといってオーバーキルはしたくないという状態の中、たぶん一番美しいのは「打ち止め感を出さないようにしながら中立金利水準になった時にゴルディロックス相場を作らせないためにはどうしたらよいか」という事だと思うの。先週出てきた謎の「政策枠組みの見直しを皆さんも一緒に参加してやっていきませんか???」というリリースもそういう線から来ているんじゃないのかと思う次第。

現状ではまだ中立金利よりは金利が低いのですからもうちょい(あと3回はやるじゃろ、と思うんですけどねえ)利上げするにして、株が暴落されても困るのだがヒャッハー相場でホイサホイサと上昇されても困る訳です。さてどうするんでしょ。


・ダーリー総裁ネタの続き

[外部リンク] made to the Regional Economic Development for Eastern Idaho?
Idaho Falls, Idaho
By Mary C. Daly, President and Chief Executive Officer, Federal Reserve Bank of San Francisco
For delivery November 12, 2018

Download PDF Version (236.97 kb)
[外部リンク] we at full employment? 』という部分になる。

『That summarizes where I see the economy and policy headed. But there are always uncertainties. We’ve been surprised at how long it’s taken inflation to return to target. This has raised questions about whether the economy has truly reached its full potential. In other words, are we at the point where growth will be increasingly constrained by bottlenecks and other supply factors, rather than inadequate demand?』

そもそも今は実際に経済がポテンシャル通りになっているのか、という点を考えないといけませんということで、

『In the labor market, this idea of an economy at its potential corresponds to full employment.』

そこで労働市場の完全雇用に関する考えになる。

『Hence the question: “Are we at full employment?” While we frequently summarize the state of the labor market with the unemployment rate, we always look at a wide variety of other labor market indicators. These include broader measures of underemployment that take into account individuals who are out of the labor market or stuck in part-time jobs. We also watch an array of independent data series on job openings, worker quit rates, reported job availability and difficulties filling jobs, and others. Essentially all of these indicators are flashing bright green: they’ve met or moved beyond their values from past peaks, signaling a labor market that is indeed at full employment.』

失業率以外の色々なデータも緑信号を示しているそうな。ところが・・・・・・・・・・

『The key exception is continued low rates of labor force participation.』

労働参加率に着目とな。

『This refers to the fraction of the working-age population that is either employed or is unemployed and actively seeking work. My first chart shows the patterns in participation over the past 25 years for the overall population ages 16 and over and for workers in their prime working years, corresponding to ages 25 to 54.』

一々解説を入れているので長いがプライムエイジ層(25-54)の労働参加率に関してのお話。

『You can see that the overall rate has generally been on the decline since the year 2000. Demographics play a big role-specifically aging, as many of the baby boom generation head off for retirement. 』

『But an aging population doesn’t explain everything. The chart also shows a drop in labor force participation among prime-age workers. Like the overall rate, prime-age participation peaked around the year 2000. It fell around the 2001 recession and then took an even steeper tumble during and after the Great Recession of 2007 through 2009. It reached a low point in 2015, nearly eight years after the initial downturn. We’ve seen a bit of improvement since then. But currently, the prime-age participation rate is significantly lower than it was in the 1990s. 』

HTMLの方だと図表がくっついていまして、労働参加率は全年代では低下傾向、プライムエイジ層では足元回復しているけど過去のピークよりは低い状態ですので、全年代での低下だけだったら人口構成で説明できるけどそうでもないよねと。

『This raises the question-why aren’t Americans working like they used to?』

ミクロで言われたら大きなお世話とか言いそうですが(笑)。

『Some observers think this reflects a labor market that hasn’t yet recovered from the last recession. But my reading of the evidence suggests that longer-term factors are at play. 』

長期的ファクターとは???

『A number of influences have been identified. Research by San Francisco Fed economist Nicolas Petrosky-Nadeau and his coauthor Bob Hall suggests that some of the drop owes to economically secure families opting in favor of one employed spouse rather than two.5』

『In other words, there may have been some shift toward the “life” end of the work-life balance.』

ええことやん、と思うが後の方でそれに対する論点がある。

『Another factor behind the decline is ongoing job polarization that favors workers at the high and low ends of the skill distribution but hinders those in the middle.』

中間層向けの仕事が減っているとはアカンですな。

『This is mainly due to changing technology. I know for myself, I never call a travel agent anymore. With a few taps and swipes on my phone, I can book a trip to almost anywhere in the world in seconds. But it goes far beyond that: our economy is automating a wide range of jobs in the middle-skill range, from assembly lines, to call center workers, to grocery checkers. 』

やるなダーリーおばさん。ワシは旅行代理店のパッケージツアーに堂々行くわ。

『A growing body of research finds that these pressures on middle-skill jobs leave a big swath of workers on the sidelines, wanting work but not having the skills or flexibility to keep pace with the ever-changing economy.6 』

という中間層の業務が機械化でなくなっているという話でした。


次の小見出しが『What to do?』でして、

『I’ve argued that low workforce participation reflects long-term challenges. Good monetary policy can’t directly cure these problems. But as I’ve already noted, it can help by keeping the expansion going. Recessions cause long-term damage to workers’ employment and wage prospects.7 Keeping the economy on an even keel can help avoid these problems.』

金融政策でどうこうする問題ではなく、金融政策は景気の下支えをして問題の解決をしやすくするだけですけど・・・・・・

『But much can be done beyond good monetary policy. We shouldn’t think of “full employment” as a fixed target, but instead think of it as something that can be moved. From that perspective, there appears to be quite a bit of upside potential for U.S. workforce participation.』

労働参加を上げる方法とは??

『International comparisons are helpful on this point. The next chart shows the prime-age participation rate in Germany, Canada, the United Kingdom, and the United States. In these other advanced economies, participation has increased overall and now stands well above the rates observed in the United States. This is especially striking because, just like the United States, these countries are facing long-term challenges like labor market polarization. Yet, they have managed to offset the downward pull on participation rates.』

この次にHTMLだとグラフが出てくるのですが、1992年以降の米国、英国、ドイツ、カナダのプライムエイジ層の労働参加率の推移をみると確かに米国だけ伸び悩み。

『What factors have contributed to this growing divergence between us and other countries?』

なんでしょうか、ということで・・・・・・・・・

『Education is one. Like most advanced economies, job creation in the United States has tilted toward jobs that require a college degree.8 But we’re not adequately preparing our new workers for the jobs of the future. Although the share of young people with four-year college degrees is rising, we are falling behind many of our international competitors.9 』

『So where should we focus our efforts when it comes to increasing college education? A good place to start would be reducing the educational attainment gap across students of different races and ethnicities. Equalizing opportunity and access to higher education has substantial upside potential for overall growth, as well as for enhancing the economic mobility that is at the core of our American identity.10 』

学卒者が求められるという中で、特に人種やジェンダーによる進学率の差があるようですな。これを改善しましょうと。

『But education is not the only answer. There are other things that can be done. The United States versus Canada comparison is especially telling (chart). You can see a growing participation gap between the two countries since the late 1990s. By 2017, the prime-age participation rate was over 5 percentage points higher in Canada than in the States. This is a startling difference. It represents about 6.7 million additional individuals in the U.S. who could be in the labor force. 』

次の図表ではカナダとの比較があって、1992年以降の参加率推移が思いっきりワニの口状態になっています。

『In a research report scheduled for public release tomorrow, I worked with current and former San Francisco Fed staff to try to understand this gap.11』

[外部リンク] Economic Letter
2018-24 | November 13, 2018
Why Aren’t U.S. Workers Working?
Mary C. Daly, Joseph H. Pedtke, Nicolas Petrosky-Nadeau, and Annemarie Schweinert

というのが出ていますが今日はそこまで届かない(届くつもりだったのですが、汗)。

『We found that it’s mostly due to differences for women: they account for about three-fourths, or 5 million, of that 6.7 million total. And it’s not a matter of differences in educational attainment: the Canadian edge is generally evident across all educational groups.』

要因は女性の労働参加ということで、さきほどは教育の話でしたが、必ずしもこの部分は教育とは関係ないそうで・・・・・・・

『Why is there such a large gap in women’s participation rates across the two countries? We discuss some tentative but compelling answers in our research note.』

暫定的な結論として以下のようなものを得た。

『Government subsidies for the cost of childcare in Canada may play a role, supporting the return to work for parents?especially mothers?with young children.』

出産後の母親の労働市場への復帰の問題のために子供へ政府が行う支援策が効いているとみられる。

『Probably more important, though, are Canada’s generous parental leave policies. Workers are assured of being able to return to their prior job, with the same compensation, after taking a prolonged parental leave-up to a year and a half in some provinces. They also receive payments that replace much of their lost income during leave, funded out of the nation’s employment insurance system. This system encourages people to return to jobs rather than drop out of the labor force following the birth of children.』

出産や育児休暇中における所得補償制度や、職場復帰後の所得水準の保証制度などが有効に機能しているようですな。

『Now I’m not advocating we adopt the Canadian system or recommending any particular policy. But the comparison with Canada, as well as with other industrialized nations, shows that policy matters and that, with the right mix of skills and support, there’s meaningful potential for increasing U.S. workforce participation.』

カナダの例をそのまま使えるかは別にして、比較するとそういう部分がプライムエイジ層の労働参加に効いているというのが言えそう。

『The Fed can help by making sure that the economy continues to grow, creating work opportunities for wide swaths of the population. But over the long term, it is equally important to develop more supportive educational and family policies, so that individuals are encouraged to take advantage of those opportunities.』

FEDが直接どうこうとはできませんが、教育や家庭への支援などに関しても重要なことであり、個人が挑戦する機会を整備するというのは米国の政策として重要でしょう。とこの講演後半のこの話の方が本来ダーリーさんのやりたかった話で、さっきのペーパーとなるのですが時間の都合で割愛。


〇置物日記日記:この高尚過ぎる理論がさっぱりわからん

毎度おなじみ置物日記日記でございますが、本日は2014年11月にヨーロッパの経済研究者と話をしたそうで、その時にどんな話をしたのか、というのが得々と示されている部分があるのだが、理論が高尚過ぎてワカランチ会長だったのでネタにしてみます。

ということで、以下(岩田(2018))となっているのは「日銀日記-五年間のデフレとの戦い 岩田規久男著」 筑摩書房 ISBN978-4-480-86459-8 C0033 \2500Eからの引用です。なお、間違えないように慎重に引用し、誤字脱字もチェックしていますが、誤字脱字等あった場合は引用者のミスによるものです(内容が取り違うようなミスはない筈です)。

(2014年11月11日)の本文148ぺージからの部分になります。

『今日は、何人かのヨーロッパの経済研究者と話す機会があった。彼らの関心は、デフレ・リスクを抱えているユーロ経済がデフレに陥らないようにするためにはどのような政策をとればよいかについて、日本の経験を踏まえた意見を聞きたいということで、次のような意見を述べた。』(岩田(2018)以下同様ですが入れて起きますね)

以下師匠のご説明。

『日本の経験からすると、資産バブル崩壊後に、ディス・インフレ(インフレ率の低下)からデフレに至る過程では、政策金利を引き下げることによって、銀行貸出を増やし、それによって景気を回復させて、デフレを回避しようとしたり、デフレから脱却しようとしたりする金融政策は効果的でない。その理由は以下である。』(岩田(2018))

な、なんだってー!!!!金利下げてもきかないんだったら何すれば効くのーって思いますけど、その答えは後の方にありますのでそれはそれとして、まあ説明を聞いてみましょう。

『資産バブルが崩壊する前に、家計や企業は大きな債務を負って、設備投資や不動産や株式などに投資をしているが、資産バブルが崩壊すると、それらの投資資産の名目価値が暴落する一方で、債務の名目価値は変化しない。そのため、多くの家計、企業および金融機関(含む機関投資家)の名目純資産価値が暴落したり、それらの経済主体が債務超過に陥ったりする。金融機関についていえば、大量の不良債権を抱える状態である。』(岩田(2018))

バランスシート不況の話をしているのは分かるのですが、そもそも資産バブル時に発生したこととして、借入余力の拡大や、過剰な楽観に伴って、過大な設備投資が進んで、その設備が要はマクロ的に余剰となってしまったというのがあるのですが、どうも師匠はそっちのほうには興味がなくてひたすら資産価格にしか興味がない、というのがアレなんですよ、以下読めばわかります。

『名目純資産価値が暴落したり、債務超過に陥った(以下では、バランスシートの悪化という)家計や企業は、バランスシートを改善しようとして、物への支出を抑制して、貯蓄を増やし、債務返済を優先する。その結果、家計だけでなく、普通は資金不足主体である企業までもが、設備などへの投資を企業貯蓄(内部留保と減価償却費)以下にとどめ、余った資金を現金や預金で保有しようとするようになる。不良債権を抱えた金融機関はリスクが取れなくなり、資金を民間貸出ではなく、比較的安全な資産である国債で運用するようになる。』(岩田(2018))

んーっと何か話が妙なのですが、バランスシートが悪化した状態なのに何で余った資金を現金や預金で保有している訳なのでしょうかそれは(運転資金と予備的資金需要を除けば)債務返済に回ると思いますし、民間銀行が全体として預金超過になったのって2003年とかそのくらいの話で、その時点までは民間銀行は貸出超過(業態によってデコボコはあります、念のため)になっていたので、話の時代が随分先の方に飛んでいて、なんか同時期に発生する話と先に発生する話がごっちゃになっている気がするんですけど・・・・・・・

『このようにして、バブル崩壊後にディス・インフレからさらにデフレに進む過程では、家計でだけでなく、現金・預金を豊富に持っている企業の借り入れ需要もなくなる。』(岩田(2018))

えーっと、そもそもバランスシートが悪化して云々というメカニズムの中で何でディスインフレからデフレに進むのかの因果関係の説明がないですし、大体からしてバランスシート悪化している状態だと現預金が豊富にならないんですけど(債務超過の企業が金しこたま持ってたら金返せ運動が始まるだろうよ)、それから全銀が預金超過になったのは2000年代になってからですというのは先ほど申し上げました。

『そのため、中央銀行が名目金利を引き下げて、銀行貸出を増加させようとする金融政策はディス・インフレやデフレを止める上では効果は限られている。』(岩田(2018))

過剰債務がある状況で名目金利を下げれば債務主体の金利負担が減ってバランスシート改善の助けになると思うんですが、というかいつの間にこれ話がバランスシート調整問題の話からディスインフレデフレの話に化けてないか????

『また、ディス・インフレからデフレに陥る過程では、市場の短期名目金利はゼロに近い水準まで低下しているから、短期の名目政策金利を引き下げる余地はほとんどなく、ゼロ金利制約にぶつかる。』(岩田(2018))

さっきまで政策金利を下げても効果が限られると言っているのに何で市場の短期名目金利が勝手にゼロに下がるの???


『日本では、1994年頃から、消費者物価(除く生鮮食品)前年比が1%を切って低下し始めるディス・インフレが始まった。実際に、GDPデフレーターは1995年度にマイナスになり、消費税率が5%に引き上げられた97年度(消費税込みのGDPデフレーターは消費増税によって高くなる)を除いて、2013年度までマイナスが続いている。97年の消費税率の引き上げは、日本がディス・インフレからデフレに陥るリスクが増大しているにも関わらず、日銀が適切な政策を採用しようとしない状況で、実施された。』(岩田(2018))

何か話が・・・・・・・・・(政策金利は95年に0.5%に下がっておるんですが)

『実際に、不適切な金融政策と消費税増税が重なって、消費者物価前年比は1998年7月からマイナスになり、以後ほぼ15年の間、日本はデフレに悩み続けることになる。』(岩田(2018))

どうも置物師匠の中ではアジア通貨危機とか日本の金融危機というものは無いことになっているようですな。

『ディス・インフレまたはデフレの状態で、家計だけでなく、本来は、資金不足主体であるはずの企業までもが資金余剰主体になってしまっている状況では、金融政策は銀行貸出増加の経路ではなく、家計や企業の傷んだバランスシートを改善する経路を利用しなければ、デフレを阻止し、景気を回復させることはできない。』(岩田(2018))

その前のバブルで出来た過剰を解消しないでどうやってバランスシートを改善しろと仰せなのかという感じですし、バブルで出来た過剰が整理されないとそれは経済に余剰生産力がある状態を維持することになるのですから、ディスインフレ圧力として作用するだろいい加減にしろと思う次第。そもそも不良債権がバカスカある時に銀行貸出増加経路を狙って金利引き下げする訳はないので話が元々何が何だか分からんのですが分かりますこの説明???

まあそれはそれとしてこの次が・・・・・・

『家計や企業のバランスシートを改善するためには、株式や不動産の価格下落や外貨資産の円建て価格の下落を阻止し、引き上げる必要がある。』(岩田(2018))

いやあのバリュエーションが過大なものそのまま維持しようとする方がサステイナブルじゃないんですがまあそれは兎も角としてこの処方箋がですよ・・・・・・・・・

『そのためには、短期名目金利ではなく、長期名目金利を引き下げる一方で、中長期の予想インフレ率を引き上げることによって、長期の予想実質金利を引き下げることが必要である。』(岩田(2018))

さっきまで金利を下げて貸出を増やそうとしても効果が乏しいと言っていたのは何だったのでしょうか??????

以下長期国債を買えという話からQQEの話になるのですがあんまり調子に乗って長々と引用するのも何なので、じゃあ長期国債買入をしたらどうなるかという話は本日は割愛します・この続きもだいぶ何だかなあという話ではあるのですが、まあ前段の理論だけでお腹一杯で、説明している話の時空が同時期に起きていないことが同時期に起きるという亜空間殺法もビックリという置物亜空間理論にしか見えないのですが、まあこの調子で説明が部分部分であっていても全体の整合性とか全体の時間軸とかがとにかく合ってないので読んでいて血圧が上がるというのがお分かりいただけるのではないかと思いますし、先週末の東京のような好天の休みの元で読む気力を起こすの大変(なのであんまり読めませんでしたすいません)でしょ、ということでありますよ。
 


お題「英文ペーパー日経のネタになるの巻/FED関連ネタ/置物日記日記」   2018/11/16(金)08:01:14  
  さて・・・・・・・
[外部リンク] きょう衆院法務委で審議入り
2018年11月16日 4時09分

〇日経新聞がネタにしていましたな(英文のペーパーの件)

[外部リンク]
2018/11/15 5:30日本経済新聞 電子版

ということで昨日の日経電子版で例の金研ペーパーのアレが話題になったようで。

[外部リンク] Effects of Quantitative and Qualitative Monetary Easing Measures
Junko Koeda

でまあ怪しからんことに日経新聞朝刊の紙の方には出ていないという物件になっていますし、そもそもアタクシは日経をいわゆる駅売りで買う人で電子版の有料会員ではないという事実があるので記事が読めないという残念な事案が発生しておりますが、(夕刊に出たかどうかは知らん)、まあいずれにせよ出たとたんにネタにしておいて良かった(何が?)という感じです。

でですな、まあこういうのも一々妙な読み筋を入れようとすると入れられるんですけれども、古い蛍光灯のように10日過ぎてから日経がネタにしたのっていうのも何でじゃろということで、単に日経が気が付いたのが最近だったというだけなのか、市場の誰かの所で取材してたら知ったのでネタにした、とかいうのであればまあ別に普通なのですけれども、リバーサルレートの時みたいな話題になっていないから(たぶんこれってネタが「コミットメントのスレッショルド引き下げ」とか「マイナス金利撤回」とかいくら何でも話が先のものになり過ぎで現実性という意味でどうなのというのがあるから話題性に乏しいんだと思うのと、そもそも足元がリスクオフの方が話題なので話題にしても知らんがなという地合いだからだと思うけど)注目させようという動きがあったりすると、まさにリバーサルレートの再来で味わいが深いというものではありまする。


ちなみにアタクシ思いまするに、リバーサルレートの話をしてみたり、名目ゼロ金利制約の話をしてみたりしながら政策見直し、と言いましても、仮に今の政策を修正しようとしましても、均衡イールドカーブを使った説明だと「幅のある概念」なので弱いし、リバーサルレート論は政策修正そのものには使える理屈ですが、これをやってしまうと追加緩和が必要な事態になった時に自分たちの緩和手段をなくすので諸刃の剣。糊代論はまあ普通に受けないですし、もしやるならば先般の名古屋での総裁講演のように「経済のステージが2013年のQQE導入当初と変わってきたので、今のステージに合致した政策枠組みにする」と言ってマイナス利を撤回とかするのが一番屁理屈展開としてはマシかな、と思うので、確かに今回のレポートって「フォワードガイダンスで用いるインフレ数値のスレッショルドを下げても潜在成長率が十分に高ければ問題はない」「マイナス金利を撤回した方が拡張的な政策になる可能性もある」ということで、政策修正した場合の理屈には使えるのですけれども、問題はその政策修正を起こすトリガーが目先ちょっと無さそうなのと、そもそも黒ちゃんが政策修正(特にマイナス金利撤回)やる気ねえだろという所なのではないでしょうか。



さてちなみに直近は日銀のリサーチペーパーが何故か英語オンパレードとなっていまして、

[外部リンク]

こちらはアブストラクトだけ日本語版がありまして、

『要旨』

『わが国のGDPの四半期速報値は速報性を重視して作成される一方、四半期速報値から遅れて公表される年次推計値は経済活動をより包括的に把握できる統計を用いて作成される。このため、本稿では双方についてのナウキャスティングを検討した。まず、四半期速報値のナウキャスティングでは、ハードデータ及びソフトデータの月次指標を用い、複数の混合頻度アプローチ(mixed-frequency approach)、すなわちブリッジ方程式、混合データサンプリング(Mixed Data Sampling、MIDAS)およびそれらのファクターモデルの比較を行ったほか、予測平均(Forecast Combination)の有用性も検討した。次に、年次推計値のナウキャスティングでは、Chow and Lin(1971)等の複数のベンチマーキング法を用いて、月次の供給側指標の有用性を検証した。本稿で得られた結果は次のとおりである。』

本文は英語でして、要旨だといきなり説明になっているので問題意識が何なんだかよくわからんのですが(ちなみに英文要旨も同様になっている、というかこれ英文要旨の邦訳です)、英文本文の方だと冒頭に、

『Understanding the current state of economy is crucial for policy makers. However, due to the inevitable publication delays of some key economic data, such as GDP, policy makers are forced to set policies without knowing the current state, and sometimes, even without knowing the past state, of the economy.』(下にリンクのある本文2ページより)

と、「GDPを出来るだけ早く正確に知るようにすることは経済の実態を早く知ることに繋がり、金融政策運営の際に重要なツールになる」というようなことが最初に書いてあったんんですけど、こっちの要旨もそれ最初に書かないのかなとは思ったんですが、GDPのナウキャストが重要というのの理由に上記の話をするのはアプリオリにもほどがあるから入れないんですかね。

『第1に、四半期速報値のナウキャスティングについては、混合頻度アプローチは、GDP成長率の期間平均と比べて、優れた予測精度を示すほか、モデル予測とエコノミスト等による予測を組み合わせることで予測精度が向上するとの結果を得た。第2に、年次推計値のナウキャスティングについては、供給側指標を用いたベンチマーキング法は、有用な予測ツールであることがわかった。』

ということで、まあこれはこれで別に他意は無いのでしょうが、ここもとFEDが(マンデートを達成した状態になっている、という理由がありますが)特定の経済数値(要は物価)の話をするよりも、「Stete of Ecconomy」を総合判断するという話をするようになって(だからこそ金融不均衡に対しても指摘が多い)いる中で、日本の場合は物価指数のポンコツ性に加え、政府がデフレ促進政策をおっぱじめるという状況にありますので、そうなると物価が明らかにマイナスにならないような状態であれば、「物価が目標からちょっと低いかもしれないけれども経済の状況が問題ないからいいじゃないかにんげんだもの」という総合判断攻撃をする、という形をさっきの政策枠組み見直しの際に投下する理屈として採用し、そういうためには経済の状況のナウキャスティングが部分的にでも出来るというのは大事だね、ということでこういうのが登場したとか好き勝手に陰謀論を入れながら解釈するとそれはそれで笑えます。)

なお本文はこちら
[外部リンク] Japanese GDPs




あと、英文レポートと言いますと直近では
[外部リンク] Drives China's Growth? Evidence from Micro-level Data
November 13, 2018

ってのがあるんですが、さっきのGDPナウキャスティングのはアブストラクトは日本語でもあって(単なる訳ですが)、日本語のトップの新着情報にも出ているのですが、一昨日出た上記の中国経済のレポートに関しては何故か日本語の新着情報に出てこないという謎の建付けになっております。

要旨は、

『This paper discusses the sustainability of China's rapid growth mainly based on the estimation of the corporate-level total factor productivity of Chinese listed firms.』

ということで中国の高度成長時における企業セクターにおける全要素生産性の上昇に関する分析、という話なのであまりきな臭さは感じませんがちゃんと読めてないのでよくわからん。

『Since the 1980s, both capital accumulation and rapid technological progress -- measured as total factor productivity (TFP) -- have contributed to the high growth of the Chinese aggregate output. Should the prediction of the standard growth theory be correct, however, economic growth led by capital accumulation is not likely to be long lasting, hence we mainly focus on firm level TFP growth.』

『As a result, we identify four channels that would continue to promote the TFP growth of the Chinese corporate sector at an aggregate level: (i) declining proportion of low-productivity state-owned enterprises, (ii) continuous influx of highly competent new start-ups, (iii) broad catching up trend among the laggards in the firm distribution, and (iv) innovation spawning R&D activities. These four channels would underpin the medium-term economic growth of the Chinese economy.』

なお本文はこちら
[外部リンク] Drives China's Growth? Evidence from Micro-level Data


〇ボスティック総裁の講演である

[外部リンク] on the Path from Extraordinary to Neutral
Raphael Bostic
President and Chief Executive Officer
Federal Reserve Bank of Atlanta

Global Interdependence Center: Central Bank Series
Madrid, Spain

November 15, 2018

ということでアトランタ連銀のボスティック総裁マドリッドに登場ですが、何せ寝起き読みなので手抜きマンということでアトランタ連銀お得意の最初に書いてある箇条書きまとめを読む。

『・On November 15, Atlanta Fed president and CEO Raphael Bostic speaks on normalizing monetary policy in Madrid, Spain, for the Central Bank Series of the Global Interdependence Center.』

それは分かった。

『・Bostic explains that the Federal Open Market Committee (FOMC) began the process of normalizing its monetary policy stance three years ago with a modest increase in the policy target of 25 basis points. That gradual pace has become characteristic of the policy path since then.』

それでそれで?

『・Bostic points out that today, inflation is effectively at the FOMC's longer-run 2 percent objective and the unemployment rate has fallen to 3.7 percent, very close to the FOMC's goal of promoting maximum sustainable employment growth, or possibly some measure beyond.』

マンデート達成していますとのお話で、まあ皆さんそこはそうですよという認識になっていますな。

『・In Bostic's view, conditions warrant the final steps in adopting a neutral stance of monetary policy. But he believes the FOMC must balance the risks of stopping short of full normalization and risking an overheated and unstable economic environment, versus going too far and short-circuiting an otherwise sustainable expansion. 』

まず、「conditions warrant the final steps in adopting a neutral stance of monetary policy」って言ってるんですから現状の政策はまだニュートラルになっていなくて、「ファイナルステップ」を踏んでニュートラルになるって認識なので利上げはするでしょうし多分来年の利上げも容認でしょうな。

でもってそのあとのBut以下ですけど、どうもこの言い方だと中立の所で正常化を止めるべきというのが基本線のようで、手前で止めて経済がオーバーヒートしてもイクナイし、やり過ぎて経済がヒエヒエになってもアカンガナという話なので、スタンス自体はたぶんFEDの主流派と思われる人たちよりも慎重でしょうな、別にハト派という訳ではないですけど。

『・Bostic says that to manage the balance between the risks of being too timid and being too aggressive in the Fed's monetary policy course, he can think of no superior approach than to proceed cautiously and keep a keen eye on the data.』

じゃあどうするかって話ですが、結局のところ「慎重なスタンスで見ながらデータに注目」っていうので、(そらまあ他にやりようもないですが)特に新しい機軸を出している訳ではないですな。なお本文は超寝起き斜め読みしかしていないのでネタにするとしても週明けで勘弁。


〇それはそれとしてFEDがこんなものを出しておりますが

[外部リンク] 15, 2018
Federal Reserve to review strategies, tools, and communication practices it uses to pursue its mandate of maximum employment and price stability

な、なんだってーーーー!!!

ということで説明書きを読む。

『The Federal Reserve next year will review the strategies, tools, and communication practices it uses to pursue its congressionally-assigned mandate of maximum employment and price stability. The review will include outreach to a broad range of interested stakeholders.』

ほほう。

『"With labor market conditions close to maximum employment and inflation near our 2 percent objective, now is a good time to take stock of how we formulate, conduct, and communicate monetary policy," said Federal Reserve Chairman Jerome H. Powell.』

マンデート達成後という新しいステージになるとデュアルマンデート達成のためのアプローチとか枠組みとかコミュニケーションも変えていくのにちょうど良いですよね、よいう話。

『As part of the outreach effort, the Federal Reserve System will sponsor a research conference June 4-5, 2019, at the Federal Reserve Bank of Chicago, with speakers and panelists from outside the System. Additionally, Reserve Banks will host a series of public events around the country to hear from a wide range of stakeholders.』

これは興味津々。

『Beginning around the middle of 2019, Federal Reserve policymakers will discuss the perspectives offered during the outreach events as part of their review of how to best pursue the Fed's statutory mandate. At the end of the process, policymakers will assess the information and perspectives gathered during the year of review and will report their findings.』

ということで、来年時間かけてやっていく話なのですが、これは日銀もこのドサクサに紛れて・・・・・という訳にはいかんかあ・・・・・・




〇置物日記日記:直線一気理論に関するバックボーンが片岡さんなのでしたらば・・・・・・・・・・

置物日記を引き続き血圧を上げながら確認している訳ですが、またまた出オチに近い冒頭部分から、

以下(岩田(2018)より)となっているのは
「日銀日記-五年間のデフレとの戦い 岩田規久男著」 筑摩書房 ISBN978-4-480-86459-8 C0033 \2500E
からの引用です(縦横、漢数字とアラビア数字の入れ替えを行いました、また人名漢字の所で環境依存文字の関係上当用漢字を使った箇所があります)。

(2013年3月24日)の本書12ページ以降になります。

『明日は昼過ぎから、企画局と金融政策に関して初めて議論する。企画局が従来の日銀の金融政策の延長線上の案を出してきた時に備えて、以下の論点をメモにしておく。』(岩田(2018)より)

ということで(岩田メモ2013年3月24日)という代物があるのですが、

『岩田メモ2013年3月24日

(途中割愛)

(3)長期国債の月間買入額を最低5兆円以上とする。この数値は2013年3月14日(国会で私の日銀副総裁就任の動意の賛否が決まる前日)の高橋洋一教授、片岡剛士氏、安達誠司氏、飯田泰之駒澤大学経済学部准教授(当時)との研究会における片岡氏の消費者物価上昇率2%、3%名目成長を2年で達成するためのマネタリーベース(日本銀行券と金融機関が日銀に預けている日銀当座預金の合計)増加の試算による。片岡氏の試算はマッカラムというアメリカの経済学者が開発した手法(マッカラムルールと呼ばれる)によるものである。なお、高橋教授の計算も片岡氏とほぼ同じである。』(岩田(2018)より)

(なお、高橋さんの「高」は環境依存文字になるので当用漢字の方にしております、すいません)

とございまして、置物師匠お前計算してないのかよと小一時間問い詰めたいのもさることながら、なるほど置物直線一気理論の計算は片岡さんがしていたのですねという話で、つまりは片岡さんってご自身で計算した直線一気理論が全然ワークしてなかったことに関するレビューも反省もしないで堂々と日銀審議委員にご就任になった挙句に、今度は片岡理論によって「15年国債利回りが0.2%を超えないようにする」という債券市場を爆笑の渦に巻き込む平成最後の金融政策爆笑王となっておられたということなのですかと思った次第。

つーことはアレですな、今度片岡さんの金懇があった時にどなたか記者の方に置かれましては、「2013年のQQEの導入時にはマッカラムルールを用いて必要な当座預金の額を計算されたと岩田前副総裁の著書にありますが、実際にそれが機能しなかったことに関しての反省や責任は感じないんでしょうか」とか誰か煽って下さいお願いしますということですが、そうやって量の話をしていた片岡さんが何でまた足元では金利の話になっているのかよく分からんですな。

ということで置物日記の読破が進んでいないのではないかと思われるかもしれませんがだいたいお察しの通り。
 


お題「金利が下がって来ましたが輪番は月中には・・・・・・・/置物日記日記関連雑談」   2018/11/15(木)08:06:35  
  うーんこの。
[外部リンク] 5年で最大34万5000人余 介護業は6万人
2018年11月14日 15時39分

大丈夫かとしか思えんし、この法案のネーミングがインチキっぽくて非常に遺憾。


〇10年0.105%となというメモだけでも

[外部リンク] / 15:22 /
訂正-〔マーケットアイ〕金利:国債先物が小幅続伸で引け、長期金利は0.105%に低下

『<15:15> 国債先物が小幅続伸で引け、長期金利は0.105%に低下

国債先物中心限月12月限は前日比4銭高(訂正)の150円84銭と小幅続伸して引けた。前日の海外市場で、原油相場の急落からインフレ鈍化が意識され米債が上昇したことを受けて買いが先行し、一時150円93銭と日中取引で7月20日以来、約4カ月ぶりの水準に上昇した。日経平均株価が反発するなど株安の流れに一服感が出たため上値は限定的だったが、朝方に発表された7─9月期国内総生産(GDP)がマイナス成長になり、国内景気の不透明感が浮上。引き続き海外発のリスクオフ再燃を警戒して、下値では買いが入った。現物市場はしっかり。超長期ゾーンを中心に利回りが低下した。20年債利回りは一時同1.5bp低い0.630%と10月30日以来、10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp低い0.105%と10月29日以来の水準に低下した。』(上記URL先より)

とまあそういう訳で、10年0.105%まで来ましたよーという風情ではありますが、何かこうじりじりと金利低下していって気が付いたら20年カレント0.690%とは何だったのかという状況になっておりますけれども、これアタクシ勝手に思うに、超長期輪番減額の思惑というか期待があるからまだこの程度で済んでいるような気がしますし、逆に言いますとそれがあるもんで中々ロングで盛大にオリャーとしにくい分だけ投げが発生しにくいので金利が上がらん(上がるのは入札後に海外要因が出た時くらいで)という感じでしょうし、輪番日程の改善によって明日の輪番入れればいいや的な札がさすがに少しは慎重になることによって、スケベロングの発生が減るとスケベロングの投げが起きないのでまた逆に下がりにくいの巻みたいになるんですかね、よー分からんけど。

でまあ何だか知らんのですが、超長期輪番に関しては毎回のように「次回の輪番で減額」という話が出てくるらしくて、いや今月は輪番日程の改善と中期の減額やっているんだからそれ以上やったら目立ち過ぎることになって、そもそもが「金利を上げろ」とは言われていないのですから、オペレーションの一部局の運営が金利が露骨に上がるような目立つ輪番調整できないでしょと思えば、常識的に考えて今月は月末まで何もせんでしょ(金利が急騰したときの指値オペは別だが金利は上がるネタが今月末までのスパンであんまり無さそうだし)と考えないのかなーとまあほぼ連日のように輪番がどうのこうのというベンダー報道とか何とかストコメントとか見て頭抱えるアタクシ。

ちなみに何か予想しろと言われば、まあ一番やりやすいのは超長期輪番の回数減らして10-25年を実質減額(5回×1800を4回×2000にすれば月間1000減る、25年超は5回×500を4回×600なのか500なのか)するって方法で、来週PD懇と投資家懇があるようで、国債発行計画の市中消化に関する基本的な考え方も公表されると思いますが、どうせ市中消化減額となると、本年度減額非対象だった20年は普通に考えると減額待ったなしなので、実は輪番減らしてもそんなに痛手はないというか寧ろ減らさないとバランス悪いとなりますので、まあそこは一番説明付きやすいんとちゃいますかと思いまする。

発行に対して明らかに買入が過大な5-10年ですけど、こちらはコントロール対象になっているだけに安易に減額して変なメッセージ性を出したら今までの努力が水の泡になってしまうでしょうから、まあ10年5bpとかにならないと減額(実質減額も含む)ってハードル高そうな気がします。

とは言いましても、いずれにせよ減額するんだったら回数減らして実質減額のコースで暫くは行くと思われますし、金利を上げますメッセージが出るような動きはしないというかできないと思うのですけど、何でああ毎回毎々輪番ガーという話が何とかスト方面から出てくるのかは(他にネタがないから無理矢理ネタ作りをしているという商売上の事情というのは分かるけど)わからんですなあと思うのでした。よって別にこうやって金利が下がったから明日の輪番がどうのこうのとかいうのはちょっと先走りにもほどがあると思いますのでまあ落ち着けと。


〇置物日記日記:ほこたて対決キタコレ

世のため人のために人柱になる覚悟、とか言っている割にはちゃんと読みだすと3行で血圧が上昇し7行で眩暈がしてくるということで、徴兵検査の朝に読むと検査で丙種不合格となることができるのではないかと徴兵逃れのお札代わりに活用が可能と思われる書籍なだけに一旦トサカに来だすと読むペースが極端に落ちるという代物。まあギャグとして最初読んでいましたが、ギャグにしても見苦しい記述のあれこれにドンドン機嫌が悪くなるというものです。

・・・・・・・・・・とか何とか申し上げておりますが、先般申し上げたように「とにかく消費増税が悪い」と言い訳にしまくっている消費増税に関してですが、置物大先生そんなに怪しからんのだったら職を賭して反対すれば良かったじゃん寧ろ2%とかよりもそっちを理由にしておけば2%未達は誤魔化して威張れたんじゃないですかと思うのですが、何せこの先生、就任当初の日記によりますとこのようなお話を。

以下(岩田(2018)より)となっているのは
「日銀日記-五年間のデフレとの戦い 岩田規久男著」 筑摩書房 ISBN978-4-480-86459-8 C0033 \2500E
からの引用です。

(2013年3月26日)の本書13ページになります

『いま述べたことからわかるように、私は消費増税反対論者だったが、政府が日銀の政策手段に文句をつけることが許されないように、日銀副総裁も政府の財政再建の手段に文句をつけるべきではなく、中立を守るべきだとおもったから「日銀副総裁になった以上は中立を守るよ」と(引用者注記:財務省の当時の木下主計局長に)いった。』(岩田(2018)より)

となっていまして、なるほど政府が日銀の政策手段に文句をつけるのはダメだし日銀副総裁も政府の「財政再建の手段に」文句をつけるのはダメ、ということで黙っていたんですね。

・・・・・・・・というのを延々と言い訳にしていまして、こちらの著書でもひたすら「私は反対だったが立場上反対を表明できないので黙っていました」という、戦争が終わってから「私はあの戦争に反対だった」とか言い出す保身風見鶏人間と同じじゃないかと思いますし、大体からしてアベノミクス3本の矢とか言ってたんですからお前らの異次元緩和と財政政策セットなんだから言わないってのおかしいだろこのデコスケという感想しか沸いてこないのですが、まあこれだけではないのが師匠の師匠たるゆえん。

時は下りまして10%に増税するってのの集中点検とやらをやっていた時分のお話になります。

(2014年11月18日)の本書158ページから引用しますね。

『なお、私は、片岡剛士氏を除いて、証券会社や銀行系のエコノミストがこぞって、消費税増税に賛成するのを不思議に思っていたところ。この件で詳しい人から、「彼らは、消費税増税に賛成するようにという会社命令を受けて、集中点検会合に出席しているんですよ。だから、本心では反対の人は「集中点検会合」に呼ばれないことを祈っているんです」という話を聞いた。

どうやら、証券会社や銀行系のシンクタンクは仕事上、財務省の意向を忖度して行動しているようである。』(岩田(2018)より)

・・・・・・・・・人の事は偉そうに仕事上の発言だの財務省の忖度だの言ってますが、お前だって仕事上だからと言って何も言ってないのに何を偉そうに言えるのかと小一時間問い詰めたいのですな。


ああちなみに置物大師匠の2014年2月6日の宮崎金懇記者会見を確認しますと、
[外部リンク] 先程、消費増税の影響について、リスクは低下しているという考えを聞かせていただきましたが、安倍政権はこの年末にかけて今度は 8%から 10%へ上げるかどうかを検討する考えです。現時点で副総裁のお考えとしては、リスクは低下しているので順調に予定通り上げるべきかとお考えなのかどうかを確認させて下さい。』

『(答) もともと昨年4月4 日に現在の政策を導入した時は、消費税の増税が 2段階で行われることは織り込み済みです。その場合には、この程度の金融緩和政策、量的金融緩和が必要だと思って打ち出したものです。その時の考えに今も変わりはありません。』(上記URL先より)

でまあその後8%に上げたら予想外に悪化したっていうんだったら、そこは予想外に悪化したから再増税はすべきではないと言うべきだし、追加緩和は確かにその後してたけど、追加緩和の時の消費増税の影響は需要の一時的な下押しという説明しかしてないし、原油価格下落の影響による物価低下がマインドに与える影響の話がメインで、消費増税の影響が思いの外大きいので追加緩和で対処するって話はメインでも何でも無かったじゃろという所で、([外部リンク] (1/2ページ)
2018.11.14

最近は産経を使わなくても金懇挨拶や決定会合主な意見、議事要旨などで電波浴ができるようになった(理由を考えると血の涙が流れて参りますがそれは気が付かなかったことにしまして)のですっかり産経電波浴をしておりませんで、電波浴を怠っているうちに随分とレイアウト変わったなこのサイトと思いながら拝読しようと思った訳ですが、タイトルでいきなりのけぞった。

・・・・・・・・えーっとすいません、師匠様散々大口叩いて麿たちを石持て追い出して「世界標準の政策で物価目標達成」「2年で達成しなければ最高の責任の取り方は辞任」ってイキっていたのに5年やって結局デフレ脱却してないのかよお前報酬返上モノだろうよ今すぐ俸給返せや、などと思いましたが、どうもこのデフレ脱却云々は今がデフレだという話をしている訳ではなさそうな感じも記事全部を読んで思いましたので、まあ思ってはみたもののこれはスルーしましょう。

でもってこれ「直撃インタビュー」とか言ってるのに、中の話って置物日記の内容を宣伝しているだけだったりしまして、何がどう直撃インタビューなのかさっぱりワカランチ会長なのですが、消費増税反対の話は最後の方にありました。よって2ページ目になります。

[外部リンク] (2/2ページ)

『「壊れてしまったリフレ・レジームを再構築することが必要だ。そのためには、『2%の物価安定が持続的になるまでは消費税率の10%への引き上げは凍結する』という協定を日銀と政府が結ぶことが望ましい」』(上記URL先より)

・・・・・・・・・あのですな、師匠様置物日記の方で「政府が日銀の政策手段に文句をつけることが許されないように、日銀副総裁も政府の財政再建の手段に文句をつけるべきではなく、中立を守るべきだとおもった」結果として任期中に消費増税の反対論を公式には言わなかった、って言い訳をしていますし、上記のように日銀は政府の手段の方には文句つけないっていう建付けの説明をしているのに、何で政府の財政再建の手段たる消費増税に関して(しかも消費増税のみ)日銀と政府が協定を結ぶってことになるのかさっぱり分からないのですけれども、もしかしておじいちゃん日記で書いたのは2013年だからってことでもう忘れてしまったの???

てかさ、あまたある税金・社会保障制度の中の一つのパーツである消費税だけ単体でフォーカスするんじゃなくて全般的な税・社会保障の運営について包括的な話をするならともかく、こんな1パーツの話で協定結ぶとか現実問題として意味があるのかという話なんですけど、もういいからお前はすっこんでろとしか申し上げようがない。


#ついトサカに来ていたのでダーリー総裁ネタが落ちてしまった
 


お題「計数関連世間話/SF連銀新総裁の初講演から少々」   2018/11/14(水)08:10:03  
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181113/k10011709341000.html
日銀の資産 553兆円余 GDPの額を上回る
2018年11月13日 19時38分

日銀の資産がGDPを超えたようですがここでデンマーク中銀のレポートを見てみましょう。

[外部リンク] THE SUN IS SHINING, PREPARE FOR A RAINY DAY
Analysis - November 2018 - No. 16

でまあこのページにあるPDFマークをポチっとなとしますと(URLが長いのでリンクはこちらにはっておきます)、そこの本文10ページに『4: Systemic institutions in a Danish context14』ってのがありまして、

『The Danish financial sector is characterised by a handful of large credit institutions and multiple small and medium-sized banks, cf. Chart 6. The six large credit institutions identified as SIFIs have a market share of more than 85 per cent of loans in Denmark, and their total balance sheet amounts to almost 280 per cent of GDP. Also the Faroe Islands and Greenland are characterised by a few large credit institutions.』

とありまして、11ページに『Chart 6 Danish SIFIs are large relative to the economy and the rest of the sector』というのがありまして、先般来お洗濯関連で話題の某銀行様のバランスシートは対GDP比で・・・・・・(色がついているのでよくわかるとおもいますよ)

#日本の3メガが連結で1メガ辺り200兆円〜300兆円という感じでしたっけな


〇日銀のバランスシートネタがあったのでついでに買入残高関連とかその他

・短国の買入残高でも確認してみる

[外部リンク]
東京レポ・レート(2018年11月13日) エクセルファイル (Excel:27KB)
東京レポ・レート(一覧) エクセルファイル (Excel:290KB)

こちらが・・・・・・・・

     overnight/翌日物
      T+0   T+1
2018/11/7 -0.122 -0.149
2018/11/8 -0.114 -0.137
2018/11/9 -0.128 -0.140
2018/11/12 -0.149 -0.200
2018/11/13 -0.200 -0.256

とか思いっきり下がっているのですが、短国の金利も相変わらずの強さとは言えこの前までの3M▲30bp上等という水準からは少しはましになっているという状況で、短国要因ではないと思われますので普通に考えれば積み最終要因ということになりますが、期末(四半期末)バランスシート要因というのはレポで盛大に出たり出なかったりしますけど、積み最終要因でコールじゃなくてレポの方で出てくるというのもほえーという感じではあります(過去の推移見れば何となくわかるとおもうの)けど、積み最終の資金需給要因なんじゃろうな。よー知らんけど。


・・・・・・あとは輪番の銘柄別残高みたりしながらほほうとか思ったりもしたのですが、最近は償還額が幾らで今後の買入で残高何ぼ増える的な方ばっかり見ていまして、まあマーケットメーカーでもないので個別銘柄の需給とか買入額とかまで詳しくないから見てぼーっとしているだけになってしまいますが(超大汗)、この辺も今の地蔵マーケットが何とかなるころにはちゃんと感覚を取り戻しておかないといけませんね、などと思いながら計数をぼけーっと見るアタクシなのでありました



〇ダーリーSF連銀総裁の総裁としての講演一発目があったのでその辺から少々

いずれにしてもURLが長いので画面構成を考えてハイパーリンクは途中までしかつけていませんけど、ちゃんと下記URL先に飛びますので宜しゅうに。

[外部リンク] Strong Economy?But We Can Aim Higher

Remarks made to the Regional Economic Development for Eastern Idaho
Idaho Falls, Idaho
By Mary C. Daly, President and Chief Executive Officer, Federal Reserve Bank of San Francisco
For delivery November 12, 2018

デーリーとか言ってたらベンダー見たら「ダーリー」総裁なんですな。なんか気力の抜けるカタカナ読みになるような気がせんでもないですがそれは兎も角として。


・私らの現世利益に関わる部分に関してはこれどう見ても中立金利までは3カ月ごとに利上げと言っとるな

前半が現世利益に関わる部分で、後半は雇用に関する話を延々としていまして、後半は後半で金融政策以外の部分になる話ではありますが、まあこれはこれでオモロイのですけれども(さすがチーフエコノミスト)、とりあえずは現世利益部分を鑑賞してみませう。

『Current economic conditions』という小見出しから。

『I’ll start with the current state of the economy, which is very good. The expansion is over nine years old and seems destined to set a new record for the longest period without a recession in U.S. history, which it should reach in the middle of next year. The labor market is booming. Household and business balance sheets are very healthy, and confidence is high. All these factors point to significant underlying economic momentum, which is being boosted by tailwinds including the federal fiscal stimulus and global growth that, despite some recent unevenness, has been solid over the past few years.』

盛大に威勢の良い話をしていますが、最後にちょっとだけ格差の話が。

『Even in this strong economy, though, some people are getting left behind. There are pockets of economic distress, and we need to do all we can to ensure that growth is inclusive and everyone has an opportunity to benefit.』

その格差ってのは今次回復に置いて行かれている人がいますぞなという指摘。

『Monetary policy, however, can’t do everything. Our job is to keep the overall economy healthy, thus helping promote sustainable economic growth. By doing this, monetary policy supports economic well-being and creates opportunities for all to advance.』

金融政策ではその部分に対応できないけど、経済をサポートすることによって「creates opportunities」という環境を作ります、というそれしか言いようがないけど(なおどこぞの置物一派は・・・・・・・)まあ仰せの通り。雇用の話の所(今日はパスしますが)でもこのopportunityの話をしていて、「米国はopportunityの国なのでそういう機会を作るようにしていかないといけない」って話をしていたのには何か爽やかなものを感じたのは本邦いや何でもないです。

という経済認識の次に『Implications for monetary policy』という小見出し。

『This principle of sustaining a healthy expansion has guided our recent policy and plans. As you probably know, the Fed’s monetary policy group, the Federal Open Market Committee, or FOMC, meets eight times per year. We left interest rates unchanged at our meeting last week. More generally, though, we’ve been gradually increasing rates in order to bring the stance of monetary policy closer to neutral.』

「we’ve been gradually increasing rates in order to bring the stance of monetary policy closer to neutral.」ですので・・・・・

『This policy normalization, or return to neutral, reflects our commitment to the Fed’s dual mandate. One goal is “maximum” or full employment. This means an unemployment rate that is very low, reflecting normal worker turnover in a thriving labor market. Recent unemployment numbers below 4 percent strongly suggest that the labor market has reached or exceeded full employment. But there are other indicators as well, and I’ll return to them in a moment.』

でもってこの労働市場の色々な見方の話をしているのがどちらかと言うと今回の講演のお題目のような気がしますが、その部分は本日はパスしておきます(時間がないので、汗)。

『Our other goal is stable prices. In 2012, the FOMC determined that aiming for price inflation of 2 percent was most consistent with that broad long-run goal.2 We’d been mostly running below that target since the Great Recession ended in 2009. Recently, though, inflation has come back up and is basically on target. I expect this modest uptrend to continue, with inflation rising to just a bit above 2 percent over the next year or so. Of course, there are risks on both sides of that projection. Inflation could pick up more rapidly than expected, or it could drop back down again.3 For now, though, the inflation numbers are very encouraging.』

物価に関してはどう見てもマンデート達成。

『These conditions, with both of the Fed’s goals essentially met, merit the gradual normalization of monetary policy.』

「with both of the Fed’s goals essentially met」だそうな。まあ中心的にFEDの皆さんそういう見解になっているが。

『So why gradual? I view this gradualism as a process of iterated learning, guided by incoming data. That is, we take a policy action, wait, learn about the economy’s response, and repeat. The information gathered through this gradual approach is crucial for determining the speed and size of the subsequent policy adjustments. Of course, since monetary policy acts with a significant lag-likely a few years-policymakers must plan ahead, but need to be ready to adjust if the data or the environment change.4』

データを見ながら検討していく、とは言っていますけど・・・・・・・

『In other words, the FOMC is not on autopilot, with quarterly rate increases locked in. We’re constantly looking at the data and adjusting the monetary policy path as needed in response.』

この「the FOMC is not on autopilot, with quarterly rate increases locked in.」って言ってるのって要するに点検した結果特に問題なければ四半期ごとに利上げします、といってるようなもんでして、惜しくもこの中ではその水準について書いていない(どうもニュースを見ると質疑応答の中で来年あと2回(2.75-3.00%)までの利上げは順当という話をしたようで、まあ超順当な見通しと、あと3回は特段大きな問題なければ自動運転でっせという話ってことですわなあ、というのが現世利益的な部分の結論だと思われます。そらまあウィリアムスの後釜ですから順当に主流派見解の通りになるんですけど、まあ特にこの方突拍子もない話を始めるネタ枠にはならなさそう、というのはわかりました。あと飛ばしましたけど最初のご挨拶も割と面白かったと思います。

でもって、その労働市場の話に関して(周辺の他国(特にカナダ)対比でプライムエイジ層の労働参加率が低い件とかが話のメインだと思う、題名とリードしか見てないけど)ですが、講演の中で「明日ペーパーが出るよ私が総裁になる前に作った奴だけど」(その部分は今日は飛ばしてますが)ということで言ってたのがこちらのようです。

[外部リンク] Economic Letter
2018-24 | November 13, 2018

Why Aren’t U.S. Workers Working?
Mary C. Daly, Joseph H. Pedtke, Nicolas Petrosky-Nadeau, and Annemarie Schweinert

ダーリーさんの名前が思いっきりありますな。まあこのEconomic Letterと合わせてネタにするかもしれません。
 


お題「物凄く遅くなってしまいましたが展望レポートのロジックを確認する(と称して虫干しネタ)」   2018/11/13(火)08:12:13  
  虫干しネタにも程がありまして誠に申し訳ありません。

〇展望レポート基本的見解のロジックちゃんの確認を今更ですが整理しておきます

まあその後に総裁講演があり、直近では布野審議委員の金懇挨拶もありましたが、要するに今回の展望レポートは「物価がそう簡単に上がらんのですがそれは別に悪い話ではない」と開き直っているのが実はアタクシ的には一番トピックかなとか思う次第です。

もちろん前回の展望レポートで物価が上がりにくい理由の言い訳大会が開始されて、その結果として2%達成時期に関して知らんがなと開き直る、という堂々の負け戦の収拾作業が開始されていてその流れではあるのですが、金融不均衡への言及を強めていることもさることながら、肝心の目標である物価が足元上がらんのにも良いことがあるという説明は完全に「口では早期達成と言っているけど全然早期達成しようとしていません」コースになっていることをあからさまに表明してますな、ということで、「超強力緩和によって物価上昇を加速させて何が何でも早期で2%」というドクトリンの完全放棄に向けた理屈的な準備は既に出来上がっているというような内容だと思うの。

・・・・・・・だから政策見直しかというとそういう訳ではなく、何せアベノミクスの面目玉だし、マイナス金利に関しては黒田総裁が新たに打ち込んできた政策(国債買入もその他資産買入も白川総裁時代の物を拡大しているだけで先代の政策対比斬新なのはマイナス金利政策だけなんですよねー)なのでこれ引っ込めるのは黒田さん的にはだいぶ恥辱なんじゃネーノというのは何となくわかるので、まあ政策見直しするには官邸が諦める(まずない)のか、外部環境的に大問題(要するに副作用による金融機関経営の悪化の顕在化)が起こるのかとかそういう話がトリガーだと思うと落涙を禁じ得ません。

と、マクラの積りの愚痴が長くなりましたがいまさらジローの展望レポート基本的見解でございますわよ。

[外部リンク] 』の2019年度以降の見通しから。

・経済の中心シナリオは海外の見通しをちょっと下げただけとなっています

『2019 年度と 2020 年度については、内需の減速を背景に成長ペースは鈍化するものの、外需にも支えられて、景気の拡大基調が続くと見込まれる。』(今回)

『2019 年度と 2020 年度については、内需の減速を背景に成長ペースは鈍化するものの、外需にも支えられて、景気の拡大基調が続くと見込まれる。』(前回)

という最初の所が同じですのでそもそもが変更なしな訳です。

『すなわち、個人消費は、2019 年 10 月に予定されている消費税率の引き上げの影響4から一時的に減少に転じるなど、2019 年度、2020 年度ともに緩やかな増加ペースにとどまると予想される。もっとも、海外経済が総じてみれば着実な成長を続けることを背景に、輸出は増加基調を維持すると見込まれる。』(今回)

『すなわち、個人消費は、2019 年 10 月に予定されている消費税率の引き上げの影響4から一時的に減少に転じるなど、2019 年度、2020 年度ともに緩やかな増加ペースにとどまると予想される。もっとも、海外経済の着実な成長を背景に輸出は増加基調を維持すると見込まれる。
』(前回)

海外経済の所に毎度おなじみ「総じてみれば」というヘッジクローズが入りました。


『この間、設備投資は、景気拡大局面の長期化による資本ストックの積み上がりやオリンピック関連需要の一巡などから、2020 年度にかけて増勢が徐々に鈍化していくとみられるが、輸出の増加を起点とした投資需要の高まりもあって、増勢鈍化のペースは緩やかなものになると予想される。』(今回)

『この間、設備投資は、景気拡大局面の長期化による資本ストックの積み上がりやオリンピック関連需要の一巡などから、2020 年度にかけて増勢が徐々に鈍化していくとみられるが、輸出の増加を起点とした投資需要の高まりもあって、増勢鈍化のペースは緩やかなものになると予想される。』(前回)

『なお、今回の成長率の見通しを従来の見通しと比べると、概ね不変である。』(今回)
『なお、今回の成長率の見通しを従来の見通しと比べると、概ね不変である。』(前回)

ということで概ねもへったくれもほぼ不変じゃなという感じになっています(海外はファクターとして大きいので文言にヘッジクローズが入っただけとは言えそこそこ効いてはいますけどね)。


・金融環境と潜在成長率に関する記述は全文一致

『こうした見通しの背景となる金融環境についてみると、日本銀行が「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を推進するもとで、短期・長期の実質金利は見通し期間を通じてマイナス圏で推移すると想定している5。また、金融機関の積極的な貸出スタンスや社債・CPの良好な発行環境が維持され、企業や家計の活動を金融面から支えると考えられる。このようにきわめて緩和的な金融環境が維持されると予想される。』(今回)

『こうした見通しの背景となる金融環境についてみると、日本銀行が「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を推進するもとで、短期・長期の実質金利は見通し期間を通じてマイナス圏で推移すると想定している5。また、金融機関の積極的な貸出スタンスや社債・CPの良好な発行環境が維持され、企業や家計の活動を金融面から支えると考えられる。このようにきわめて緩和的な金融環境が維持されると予想される。』(前回)

全文一致ですな。ところで緩和的な政策を続けると副作用で金融機関の収益が悪化して、金融仲介機能に問題が生じる可能性があるって話もしていますけど、そもそもマイナス金利とか極端な低金利状態というのは名目ゼロ金利制約の観点から考えると実はただの金融機関引き締めであって、それを本当に金融緩和というのか、という疑問は思いっきりある(リバーサルレートの考え方みたいな話になるんでしょうな)。


『この間、潜在成長率については、政府による規制・制度改革などの成長戦略の推進や、そのもとでの女性や高齢者による労働参加の高まり、企業による生産性向上に向けた取り組みなどが続く中で、見通し期間を通じて緩やかな上昇傾向をたどるとみられる。 』(今回)

『この間、潜在成長率については、政府による規制・制度改革などの成長戦略の推進や、そのもとでの女性や高齢者による労働参加の高まり、企業による生産性向上に向けた取り組みなどが続く中で、見通し期間を通じて緩やかな上昇傾向をたどるとみられる。 』(前回)

まあここらはほとんどお題目状態ですので。


・物価が上がらんロジックの修正は政策修正に向けた屁理屈陣地の構成でもある(と思う)

『(2)物価の中心的な見通し 』である。

『消費者物価の前年比は、プラスで推移しているが、景気の拡大や労働需給の引き締まりに比べると、弱めの動きが続いている。』(今回)

『わが国の物価は、マクロ的な需給ギャップが需要超過となるもと、前年比プラスの状況が続いている。もっとも、景気の拡大や労働需給の引き締まりに比べると、企業の慎重な賃金・価格設定スタンスなどを背景に、なお弱めの動きを続けている。こうした中、中長期的な予想物価上昇率は横ばい圏内となっており、その高まりが後ずれしている。』(前回)

前回は物価が上がらん理由の分析大会になっていましたが、元々が見通し期間中に2%行きますよという見通しを出していたのを引っ込める言い訳が必要なので入れた訳ですが、そんな背景があるから色々と遠慮した表現で物価がアガランチ会長になっていますなという話をしていましたが、前回そうやって免罪符を得た(のかどうかは知らんが)ので今回はここぞとばかりにあっさり味の表現にして開き直り度が高まっております。

でもって前回はこのあとに先行き見通し→物価が上がらん理由の説明という風につながっていたのですが、今回に関してはご案内の通り、

『この背景としては、基本的には、長期にわたる低成長やデフレの経験などから、賃金・物価が上がりにくいことを前提とした考え方や慣行が根強く残っており、企業の慎重な賃金・価格設定スタンスや家計の値上げに対する慎重な見方が、明確に転換するには至っていないことがある。』(今回)

『加えて、非製造業を中心とした生産性向上余地の大きさや、近年の技術進歩、女性や高齢者の弾力的な労働供給などは、経済が拡大する中にあっても、企業が値上げに慎重なスタンスを維持することを可能にしている。また、技術進歩などは、分野によっては競争環境を厳しくしている面もある。』(今回)

『公共料金や家賃などが鈍い動きを続けていることも、物価の上がりにくさに影響しているとみられる。』(今回)

『こうしたもとで、わが国では、物価のマクロ的な需給ギャップへの感応度が高まりにくく、適合的な期待形成の力が強い予想物価上昇率も上がりにくい状況が続いていると考えられる。なお、春先までの為替円高に伴うコスト上昇圧力の緩和も、短期的には消費者物価を押し下げていたが、足もと、こうした下押し圧力は弱まりつつある。』(今回)

という説明になっていましたが前回は、

『もっとも、経済・雇用情勢の改善に比べて、物価や予想物価上昇率の改善ペースは、緩慢なものにとどまっている。この背景には、基本的に、長期にわたる低成長やデフレの経験があると考えられる8。1990 年代後半の金融危機やその後の世界金融危機を含む厳しい調整局面を経て、企業の慎重な賃金・価格設定スタンスや値上げに対する家計の慎重な見方、言い換えれば、賃金・物価が上がりにくいことを前提とした考え方や慣行が経済に組み込まれ、その転換に時間を要している。』(前回)

この部分は前回が丁寧になっているだけで同じですけど、

『加えて、非製造業を中心に生産性を引き上げる余地が大きいことや、デジタル化といった近年の技術進歩などは、経済が拡大する中にあっても、企業が値上げに慎重なスタンスを維持することを可能にし、分野によっては競争環境を厳しくしている面もあるとみられる。』(前回)

鏡にもありましたが、前回はこの生産性向上や技術進歩による物価上昇抑制圧力に関して「とみられる」となっていたのが思いっきり今回は要因として言い切っています。でもって昨日ネタにした先週の布野審議委員の高知金懇挨拶なんかではこの部分を思いっきり強調するという有様になっておりまして、これはすなわち足元の物価が上がらんことを「短期的に物価が上がらんけれども実際は経済の中では良いことが起きているんですよ」という風に説明することによって「2年で2%」という呪縛を取り払う(2年はさすがにと言っても「早期」というのは呪縛として残りまくっているので、会見などで「早期達成にこだわらないという理解でよいでしょうか」と聞くと絶対に反対されるという状態になっているのですな)ようにしていこう、ってなことを考えますと、政策転換に向けた屁理屈陣地の構築はしらっと続いていますし、この理屈を持ち出しているのは結構な強力な陣地構築ではあるんですよね、と思ったのでこの辺に関しては注目してしまったのです(あんまりネタにされてなかった気もするけど)。

『このように、低成長やデフレの経験が生産性向上余地の大きさなどと相俟って、わが国では、物価のマクロ的な需給ギャップへの感応度が高まりにくく、適合的な期待形成の力が強い予想物価上昇率も上がりにくい状況が、想定以上の期間にわたって、続いていると考えられる。こうした物価や予想物価上昇率が上がりにくくなっている要因を、家計や企業の行動面から整理すると、以下のとおりとなる。』(前回)

ということで前回はこの後に理由の話があって、そのあと上昇するメカニズムの説明がありますがそこの引用はパスするとしまして。


・先行きの見通しなのだが正直メカニズムの説明に無理があると思う

『先行きの物価を展望すると、消費者物価の前年比は、マクロ的な需給ギャップがプラスの状態を続けることや中長期的な予想物価上昇率が高まることなどを背景に、2%に向けて徐々に上昇率を高めていくと考えられる。なお、今回の物価の見通しを従来の見通しと比べると、2018 年度を中心に幾分下振れている6。』(今回)

『先行きの物価を展望すると、マクロ的な需給ギャップがプラスの状態が続くもとで、企業の賃金・価格設定スタンスは次第に積極化し、中長期的な予想物価上昇率も徐々に高まってくるとみられる。この結果、消費者物価の前年比は、これまでの想定よりは時間がかかるものの、2%に向けて徐々に上昇率を高めていくと考えられる。なお、今回の物価の見通しを従来の見通しと比べると、下振れている6。』(前回)

とまあ言っていることは同じでして、

『消費者物価の前年比が2%に向けて徐々に上昇率を高めていくメカニズムについて、一般物価の動向を規定する主たる要因に基づいて整理すると、』(今回)

『第1に、労働や設備の稼働状況を表すマクロ的な需給ギャップは、労働需給の着実な引き締まりや資本稼働率の上昇を背景にプラス幅を拡大しており、先行きについても、比較的大幅なプラスで推移するとみられる。こうしたもとで、賃金上昇率の高まりなどを受けて家計の値上げ許容度が高まり、企業の価格設定スタンスも積極化していけば、実際に価格引き上げの動きが拡がっていくと考えられる。』(今回)

『第 2 に、中長期的な予想物価上昇率は、足もとは横ばい圏内で推移しているが、先行きについては、上昇傾向をたどり、2%に向けて次第に収斂していくとみられる。この理由としては、 崚合的な期待形成」7の面では、現実の物価上昇率の高まりが予想物価上昇率を押し上げていくと期待されること、◆屮侫ワードルッキングな期待形成」の面では、日本銀行が「物価安定の目標」の実現に強くコミットし金融緩和を推進していくことが、予想物価上昇率を押し上げていく力になると考えられることが挙げられる。』(今回)

『第3に、輸入物価についてみると、原油価格の上昇は、2018 年度の消費者物価の押し上げ要因として作用するが、その影響は緩やかに減衰していくと予想される。』(今回)

『この間、最近の女性・高齢者の労働参加の高まりや、企業の生産性向上によるコスト上昇圧力の吸収に向けた取り組みの強化は、長い目でみれば、物価上昇圧力を高める方向に作用していくと予想される。すなわち、こうした動きを受けて、経済全体の成長力が高まっていけば、企業や家計の支出行動が積極化していくことが期待できる。また、日本経済の成長力の高まりとともに自然利子率が上昇すれば、金融緩和の効果も高まっていくと考えられる。』(今回)

この3点セットプラスワンに関しては前回も今回も同じような話をしているので前回のこの部分は引用しないのですけれども、前回の物価がアガランチな説明の中ではこの整理の前にこのような説明があった訳よ。

『先行きを展望すると、景気の拡大基調が続く中で、物価の上昇を遅らせてきた要因の多くは次第に解消していくと考えられる。』(前回)

ほほう。

『技術進歩の影響などは先行き強まる可能性もあるが、労働需給が引き締まった状態が続くもとで、賃金上昇率の高まりはより明確化していくとみられる。』(前回)

うーんこの。

『こうしたもとで、外食などのサービス業で既にみられ始めているように、販売価格への上昇圧力は強まっていくとみられるほか、人手不足を背景とする物流コストの増加は、インターネット通販企業のコスト面での競争力を弱めることを通じて、小売業との競争環境を緩和させる方向に作用することも考えられる。』(前回)

うーんこの。

『さらに、労働生産性の上昇や非正規雇用者の賃金水準の高まりが、正規雇用者の賃金に波及していけば、家計の値上げ許容度も全体として徐々に高まり、企業による値上げはより受け入れられやすくなるとみられる。』(前回)

昨日ネタにした先週の布野さんの高知金懇でも言及がありましたが、一般労働者のお賃金ってろくすっぽ上がっていないんですよねえ(しかも給与所得の皆様ご案内の年末調整で何で今年はこんなに紙をださんといかんのよと思ってよく見れば配偶者控除がまた縮小とかいうように(その他でも)しらっとステルス増税してますしねえ)。

『また、高齢者の労働参加の高まりを支えてきたいわゆる団塊世代が 70 歳代に達しつつあることなどを踏まえると、労働参加の高まりが賃金を抑制する効果も緩やかになっていくことが予想される』(前回)

とまあこんな説明をしているんですが、そらまあ3カ月で大きく変わるもんじゃないというのはその通りかもしれませんが、今回の展望レポートでは寧ろ生産性の向上と技術進歩を堂々の物価が上がりにくい主因に昇格させている有様でして、物価が中々上がらんことに関しては益々開き直っている感じなのに、何で先行き上がるという話になるのか(そうしないと今まで広げまくった大風呂敷の手前言い訳が付かないから、というのは分かりますが)と小一時間問い詰めたいわけですよ。

だってね、先行き物価があがるのって、上記にあるように「需給ギャップのプラスで物価に上昇圧力を掛ける」
→「その結果物価がちょろっと上がる」→「その状態をキープすることによって適合的期待形成に影響を与えてインフレ期待が上がっていく」→「インフレ期待が上がると物価が下がりにくくなるので需給ギャップのプラスが物価に与える影響がもうちょっと強くなる」→「そうなると物価が・・・・・・・」ってのの繰り返しって説明になっているのよね今は(なお昔は当座預金残高を10%引き上げると期待インフレ率が0.44%上昇するという世界標準の置物直線一気理論を使っていましたがそれはいつの間にやら無かったことにされておりましていまや置物日記の中にファンタジーとして残存するに過ぎません)。

でまあそういう物価上昇メカニズムなのですが、今回は物価が上がりにくい要因として生産性向上とか技術革新とかというのを主因の一つに昇格させているということは、つまり「物価は足元では中々上がりにくい」というのを強化している訳でして、足元がより上がりにくくなっている(2018年度の見通しも下げておりますよね、さっきはサラサラ流しましたけど)という状況なうえに、この生産性向上がどうのこうのって話は「需給ギャップのプラスが物価上昇に反映しにくくなる」という事も意味する訳ですから、そもそも論としてこれで物価上昇のモメンタムが維持されているというのはお前は何を言ってるんだという話になるはずなのよ。

でも「モメンタム」を「需給ギャップ+インフレ期待」で定義していて、需給ギャップがプラスでインフレ期待が下がってはいないというのでモメンタム維持、って理屈になっているんですけど、そもそもこの需給ギャップが物価に反映していくという肝心の元々のメカニズムに関して物価が上がりにくくなっているのを更に強化バージョンで説明しているのに、そっちは軽くスルーしている辺りがもうねという感じだと思うのよ。


・・・・・・・・とまあ悪態ついていますが、これ「物価2%を頑張って早期達成しましょう」という建付けが悪いのであって、「経済状況が適当に良い状態を長期間継続できた方が良いじゃないですか国民厚生的に言って」という風な考え方で、何でもかんでも物価最優先じゃなくて総合判断でやっていく、という風にしていけば、別に悪態をつくような話でもなんでもなくなるというのがあら不思議って奴でして、つまりは今回の展望レポートの物価認識と見通しとメカニズムの部分って、(以前からもちろんそういう傾向はあったのですけれども)2%目標がフレキシブルとか中長期とか、ゆうてみればステートオブエコノミーの象徴としての数字として考えて、でもって経済の総合判断の中で金融政策運営していきますよ、という風に考えて政策運営すると言って2%未達成大敗北なのに更に無理矢理金融政策の投下を続けるという無茶政策から撤収するための理屈上のお膳立てが(最後の一番難しい建付け変更を除けば)外堀くらいは埋めている感じがしますな、と思えばこの説明も中々良い味をだしています。ただし置物一派は焼き土下座して全員引退して二度と政策に関連するような所に出てくるな何だったら皆さん揃って(以下の文言は削除されました)、とまあそういう話ではありますな、とか思いましたがどうなんでしょうかね。


・リスクの部分は物価の所だけ確認な

『3.経済・物価のリスク要因 』は基本的に言ってること同じなのですが、物価の所だけ違いがありまして、

『第2に、マクロ的な需給ギャップに対する価格の感応度が挙げられる。』(今回)
『第2に、マクロ的な需給ギャップに対する価格の感応度が低い品目があることが挙げられる。』(前回)

前回は局地的な話だったのが今回昇格、その理由は従来から出ている生産性だのの影響でして、

『企業の生産性向上によるコスト上昇圧力の吸収に向けた取り組みが長期にわたり継続したり、近年の技術進歩や流通形態の変化等によって企業の競争環境が一段と厳しくなったりする場合には、こうした面からの価格押し下げ圧力が予想以上に長く作用する可能性がある。また、公共料金や家賃などの鈍い動きが、先行きも、長期間にわたって、消費者物価上昇率の高まりを抑制する可能性もある。』(今回)

『公共料金や家賃などの鈍い動きが、先行きも、長期間にわたって、消費者物価上昇率の高まりを抑制する可能性がある。また、流通形態の変化や規制緩和等によって企業の競争環境が一段と厳しくなる場合には、差別化の難しい財・サービスを中心に、価格押し下げ圧力が予想以上に長く作用する可能性がある。』(前回)

ということで、前回は公共料金や家賃の話がメインで、局地的な話で、むしろCPIをテクニカルに上げにくい要因がありますよってな感じの言い方だったのですが、今回は生産性向上とか技術進歩の話を前面にもっていっていまして、これどう見ても上がらんリスク要因としては強い意味になっているのですが、その内容が「中長期的に良いことである(キリッ)」という説明をすることによって、物価が足元アガランチ会長なのを開き直るようにも作ってあるという代物です。


・第一の柱はさっき悪態ついた通り

『4.金融政策運営 』に行きます。

『まず、第1の柱、すなわち中心的な見通しについて点検すると、消費者物価の前年比は、2%に向けて徐々に上昇率を高めていくと考えられる。』(今回)
『まず、第1の柱、すなわち中心的な見通しについて点検すると、消費者物価の前年比は、これまでの想定よりは時間がかかるものの、2%に向けて徐々に上昇率を高めていくと考えられる。』(前回)

はいはい大本営大本営、ちなみにこれ前回が「見通し期間中に行きません」攻撃をしたために大きく下がっているので、単純比較すると上方修正に見えてしまいますがただの横這いです。

『経済・物価のリスク要因については注意深く点検していく必要があるが、2%の「物価安定の目標」に向けたモメンタムは維持されていると考えられる。』(今回)
『経済・物価のリスク要因については注意深く点検していく必要があるが、2%の「物価安定の目標」に向けたモメンタムは維持されていると考えられる。
』(前回)

はいはい大本営大本営。

『これは、.泪ロ的な需給ギャップがプラスの状態が続くもとで、企業の賃金・価格設定スタンスは次第に積極化してくるとみられること、中長期的な予想物価上昇率は、横ばい圏内で推移しており、先行き、実際に価格引き上げの動きが拡がるにつれて、徐々に高まると考えられること、が背景である。』(今回)

『これは、.泪ロ的な需給ギャップがプラスの状態が続くもとで、企業の賃金・価格設定スタンスは次第に積極化してくるとみられること、中長期的な予想物価上昇率は、横ばい圏内で推移しており、先行き、実際に価格引き上げの動きが拡がるにつれて、徐々に高まると考えられること、が背景である。』(前回)

とまあ全文一致ですが、さきほど散々申し上げたように、そもそも需給ギャップに対する価格の感応度が低い状態が長期化するかもしれないし、その長期化は実は経済の生産性や技術進歩の賜物ですとか言い出している中で何がどうモメンタムが維持なのかという話ではありますが、そこはもうこれで押し通すしかない(モメンタムがダメとなると政策対応という建付けになっているから)。


・第二の柱はご案内の通りでリスク認識を昇格

『次に、第2の柱、すなわち金融政策運営の観点から重視すべきリスクについて点検すると、経済の見通しについては、海外経済の動向を中心に下振れリスクの方が大きい。物価の見通しについては、中長期的な予想物価上昇率の動向を中心に下振れリスクの方が大きい。』(今回)

『次に、第2の柱、すなわち金融政策運営の観点から重視すべきリスクについて点検すると、経済の見通しについては、2018 年度はリスクは概ね上下にバランスしているが、2019 年度以降は下振れリスクの方が大きい。物価の見通しについては、中長期的な予想物価上昇率の動向を中心に下振れリスクの方が大きい。』(前回)

経済リスクアセスメントを下げているのは海外要因ですな。

『より長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、これまでのところ、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されていない。
』(今回)
『より長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、これまでのところ、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されていない。』(前回)

はい。

『もっとも、低金利環境や金融機関間の厳しい競争環境が続くもとで、金融機関収益の下押しが長期化すると、金融仲介が停滞方向に向かうリスクや金融システムが不安定化するリスクがある。現時点では、金融機関が充実した資本基盤を備えていることなどから、これらのリスクは大きくないと判断しているが、先行きの動向には注視していく必要がある9。』(今回)

『また、低金利環境が続くもとで、金融機関収益の下押しが長期化すると、金融仲介が停滞方向に向かうリスクや金融システムが不安定化するリスクがあるが、現時点では、金融機関が充実した資本基盤を備えていることなどから、そのリスクは大きくないと判断している。』(前回)

ご案内の通り、これは今回は「リスクがある」であり、前回が「リスクはあるが現時点ではリスクは大きくない」なので、リスク判断を引き上げておりますし、それだけだとアレなので「先行きの動向には」というのを入れて読みやすくしてあげました、ということで、FSRもあれだけ散々書いたのがここにちょろっとだけ反映されて良かったですね(棒読み)という所ですが、あの認識だったらCP社債買入と貸出支援いや何でもないです。

なおフォワードガイダンス文言は当たり前ですが変化がないのでパスします。


#ということで虫干しネタの滞貨解消シリーズで誠に恐縮至極
 


お題「布野審議委員金懇ネタが(たいしたネタでもないのに)引用大会になってしまいました/置物日記日記進捗状況」   2018/11/12(月)07:51:53  
  簡単にする予定が思いの外ながくなってしまいましたすいません。

〇布野審議委員金懇挨拶はそれほどのネタではないのですがつい引用大会

金懇挨拶
[外部リンク] 日銀は、今年 10 月の金融政策決定会合で物価上昇率の見通しを0.9%という形に引き下げ、その一方で、強力な金融緩和策の維持というものを決めましたけれども、金融緩和策によって、人口減少の進む地方銀行など、地域の金融機関の収益悪化というところも一方で懸念されていますが、物価2%の目標達成の見通しや、金融緩和策による副作用と言われるようなところについてのご見解をお聞かせください。 』

『(答) 10 月に見通しを引き下げたというお話はその通りですが、7月の展望レポートでも、見通しを下げた経緯がありまして、特に7月においては、見通しの引き下げに伴って、新しい政策を打ち出した次第です。1つは、フォワードガイダンスですが、フォワードガイダンスの意味するところは、当分の間、緩和的な金融環境を進めるということです。2つ目は、様々な副作用を制御するような施策を出したということです。2016 年の9月に「総括的な検証」をして以降、日本銀行の政策は経済、物価に加えて、金融情勢も踏まえながら行うという考え方でおります。全ての施策には作用、副作用がございますので、副作用も含めて、金融情勢をよく見極めてやるということです。そのような意味で、確かに金融緩和の状態が長引けば、金融機関の収益力に負の影響が累積的に掛かるということですので、今後とも注意深く見ながら、その都度、政策を決めていくものと考えています。』

まあ基本模範解答ですけれども、「2016 年の9月に「総括的な検証」をして以降、日本銀行の政策は経済、物価に加えて、金融情勢も踏まえながら行うという考え方でおります。」っていうのは一応しれっと打ち込んでますなというところで、本来金融政策点検第二の柱というのがあるのですから、金融情勢も踏まえるのって元々の建付けとしては当たり前なのですけれども、総括検証によって金融情勢も踏まえるようになった、というのはそれまでは副作用何も考えずにやっていました、と言ってるのと同じでして、まあこの時点で置物理論は完全崩壊しているという事ですな。


『(問) 2点あるのですが、1点目は、金融機関の収益への副作用という点が金融政策の議論で最近なされていますが、イールドカーブを立てれば、金融機関の収益に与える金融政策の副作用が軽減されるのかどうか、という点が1点目です。2点目は、当面極めて強力な金融緩和を継続するということだと思うのですが、効果と副作用のバランス次第では、物価が2%に達する前にも金利水準を引き上げる可能性はあるのでしょうか。』

1点目の質問なんですが、こんな質問の仕方したら「イールドカーブを立てれば良いわけではない」って答えが返って来るのが見え見えな訳でして、せっかくしらっと超長期の輪番がこの前減ったというのに、こういう質問して話を大きくするんじゃねえよと非常にトサカに来る質問なのですが回答も予想通りになっています。

『(答) 後の方から申しますと、物価が何%になったから金利をどうするということについては、金融政策そのものでありますので、今の時点で将来についての具体的なコメントは差し控えさせて頂きたいと思います。』

本来は調整ありうべしという話なのですが、まあこうやって答えるというのは、とりあえず変に切り取られてヘッドラインにされたくない、というのがあるでしょうし、それよりもこういう言い方になるってのは政策委員会の中の議論的に今の政策の調整が話題になっていないということなのでしょうかね。よーわからんけど。

『そのうえで、最初の質問についてですが、金融機関の収益力は、必ずしも金融政策だけで成立しているわけではございませんので、非常に多岐にわたる要因が絡んでいます。例えば、貸付先の事業のパフォーマンスであるとか、個別の金融機関での経営構造改革の努力であるとか、成長戦略の展開であるとか、そのようなことを含めて影響してきますので、金融政策がこうやったから金融機関は経営上の問題なくなるというような種類のものではないと思っております。ただ、急激に金利が上がるということは、当然のことながら、逆に金融機関においてマイナスにも効くでしょうから、金利の上がり方は一つのポイントではありますが、一般論では、イールドカーブが立つ方向にいけば、利ざやの拡大を通じて、金融機関に対してはプラスの影響が出るだろうと私は想定しています。』

この結論の前の前置きの慎重さがもうねという所で、布野さん今回はやたら慎重な物言いをしているなあという印象で、それがどういうインプリケーションなのかというのはいくつか読み筋は考えたのですがまだ妄想段階であって、今後の展開を見たら後からああなるほどというのがあるかもしれないな、とは思うもののはっきりしませんなという事で。


〇全然進捗しませんが置物日記日記メモ

置物日記日記ですが、引き続きちょっと読む→トサカに来る→付箋を貼る→精神を落ち着ける、という不健康なサイクルが続くので中々進捗しません。

でもってまあ進捗しないと言いましても適当に開けたところから読んでいるので飛び飛びながら後ろの方までだいぶ進んできたには来たんですけど、結局この本って3行でまとめると、

・置物一派の交遊録
・消費税増税が悪い
・国会質疑はムカツクし吊るし上げする民主党議員はムカツク

というので終わってしまうという大変にアレな内容でして、別に政策決定のプロセスみたいなのとか、政策の理論的バックボーンの話とか、まあまるで無いにも程があります。

しかしまあ見ていて一番トサカに来るのって消費増税に対する文句の部分で、そんなに文句があるなら日銀の政策委員会の委員という立場でちゃんと発言しなかったのかと思う訳で、延々と「自分は反対だった」という話をして、置物一派の誰誰にそういう話をして云々という話ばかりをして、自分が何も言わなかったのは日銀副総裁の立場として云々で全部言い訳をしているのがお前ふざけんなという話であって、それって「私は実はあの戦争には反対でした」とか戦後になってイケシャーシャーと言う連中とまるで同じだし、地位がある人間がそうやって傍観して後から言い訳しまくるとか見苦しいにもほどがあるわ、とまあ思うのですが、その辺の話は追々。
 

2019年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。