FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
ストラテジー(世界情勢と投資戦略)
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
推奨銘柄
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。


弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  

全部で 16件 の記事があります。(表示:1−16)


お題「改めてオペ紙雑談(俺様用疑問点整理)/クオールズ副議長もテーパリングと利上げの分離工作に余念がありませんな」   2021/05/31(月)08:08:57  
  そんな話の前に2%の物価安定目標を早期に達成する目先の話をしてくれませんかねえ。
[外部リンク] Takada
2021年5月28日 14:30 JST

まあ物価目標の達成がリームーだから気候変動とか仮想通貨とかCBDCとかそういう話をして目先を変えることによりまして以下自粛。


〇改めてオペ紙に関して(こういうのをウダウダ気にするのはアタクシくらいですけど)

鈴木審議委員の会見をネタにしたんですけど、まあ昨日とかベンダーコメント見てると(記事がネット版で拾えなかったので記事引用は割愛)今日のオペ紙変更に関してもあーでもないこーでもない、と普通に話をしていまして、いやまあ多分オペ紙の内容ってこれまでずーっと調節部門マターだったから足元で急に変わったりはせーへんやろとアタクシも思うのですが、やっぱり気になるので念のため確認。

まずはピンポイントオファーに関する説明。

[外部リンク] 年3月 19 日
日本銀行
金融市場局
当面の長期国債等の買入れの運営について

点検MPMを受けて3月19日にこのように説明していまして、オペ紙に関して言えばこの公表文書の肩書が「日本銀行金融市場局」なので、現場マターであることを示しております(そうじゃない場合は単に「日本銀行」と記載される)。これを見ますと、

『── 2021 年4月の月間予定は、3月 31 日 17 時に公表します。同月以降の月間予定において、長期国債の利回り・価格入札方式での買入金額は、従来のレンジ形式ではなく、特定の金額で示すこととします。これに伴って、4月以降、下記1.(3)は、「月間予定において、市場の動向を踏まえて種類別・残存期間区分別の買入金額を公表し、当月中は、原則として、当該金額を買入れる。ただし、イールドカーブの水準が大きく変動し、長期金利(10 年債利回り)が変動幅の上限または下限を超える惧れがある場合などに、例外的に、買入金額を調整することがある。」に変更します。』

となっているので、この文章をまともに読みますと、『月間予定において、市場の動向を踏まえて種類別・残存期間区分別の買入金額を公表し、当月中は、原則として、当該金額を買入れる。』とあるので、市場の動向を踏まえてオペ紙の内容は月ごとに決定するが、いったん決めた当月予定額はよほどの動き(具体的にはプラマイ25bp)を超えない限り当月中の上げ下げは行わない、という風に考えるのが普通なので、まあそう考えればオペ紙時点での上げ下げはあり得る、ということになる筈。

然るに、何でそういう答弁になっているのかわからないのですが、4月MPMの黒ちゃんと先日の鈴木審議委員はいずれも(ちなみに3月会合後の会見では話題が大杉栄だったのでオペ紙まで質疑でカバーされなかった)・・・・・

4月MPMの総裁会見(6ページをご覧あれ)
[外部リンク] 26, 2021
The Economic Outlook and Monetary Policy
Vice Chair for Supervision Randal K. Quarles
At the Hutchins Center on Fiscal and Monetary Policy, The Brookings Institution, Washington, D.C. (via webcast)

だいたいこっち方面の話をするのはクラリダさんで、クオールズさんは金融監督とかプルーデンス系の話をするのが仕様なので、クララが立った!みたいな、というとそこまでのレアアイテムな訳ではないですが、まあ珍しくその話をしておりますなという所。

本来は経済物価情勢の部分から細々と見て行くのが吉なのですが、まずは手抜き読みで金融政策運営に関する現世利益部分から読みましょう、と言ってもまあこんなタイミングで何か地ならしをしてくるのは時期尚早にもほどがあるのでお察しの内容ではありますが何事も確認が大事。

これ小見出しが付いてないけど、内容としては「経済の現状と先行きとリスク要因」「マンデート達成状況に関して雇用編」「同じく物価編」「じゃあ政策はどうなるの?」「ファイナンシャルスタビリティに関して」という構成になっております。前段の部分をすっ飛ばして現世利益の話を見てしまうので前提条件が分からんとアレという部分はあるのですが無理矢理インスタント読みをしてみましょう。

『So, what are the implications for monetary policy? I am fully committed to the FOMC's new monetary policy framework and the two pieces of related guidance that we have put in place for asset purchases and the federal funds rate to implement that framework.』

最初の部分はワシは今の政策コミットメントを全面的にコミットしてますって当たり前の説明。

『The conditions required to change the pace of asset purchases and those required to increase the federal funds rate are sequential: The latter requires improvement in the economy that clears a much higher bar. Let me address each of those in turn.』

資産買入ペースの縮減着手、利上げ開始、というこれらの変更に着手する条件としてFEDがコミットしているものはシーケンシャルであって、テーパリングが先で利上げが後ですよ、という話ですが、まあこの辺に関しても先日来のFEDの主流派高官の発言にあるような感じですな。

つまりですね、しつこく申し上げますが、「テーパリング」と「利上げ」を分離して、しかもテーパーの方が利上げよりも前、というか「テーパーの後に利上げが必然的に続く、という訳ではないですよそこには差がありますよ」というような感じの話にして「テーパリング着手の議論が即座に利上げに関する思惑の前倒しに繋がらないようにして、テーパータントラムを回避する」という(ある意味虫の良い議論ではあるが)ことを考えているのであって、つまりはテーパリングに関してはどこかでぶち込み来るじゃろ(まあ普通に考えて急ぐ必要が無いのならジャクソンホールか9月FOMCまで待てば良いが)とは思いますな。

『The guidance on asset purchases, introduced in December, commits us to increasing our holdings of securities at least at the current pace until substantial further progress has been made toward the Committee's maximum-employment and price-stability goals.』

これはAPPガイダンスをただ朗読してるだけ。

『My personal view is that the rise in inflation-even after discounting temporary factors-and inflation expectations since December will prove sufficient to satisfy the standard for inflation in the guidance around asset purchases later this year, but improvement in the labor market has been slower than I would have liked.』

これは前段の部分の説明と合わせて本来は読まないと行けない部分になりますが、まあそこはネグって(というか後日ネタに出来たらする)しまいますと、物価の方はもうテーパリングしたってエエジャン(一時的要因で上がっているのを差っ引いたとしても)という所だが雇用はそうでもないですからねえ、という比較的新手の説明キタコレとなっているのがお茶目。

いやまあこんなこと言って今週末の雇用統計が馬鹿みたいに良かったらどうするんだよという所なのですが、まあそこまでの事は無いって事なんでしょうかね。物価が強い数字をバンバン出しる状況の中で、FEDの高官がテーパーだの利上げだのが前倒しにならん理由として説明していたのが「物価が上がっているように見えるな?あれは一時的だ」という論理展開でして、まあそれはそれで実際にどうなのかは兎も角、一時的と言い張っていれば申し開きが付かなくなるまで(1年以上延々と高かったらさすがに一時的って言い張れねえだとろ、とかね)はクソ粘りが可能ということになります。

一方で今回のクオールズさんの説明って、物価は強いよって言っちゃっている所でして、まあ雇用に関してはアンイーブンだのなんだの言い張って粘ることになるんでしょうが、物価が一時的アルねのほうを潰してしまっている辺りに良い味わいがありまして、エエノカソレデという気はするが、まあそんな説明をしちょりますわ。

『For instance, the unemployment rate has decreased only 0.6 percentage points to 6.1 percent, and the labor force participation rate is still nearly the same as it was at the time of the December meeting. Therefore, we need to remain patient in the face of what seem to be transitory shocks to prices and wages so long as inflation expectations continue to fluctuate around levels that are consistent with our longer-run inflation goal.』

雇用改善のペースも鈍化しているし内容もアカンタレなので我々はペイシャント、と結論は結局はいはいペイシャントペイシャントという所ですが、そこに至る説明のニュアンスが若干異なるのがオモロイ。


『For me, it is a question of risk management.』

次のパラグラフはリスクマネジメント的な課題が、と来まして。

『The best analysis we currently have is that the rise in inflation to well above our target will be temporary. But those of us on the FOMC are economists and lawyers, not prophets, seers and revelators. We could be wrong; and what happens then? Part of the calculus in balancing the risks of either overshooting or undershooting our 2 percent goal is that the Fed has the tools to address inflation that runs too high, while it is more difficult to raise inflation that falls below target. If we're wrong, we know how to bring inflation down. But if our assessment is correct that inflation is temporary, it would be unwise for us to take actions that might slow the recovery prematurely by trying to stay ahead of inflation, when our best estimate is that we are not far behind.』

なんのリスクマネジメントかというと、想定よりも物価の基調やインフレ期待が強くて、ワシらがペイシャントペイシャントと言っている間に物価の上振れがテンポラリーとか言ってる場合じゃなくてマジモンで上がってしかも盛大に上振れしたとき、というリスクを考える訳でが、この場合には「the Fed has the tools to address inflation that runs too high,」とインフレを鎮静化させるツールはある!と言っていまして(これが死亡フラグにならないことを祈りますけどね)、返す刀で同じ文章の中に「while it is more difficult to raise inflation that falls below target」と、下がった物価を上げる方が難しい、という説明をしていて、上振れした時の対処は楽勝で可能だが、下振れた場合には、いろいろと苦労しないといけないから、だからこそペイシャント節が流れる、というまあありがちな説明ではあるけど、そういう説明をしています。

とは言いましても次のパラグラフに行きますと・・・・・・・・

『If my expectations about economic growth, employment, and inflation over the coming months are borne out, however, and especially if they come in stronger than I expect, then, as noted in the minutes of the last FOMC meeting, it will become important for the FOMC to begin discussing our plans to adjust the pace of asset purchases at upcoming meetings.』

テーパリング着手議論に関しては排除しませんどころか、FOMCの議事要旨に在りました通りに、と言いながらも今後数回のFOMC(なので早くて7月普通で9月って所じゃないですかね)の時点でテーパー着手に向けた議論が行われるのは適切、とのお告げキタコレ。

『In particular, we may need additional public communications about the conditions that constitute substantial further progress since December toward our broad and inclusive definition of maximum employment. This standard presents inherent communications challenges because it cannot be summarized by a single labor market indicator, such as the unemployment rate thresholds used in the Committee's interest rate forward guidance between late 2012 and late 2013.』

でもって今回のAPPガイダンスにある「substantial further progress」に関して言えば、過去2012とか2013に行ったフォワードガイダンスにおける失業率ガイダンスと違って総合的判断の要素が強いので、この点に関しては更にクリアーなコミュニケーションが必要なんですってよ。

んな訳でこの現世利益コーナー最後のパラに参りますが、

『In contrast, the time for discussing a change in the federal funds rate remains in the future.i』

政策金利の引き上げのディスカスを行うのは依然としてもっと先の話でっせ、となっていまして、まあ明らかにこれはテーパーと利上げは別物だからテーパーするから必然的に利上げする訳ではないよ、という説明になっているし、そういうことからすると、過剰なバランスシートを持つことへの忌避感ってのはFEDには強いんだな、というのがわかるというものです。ちなみにこのiですけど、

『i. Note: This speech was updated on May 26, 2021 to match remarks made at the Brookings Institution. On page 2, the sentence should read, "First, I see increasing recognition by the private and public sectors that a broad reopening can proceed safely." On page 10, the sentence should read, "In contrast, the time for discussing a change in the federal funds rate remains in the future." 』

ページ何とかとあるのはPDFバージョンのページ(めんどいからURL入れなかったですな、汗)になりますが、実際のスピーチに合わせてこの部分は直したそうな。

『The guidance for the federal funds rate commits to maintain the current rate until labor market conditions are consistent with our goal of maximum employment and inflation not only has reached 2 percent, but also is on track to moderately exceed 2 percent for some time. In the FOMC's most recent Summary of Economic Projections, no participants-even those with optimistic growth forecasts such as I've outlined today-thought it appropriate that liftoff occur before 2022. Perhaps even more important than the timing of liftoff will be the expected trajectory of rate increases afterward, and you can see that even among participants with an earlier expected liftoff, those paths are quite shallow.』

『Thus, I expect that monetary policy will remain highly accommodative for some time.』

利上げ着手の条件を満たすのはもっと先の話です、よって金融政策は当面「highly accommodative」でっせ、という説明になっておりまして、利上げは後だよってのを強調しつつテーパーはまあやるんでしょうなという分離工作に余念がない、という感じを益々受けるのでありました。
 


お題「鈴木審議委員会見だが結局オペ紙は政策委員会の介入するところになったのけ??」   2021/05/28(金)08:06:23  
  あらま。
[外部リンク] 今治市 90代女性に誤って新型コロナワクチン3回接種
2021年5月28日 0時07分

おじいちゃんさっきもお注射打ったでしょ、という新手のネタ爆誕ェ・・・・・・・


〇鈴木審議委員記者会見:オペ紙の扱いがうーむ

[外部リンク] 午前の懇談会では一定の範囲内の金利変動は市場機能にプラスに作用するというような発言がありました。最近の債券市場ですけれど、再びまた長期金利の動きが小幅になってきています。こうした相場状況についての受止めと何らかの対応が必要なのかということについてのお考えをお願いします。』

途中の話が大本営発表ばっかりでしたから、まあここらしか聞き場が無いのですが、これは良い質問。でもってその答えですが、

『(答) 3 月の金融政策決定会合では、市場機能の維持と金利コントロールの適切なバランスをとる観点から、長期金利の変動幅について上下に±0.25%程度であること、これを明確にしました。』

はい。

『こうした観点から、国債買入れオペの実務的な対応として、事前に示す買入れ予定額について、レンジから特定の金額に変更するとともに、長期金利が変動幅の上限または下限を超える惧れがある場合以外は、買入れ額を調整しないことに変更しました。』

???????????????????????

・・・・・・これですね、以前黒ちゃんも何かの時(咄嗟に出てこないが確か4月会合)に発言していたのですが、この文章って日本語の構成をみると、主語が「事前に示す買い入れ予定額」で、述語が「特定の金額に変更」と「買入額を調整しない」っていう文章にしか読めませんよね、黒ちゃんもそんな話をしていましたが。

何ちゅうかそのナンヤソラとしか申し上げようがない話で、「予定額を調整しない」ってその部分は本来調節実務部署に委ねられていた筈ですが、何で急にこの部分に政策委員会が介入することになったのよ、という感じでございまして、4月の買い入れ予定額(つまり3月末)のピンポイント方式第1回の時に10年ゾーン大減額したのは何だったのかというか、あれだけ減額してもまだまだ市場からみたら買入がトゥーマッチだから相場が動かんのですけれども、あれとその後の黒ちゃんに続いて鈴木さんもこう説明しているので、決定事項に何も載っていないけどダマテンで政策委員会が介入するようになっている、という状況になっていますよね。

いやマジでこれ何なのって話で、価格形成を徐々に市場にゆだねて行くって形にしなかったら「市場機能の維持」できないだろうがこのウスラトンチキどもがといった風情なのですが、ダマテンで勝手にそういうの決めておいてなんの正式アナウンスもないってのは、最初の後付けで勝手に決まった長期金利プラマイ10bpみたいな風情なのですが、こっちの方は、従来「基本的に市場コントロールができるんだったら買入の額自体は減らせるもんなら減らす(ただしオーバーシュート型コミットメントとのコンフリクトは考慮)」って話だったと思うのですが、「何が何でも買入を減らさん」というのはどう見ても話が退化してるだろって問題なのでより一層トサカに来る案件ではございますな。

いやあのですね、「事前に示す買い入れ予定額に"対して"」だったら意味わかるのよ、事前に幾ら幾ら買うと決めていたけど、レンジぶち抜けそうだから今日の輪番は増額するよ、(まあそれしなくても連続指値オペとかいうオモシロオペあるんですけどね)というのならそらそうよなので全く仰せの通りなのですが、オペ紙を動かさないって話だと、それ買入自体がまあそれなりに市場の価格形成ができるような規模になっていればそれはそれで良いのですが、中期とか5-10とかまだまだ減らせるじゃん(というか超長期後半以外減らせるじゃん)という状況なのに減らさなかったらそら市場もおじぞうさんになるというものです。


・・・・・・・まあ何ですな、そもそも論として3月末の10年大減額自体が、その前のMPMで散々っぱら黒ちゃんが緩和バイアスみたいな物言いをしまくっていたのに、何もその舌の根の乾かぬうちに大胆減額せんでもよかろうよ、って感じだったし、そういう駄文を4月の頭から書かせて頂いたのですが、それに対しておイタが過ぎるって事になったので政策委員会がオペ紙にまで介入した、ってんだったらまあそうかもしれませんねとは思います(最終的にはどこまで政策委員会が細かくするかってのは、政策委員会って経営会議でもあるので、そこでこうするって決めればそうなるだけの話ですからね)けど、市場ちゃんとしては従来オペ紙の運営に関しては市場局が市況を見ながら適切に上げ下げしていくもんだというもんだったと理解していたので、変更したなら変更したってのもうちょっと分かりやすく説明してくれませんかねえ、と思うのでありました。

しかしまあ何ですな、点検会合をやる、という話を始めてからこの方というもの、何か日銀やってることが一々ちぐはぐというか、前に出てきたことを後で引っくり返すというクソの役にも立たないどころか有害な中間管理職みたいな状態になっていて、点検会合実施のアナウンスまでは「ほー」で済んでいたのに、その後時事通信砲を始めとした各種報道を通じて、金利がドタバタと振り回された挙句に、出てきた点検結果を受けた黒ちゃんの会見ではやたら緩和バイアス、と思ったら月末のオペ紙で10年大減額して、4月の展望レポートではやたらめったら威勢の良い先行き見通しを出したと思えば、オペ紙に関しては「減らさん」と黒ちゃんだけではなく他の政策委員も発言する、という形で、動きがチグハグというよりはギクシャクしているし、もっと言えば前に出したものとの整合性が取れていなくて、一体全体お前ら何をしたいの???ってのがさっぱり見えてこないんですよね。

まあ思いっきり個人の邪推になりますが、どうせ黒ちゃん任期中は何もしないで逃げ切ることしか考えて無くて、実は地蔵オブ地蔵なのですけれども、そういうと何やってるんだと言われるので、何かやった振りをしようとして、その結果が継ぎはぎ建て増し昭和温泉旅館金融政策運営になり、一連の右や左にヒロヒロと揺れる情報発信、というところなんでしょうかねえ、とアタクシの中では勝手に整理してはいるので、つまりは今の日銀って別に何か考えがあってやっている訳ではないので、一々言ってることを真に受けるとエライ目に遭う、というクソの役にも立たない中間管理職みたいなもんですな、と整理して達観する事にはしているのですけれども、本来は「中央銀行の出すメッセージなどを分析して考えないと」ってのがあるべき対応だったりするので、こういうのされると野良とは言え日銀ヲチャー(ウォッチャーではない)を勝手に野良自称するアタクシとしては甚だ遺憾の極みとしか申し上げようがありません。

・・・・・・・つい興奮して朝から大演説(無言でキーボードを打ってるだけだが)をぶっかましてしまいましたな、ほとんど鈴木さん関係ない話なのにまるで鈴木さんに盛大に悪態をついてるみたいになってしまいましたサーセン、というか会見の冒頭なのにこれはアカン(アカン)。



なお、発言はまだ続きます(アイヤー)。

『こうしたもとで、長期金利については、経済・物価情勢に応じて、明確化された範囲内で変動することを想定しています。もとより、日本銀行が、意図的に長期金利を変動させることはありません。』

そもそも「長期金利ターゲット」と「市場機能」ってのがほこ×たて対決な概念なだけに、どっちに説明のウェイトを掛けるかによって出てくる結果が逆になる、ということで、レンジが10×2bp、その後20×2の時にジャンジャン減額をしておいて、25×2bpに拡大したらオペ紙いじれなくなるってナンノコッチャとしか申し上げようがないムーブになってしまいましたな。まあ支離滅裂ってか根底の思想がないもんだから出て来る行動が市場的に意味不明ということですわな。出羽守でも何でもないけど、どこかのFEDとは大違いだわマッタクモウ。


・実は鈴木さんの応答は続いてますが話は金利が動かん背景への話になっております

さてさっきの質疑、ここで話が終わるのかと思えば更に鈴木さんの説明が続くんですけど・・・・・・・・

『ご質問の趣旨は、そのように変更したけれども実際には動いてないということで、個人的には残念な思いもするところではあります。』

オペ紙一切動かさんってなったらその時の買入が市場にとってTooMuchだったらそら動かんわ。

『ただ、長期金利の変動に影響を与える様々な要因、例えば一つには海外の金利の状況があり、海外の金利が上昇しますと、そちらの債券を買うために日本の国債を売るということで日本の金利が上がるという形で調整が図られるという、裁定取引の行動があるわけですけれども、』

えーっとすいません、現状ってほぼ皆さんがそもそも運用できないで困ってる状態で、コアのポートの有価証券残高が足りないわ困ったな状態だと思うのよね(個人の感想です)。よって、別に「そちらの債券を買うために日本の国債を売る」ってのって、何が何でもフルインベストしなきゃいけないから、キャッシュ潰しのつもりで日本国債持ってる、というような性質の国債だったらそら売りが出るでしょうが、コアのポートフォリオになっている部分を売ってまで買う行動ってのは起きないと思うんですよね、個人の感想ですけれども。

いやまあ大手とかだとそういうアーブみたいなのもあるかも知れないけど、いわゆる買い切り、売り切りのようなコアの根っこのポジションってのは何処でも残高足りなくて困っている筈ですから、根っこのポジションじゃなう上澄みの所が多少動いても、達観すればそれはレンジワークではないでしょうか、とまあそういう風に思うのですがどうなんですかね、ってアタシャ思うので、何ちゅうか昨日も日銀の資産買入で中銀の財務がどうのの話に噛みついたと思うのですが、話がテクニカルに走り過ぎ(婉曲表現)なんじゃないのって思うのよ。

『ご案内の通り、特に影響がある米国の金利は今年の年初から 3 月頃にかけて非常に上昇しましたが、ちょうど点検の発表をした頃から実は落ち着いて、やや低下傾向にあると、こういったようなことがありました。そうした意味から上昇するあるいは下落するといった外部的な要因はあまりなかったということ、それから国内においては、もちろん 12 月から 3 月に向けて点検ということで、その中において長期金利の変動幅がおそらく一つのポイントであろう、と事前には総裁、副総裁の会見などの中で、色々と憶測が飛んだような部分もあると思いますが、そうしたことによって、多少その動きがあったものが確認できて、落ち着いたといったようなことではないかと考えています。』

物凄く一杯説明していますが、別にそういう説明しなくても次に引用する最後の一文だけ説明すれば良いと思うの、政策委員会の政策委員なんですから。

『それからまだ 2 か月程度しか経っていない中において、もう少し動いてほしいような気持ちもありますけども、中長期的に動く要因があるときには動くのではないかなと考えています。』

いや結局の所これだし、水曜日ネタにした(ので火曜に出た)基調的物価で物凄く心配しているのですが、海外(特に米国)が一時的かも知らんけどこんなに威勢よく物価あがってきているのに、日本の基調的物価の方がまたお辞儀しだしているってのを見ると、物凄くイヤーな予感というか絶望がする訳で、要はおまいらがちゃんと物価目標を達成できると皆が思えるようになったら市場なんて暴れ馬になってくれると思うので、そういう話はいいから政策委員会は小手先の技術論を弄するのではなく、物価目標達成に向けて何がどうなのかを考えて頂きたいものだと希求して止みません。

え?物価目標行かないから小手先の技術論で誤魔化して(爆発音の為以下聴取不能)。



・コロナオペ延長関連なのですが別に気になることもありまして

さきほどの質疑の次がこれでした。

『(問) 現状のコロナの経済に与える影響の見通しについてなんですけれども、懇談の中でもお話がありましたが、やはり現在の緊急事態宣言の延長などの話なども受けて、鈴木審議委員自身として下振れリスクについてどのように考えていらっしゃるか、あとやはり今コロナオペの対応がかなり地域金融機関にも、影響、効果を与えているようですけれども、その延長について現時点では 6 月期限となっていますが、委員自身として、延長の考えについてどのように考えていらっしゃるか、その辺りの受止めをお願いします。』

答えが割と一々長いのが今回の会見の特徴ではあります。

『(答) まず、緊急事態宣言、これが更に延長されるのではないかという観測もあるわけですが、新型コロナウイルス感染症が変異株の増加を伴いつつ拡大する中で、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などの公衆衛生上の措置が講じられているわけで、こうした中、当面は、個人消費は対面型サービスを中心に低めの水準で足踏みした状態が続くとみています。一方で、財の消費は堅調なほか、世界経済が総じてみれば回復しているもとで、輸出は増加、前回出た数字は伸び、金額とも非常に高いものでしたが、企業の収益が改善し、設備投資が持ち直すなど、所得から支出への前向きの循環メカニズムも徐々に働き始めていると考えています。こうしたもとで、当面の経済活動の水準は、対面型サービス部門を中心に、感染症の拡大前に比べて低めで推移するものの、その後は、回復していくだろうとみています。ただし、以上の見通しについては、感染症の影響を含めて、不確実性が大きいと認識しています。特に、当面は、変異株を含めた感染症の動向や、その経済動向への影響に注意が必要であり、下振れリスクが大きいと考えています。また、経済のリスク要因が顕在化すれば、物価にも相応の影響が及ぶ可能性があり、引き続き、経済・物価の動向をしっかりと注視していきたいと考えています。』

って説明が一々クッソ長いのですが、それさっきの金懇挨拶で全部説明してるやんという感じで、結局鈴木さんがどう見ているのかという判断に関する説明が無いようにしか見えんのですよ。だったらこんなに細かく説明せんでもよかろう、と思うんですが何でこんなに長広舌になるのかが良く分からん。新しい話で長広舌になるならまだ意味は分かるのだが、金懇挨拶の繰り返しを長広舌する意味is何??????

でもって後半のコロナオペ延長の件、

『コロナオペの延長ですけれども、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が出されており、当面の経済活動は、低めで推移するとみられます。こうした状況で日本銀行では、感染症の影響への対応として、昨年 3 月以降、「新型コロナ対応資金繰り支援特別プログラム(特別プログラム)」を含む強力な金融緩和措置により、企業等の資金繰り支援と金融市場の安定維持に努めてきており、引き続き、これらの措置をしっかりと実施していくことが重要であると考えています。「特別プログラム」は、現時点では、本年 9 月末が期限となっていますが、必要があれば、更なる延長も検討します。そのうえで、具体的な判断のタイミングについては、今後の情勢を踏まえて適切に考えていきたいと思います。』

あんまり新しい事は言ってないのですが、まあこの部分に関しては「コロナモードだから延長方向のバイアスはありますなあ」というのは読み取れるので主張としては分かります。

ただですな、例えばFEDちゃんの場合って声明文冒頭にまだ「感染症が経済にアカンタレ」の文言を入れたままですが、(それはFEDの決定マターではないにせよ)パンデミック何とかプログラムが段階的に廃止され、んでもって威勢の良い見通しが出てきてて、でも金利は上げないと言いつつもテーパリングに関しては金利とは別という切断工作を絶賛実施中(かどうかはアレですが私はそう判断する)というので話が繋がっているのですが、日銀の場合、政策の方はというと3月には「追加利下げを可能にする政策決定」という緩和バイアス、4月の展望はやたら威勢の良い先行き見通し(前向きの循環メカニズムね)、コロナの話になると延長延長って感じの話、と結局おまいらは何をしたいのかというのがまー繋がっていないので、いやまあコロナオペ延長なら延長で良いのですが、7月の展望レポートでどういうの出してくるのかとの整合性というのをこれまたみてみたい気がしますな、あっはっは。

『午前中の懇談会の中でも、経済界、金融界、様々な方に共通してありましたのは、やはり足許の資金繰りは落ち着いていて、現時点における資金需要はそれほど強くないということですけれども、今後返済が始まる時期が近付いてきます。そうした時期に、実際にキャッシュフローが十分に戻ってきていない、そういう中で返済が始まるというのは当然また新しい資金繰りの厳しさというものが出てきますので、その際に、色々とサポートするような施策などを検討頂きたい、このようなお話もありましたので、そうしたことも踏まえて当面は 9 月に関しての延長云々ということを考えるのだろうと思います。』

まあ良いんですけど震災手形の二の舞は勘弁ね。

後の方でコロナオペの質問が再度出ています。

『(問) コロナオペなどの資金繰りについて追加の質問をさせてください。先ほど、返済期限が近付いてきた時にまだ十分売り上げなどが戻っていなくて、今は落ち着いている資金繰りが再び逼迫するかもしれないという声があったというご説明だったと思います。その場合、つまり中期的には資金繰りの支援が 9 月で終わってはまだ不十分で、また延長する必要性が高まっているというご認識なのかというところと、あるいは、何か新しい手立てが今後必要になってくるということなのか、その辺りについて鈴木委員のお考えを改めて教えてください。』

ふむふむ。

『(答) 昨年の春以降、急速に売り上げが減少し、常に出ていく支出があって、資金繰りに窮するという、特にサービス業を中心とした厳しい状況がある中において、政府・日本銀行では、企業の存続と雇用の維持ということを最大の目標として、資金の潤沢な供給、それから貸出の支援ということで、様々な施策をとってきました。ご質問のように、様々なリスク要因がありますが、今もワクチンが徐々に進んでいて、(65 歳以上の高齢者の 1 回目の接種率では)午前中に懇談会を行った山口県は全国第 2 位、第 1 位は確か和歌山県だったと思いますが、東京では私のところにはまだ接種券が届いていないですけれども、それでも(全国でみて 1 日当たりの接種回数が)100 万件にはまだ届かないにしても、50 万件を超えてくるとか、徐々に増えているということですので、いずれ収束に向かってくると思います。』

説明が長い。

『ただし、その時点で、先ほどのご質問にありますように、収束に向かってきても、従来の財務体質から比べれば借入が非常に多くなっている中において、キャッシュフローが従来よりも大きく増えていればいいですけれども、なかなかそうもならない状況になってきた時に、今までとは違う形での資金繰りの厳しさが出てきます。』

なるほど。

『その時点において、また違った形の様々な貸出促進支援といったようなことを、将来の政策がどうなるかは分かりませんし、現時点では何も決めておりませんので、申し上げられませんけれども、その時点で必要な政策を考えていくことになるかと思います。』

うーんこの、この思想って一歩間違えると震災手形だし、かといって何もしないとハードランディングになってしまうかも知れないのだが、この辺の話ってどういう整理になってるのでしょうかね。米国の場合はバジョット・レートで貸出をするけどアベイラビリティは提唱して進ぜよう、というスタンスで緊急なんとかパンデミックファシリティを設定しましたけど日本の場合はゼロセロ融資みたいにサービスレートでぶっこんでいるのが大違いなんですよね。


とか何とかやってたら最初のアタクシの与太演説が長くて時間が無くなったのでこの辺で勘弁。会見でも特にハッチャケることは無く、まあ普通に執行部寄りの発言をしてたな、って感じでした。
 


お題「鈴木審議委員山口金懇は政策には無関係だが別の感想が起きたわ/指標金利改革関連メモ」   2021/05/27(木)08:08:16  
  これは新手の文春砲・・・・・なのか??
[外部リンク] : 週刊文春 2021年6月3日号
genre : ニュース, 社会, 政治

しかしまあ何ですな、
[外部リンク] 午後
政府景気判断、5月は下方修正 緊急事態で消費に弱い動き=月例経済報告

4月に先走って展望レポートの経済見通しを上方修正させた日銀は何処に逝く??

#ちなみに「あれは中長期の見方なので足元は知らんがな」というのが日銀の回答になると思います

〇鈴木審議委員の金懇だが鈴木スペシャル部分だけしか鑑賞しませんよ!!!

[外部リンク] 証券会社メンバーからは、「LIBOR参照スワップのOISへの一括変換における、変換基準日を跨ぐ計算期間の取り扱いについては、JSCCとLCH、CMEとの間で相違がみられる。具体的には、変換前に対象計算期間のLIBORが公表されている場合、LCHとCMEでは当該LIBORで金利計算・支払いを行う方向で検討を進めているのに対し、JSCCではTONA OISで金利計算・支払いを行う方針としている。この点、JSCCは今後、LCH、CMEと平仄を合わせていくのか」との質問があった。これに対し、JSCCから、「ご指摘の点を含め、現在、市場参加者へのヒアリングを通じて検討を進めている」とのコメントがあった。』

ってのがありまして、この手のプロジェクトって雲の上の人たちは「LIBORのやりかたはアカンので直しましょう」の鶴の一言で済むのですが、実際にこういうのを移行する、と言う話になると、この手の細部の詰めが必要、というのがプロジェクト進んでいく内にボロボロと判明するんですよね。でまあそういうのが判明した時に、上記の件だと手戻り案件まで行かなさそうな気もします(ただのヤマ勘ですすいません)けれども、まあプロジェクト進めて行って実際のリリースに近くなって来るとボロボロと手戻り案件になりそうなもんが出て来たりする、というのが往々にしてある話で、やっぱり指標金利改革関連でもそうなるわなーとか思うのでした。

でまあその辺をちゃんと詰めないでエイヤーでぶっこむと、リリース直後にコケる方がまだマシな部類で、しばらくしてから重大な不具合が見つかるが今更これどうすんだよ状態、というのが起きたりするのが世の中オソロシスだったりするので、軽微と思われるのはシャーナイにしても、そうじゃ無いのにエイヤーは止めて下さいね、と申しあげておきたいです。

あとちなみに、こっちはニュースネタにもなっていましたが
[外部リンク] [PDF 353KB]』

ってのがあって、調査結果概要に関してはこちらにございますな。
[外部リンク]
 


お題「基調的な物価ェ・・・・・/FOMC議事要旨続きを読んだがこれ利上げとテーパーの分離工作してねえか(個人の邪推です)」   2021/05/26(水)08:16:44  
  和歌山県クオリティ高す。
[外部リンク] その理由に「診療所の数の多さ」が関係か
05月25日 18:58 (関西テレビ放送グループ カンテレ)

『【和歌山県 仁坂吉伸 知事】
「別にワクチンをたくさんくれたからこうなったのではなくて、くれたものを片っ端から打っているからこうなんです。どんどんやってやれるところは打って打って、どんどん打って(一般の接種まで)早く終わらせる」』

『【和歌山市新型コロナワクチン接種調整課 本間照生 課長】「配送計画を立てて、医療機関にどれだけのワクチンをお届けできるかというような情報も、細やかな部分で連絡をさせていただいている」

また、医療機関が少しでもスムーズにワクチン接種ができるよう、注射器や針などをわかりやすく袋詰めにして配送する心遣いも…』(以上、上記URL先より)


〇戻りかけていたようだった基調的物価ちゃんに暗雲がががががが

[外部リンク] 0.7 0.2 0.3
Jun-19 0.6 0.2 0.3
Jul-19 0.6 0.2 0.3
Aug-19 0.4 0.0 0.2
Sep-19 0.3 0.0 0.2
Oct-19 0.3 0.0 0.3
Nov-19 0.2 0.0 0.3
Dec-19 0.3 0.0 0.2
Jan-20 0.3 0.0 0.3
Feb-20 0.2 0.0 0.3
Mar-20 0.1 0.0 0.2
Apr-20 -0.1 0.0 0.3
May-20 0.0 0.1 0.3
Jun-20 0.1 0.1 0.3
Jul-20 0.0 0.1 0.1
Aug-20 0.0 0.1 0.1
Sep-20 -0.1 0.1 0.2
Oct-20 0.0 0.1 0.3
Nov-20 -0.1 0.1 0.1
Dec-20 -0.3 0.0 0.1
Jan-21 -0.3 0.0 0.1
Feb-21 -0.2 0.1 0.1
Mar-21 0.0 0.1 0.1
Apr-21 -0.1 0.1 0.1

こちらは左から、上昇品目比率(%)、下落品目比率(%)、上昇品目比率-下落品目比率(%ポイント)、となりますが、品目比率の方をみますと、プラス維持はプラス維持なんですが・・・・・・・

May-19 58.7 33.5 25.2
Jun-19 59.5 32.5 27.0
Jul-19 59.8 32.7 27.2
Aug-19 59.5 33.1 26.4
Sep-19 59.1 33.1 26.0
Oct-19 59.5 38.8 20.7
Nov-19 62.1 36.1 26.0
Dec-19 60.2 38.0 22.2
Jan-20 61.8 36.5 25.2
Feb-20 60.0 38.4 21.6
Mar-20 57.9 40.5 17.4
Apr-20 58.3 39.2 19.1
May-20 59.1 38.6 20.5
Jun-20 59.7 38.0 21.6
Jul-20 54.9 42.4 12.4
Aug-20 53.7 43.6 10.1
Sep-20 56.0 41.3 14.7
Oct-20 54.9 36.5 18.4
Nov-20 51.2 40.2 11.1
Dec-20 48.0 43.6 4.4
Jan-21 51.2 40.7 10.5
Feb-21 52.4 39.8 12.6
Mar-21 52.2 40.2 12.0
Apr-21 51.8 40.5 11.3

・・・・・・・昔は「4月は価格改定が行われるチャンスなのでどうのこうの」とか教わった気がしますけれども、最近はそういやそういう話もついぞ聞かなくなったなあという所(ちなみにアタクシは自分ではその経験がないですが、子供の頃毎年3月末に駅の定期券売り場が長蛇の列になるニュースというのを見ていたのは記憶にありますのでインフレを知る人間(キリッ)です)でございますけれども、昨年の終わりごろが一番アカンタレでそこから戻って来た!と思わせておいてのこのタレっぷりに落涙を禁じ得ませんが、物価に関するこの辺の数字は単月比較だけだとノイズが混じりやすいので、まあ今回のも一発だけなら誤射かもしれない理論を採用しておくとしますが、展望レポートで威勢よく前向きの循環メカニズムとか変なキノコでもキメたかのような景気の良い見通しをかくもんだからこんなフラグに以下いつもの悪態。



〇今更ネタばっかですいませんがFOMC議事要旨をもうちょっと読む

そういや何か先週水曜木曜の不具合は接続業者のところでトラフィックが輻輳してただのなんだのという話だったようでアタクシスペシフィックな現象では無かったようでした。一応対策はしたとサポセンは言ってたですわ。

[外部リンク] of the Federal Open Market Committee
April 27-28, 2021
A joint meeting of the Federal Open Market Committee and the Board of Governors was held by videoconference on Tuesday, April 27, 2021, at 9:30 a.m. and continued on Wednesday, April 28, 2021, at 9:00 a.m.1

毎度の『Participants' Views on Current Conditions and the Economic Outlook』ですが物価の所はさすがに今回(というか暫く)は注目だから備忘の為に引用しておかねばなるまいて、と思うので、個別コンポーネントの話はさておいて労働市場と物価の議論部分を見る次第。

まずは労働市場。

『Participants commented on the continued improvement in labor market conditions in recent months. Job gains in the March employment report were strong, and the unemployment rate fell to 6.0 percent. Even so, participants judged that the economy was far from achieving the Committee's broad-based and inclusive maximum-employment goal.』

労働市場に関しては相変わらず「顕著な改善をしているがマンデート達成には程遠い」という出オチのような書きっぷりになっていますが、ここで最大雇用に関する文言が「inclusive maximum-employment goal」とインクルーシブが入っているのがお茶目。

『Payroll employment was 8.4 million jobs below its pre-pandemic level. Some participants noted that the labor market recovery continued to be uneven across demographic and income groups and across sectors. 』

アンイーブンリカバリーだからインクルーシブな改善が必要だという話ですな。

『Many participants also remarked that business contacts in their Districts reported having trouble hiring workers, likely reflecting factors such as early retirements, health concerns, childcare responsibilities, and expanded unemployment insurance benefits.』

この前のブレイナード講演(CBDC関連じゃない方)でやたらチャイルドケアの話をしていましたが、「働きにいけない制約」が労働者の方にあるので、雇用者のほうでも人を雇いにくいモードにある、とのお話で、その要因が早期退職制度、感染への懸念、子育て要因(託児サービスの停止)、失業給付の拡大で働かなくても良いや状態、というのを挙げていますな。

『Many participants noted as well that these factors were depressing the labor force participation rate, relative to its pre-pandemic level. Some of these factors were seen as likely to remain significant while pandemic-related risks persisted.』

このうちの一部の要因はパンデミックが収束すれば昔に戻るでしょう(ってことは裏を返せば戻らんファクターもあるちゅうことかよって感じですな)って認識。

『Based on reports from business contacts, some participants noted that the step-up in demand for labor had started to put some upward pressure on wages. Moreover, over the medium term, participants expected labor market conditions to continue to improve, supported by accommodative fiscal and monetary policies as well as continued progress on vaccinations, unwinding of social distancing, and the associated recovery in economic activity. A couple of participants remarked that businesses in industries severely affected by the pandemic were downsizing or that some businesses were focused on cutting costs or increasing productivity, particularly through automation.』

既に労働需給の逼迫から賃金上昇の圧力が見られる指摘が数名の参加者からされていたり、今後中期的に見れば労働市場は一段と改善するでしょう、その要因はコロナ関連の色々な制約が無くなっていくことによりますよね、とか先行きに関しては強気の話をしております。そらそうだって感じでかもしれませんけど。

最後の2名の指摘ですが、ここも書きっぷりに味わいがあるというか、そういう論点でぶっこんできたのだと思うのですが、一部のイカレポンチ状態のコロナ直撃チームにおいては、特にコストカットとか、自動化による生産性の向上を行っている、という話を入れてきてて、プロダクティビティーがアガランチ会長というのはプレパンデミック時代における物価がアガランチ会長自体のネタでもあったので、こういう表現をすると前向きに捉えている、という読み方になってしまいますなアタクシは(個人の感想です)。


では肝心の物価。

『In their comments about inflation, participants anticipated that inflation as measured by the 12-month change of the PCE price index would move above 2 percent in the near term as very low readings from early in the pandemic fall out of the calculation. In addition, increases in oil prices were expected to pass through to consumer energy prices. Participants also noted that the expected surge in demand as the economy reopens further, along with some transitory supply chain bottlenecks, would contribute to PCE price inflation temporarily running somewhat above 2 percent.』

てな訳で物価ちゃんの方は目先暫くはエネ価格の上昇がパススルーされることに加え、一部のサプライチェーンのボトルネックというテンポラリーファクターがあって2%を暫く上回る時期が続くでしょうと。

『After the transitory effects of these factors fade, participants generally expected measured inflation to ease.』

いつも通りの見通し。

『Looking further ahead, participants expected inflation to be at levels consistent with achieving the Committee's objectives over time. A number of participants remarked that supply chain bottlenecks and input shortages may not be resolved quickly and, if so, these factors could put upward pressure on prices beyond this year.』

今年中はさっき言った色々な一時的ファクターが続くでしょう、という見通しになっていまして、

『They noted that in some industries, supply chain disruptions appeared to be more persistent than originally anticipated and reportedly had led to higher input costs. Despite the expected short-run fluctuations in measured inflation, many participants commented that various measures of longer-term inflation expectations remained well anchored at levels broadly consistent with achieving the Committee's longer-run goals.』

サプライチェーンの問題が思った以上に長期化しそう、という企業からはコストカットの動き(=なので物価は上がらん)が見られるだの、様々な計測でみたインフレ期待は上がっていない、という話をしたりしていますな。

ただまあこれ中々解釈に困るのは、このように「2021年中の物価上昇はキニシナイ!」というメッセージが出ているのは良いんですが、まあこう言っている以上緩和縮小には慎重、というのは勿論分かるのですが、じゃあ年末までモノホンに何も出ないのか、という話になるとそれは別で、「顕著な改善に向けた進展」があれば落とす予定になっている買入ペースちゃん、即ちテーパリングに関してはこれ別問題だよね、という風に思えること。

というのは、さすがに今の状況が続いて年末までテーパリングの話が全くでない、というのはさすがに市場も思っていない(ですよね?)訳なので、そこで「しばらくの間」じゃなくて「年内いっぱい」とかまで話を伸ばしているのって、まあ物価が案外素直に下がってこないような感じがする、ってえのもあるんですが、この人たち「利上げ」と「テーパリング」を綺麗に分離しようとして工作してるな、とまあそんなことを思う訳ですよ(個人の感想です)。

これね、雇用も物価もまだまだだよ物価は今上がっているけどテンポラリーだからね、って話をするからには利上げが先である、というのは割と明確なメッセージで出しているのですけれども、逆に今までよりも物価の一時的上昇見込み感を長くとることによって、利上げ話を封印しておいて、でもテーパーはまた別問題、よってテーパーしたから利上げがもう直ぐみたいな事は無いって話しですよ!!!ってな整理に持って行こうとしているな、と思った次第です、まあ個人の感想ですがの世界ですけど。

でまあパーティシパントの雇用と物価の話はここまで、あとはリスクとファイナンシャルスタビリティの話があったから一応引用してみますね。

『Participants judged that uncertainty was elevated and that the outlook was highly dependent on the course of the virus.』

不確実性はウィルス感染症次第、とほぼ出オチですな。

『Amid considerable progress on vaccinations, the unwinding of social distancing, and strong policy support, participants assessed that risks to the outlook were no longer as elevated as in previous months. Nevertheless, some participants remarked that the pandemic continued to pose downside risks to the economic outlook and noted the potential for an uneven recovery in light of new virus strains and potential hesitancy regarding vaccination.』

はいはいコロナのせいで不確実コロナのせいで不確実。

『As upside risks, some participants mentioned that the release of pent-up demand, accumulated excess household savings, and rapid progress on vaccinations, amid continued fiscal and monetary support, could boost economic activity and bring individuals back into the labor force more quickly than currently expected. Some participants mentioned upside risks around the inflation outlook that could arise if temporary factors influencing inflation turned out to be more persistent than expected.』

しかしここで今回の議事要旨お洒落なのは、最初の出オチ部分でコロ助次第で不確実、と言う話をしておきながら、パラグラフ後半ではアップサイドリスクの話がシェフの欲張りサラダって感じで詰め合わせになっておりまして、ワクチンの方がご案内の状況にある(ジャパンじゃないよアメリカだよ)中で、これだけアップサイドリスクを並べるという事は・・・・・・ゴクリ


今回何気にファイナンシャルスタビリティも長広舌。

『Participants who commented on financial stability agreed that the financial sector had shown resilience during the pandemic, in large part reflecting strong policy support.』

金融機関に関してはこのパンデミックの期間中においてもストロングポリシーサポートが功を奏して頑健でございましたよ、だそうです。まあそうでしたな。

『Some remarked that the capital positions and loan loss reserves at large banks remained high, and earnings were strong. A few participants noted that vulnerabilities from both business and household debt were at a moderate level. Nevertheless, a couple of participants highlighted that forbearance programs instituted in response to the pandemic could be masking vulnerabilities among households and businesses.』

企業や家計の状況悪化に伴う債権の不良化などの動きもあるものの、基本的には大銀行中心に資産、資本の質は引き続き良好との認識ですが、一部の委員からは、貸出金のリスケプログラムなどの政策的配慮によって貸出資産の悪化が覆い隠されている可能性を指摘。

『Regarding asset valuations, several participants noted that risk appetite in capital markets was elevated, as equity valuations had risen further, IPO activity remained high, and risk spreads on corporate bonds were at the bottom of their historical distribution. A couple of participants remarked that, should investor risk appetite fall, an associated drop in asset prices coupled with high business and financial leverage could have adverse implications for the real economy. A number of participants commented on valuation pressures being somewhat elevated in the housing market. Some participants mentioned the potential risks to the financial system stemming from the activities of hedge funds and other leveraged investors, commenting on the limited visibility into the activities of these entities or on the prudential risk-management practices of dealers' prime-brokerage businesses. Some participants highlighted potential vulnerabilities in other parts of the financial system, including run-prone investment funds in short-term funding and credit markets. 』

何気にアセットプライスに関する記述が長かったのはちょっとお洒落(これ途中で切りにくい文章構成になっているのでこんな長引用になりましたサーセン)です。ああでもないこうでもないと色々な例を出してて、アセットプライスのバリュエーションがオカシクネ??ってのが色々な方向から指摘でれてますな、

『Various participants commented on the prolonged period of low interest rates and highly accommodative financial market conditions and the possibility for these conditions to lead to reach-for-yield behavior that could raise financial stability risks.』

でもってローワーフォーロンガーの論点について色々な(Various)参加者がコメントした、ってありまして、そうなるとまあやっぱり利上げは先の話と言いながらも、この辺の資産価格がヒャッハー化しないように(既になっている説は措く)となるとやっぱりテーパリングと利上げは別問題という広宣流布が行われた後におもむろにジャクソンホール辺りで来年頭のテーパリングの話が出てくるに10腕時計といった所ですか。


とまあそんな所で時間も無くなったのでご勘弁くださいませ。
 


お題「金研コンファランス開催中/CBDCに関するパウエルとブレイナードのお話」   2021/05/25(火)08:12:18  
  沈む船から真っ先に逃げ出すネズミ仕草にしか見えないですな。
[外部リンク] 退職 「さざ波」「屁みたいなもの」と投稿
2021年5月24日 17時49分

わざと炎上発言を連発して辞職に持ってった、と真っ先に思いつく位には人間が捻くれているアタクシでして、他に動くネズミがでるのか、というのを楽しみに見たいと思います。

相場は動かないわけでもないが達観するとウゴカンチ会長だし、なんか色々と一口頂きましてからその後スルーモードのネタ(4月FOMC議事要旨など)があるような気がするのですが、先入れ先出し精神(ナンジャソラ)に則って流行りのネタ(ただし現世利益に関係ない系)を拾っておこうかと思います。


〇金研コンファランスでのご挨拶はまあネタにもなっていなかったのですが一発ギャグ

[外部リンク] to the New Normal」ということで、黒ちゃんの講演も何かとりあえず今世間様的な流行りネタを一通り詰め合わせてお話にしました、って感じではあるのですが、「これを伝えたい!」みたいな気迫は相変わらず無くて、とりあえず通り一遍の話をしておしマイケル、という点検会合実施後から続く(その前からもそうでした、と言ってしまうと身も蓋もないが)消化試合感の強い挨拶になっていますな。

そのネタは後でちょっとだけ。せっかくなので今回の金研コンファランスのお品書きを見てみましょう。

[外部リンク] BOJ-IMES Conference
Adapting to the New Normal: Perspectives and Policy Challenges after the COVID-19 Pandemic

May 24 - 25, 2021
Institute for Monetary and Economic Studies, Bank of Japan

・テレカンだから仕方ないけど海外時間に合わせてるのね

ドメドメジャパニーズのアタクシだから一瞬ひるんでしまいますが、(革命歌ではない方の)インターナショナルな皆さまにとっては当たり前じゃヴォケという所なんでしょうが、その代わり時間が短いですね。

『- Program -

Monday, May 24, 2021
Chairperson: Kazuo Ueda, Kyoritsu Women's University and University of Tokyo

20:00 Opening Remarks
Speaker: Haruhiko Kuroda, Bank of Japan

20:15 Mayekawa Lecture: Fiscal Policy under Low Rates: Taking Stock
Lecturer: Olivier J. Blanchard, Massachusetts Institute of Technology

21:05 Break

21:10 Session 1: A Goldilocks Theory of Fiscal Policy
Presenter: Atif R. Mian, Princeton University

21:50 Session 2: Debt as Safe Asset: Mining the Bubble - FTPL with a Bubble & MMT
Presenter: Markus K. Brunnermeier, Princeton University

22:30 End of First Conference Day』

ブランシャールにブルネンマイヤーですかそうですか、って感じでして、アタクシ基本的にドナルド・コーンとかアラン・ブラインダーとか大好きなタイプなもんで、まあ何ともかんともではあります。


『Tuesday, May 25, 2021

Chairperson: Masaaki Kaizuka, Bank of Japan

19:30 Keynote Speech: The Power of Central Bank Balance Sheets
Speaker: Athanasios Orphanides, Massachusetts Institute of Technology

20:00 Session 3: The Nature of Work After the COVID Crisis: Too Few Low-Wage Jobs
Presenter: David Autor, Massachusetts Institute of Technology

20:40 Policy Panel Discussion
Moderator: Kazuo Ueda, Kyoritsu Women's University and University of Tokyo

Panelists:
Gita Gopinath, International Monetary Fund
Charles L. Evans, Federal Reserve Bank of Chicago
Tiff Macklem, Bank of Canada
Philip R. Lane, European Central Bank
Stefan Ingves, Sveriges Riksbank
Masazumi Wakatabe, Bank of Japan

22:30 Concluding Remarks
Speaker: Carl E. Walsh, University of California, Santa Cruz

22:40 Conference End』

ということでノーマルな時だったらこれ1日分ですなと思いますが、それはそれとして1名を除いて錚錚たるメンバーで行われるパネルセッションですが、これはモデレーターの植田先生の差配がどうなるのか楽しみ(と言っても見る訳でもないしそもそもパネル自体は後になっても見れないと思うので知らんがなではあるのですが)ですなあという感じです。

#こういう時に中曽さんがいると非常に良いのですけどにゃあ(麿もなお良し)


で、我らが黒ちゃんのOpening Remarksですが、まあ別にどうという話もしておりませんで、ああそうですねってなもんですが、読んでてちょっとだけウケたのはここですな。

URL再掲
[外部リンク] 20, 2021

Federal Reserve Chair Jerome H. Powell outlines the Federal Reserve's response to technological advances driving rapid change in the global payments landscape
For release at 2:00 p.m. EDT

動画が貼られていて実は文字起こしもあるのですが、それは後程ということで上記の説明ページの方から。

『Technological advances are driving rapid change in the global payments landscape. The Federal Reserve is studying these developments and exploring ways that it might refine its role as a core payment services provider and as the issuing authority for U.S. currency.』

ほうほうそれでそれで?

『"As the central bank of the United States, the Federal Reserve is charged with promoting monetary and financial stability and the safety and efficiency of the payment system," Federal Reserve Board Chair Jerome H. Powell said Thursday in a video message. "In pursuit of these core functions we have been carefully monitoring and adapting to the technological innovations now transforming the world of payments, finance, and banking."』

ということでニューテクノロジーと来ましたので、

『This technology also offers new possibilities to central banks-including the Fed. In particular, it enables the development and issuance of central bank digital currencies, or CBDCs.』

はいはいCBDC。

『A CBDC is a new type of central bank liability issued in digital form. While various structures and technologies might be used, a CBDC could be designed for use by the general public.』

CBDCは一般の皆様の使用を前提にデザインされるものでしょう、と来てからの、

『As the Federal Reserve explores the potential benefits and risks of CBDCs, the key focus is on whether and how a CBDC could improve on an already safe, effective, dynamic, and efficient U.S. domestic payments system in its ability to serve the needs of households and businesses.』

キーフォーカスの中に通貨供給の二重構造の話が無いのはアカンヤロ。

『 "We think it is important that any potential CBDC could serve as a complement to, and not a replacement of, cash and current private-sector digital forms of the dollar, such as deposits at commercial banks," Powell said.』

・・・・・・・と思ったら「not a replacement of, cash and current private-sector digital forms of the dollar, such as deposits at commercial banks,」と仰せになっていて、これ本当の本当にそれでデザインできるのか、ってのがアタクシ的には????な訳ですね。

まあこの部分は人によって見方がかなり異なると思うのですが、まあ大体ご存知の通り何か考えだすと極端方向に振り切った想定を入れるのが仕様のアタクシは、やはり日本における金融機関の経営危機時代だのペイオフ解禁だのという間に、預金保険機構でカバーされるような額じゃない方の額をもったキャッシュリッチな皆様が色々と金融ショックの巻き添え食らうのを逃れようってことで色々な保全措置を使っていましたなあ、というあのもうふた昔前とかになってしまいますが、あの時期の動きってのが印象(トラウマ)として強い訳で、キャッシュリッチなマネーってゆうてみれば臆病ウサギさんみたいに危険を察知して物凄い勢いで早い逃げ足を使うのでありますからして、CBDCぶっこまれたら普通に普通の感覚でそっちにシフトするんじゃネーノとやっぱり思う口なのです。

ということで、最近はCBDCによる通貨供給の二重構造へのダメージは無い、というような話になっている(そらまあそこを壊してしまうと色々とややこしいことになるのでそもそもCBDCをぶっこめない、ということになってしまう)ということで話を進めて行くのが流行りなのかな、とか思っているのですが、いやそこはもうちょっと慎重に考えるべきだろ。

『 "The design of a CBDC would raise important monetary policy, financial stability, consumer protection, legal, and privacy considerations and will require careful thought and analysis-including input from the public and elected officials."』

うーんこの。まあCBDCに置き換わると資産の捕捉が物凄く便利になる、というのもあるのですが、そんなことを前面に押し出していくとアレなお方やソレなお方などの経済(?)活動に差しさわりが生じる、という事実もある訳でして(個人の妄想です)、その話って基本的にぜーーーーーったいに中銀の人達しませんよね。どうしてなんでしょうかねえ(カマトト)。

『Powell announced that the Federal Reserve plans to publish this summer a discussion paper that will explore the implications of fast-evolving technology for digital payments, with a particular focus on the possibility of issuing a U.S. central bank digital currency. The paper will complement Federal Reserve System research that is already underway.』

そしてここでニュースですな。FEDはこの夏にデジタルペイメンツ、特にCBDC発行の可能性にフォーカスしたディスカッションペーパーを発行するそうな。これは夏休みの読書課題になりそうですね(ってワイの夏休みゲフンゲフン)。

『The Federal Reserve System is focused on better understanding the full set of opportunities and risks associated with new digital payment mechanisms. More technically oriented projects, focused on specific tools and infrastructure, are underway at the Board and the Federal Reserve Bank of Boston. The Fed is also collaborating internationally in groups such as the Bank for International Settlements' CBDC coalition.』

技術的な問題に関してはボストン連銀が中心になって研究しているそうです。あと当然ながら国際的な協力もしているとな。

『A video message from Chair Powell on payment innovation can be viewed at: www.federalreserve.gov.』

ってのはこちらです。
[外部リンク] of Chair Powell’s Message on Developments in the U.S. Payments System
May 20, 2021

ただ、こちらの講演(というか時間が5分でPDFで3枚ですので講演という程のもんでもないですが)に関しては先ほど引用した纏めのページ(しらっと全文引用しちゃいましたが)の方にポイントポイントは全部書いてあるので、まあ別に読まなくてもエエンチャウノ、と読んだ結果思ったのですが、アタクシの英語力もアレでございますので気になる方は目を通してくんなまし。


・ブレイナード理事もCBDCネタですがこちらは主に論点のご紹介って感じのようですね

ブレイナード理事あっちこっちのネタに首をツッコミすぎィ!って感じですな。
[外部リンク] 24, 2021
Private Money and Central Bank Money as Payments Go Digital: an Update on CBDCs
Governor Lael Brainard
At the Consensus by CoinDesk 2021 Conference, Washington, D.C. (via webcast)

小見出しの構成を見ますと、

Sharpening the Focus on CBDCs
Policy Considerations
Technology Considerations
Banking Activities
Public Engagement

ということでして、最初のは最近CBDCへの議論が盛り上がってまっせその背景とは、って話で、Technology Considerationsはまあお察しの話。Banking Activitiesってのは民間金融機関が独自に作るデジタル資産(ステーブルコイン的なサムシング)の話でサラリと触れている感じ。

でもってPublic Engagementってのは実はさっきのパウエルのスピーチでもインクルージョンの話がありまして、最近FEDはこのエンゲージメント話大好きだよねーと思いながらチラ見しました。

てな感じでして、まあアタクシの趣味的にはPolicy Considerationsの所が重要(なお分量もこのコーナーがクッソ長い)のですが、『Policy Considerations』の頭を見ると、

『In any assessment of a CBDC, it is important to be clear about what benefits a CBDC would offer over and above current and emerging payments options, what costs and risks a CBDC might entail, and how it might affect broader policy objectives. I will briefly discuss several of the most prominent considerations.』

ということで最も重要なポイントってことで、こちらには更に小見出しがイタリックで示されていまして、小見出しの中の小見出しをちょっと拝読してみますとこうなります。

Preserve general access to safe central bank money
Improve efficiency
Promote competition and diversity and lower transactions costs
Reduce cross-border frictions
Complement currency and bank deposits
Preserve financial stability and monetary policy transmission
Protect privacy and safeguard financial integrity
Increase financial inclusion


でまあちなみにその中の「Complement currency and bank deposits」って所にさっきのアタクシの疑問の話があって、こちらでもパウエル話と同様に、

『A guiding principle for any payments innovation is that it should improve upon the existing payments system. Consumers have access to reliable money in the forms of private bank accounts and central bank issued currency, which form the underpinnings of the current retail payments system. The design of any CBDC should complement and not replace currency and bank accounts.』

という話になっているのですが、これって当局の方は割と簡単にこういうけど、マネー供給構造の二重構造ってよくよく考えてみると何でやんなシステムでもあって、そのよくよく考えてみると、ってのをしないで済んでいたもののパンドラの箱を開けるようなもんなんだよなーとは思うのでした。

あと、この論点整理見てて思ったのですが、「Promote competition and diversity and lower transactions costs」って話も良く良く考えてみますと、銀行業のうち金貸しじゃなくて為替業務の方って隔地間の決済に対してサービスを提供する代わりに手数料取ったり、送金に関わる日数分の日掛けの預かりによる利息収入的なものがあったり、というようなのが両替商の時代からあった訳でございますし、まあそうなるかどうかは分からん所とは言え、うっかりするとCBDCによって銀行がノンバンクと同様の機能になってしまう可能性もある、というのを考えますと、銀行業務とは何ぞやという深淵(かどうか知らんが)かつ金融業界で飯を食っておりますアタクシとしては首筋の寒い話でもあるなあ、などと思うのでありました。

しかしこちらでもインクルージョンだのジェネラルアクセスだのという話がありまして、うーん銀行業の将来ェ・・・・・・と元々金貸しの手先から社会人生活をおっぱじめたアタクシとしては実家の村が廃村の危機みたいなそんな感慨を覚えるのですが、まあ今の本貫である円貨債券村の方が先に廃村になるからキニシナイ!ということにしておきます(ヤケクソ)。

あ、ちなみに一応ざっとは読んでみたのですが、ネタにすると微妙にダラダラしそうな感じがしたのと単にアタクシの時間の都合上パスします。まあだいたいパウエルの話で大まかなところは説明されているとは思いますし、だいたいさっきの小見出しを見れば内容はお察しって感じだと思いますが、そのお察しの事を説明している、って感じでパウエルの話から何か踏み込んだりパウエルを叩き斬りに行くというような事も無かったと思います(個人の感想です)。

#ということで全然現世利益に関係ない趣味ネタでサーセン
 


お題「今さらですが黒ちゃんの内外情勢調査会講演ネタの続きというかただの悪態/その他メモ」   2021/05/24(月)08:13:04  
  そんなモデルを作るって話じゃなかった気がするんですけどねえ・・・・・・・
[外部リンク] 9:29配信

「2千万の特攻を出せば日本は勝てます」ですか、わかりません><;


〇黒ちゃんの講演は経済以外の所もアレなので今更ながらに続きを(汗)

[外部リンク] 2013年3月21日(木)
午後6時から約1時間45分

こちらの6ページにこのようなお言葉がございますな。

『(黒田総裁) 1 点目について、日本銀行としても色々なことをやってこられたのでしょうが、その結果――先程、中曽副総裁も言われたように――、非常に分かり難くなっていると思います。バランスシートの負債側と資産側で、どのような動きになっているか、それをどのような方向に向けようとしているのかということが、もっと端的に分かるような金融政策を運営することが、やはり市場との対話を強化する意味でも重要だと思います。(以下割愛)』(直上URL先2013年3月21日黒田新総裁記者会見より)

wwwwwwwww


#なお、講演の方はここで以下割愛ってことで。



〇うーんこの分析

ところでこんなのが投下されていましたけどね。

[外部リンク]
 


お題「FOMC議事要旨の金融政策部分を読んでみましたぞな(なおそこしか無いです今日は)」   2021/05/21(金)08:13:24  
  どもども、ワイ今朝は接続の不具合は発生していないようで。

念のためと思って昨夜のうちにFOMCの議事要旨のうちネタにしそうな部分を全部テキストに落としておく、という涙ぐましい努力をして(接続業者にドウナットンノヤメールを送って)、てな努力がフラグになったのでしょう(自虐)。

黒ちゃんの講演の続きも中々味わいありそうですが、やはり人が寝起きでネタにできなかった(物理)時に限ってこれだよのFOMC議事要旨を先に参りたいと存じます。


〇いやーん1日出遅れましたがFOMC議事要旨

[外部リンク] of the Federal Open Market Committee
April 27?28, 2021

A joint meeting of the Federal Open Market Committee and the Board of Governors was held by videoconference on Tuesday, April 27, 2021, at 9:30 a.m. and continued on Wednesday, April 28, 2021, at 9:00 a.m.1

日銀ってずーっと集合で会合してますけど、まあ確かに米国の場合は地区連銀総裁をテレカンにした方がスタッフも動かなくて済むとかそういう面もありますから一概に日本がトンチキとも言い難い(各審議委員のご自宅にスタッフが訪問したら却って移動が増えるwww)。


・例の部分ですが表現的に色々と味わいがありそうで中々ムツカシネ

『Participants' Views on Current Conditions and the Economic Outlook』のケツのパラグラフから逆順読みをする、というのが寝起きでFOMC議事要旨を読むときのインスタント読みとしてアタクシが勝手に確立した(個人的にはお勧めなのだがちゃんとあとで頭からも読み直した方が良いとは思います、なおたまに普通の順で読むのと逆順で読むのと読後感の印象が違うこともあるのはオモロイナーと思っています)のをしますと、例のテーパリング云々のお話になるわけで始まり始まり。

『In their discussion of the Federal Reserve's asset purchases, various participants noted that it would likely be some time until the economy had made substantial further progress toward the Committee's maximum-employment and price-stability goals relative to the conditions prevailing in December 2020 when the Committee first provided its guidance for asset purchases.』

まあ今回話題になったらしいのはここから始まるパラグラフすよね。最近見るようになった気がする「various participants」ってのがこれどういう意味やねんと毎度思うのですが(普通ここは人数を示す言葉を使うのに、このvariousって定量じゃなくて定性のニュアンスだと思うので。定量の意味あるんだったら教えてちょ)、まあそのさまざまな参加者が今回例のAPPガイダンスにおける「substantial further progress」がどの辺で達成するのか、という話をおっぱじめた、ということでございます。

何となく思うのはこの場合の「various participants」ってのは意見が多様とかそういう意味なのかもしれませんが、別にvarious入れなくても意味は通じると思うので、何の理由があって入れているのかというのを知りたいのだがスーパードメドメザパニーズのワイが知る方法なし・・・・・・・|д゜)チラッ

『Consistent with the Committee's outcome-based guidance, purchases would continue at least at the current pace until that time.』

それは言われんでもわかっとる、なんでわざわざこのフレーズ入れてるんだ、というのも謎の文学。

『Many participants highlighted the importance of the Committee clearly communicating its assessment of progress toward its longer-run goals well in advance of the time when it could be judged substantial enough to warrant a change in the pace of asset purchases.』

テーパータントラムの再来を避けたいもんだから、APP拡大ペース縮減に繋がる「substantial further progress」については突如ぶっこむのではなくて前広にご説明申し上げますよ余裕を持って(well in advance of the time when it could be judged substantial enough to warrant a change in the pace of asset purchases)としている訳ですな今回は。

『The timing of such communications would depend on the evolution of the economy and the pace of progress toward the Committee's goals.』

そしてそのコミュニケーションのタイミングは経済物価状況次第ですよ、という話なのですが、ここまでの3文って別に議論内容じゃなくて、もとからそうじゃんという話な訳ですよ。

でもってですね、この書面って「議事要旨」ですし、しかもこの部分は「FOMCパーティシパントの議論」部分なのでありまして、こういう既知の説明文をわざわざ入れる必要って本来無い筈なので、まずアタクシはここを見て「なんでこんな言われんでもわかっとるわ」な文言がぶっこまれているのか、という所に???が飛び交うのですよ。まあその答えはこの先読んでみないと分からないかもだから後で出してみよう・

『A number of participants suggested that if the economy continued to make rapid progress toward the Committee's goals, it might be appropriate at some point in upcoming meetings to begin discussing a plan for adjusting the pace of asset purchases.』

数名(A number of)の参加者は、経済状況がこの調子で威勢よく上昇して行けば、今後のFOMCのどこかでAPP拡大入ペースの縮減を議論するのが適切になるんとチャイマスカ、という話をしました、ということでこの部分のお話は終了の巻となっておりまする。

・・・・・・・うーんこの。実は逆順読みしていると前のパラにこの前振りがあった、というようなしょうもない落ちがある場合があるんですけど、このパラグラフってよく見ると「In their discussion of the Federal Reserve's asset purchases, various participants noted that it would likely be some time until the economy had made substantial further progress」って要はAPP拡大ペース縮小(これ「買入縮小」ってアタクシも気を抜いてると書いてしまうんだが、ランオフとテーパリングは別物なので、買入縮小はおかしいし、買入ペース縮小ってのも期落ち見合いの分があるから必ずしも正確じゃないのよね、どうでもいいけど)を判断するタイミングについてノートしました、ってのがあるのですが、そっから先がずーっと説明文になっていて、最後に上記の一文になる、という構成。

つまり本来はこんなに長くしないで最初の一文と最後の一文だけで済ませても良かった筈のパラグラフを「説明しよう!」とヤッターマン(古すぎて分かりませんかそうですか)のアイテム説明みたいなのをおっぱじめ、しかも既知の話なので説明せんでヨロシというモノが書かれた後にこの一文になっているのですよね、うーん解釈に悩む所。

まあパウエルとかの発言などから勝手に推測すると、こういう意見があったのはもちろん書かない訳に行かないから議事要旨にぶっこんだのですが、既知の説明をクドクドとして、その内容が「この話は実際の買入ペース縮減に先だって物凄い前広に行うものでございますよ以前説明しましたよね!!!」みたいな感じになっている、というのは、まあこんなニュアンスを籠めたんじゃねえの、と思う訳ですよ。つまり・・・・・・・

「substantial further progressであるかどうか議論の開始をat some point in upcoming meetings(複数形なので別に次回とは言っていない)に行うことになるだろう、って指摘をしている人が数名います」「でも皆さん思い出してください!これは実際のテーパリング着手に対して物凄い前の時点から皆様に告知するものでありまして、現状では買入のペースを直ぐに落とすような事にはつながりませんよ、念のため再度説明させて頂きますね!!!!」

とまあそんな感じで、これを素で出すとアジャパーになってしまわないように、という配慮を存分に籠めた文学作品がこのパラグラフなんでネーノと思うのでありました(思いっきり個人の感想です)。


・・・・・まあ何ですな、今の所はそうやって粘るにしましても、実際に今後の物価指標が「いやこれテンポラリーファクターですって言いきれるのけ?」って話になって来ると、そらまた色々とさあもりあがってまいりました的な素敵展開(不謹慎)も期待できるとは思いますが、ただまあ現状は早期テーパーで債券市場がゲロゲロマーライオンになったりするのは避けたい、という所だとは思います。思いますけど、例えば来年の頭(一応まだアタクシはそんなもんじゃろとは踏んでいる)にテーパリングするとして、それをじゃあ3四半期も前から織り込ませに行くのって市場の面からも経済の面からも無理があって、もちろんその位前から織り込ませてしまえば実際のテーパーが軟着陸どころか着陸したのも分からん位のスムーズな展開になるとは思いますけど、織り込ませに行く段階で市場はその先の利上げを見に行ってしまうからそう簡単に行かない、だいたいからして余り早く決めうちして経済情勢がコケたら間抜けにも程がありますので、そんなこんなで色々とリスク伴うんだよなーと思うのですが、まあ中央銀行的には軟着陸させたいの一心でうっかり痩せ馬の先走りをしてしまう可能性もあるかもね、位には思っておこうかと存じます。

ただの1パラグラフで能書きたれ過ぎましたサーセン。


・2名がインフレ上振れ懸念の指摘キタコレだが文章構成自体は火消しを意識していると思う

逆順読みなのでその前のパラに参ります。

『Participants judged that the Committee's current guidance for the federal funds rate and asset purchases was serving the economy well. Participants also noted that the existing outcome-based guidance implied that the path of the federal funds rate and the balance sheet would depend on actual progress toward reaching the Committee's maximum-employment and inflation goals.』

その前のパラグラフではフォワードガイダンスによって(先行きの政策運営に関して早期の利上げやテーパーの観測の浮上が抑えられるため)経済に対して(緩和的政策が)有効に機能し、私たちのマンデート達成に向けた経済情勢の進展を支えています、となっておりますな。

でまあさっきのパラを先ほど申し上げたような解釈をしたからそう思うのもありますけど、このように1つ前でもプリエンティブな金利上昇が起きないのがイイ!ってのを最初にぶちかましておりますな、というのを踏まえますと、逆順で読んだ方が最後の、数名の参加者がテーパリング開始の議論に着手することになるんでネーノって指摘、というお話に対して中和剤がぶっこまれてますなあって読んでしまいますな、うんうん。

『In particular, some participants emphasized that an important feature of the outcome-based guidance was that policy would be set based on observed progress toward the Committee's goals, not on uncertain economic forecasts.』

ガイダンスがアウトカムベースなので将来の見通しとかいう不確実な物に依存しないのですがそれこそがこのガイダンスの重要な構成要素だ、と何人かの(some)参加者は仰せです、とのことですが、そもそも論からして例のテーパー発動要件(substantial further progress)って全然定量的な条件じゃないので、そこにはジャッジメンタルな要素が必ず入る訳で、ジャッジメンタルが入るということは、結局の所その当てっこをしないといけないから、やっぱりフォーキャストが必要になるんですけどね、とは思うので、これは何ちゅうかまあ微妙な感じだし、市場は結局先行き見通しで動くんだから短期金利は兎も角長期金利に関しては本質的にそんなに変わらんでネーノとは思う。

『However, a couple of participants commented on the risks of inflation pressures building up to unwelcome levels before they become sufficiently evident to induce a policy reaction.』

ここでしらっと2名ぽっちではあるのですが、望ましくない方の物価上昇圧力が実は積みあがってきている可能性だってあるんだし、もしそのような宜しくない方の物価上昇リスクが存在した場合って、アウトカムベースのガイダンスだから動かん、とか言って動かんでいると、マジモンで止めるのに苦労し、景気をオーバーキルするような金融引き締めが必要になるような状況になるリスクってあるんでネーノという指摘をぶっこんできておりまして、これまあインフレが一時的ではないリスク、への指摘よりも「金融政策が出遅れることによる物価の望ましくない上昇リスクの発生」と政策行動に絡めたリスクとして指摘しているだけに、指摘の意味合いとしては2名ぽっちの少数意見ではありますが、内容は重いんじゃないかな、と思います(個人の感想です)。

とまあここまで2パラグラフぽっちしか見ていないのですが、ここのラスト2パラ見ていると、執行部というかパウエル=クラリダのライン(ウィリアムズは完全に空気なのでどうでもよい、というかダドリーとの格の違いが余りにも禿し過ぎて毛髪が抜ける思いがしますな)では経済物価情勢は好転してるけどまだまだ今の政策続けまっせ、だから変なボヤには水をぶっかけて回りますぜ、って感じであって、議事要旨を書く際にも、政策は動かんよな説明を一々入れて回る感じがするのですが、そうは言ってもさすがに一部の(たぶん)地区連銀総裁などからは、うーんこのままでエエノカノウ、というのが出てきていますよ、ってのもお見せする(言ってるんだから書かないわけにもいかないのですが)ってスタイルになっておりまして、うーんこの健全な議論よという感じでして、どこぞの中央銀行の政策委員会とはラベルが違うわラベルが、という感じですな(一々変なところでポンニチ銀行に悪態をつくアタクシ)。



・金融政策最初の部分は物凄く穏当に地蔵スタンスの再確認だけ記述されている

実は金融政策に関するパグラフはさっきの2つとこれ一つの3つしか無かったりしまして、だったらよーしパパ能書きたれ過ぎて時間が微妙だけど頑張ってもう1パラ読んでみるぞー、と元気出してあと1つ戻るの巻。

『In their consideration of the stance of monetary policy, participants reaffirmed the Federal Reserve's commitment to using its full range of tools to support the U.S. economy during this challenging time, thereby promoting the Committee's statutory goals of maximum employment and price stability.』

まだ米国経済はチャレンジングな時間帯なので政策コミットメント政策は維持でしょうなあ、ということで合意しましたとな(モノホンの政策については次のコーナーに書かれている、まあ同じ話だけど)。

『Participants agreed that the economy was still far from the Committee's longer-run goals.』

ゴールには依然として遠いですよ。

『Moreover, the path ahead continued to depend on the course of the virus, and risks to the economic outlook remained.』

おまけにコロナちゃんの帰趨だってまだワカランチ会長だしその影響もワカランチ会長ですよ、ということですが雨人がこれを言うのは余裕のよっちゃん発言なのに対し、ジャパンの場合は以下自粛。

『Consequently, participants judged that the current stance of policy and policy guidance remained appropriate to foster further economic recovery as well as to achieve inflation that averages 2 percent over time and longer-term inflation expectations that continue to be well anchored at 2 percent.』

ということで金融政策の最初の所は淡々と地蔵モードの確認をしているだけの記載でした。

・・・・・まあ何ですな、これ逆順から読むと最初にインパクト来て徐々に中和される(なおインフレがアジャパーになって緩和縮小が手遅れリスクの指摘は実は重くて、テーパーの議論がどうのこうのよりも政策論としてはずっと重い話をしているんですが、昨日見た感じではそっちをネタにして市場が動いてはいなかったようですね、為念)という構成になるのですが、正しく読むと印象がちょっと違いそうですねえ、と思いました(個人の感想です)。

能書きのたれ杉で時間がアレなので本日は3パラグラフ読んだだけで勘弁して頂こうかと存じます(平伏)

#山のようにテキストに落としておいたのに結局3パラしかネタにしなかったな・・・・・・
 


お題「寝起きでFOMC議事要旨と思ったら本日事情により黒ちゃん講演ネタで(汗)」   2021/05/20(木)08:06:52  
  なんか2日連続で寝起きタイムのネット接続が微妙で、契約的には帯域制限掛かっている訳でもない(というか掛かっているなら昨日の時点で不具合生じている)のにFEDのページに朝イチでアクセスできませんでして、しかし日銀にはちゃっかりアクセスできるという素敵な状態なのですが、接続業者要因っぽい(困ったなあ)ので、寝起きでFOMC議事要旨はパスしまして何故か無事に繋がった日銀ちゃんネタで(大汗)。

#ヘッジの観点から議事要旨は後でローカルに保存しておきますわ

更に7時ちょい前に接続したら接続できてやがりまして、議事要旨は速攻で保存したが、これはどう見ても接続業者要因なので原因究明して、プランBなり接続業者お引越しなりを検討しないと行けませんな。



〇展望レポートでやたらめったら強気化した理由は「経済の前向き循環メカニズムがワークする」でしたなやはり

[外部リンク] 内外情勢調査会における講演 ―
日本銀行総裁 黒田 東彦


・経済見通しが今回の展望でやたら強くなった背景を確認しようじゃないですか

『そこで、本日は、「展望レポート」の内容に触れながら、日本銀行の経済・物価に対する見方をご説明するとともに、点検の結果とそれを受けた政策対応を中心に、金融政策運営の考え方についてお話ししたいと思います。』

と最初にありますので、『2.経済情勢』ですが、まあ現状の方はさておき先行きの方を確認しようかと思います。『(経済の先行き見通し)』から。

『このように、わが国経済は、感染症の影響から引き続き厳しい状態にありますが、基調としては持ち直しています。先行きを展望すると(図表2)、感染症の影響が徐々に和らいでいくもとで、外需の増加や緩和的な金融環境、政府の経済対策の効果にも支えられて、経済は回復していくと考えています。』

はい。

『その後、感染症の影響が収束していけば、経済はさらに成長を続けると予想しています。「展望レポート」の政策委員の実質成長率見通しの中央値は、2020年度の実績が▲4.6%と大幅なマイナスとなった後、2021 年度は+4.0%、2022 年度は+2.4%、2023 年度は+1.3%となっています。こうした見通しは、前回1月時点と比べると、2022 年度を中心に上振れていますが、その背景として、第1に世界経済の回復が続くこと、第2に国内において前向きの循環メカニズムが強まることが挙げられます。以下、順にみていきます。』

キタコレという感じですが、海外の方はまあ良いとしても、国内の「前向きの循環メカニズム」という無茶苦茶威勢の良い見通しは何なんですかそれ????

まあ一応海外も引用しますので『(世界経済の回復)』から参ります。

『第1に、世界経済は、感染症の影響により昨年前半に大幅に落ち込んだ後、総じてみれば回復しています(図表3)。地域別にみると、昨年、経済活動をいち早く再開した中国経済は、回復を続けています。米国経済も、大規模な追加経済対策に加え、ワクチンの接種ペースが加速するもとで、経済活動への制限措置が段階的に解除されていることから、目立って回復しています。』

さいですな。

『また、業種別には、製造業部門の回復が明確です。デジタル関連が好調なことから、グローバルな製造業の業況感は、はっきりとした改善が続いています。実際、世界の生産水準や貿易量は、感染症の流行前を明確に上回るレベルまで戻っています。』

これもまあその通り。

『先行きについても、感染症の影響が徐々に和らいでいくもとで、先進国を中心とした積極的なマクロ経済政策にも支えられて、世界経済は成長を続けるとみています。IMFの見通しでは、世界経済の成長率は、2020 年に▲3.3%の大きなマイナスとなった後、2021 年は+6.0%の大幅なプラスとなる予想です。レベルとしても、2021 年中には感染症の拡大前を上回る水準まで回復する見通しです。さらに、2022 年も+4.4%と過去平均を上回る高い成長率が見込まれています。』

でもって、

『このIMFの見通しは、先進国における追加的な経済対策の実施とワクチン接種の進展を背景に、前回1月の見通しから上方修正されています。』

というのが背景にあるってのはまあ分かります。だいたいIMFが経済見通し変えて来ると日銀も海外の見通しを変えて来るって感じになっているのは今に始まった話ではありませんな。

『なお、世界経済の回復については、IMFが"divergent recovery"と表現しているように、今後も、国や地域さらには業種の違いなどによるばらつきを伴うと見込まれます。』

ここでワクチンの接種状況について言及したら神講演だったのですが、官邸様に喧嘩を売るような文言を入れてこないのは素敵な忖度なのですが、それこそ先般出てた主な意見での誰かの指摘の通りで、どこからどう見たってワクチン接種の普及度合いが思いっきり回復ペースに影響を与えているとしか思えん展開になっている訳でして、そーゆー状況なのに「海外が上方修正なので国内もしました(キリッ)」って言うの図々しくねえか??って感じがする次第。


『また、米国では、一部の経済学者や市場参加者から、インフレ圧力が高まり長期金利が急上昇すれば、景気回復の動きを妨げるだけでなく、国際金融市場も不安定化させるといったリスクへの懸念が示されています。』

急に何の話をおっぱじめているのかと思うのですが、財政大盤振る舞いして金融大緩和して、しかも経済の状況がウハウハという中でのインフレ圧力からの長期金利上昇単体でオーバーキルできる訳ねえだろと感覚的に思うんで、他国の話とは言え中銀の偉い人がこういう論を持ち出してくるのって藁人形論法の風情を醸し出すように思えます。

これがですね、例えばサブプライムみたいなオーバーバリューのものが修正されるとか、アジア通貨危機みたいにそもそも下駄履いて資本流入してたのが実態考えたらこれオカシクネ?ってなってリバースするとかいうのだったら、そらまあ景気をオーバーキルする可能性あると思いますし、政策当局がが急にインフレを強引に抑制しにいくような施策(形は違うけど不動産バブル退治みたいなのが極端な例)を取ってオーバーキルする、というのなら思いっきりそらそうよとなりますが、自然体で経済物価情勢の好転に伴う長期金利上昇それ単体で景気をオーバーキルするとか、そんな力は市場には無いでしょ、と思うのよね(個人の感想です)。

よってまあこういう話は無駄なんですが(個人の偏見です)まあ続きを見てみる。

『もっとも、FRBのパウエル議長は、経済再開に伴う支出の増加や感染症の影響から物価が大きく下押しされた昨年対比のベース効果からインフレ率の高まりは生じうるが、それは一時的な現象にとどまるとの見方を述べています。』

いやそれはそうかも知れんが、お前さん方ジャパンのインフレ期待を上げようとしているんだから、「FEDがインフレの上昇は一時的と言っています(キリッ)」とかご紹介してたらダメじゃんとしか申しあげようがない訳で、むしろ「米国が2%物価目標に向かって進展を続ける中で日本にも好影響を期待したい」くらい威勢の良い事言って置けば良い訳で、さっきの指摘に関しては「FRBはワシが育てたメイクアップストラテジーを取っていて金融緩和政策の継続をすると表明していることから、米国景気を悪化させたり、国際金融市場が不安定化するような市場の急変は考えにくいと見ています」とか説明すれば良いのに、と全力で思ってしまったんですけどね。

寧ろFEDって今インフレ期待の上昇に関して、先般のFOMC記者会見でのパウエルの説明だと「もう少し上がっても構わん、むしろ上がれ」ではあるものの、あのブレイナード理事ですら「望ましくない形で上に跳ねるかどうかはよく見ないと」と言ってて、インフレ期待が無用に上放れするのを牽制とまでは言いませんが黄色信号は出している状態なのですから、そういう所が発信するインフレ云々の話を、インフレ期待を上げなきゃいけない日銀がリファーするのはあまり賢い説明とは思えない訳で、なんか最近「コミュニケーションガー」とか議事要旨とか主な意見に出てくるのですが、そう思うならもうちょっとこういう所丁寧に作り込んで欲しいんですよね。なんか黒ちゃんになってからずっとそうですけど、特に2%の展望レポート期間内の達成見通しを取り下げてからこの方、緊張感無くなったのかドンドンこの辺りの造り込みが雑になってきているように思えます(個人の感想です)。

『いずれにせよ、引き続き、国際金融市場の動向や世界経済の動向を注視していく必要があります。』

ということで次がお待ち兼ねて無いかもしれませんが前向きの循環メカニズムですよ。


・ま、前向きの循環メカニズム???????????

次が『(国内の前向きな循環メカニズム)』でござりまする。

『第2に、国内の景気回復メカニズムの観点です(図表4)。』

キタコレ。

『これまでのわが国経済の持ち直しは、昨年前半に経済活動が大きく落ち込んだところからのリバウンドという面が強かったと思います。しかしながら、先行きのわが国経済については、所得から支出への前向きの循環メカニズムが拡がっていくもとで、持続的な成長経路に復していくことが展望されます。この点を企業部門、家計部門それぞれについてみていきます。』

「所得から支出への前向きの循環メカニズムが拡がっていくもとで、持続的な成長経路に復していくことが展望されます」って無茶苦茶強い表現で、国内で自律的にヒャッハーですよという話をしているんだが大丈夫かおい、ということで中身を拝読してみる。

『まず、所得から支出への前向きな循環メカニズムは、企業部門ですでにみられ始めています。』

いや確かに短観は強かったけどさ。

『すなわち、昨年 10〜12 月期の企業の経常利益は、感染症拡大前をやや上回る水準まで回復しています。企業収益の改善には、輸出や生産の増加に伴う売上高の回復に加えて、感染症を契機とした企業の経営効率化努力や政府による企業支援策も寄与しています。』

先生!「感染症を契機とした企業の経営効率化努力」って労働者への分配減るんじゃないでしょうか!!

『先ほど申し上げたように、こうした企業収益の改善が設備投資につながる動きが現れ始めています。』

設備投資に回っても家計に回らないと持続的な前向き循環にならないと思いますが???という話は後の方にある。

『短観の調査によれば、今年度の設備投資計画は、前年比+2.4%の増加となっています。この時期としては、過去の平均を上回る高めの計画です。今後も、企業収益が改善するもとで、機械投資やデジタル関連投資、Eコマース拡大に伴う物流施設への投資などを中心に、設備投資の増加傾向が明確になっていくと考えています。』

はあそうですか。

『さらに、感染症の影響が収束していけば、対面型サービス業を含めて、企業収益がしっかりとした改善基調を続けるもとで、幅広く設備投資が増加するとみています。』

完全に設備投資一本足打法ですな。

『このように、先行き、企業部門における所得から支出への循環メカニズムは強まっていくと考えています。』

うーん、設備投資一本足打法で循環メカニズムって言うのか???

『次に、前向きの循環メカニズムが家計部門でも働くためには、雇用者所得がカギになります(図表5)。』

やっと来ました。

『この点、雇用・所得環境は、弱い動きが続いていますが、大幅な悪化は回避されています。』

前向きチャウやん。

『失業率は、昨年、3%程度まで高まりましたが、このところ横這い圏内の動きとなっています。また、この春の賃金改定交渉をみると、現時点の暫定的な結果ではありますが、今年度の賃上げ率は、前年度との比較で小幅な縮小にとどまっています。』

賃上げが縮小しているのに前向き循環メカニズムとはこれ如何に??

『このように雇用・所得環境の大幅な悪化が回避されている背景には、政府などによる様々な支援措置が効果を発揮していることに加えて、長らく人手不足がビジネスの制約となってきた業種では、経済活動の持ち直しに伴って、求人意欲が高まっていることも指摘できます。』

何か前段で言ってる話と整合していない気がするんだが。それに有効求人倍率とか別に顕著な改善してる訳じゃなかろうに、と思う訳でして、企業部門の話をするときにしれっとコロナ直撃企業群の話をスルーしているのに、こっちでは人手不足の業種が、という話をするというこの使い分けよ。

『先行きの雇用者所得については、企業収益の改善を受けて下げ止まり、内外需要の回復にラグを伴って、緩やかに増加していくと考えています。』

そもそも論として言うようにコロナショックの間に雇用者所得をあんまり下げて無いんだったら上がるのに相当時間かかるって考える方が普通な気がするので、この「ラグを伴って」の期間が重要なんじゃないの、と思ってしまいます。

『さらに、感染症の影響が収束していけば、雇用者所得が改善するもとで、所得から支出への循環メカニズムが働き、対面型サービス消費を含め、個人消費の増加基調が明確になっていくとみています。』

というこの説明、うーん無理矢理っぽいというか、だったら毎度申し上げますように、4月の展望レポートでその話をするのではなくて、少なくとも3か月とか様子を見て、本当にその進軍ラッパモードの「前向きの循環云々が起きそうなのか、特に雇用者所得とか家計所得の方に跳ねないと話が進まんと思うのでして、さっきの企業の設備投資が出ます云々の話って、設備投資の結果キャパシティが充足してしまったらそこまでの話で、それが長続きするって言ったってちょっと海外が減速したら終了じゃんという話であって、持続的な循環になるには家計の方が重要でしょ、という見極めを待たない理由が未だにさっぱりワカランチ会長なのですよね。


・ジャパンのワクチンがワクワクしない件について触れないのは忖度忖(爆発音)

今朝も接続でジタバタしてたので経済見通しだけで勘弁してもらいますが。『(経済のリスク要因)』を駆け足で。

『以上、経済の中心的な見通しについてご説明してきましたが、こうした見通しの不確実性は大きいと考えています。』

と思うなら別に7月まで待てば良かったんじゃないですかねえ盛大な上方修正。

『最も大きなリスクは、感染症の帰趨とそれが内外経済に与える影響です。』

ほう。

『日本銀行の見通しでは、感染症の影響は、ワクチン接種の進捗などにより、2023 年度までの見通し期間の中盤に概ね収束していくと想定しています。しかし、ワクチンの普及ペースや効果には不確実性があり、その結果、経済活動への下押し圧力が強まるリスクがあります。』

「あります」どころか4月会合以降延々とリスクが拡大しているようにしか見えませんが。

『また、国・地域ごとにワクチンの普及ペースが異なるもとで、グローバルな経済活動にどのような影響が生じるかについても不確実性があります。』

まあ遅れてるの日本だけどな。

『そのほか、感染症の影響が収束するまで、成長期待が大きく低下せず、金融システムの安定性が維持されるかについても留意が必要です。一方で、感染症の影響への対応などから実施されている先進国を中心とした経済対策が、内外経済の回復ペースを想定以上に高める可能性もあります。このように様々な不確実性がありますが、経済の見通しについては、当面、感染症の影響を中心に、下振れリスクの方が大きいと考えており、今後の動向をよく見ていく必要があります。』

まあこの辺はどうでもよい。


・物価の話がすくねえええええええええええええ

次が『3.物価情勢』ですが、何がお洒落と申しまして、物価目標に向けた政策を全力で投下している筈なのに、その肝心の物価の話が1ページ分も無い、という構成になっておりまして、経済の話は今引用したように(というか現状認識の部分もこれに加わる)ざっくり4ページ半もある、という構成になっております。

従いまして物価安定目標達成に向けたメカニズムの話なんかも全然無くて、まあやる気あんのかっていうかやる気がないならマイナス金利とかYCCとかそういうの止めてくれませんかねえとしか申しあげようがないのですが、まあそういう構成に仕上がっておりましたです、はい。


#最初に申し上げた事情で本日は予定の寝起きシリーズ投下できず誠にあいすみません
 


お題「今更虫干しネタですがFOMC記者会見で他の演説コーナーを鑑賞の巻」   2021/05/19(水)08:11:16  
  朝っぱらからワシのネット接続がよろしくない(たぶんプロバイダーのせい)のですが、こんな事もあろうかと温存してあった(大嘘)4月FOMC会見ネタの続きを(会見要旨はローカルに保存してあった)とりあえず書いているうちに何とかなるだろう、と思いながら文章を書きだすのでありました。

スマートフォンでテザリング??ナニソレヨクワカラナイ(単にやったことがないだけ)。

#もしかしてこれhttpsで何かトラフィックの問題が起きてるのけ?(https化してないワシのページは見れる)

なお、お前最近FED要人発言見物ばっかりしてねえかというツッコミに対してはだって他にネタ無いじゃんというのと、はっきり言ってFED以外の雑魚キャラが何をしても影響が雑魚地帯だけに留まるから知らんがな、という判断(ただのヤケクソ)というのも一応真面目にあるにはある。


〇よく考えたらこの前物価に関する大演説の所までしかやってなかったので続きです(FOMC会見)

[外部リンク] of Chair Powell’s Press Conference
April 28, 2021

なお、引用は手元で保存しているPRELIMINARYバージョンで行っておりますが、もしかしたらお日柄的に(今晩は議事要旨が出やがる)FINALになっているかもしれません。

先般(先週の火曜でしたなサーセン)は13ページのヘザー・スコット記者による「物価が上ぶれした時のコントロールが上手く行かなくて最終的にオーバーキルしないといけなくなる、っていう過去のような事が起きん、と仰せだがその根拠をもうちょっと説明せいや(意訳)」という質問に対して、まるで「ところでこの3層構造というのは」とかいう話題になって早口で得々と語りだすどこぞの村人のような勢いで(かどうかは知らんが)2ページにわたって演説の巻でした。


・物価ネタついでにインフレ期待に関する質疑応答を確認

まあインフレ期待に関しては(それは中銀じゃなくて財務長官の話に踏み込み過ぎじゃネーノって話をしてた)ブレイナード理事がインフレ期待の動向に注意、とか言ってましたが、それでは28日時点での議長はどういう話をしていたか、ということで18ページに飛ぶ。

『MICHAEL DERBY. Thank you for taking my question. I wanted to ask you another question about inflation, and it has to do with inflation expectations.』

イイヨイイヨー。

『Number of different surveys and market indicators are showing, you know, multiyear highs in inflation expectations ratings. So, I wonder, you know, if that was something that you saw consistent with your inflation outlook. Is that something that worries you, or do you see that as maybe, you know, the success of the Fed's new inflation framework, you know, making it out to the broader public?』

各種サーベイによるとインフレ予想がここ数年の最高値とかになっているのがぽろぽろと出ているんですがこれは懸念するべきなんでネーノその辺教えてちょ、という質疑でして、どこぞの国のようにインフレ期待が梃子でも上がらんのになぜか政策が成功していると大本営発表をしているような所の逆のような話になってきているのが美しい。

・・・・・でまあこれに関しては米国人の実感としてどうなのってのを米国在住の人に聞いてみたいので読者の方で米国在住の方がおられましたらちょっと教えろ下さいよろしくお願いいたします。

『CHAIR POWELL. Right. Inflation expectations before the pandemic hit, and here we think of survey market-based survey being either households or economists and market based. You look at all of those, and I would say that they were at the low end of what would have been consistent with a 2 percent inflation target, particularly our 2 percent inflation target which calls for 2 percent average inflation. So, they're at the low end.』

なるほどこの理屈で来るのか、という所ですが、パンデミックによってインフレが低下しまして、それがいま回復中、という状況なので・・・・・・・

『Inflation expectations actually went down a bit at the beginning of the pandemic, and now they've just moved back up to levels broadly that are where they were in 2018 or in some cases 2014. And I would say more consistent with our mandate.』

パンデミックの最初の頃にインフレ期待も若干低下して、それが戻ってきている状況であり、それが数字としては2018年とか2014年の所に戻ってきている、ということなので、今のインフレ期待の上昇ってえのは、パンデミックの始まりの時期から比較すれば、より我々のマンデートに近づいている、という事を意味する、とのお告げ。

てな訳ですので、これはつまり足元のインフレ期待はインフレ期待の跳ね過ぎによるアカン物価上昇を招くものではない、という理屈になっているのですが、よくよく考えてみるとマンデートに近づいて来ているんだったらハイパー緩和を正常化に向けて動いても良いという諸葛孔明の罠も仕組んであるという感じですが、でも説明でインチキを基本的にしていないってことでして、いや最初このオッサン大丈夫かとか思っておりましたが、パンデミックの初期を乗り切った以降(その前のはバタバタが酷くて市場に自分でボラを提供していたのはダメダメでしたけど)特に最近のパウエルの説明って、物凄くきっちりとロジカル(たまにインチキ屁理屈があるような気もしますが)になっていて、説明の明快さで言えば麿の生霊が乗り移ったのかという位には懇切丁寧に説明してるな、と思うのですが買い被り過ぎですかねえ。

『And we want them to be. We want them to be higher and, you know, on a persistent basis.』

ということなのでもうちょっと上がって欲しいし、それが持続的になって欲しい、との仰せですので、これはつまり目先ここからインフレ期待が上がってる、というようなサーベイデータとかが出てもFEDはテーパリング等を急ぎませんよ、というメッセージを出しているので、割と頑張って説明しているように見えます。まあもちろん今(というか4/28)の時点だからこう言っているだけの話であって、実際にそれが現出した時に涼しい顔をしていられるのか、というのは別問題ですが。

『We want inflation to run a little bit higher than it has been running for the last quarter of a century. We want it to average 2 percent, not 1.7 percent, and for that, we need to see inflation expectations that are consistent with that really well anchored at 2 percent.』

ということで、

『We don't really see that yet, but I would say that, you know, break evens have moved up in a way. Break evens are based on CPI, of course, but there are now at levels that are pretty close to mandate consistent.』

現状のインフレ期待水準では「We don't really see that yet」つまり「inflation expectations that are consistent with that really well anchored at 2 percent」には至っていない、という評価をしておりますので、ここから一段の上振れでも平然としている宣言ですが、この辺はもうしばらく強くなる可能性があるので、そういう風にいっておかないとヤバカロウと言う判断はあると思います。

でもって更に「BEIはCPIベースなので(CPIの方がPCEよりも高く出る)」と言ってBEIがこの程度に上がるのは寧ろ当然、も少し上がれやというぶっこみ方をしている訳でして、まあ物価の所で市場が動揺することに関してはちゃんと釘差してるんですよね。

『Whereas before, they were below. We monitor inflation expectations very, very carefully, as you would obviously know. So, that's where I would say it is.』

だそうですが、ここでマイケル・ダービー記者の更問が来る。

『MICHAEL DERBY. One small follow up. Do you have any red lines on inflation reading where if, you know, if you hit the certain number on, say, you know, core PC, that would be, you know, a trigger response from the Fed?』

現状に問題無いのは分かったがじゃあインフレ期待の観測される数値のレッドゾーンはどこやねん、という質問ですが、こういうのにうっかり数値を出すトンチキはいないので答えはこうなる。

『CHAIR POWELL. It doesn't work that way.』

じゃあ何でワークしないのかと言いますと、

『You know, we're, inflation measures are always going to be a bit volatile.』

ってな辺りで話を止めても良さそうですが、ここからページ3分の2くらいに渡って説明が延々と繰り広げられますので、さっきの質問とこの一言更問に対する説明でほぼ2ページ弱を使っています。先週火曜日にネタにたヘザー・スコット記者の質問もそうですが、今回のパウエル会見では物価とインフレ期待に関する質問には物凄い勢いで詳細に答えていまして、まあご案内の通りやっと今月になってから市場ちゃんの方は物価がマジインフレだったらどうなるのよ的な話になって参りましたが、実はこのようにパウエルは熱心に説明していたんですな、ということですの。では続き。

『We expect, as I mentioned, we expect core and in headline PCE to move up because of base effects, and you know, and we expect that to go away. We also expect these bottleneck effects to come in. We don't know how persistent they'll be.』

現状の物価上昇はベース効果や供給制約などによるもので、これがどこまで持続的かというのは今の我々には分からんですわな、と来て、

『We think they'll, you know, it's a matter of when they will pass through, not whether they will pass through. But we can't be confident about the exact timing of that or the size of them. They don't seem especially large at the moment, but, you know, we don't know. I mean, you know, this is all about the reopening of the economy. That's what's happening.

コスト要因がどのように物価にパススルーされるかされないか、ってな話とか、その規模とかタイミングとかもわからん、今時点では大きいように見えるけど、経済再開による要因が殆どですがな、からの

『We had it, we were in a deep, deep hole a year ago, and now, with a lot of help from fiscal policy, some additional help from monetary policy and, you know, a great deal of help from vaccination, we're seeing a strong rebound in activity. And what's happening is it's, demand can be spurred with fiscal transfers and the saved up fiscal transfers and people going back to work and things like that.』

大きな落ち込みからの現状の回復、って話をする際にパウエルさん中々謙虚でして、財政様にワクチン様のお蔭であって、金融政策に関しては「some additional help from monetary policy」と説明しているのがこれまたチャーミングでして、金融政策は主役から降りる格好にしておかないと、先々になって政策の自由度無くなるのを予期して話をしてるなって思いますし、ただ単に金融機関に10bpの補助金出しているだけなのに「回復はワシが育てた」とか言い出すどこかの中央銀行はちょっとパウエルさんの所に弟子入りして来いと小一時間問い詰めたいですな。まあそう考えると昨日ネタにした先週の(すいませんすいません)ブレイナード理事講演って中央銀行の理事の講演なのにチャイルドケアーがどうのこうのだの格差に対応する経済政策だの、お前は財務長官かというような話をおっぱじめているのは困ったなって思ってそうな気がします(個人の妄想です)。

『The supply side will take a little bit of time to adapt. New restaurants will have to be opened. The supply of various inputs into the goods part of the economy will have to be brought back up to speed. And again, you're seeing some of that. That'll happen over a period of time, over coming quarters. You'll see some of the bottlenecks resolved in, but the last one may not be resolved for some time.』

でもって供給制約の今後の話についても行っております。単に「レッドライン??そんな数値で自動的にはんのうするようなリアクションファンクションは設定しておりませんわ」で済ませても良いのに、なんか物価関連の話には大演説対応をしているし、よくよく見なおしてみれば中々キーになる話もしてるじゃん、とか後からゆっくりと読むのも会見の鑑賞的には結構ですななどと思うのでした(決して他のネタにかまけて後回しにした言い訳をしている訳ではありません!!!!)。なおどこぞの総裁記者会見は後で読んでも全くおもんないですけど、ブーメランのサルベージには使えますので念のため申し添えます。


・ファイナンシャルスタビリティに関して

『BRIAN CHEUNG. Brian Cheung with, yeah. Hi, Chairman Powell. Brian Cheung with Yahoo Finance. I wanted to ask about financial stability which is a part of the Fed's reaction function here. It seems like to people on the outside who might not follow finance daily, they're paying attention to things like GameStop, now Dogecoin. And it seems like there's interesting reach for yield in this market to some extent also Archegos. So, does the Fed see a relationship between low rates and easy policy to those things, and is there a financial stability concern from the Fed's perspective at this time?』

こちらの方のファイナンシャルスタビリティちゃんの論点は金融機関がどうのこうのというよりも、緩和的な政策によって一般ピープルの皆さんがサーチフォーイールドでバブルものにぶっこみに行くとか、あるいはアルケゴスちゃんのようなプロ向け方面でのサーチフォーイールドの典型的な事案を材料にしてますね。

これまたパウエルさんの答えが1ページを超えますw

『CHAIR POWELL. Right. So, we look at financial stability for us is really, we have a broad framework. So, we don't just jump from one thing to another. I know many people just look at asset prices, and they look at some of the things that are going on in the equity markets, which I think to reflect froth in the equity markets.』

多くの皆様が資産価格のみ、しかも株価ばかりを見ているというのは存じています、ってフレーズですが、まあ勿論上記の質問に対する答えの掴みとして適切な話の持って行き方ではあるのですが、これパウエル議長が言うと前大統領のパツキンヅラへの当てつけみたいに読めてしまうのはアタクシの心が濁っているからでしょうか?????

『But really, we try to stick to a framework for financial stability so we can talk about it the same way each time and so we can be held accountable for it. So, one of the areas is asset prices, and I would say some of the asset prices are high.』

しれっと「some of the asset prices are high」とか言っちゃうのもチャーミング。

『You are seeing things in a capital markets that are a bit frothy. That's a fact. I won't say it has nothing to do with monetary policy, but it also, it has a tremendous amount to do with vaccination and reopening of the economy. That's really what has been moving markets a lot in the last few months is this turn away from what was a pretty dark winter to now a vast, a much faster vaccination process and a faster reopening. So, that's part of what's going on.』

ワシらの金融安定の観点は色々なものをみていて資産価格動向はその一つに過ぎません、と仰せ御尤もな話をしまして、一方で今の資産価格上昇に関してはパンデミックからの回復、特にワクチン接種がジャンジャンすすんでいることによるものですよね、という説明。

『The other things, though, you know, leverage in the financial system is not a problem. 』

ほうほうそうですかそうですか。

『That was one of the four pillars. Asset prices was one. Leverage in the financial system is not an issue. We have very well capitalized large banks. We have funding risks for our largest financial institutions. They're also very low. We do have some funding risk issues around money market funds, but I would say they're not systemic right now. And the household sector is actually in pretty good shape. It was in very good shape as a relative matter before the financial crisis, sorry, the pandemic crisis hit.』

レバレッジ問題は金融安定の主要な論点ではなく、その点で言えば寧ろ金融機関や企業や家計のファンディングあるいはファイナンスがスムーズに回るのかが重要であり、現状そのリスクは金融機関にも家計にも見られないと。

『They were real concerns, of course, with high levels of unemployment and loss of wages and all that that the household sector would weaken dramatically. That hasn't happened. So, with the fiscal transfers, money that's on household balance sheets, they're in good shape. You see relatively low defaults and that kind of thing. So, the overall financial stability picture is mixed, but on balance, it's, you know, it's manageable I would say, and it's, by the way, I think it's appropriate and important for financial conditions to remain accommodative, to support economic activity. Again, eight and a half million people who had jobs in February don't have them now, and you know, there's a long way to go until we reach our goal. So, that's what I would say.』

んな訳で金融環境も良好だし、そんなことよりも問題なのは雇用や賃金だったりする訳で、そっちの方も最悪の事にはなっていないですな、でまあ金融仲介機能は良く働いているし、金融緩和のお蔭でファンディングのコンディションも良好です、ということなので特段問題ないよ、という話で締めておりますな。

なおこの記者さん、更問で急に短期市場について触れるという謎の振りをしています。

『BRIAN CHEUNG. As a follow up, you mentioned money market pressures, the Fed didn't make changes to interest on reserves or excess reserves. What was the logic behind that? It seems like SOFR has been drifting closer to zero. So, just hoping for clarification on that.』

超過準備の付利水準変えて無いけど、最近SOFRがゼロ近辺に下がってきていて、なんか対策した方がエエンデネエノという全然違う更問です、一応答えを引用だけ。


『CHAIR POWELL. Right. So, the federal funds rate has been well within target and at target range, and money market funds, money market conditions are fine. We have the ability to use our administrative tools to make sure that that remains the case. We do expect further downward pressure on rates through asset purchases and also the runoff in the treasury general account. But at this point, we didn't see a need for to deploy our tools to support rates. And of course, we will do so if the need does arise.』

ここはテクニカルな話で政策インプリケーションがある訳ではないですよってな感じでスルーしています。

#本日は朝ワイのネット接続の状況がアレ(接続自体はしているんだが)だったのでこんな所でご勘弁くださいませ
 


お題「ブレイナード理事の安定のハト派を確認したがさすがに物価動向は気になるようですね」   2021/05/18(火)08:06:26  
  ほうほうそうですかそうですか
[外部リンク] 11, 2021
Patience and Progress as the Economy Reopens and Recovers
Governor Lael Brainard
At "The Road to Recovery and What's Next," a virtual conference sponsored by the Society for Advancing Business Editing and Writing (via webcast)

今更ジローなのであんまり細々とは引用しませんけど、サクサクとネタにしてみます。

・経済に関しては来年の反動に注意という認識

最初に経済の現状と先行きの話でして、現状については結構ですなという話なので割愛しまして先行きの部分。第5パラグラフから行きます。

『While the incoming spending data, elevated household savings, and progress on vaccinations point to a very strong modal outlook, there is greater than usual uncertainty about the economy's path.』

ブレイナード理事は先行き経済に関して物凄い勢いで不確実性がありまっせ、というのを全面に出した説明をしておられるようです。

『For instance, the strength of domestic demand this year relative to next will depend on how quickly or slowly a large share of accumulated household savings is spent out. This, in turn, hinges in part on the distribution of household savings and how much is concentrated among households who are less likely to spend, perhaps because their services consumption returns only to pre-COVID levels or their near-term demand for durable goods has largely been satiated.4』

今年はワクチン接種によりそれまでの予備的な貯蓄拡大部分を取り崩してヒャッハーしていますが、その予備貯蓄部分終了したらどうなるねんというのが不確実性の一例と。

『There is also uncertainty about how much of the strong domestic aggregate demand will leak abroad rather than translating into domestic output. As supply chain and shipping bottlenecks ease, international spillovers could lead to some slippage between the increase in domestic demand and domestic resource utilization.』

国内の需要が国内の生産拡大ではなく、海外の生産へ漏出してしまう度合い。現状はグローバルにサプライチェーンや船舶輸送のボトルネックが生じているけど、これが解消されると国内需要が国内生産に全部跳ねてくれないよね、というようなお話のようだ。んなこと言われてもって気はするけど。

『In addition, some of this year's tailwinds are likely to become next year's headwinds. While the fiscal support provided to households is raising consumer spending and GDP this year, the absence of similar transfers will lower the growth rate of spending next year relative to this year. The boost to spending from pent up demand this year as the economy reopens is also unlikely to be repeated next year.』

今年の追い風は来年に向かい風の可能性、ってことで給付金などの終了やペントアップ特需の終了を挙げています。ということでさっきの需要が海外漏出っぽいお話(で良いんですよね?)以外の部分はFOMCパーティシパントの皆さんが散々指摘している事ですが、この点について「グレートな不確実性」という慎重表現を使ってせつめいしているのでいつものブレイナード音頭って感じですね。


・労働市場の評価

次のパラグラフからは労働市場の評価。まあお察しの通りの内容ではありますが。

『The latest jobs report reminds us that while there are good reasons to expect the number of jobs and the number of people wanting to work will make a full recovery, it is unlikely they will recover at the same pace. Over the past few months, the demand for workers has strengthened as COVID-affected sectors have reopened. Labor supply has also improved, with many people coming back into the labor force and others extending their hours of work, but there are indications that many other workers still face virus-related impediments. Although the fraction of the population ages 25 to 54 that is employed has improved in each month of this year, the current prime-age employment-to-population (EPOP) ratio of 76.9 percent is still far from the 80 percent level reached during both of the past two expansions.5』

ああでもないこうでもないと話していますが、要は労働市場に関しては需要サイドにおいても供給サイドにおいても、回復状況が一様ではありません、ということでして、業種ごとの違いとかそういうのはいつもの話だから良いとして、最後の所にある「Although the fraction of the population ages 25 to 54 that is employed〜」の部分を見ると、労働市場におけるいわゆるプライム層(25歳〜54歳)の総人口対比の就業率が毎月改善を続けているものの、現状76.9%でして、過去2回の経済拡大局面においてはこれが80%レベルにあったので、「still far from the 80 percent level」だと評価しているのがちょっと他のFRB高官とは一味違った指摘をしていますな。


その後労働市場の需要サイドと供給サイドに分けて状況についての評価があるんですが、需要サイドでは労働時間の確保が課題だったり、供給サイドでは労働に行けるコロナ前のような環境整備が課題だったり、という話をしていて、その次にこういう話をしているのが面白かったです。

『Childcare remains an impediment for many parents because the return to fully in-person school is still incomplete and childcare options are still limited in many areas.7』

面白かった、というよりも当然の配慮(中央銀行がそこまで言う必要あるのか、という話はありますが、ブレイナード理事は財務長官あるでって言われてた(イエレンに持っていかれましたが)お方ですのでまあこういう話もするんでしょ、という感じですかね)ではあるのですが、何と申しますか目の前に起きている事だけに反応しているだけで全体の整合性とか全体のデザインとか何も考えていないどっかの国のコロナ対応と比較して悲しみに耐えられませんな。

『At the time of the April jobs report, nearly two-thirds of students had yet to return to fully in-person schooling, and this share had only increased by 8 percentage points since March.8 Consistent with this, the labor force participation rate of women ages 25 to 45 was unchanged in April, after an increase in March that coincided with a surge in education hiring and school reopening. 』

依然として学校が対面授業形式でのフル再開をしていないので、25歳〜45歳の女性の労働参加率が中々アガランチ会長だと。

『Similarly, April saw a small increase in the number of women who reported that they wanted a job but were out of the labor force for family responsibilities, following a large decline in March.9 Recent research shows that the pandemic has taken a particularly significant toll on the labor market status of many Black and Hispanic mothers and mothers with lower incomes.10』

4月の雇用統計を見ると、就業の意欲はあるものの家庭の事情によって求人市場に参加しない労働者がいますよとか、社会的なマイノリティーで厳しい状態ですねとかそんな分析をしておりますな。

でもってその先はお賃金の話(これは良い伸びという評価)とか、コロナで打撃を食らっているのが低所得層に集中しているのが残念な事とかそういう話がありますが飛ばして結論。

『There is good reason to expect a strong rebound in employment over coming quarters, although the different forces affecting demand and supply may lead to uneven rates of progress.』

労働市場は確実にリバウンドはしているけどアンイーブンだったりしますよね、と来てからの、

『But today, by any measure, employment remains far from our goals.』

ブレイナード節キタコレで中々力強く「どこからどう見てもゴールからほど遠い」とのお告げですのでいつもの猛烈ハト派であることは言うまでもありません(個人の感想です)。

『The unemployment rate remains elevated at 8.9 percent when we adjust the narrow 6.1 percent U-3 measure of unemployment to also reflect workers who have left the labor force since the pandemic started and those who are misclassified. As of the latest reading, there is an employment shortfall of 8.2 million relative to the pre-pandemic level, and the employment shortfall is over 10 million if we take into account the secular job growth that would have occurred over the period since February 2020 in normal circumstances.11』

この辺はこれでもかとばかりにコンポーネントの話をしているのですが、さっきの一文で勝負付けは済んでいるので消化試合消化試合。


・物価に関してですがさすがに「一時的じゃない物価上昇」の可能性の点検は必要とな

さて物価。

『The path of inflation is also difficult to predict, although there are a variety of reasons to expect an increase in inflation associated with reopening that is largely transitory.』

いきなり「物価のパスはこれまた読みにくい」と来ていますな。

『Most immediately, base effects are likely to contribute substantially to the 12-month readings of headline and core PCE inflation in April and May as the price declines of March and April 2020 roll out of the 12-month calculation.』

『I also anticipate that the recent surge in energy prices, which contributed about 1/2 percentage point to the March 12-month headline PCE reading, will fade over time, although recent pipeline disruptions add some uncertainty.』

FRB高官の皆様がご指摘する要因をブレイナード理事も普通に指摘しています。

『It is much more difficult to predict the size and duration of supply-side bottlenecks and how these will interact with the pattern of demand to feed through into inflation.』

でもってここでオモロイのはブレイナード理事は供給制約の問題がどの位マジモンの影響を与えて来るのかというのは結構難しいんじゃないの、という至極全うだけどハト派にしては慎重な話を開始します。

『The production of certain semiconductors may take some time to ramp up, and the feedback effects between shipping delays and container shortages appear to be only slowly working themselves out. In contrast, the manufacturing capacity taken offline by the harsh weather in Texas in February is coming back online rapidly. If past experience is any guide, production will rise to meet the level of goods demand before too long.』

一部の半導体などについては生産の挽回に多少時間が掛かるとか、輸送の遅れやコンテナ不足問題などの解消にもやや時間が掛かる可能性がある、という指摘をしていますが、単に製造が遅れているだけ的な産品に関しては生産再開でサクサクと問題解決するっしょと。

『The supply-demand imbalances in the in-person services sector are expected to be resolved within a few quarters with progress on virus control and the return of in-person schooling. And demand growth itself is expected to moderate after a reopening surge, broadly coinciding with the time when some of the current tailwinds from fiscal support and makeup consumption turn to headwinds.』

サービスセクターに関する供給制約(人が出てこないとか)公衆衛生上の措置が緩和されて学校での対面式需要が復活すれば戻るからこっちは数四半期程度で回復するでしょうと。

『Of course, there may be additional demand and supply surprises that could further complicate the inflation picture.』

とは言え需給要因に関しては新たな問題も出てくるかもしれませんね、と物価に関しては何かちょっとトーンが違っていまして、

『To the extent that supply chain congestion and other reopening frictions are transitory, they are unlikely to generate persistently higher inflation on their own. A persistent material increase in inflation would require not just that wages or prices increase for a period after reopening, but also a broad expectation that they will continue to increase at a persistently higher pace.』

単に賃金があがっただの、経済活動が再開して物価が上がっただのというようなそれ単体では持続的な物価上昇につながる訳ではないです。持続的で顕著な物価上昇が起きるには、それだけではなくて、そこで起きている賃金上昇や物価上昇が持続的に高めの水準で続くであろうという予想を経済の幅広い主体が持つことが必要になります、ということでインフレ期待ネタキタコレです。

『A limited period of pandemic-related price increases is unlikely to durably change inflation dynamics. Past experience suggests many businesses are likely to compress margins and to rely on automation to reduce costs rather than fully passing on price increases.12 In the December Duke CFO Survey, roughly one-half of chief financial officers from large firms and about one-third of those from small firms reported "using, or planning to use, automation or technology to reduce reliance on labor."13 The pandemic-induced shift to virtual, or contactless, versions of many previously in-person interactions is likely to lead to some durable shifts in the use of technology.』

ああだこうだ説明していますが、物凄く意訳すると現状の評価をしていまして、これまでに見られた各種サーベイや企業行動などをみると、上記で言う「幅広いレベルでの持続的な賃金物価上昇予想」と言うものは広がっていません、という説明をしておりますね。

『Thus, there are compelling reasons to expect the well-entrenched inflation dynamics that prevailed for a quarter-century to reassert themselves next year as imbalances associated with reopening are resolved, work and consumption patterns settle into a post-pandemic "new normal," and some of the current tailwinds shift to headwinds.14』

ということで結論としては結局の所インフレーショナルなダイナミクスになっている訳ではない、というお話をしておりますな。とはいえ・・・・・・・・・・

『I will be carefully monitoring measures of longer-term inflation expectations to ensure they are well anchored at 2 percent.』

キタコレということでインフレ期待の話が続く。

『To date, various measures suggest inflation expectations remain well anchored and broadly consistent with our new framework. The Index of Common Inflation Expectations moved back to 2 percent in the first quarter, returning to its level in 2018, which is lower than its level prior to 2014.15 』

色々な指標で示されるインフレ期待が、と言う話でして、最初のが何か良く分からん(すいません)ですが「The Index of Common Inflation Expectations」って奴なんですが、これは2%水準まで上がって来ましたという話。2018年のレベルと同じですが、2014、15年のレベルよりは低いって言ってるんでこっちは懸念材料にはならないでしゅな。

『In addition, the term structure of market-based measures of inflation compensation is consistent with market participants expecting a limited period of inflation above 2 percent. A straight read of the difference between the forward nominal Treasury curve and the forward Treasury Inflation-Protected Securities curve implies inflation compensation is expected to be higher for the next two years and to decline subsequently and remain stable 5 and 10 years into the future.』

債券市場からインプライされる市場のインフレ期待に関しては、2%を多少上回る程度の水準で推移しておりますよと。

『I will remain attentive to the risk that what seem like transitory inflationary pressures could prove persistent as I closely monitor the incoming data. Should this risk manifest, we have the tools and the experience to gently guide inflation back to our target. No one should doubt our commitment to do so.』

ということでして、ブレイナード理事超ハト派なのにこのことを言うのね、とちょっと感心してしまいましたけれども(個人の感想です)、現在の物価上昇はトランジトリーだとは分析されますけれども、さはさりながらマジモンの持続的かつ(ノ∀`)アチャーなインフレーションプレッシャーであるリスクに対しては、今後の経済指標を注意深く観測していく必要がある、とぶっこんできておりまして、いやまあ中央銀行家としては物凄く当然のスタンスなのですが、ハトの過激派という風情まで出すこともあるブレイナード理事の口からこういうのが出るのってオモロイナーと思いましたよ、あんまり反応してなかったと思うけど市場は。

でもってその場合ですけれども、「we have the tools and the experience to gently guide inflation back to our target」とジェントリーに物価を抑制するツールがある、と言う風に言って、これって要はもしそうなっても政策運営でそんなに派手派手な締めをするとかそういう事は無いからご安心下さいませって話をしているんですな。まあそれはそれで良いのですが、インフレって経済遅行指標だから、実際にマジモンのインフレーションとかになったら(なったの最近主要国では碌に見ないけど)、悠長なことやってたら更にインフレ加速せんかねえとは思うのでこのあたりは虫の良い話をしている感はあります。

とは言いましても最後のところで、

『But recent experience suggests we should not lightly dismiss the risk on the other side. Achieving our inflation goal requires firmly anchoring inflation expectations at 2 percent. Following the reopening, there will need to be strong underlying momentum to reach the outcomes in our forward guidance. Remaining patient through the transitory surge associated with reopening will help ensure that the underlying economic momentum that will be needed to reach our goals as some current tailwinds shift to headwinds is not curtailed by a premature tightening of financial conditions.』

とまああくまでも我々は経済を吹かしていって回復に寄与していきまっせという話をしておりますので、2%のインフレ期待がどうのこうのって言ったってその辺あからさまに違うのでなければある程度何とでも言い張れるところがありますから、政策スタンス自体は相変わらずのハトではあると思います。

さらに最後の最後のパラグラフが、

『The outlook is bright, but risks remain, and we are far from our goals.』

から始まっていてやはり安定の大ハト派。

『The latest employment report reminds us that realized outcomes can diverge from forward projections and underscores the value of patience. As the economy reopens fully and the recovery gathers momentum, it will be important to remain patiently focused on achieving the maximum-employment and inflation outcomes in our guidance.』

てな訳でして、まあ物価さえ変な跳ね方をしなければ政策の地蔵スタンスは地蔵スタンスなんでしょう。よって目先物価上昇がマジモンなのかどうかの分析が無茶苦茶重要という話になりますね。


〇しまった時間がない予告編(ブラード総裁)

変態仮面ブラード総裁である。
[外部リンク] Louis Fed's Bullard Discusses a Booming U.S. Economy
5/13/2021
ST. LOUIS - Federal Reserve Bank of St. Louis President James Bullard presented “U.S. Economy Booming” at a virtual event of the Greater Memphis Chamber’s Chairman’s Circle on Thursday.

これまた先週のネタで恐縮ですが、題名からして変態仮面の香りがする。ちなみに本編の方は動画しか無いのですが、54分とかいう表示を見た瞬間にそっと閉じました。

[外部リンク] Economy Booming
Latest from President Bullard
 


お題「ウォーラー理事の物価に関する考察を拝読しましたが今の所緩和縮小を急ぐ気配は無しと言う事で良さそうですね」   2021/05/17(月)08:08:50  
  本編の中身読んでないから何ともかんともではありますが・・・・・・
[外部リンク] Summary)の和訳
グローバル金融システム委員会報告書
「変容する資本フローのパターン」
要旨(日本銀行仮訳)

『グローバル金融危機(2007-09 年)以降の 10 年間において、資本フローのパターン、特に内訳の構成には大きな変化がみられた。こうした変化によって、例外的に大きくかつボラタイルな資本フローが与える潜在的な影響に対する懸念は、和らぐことはなく、むしろ新たなものに変わった。特に、非居住者からの資本流入の極端な増減は、マクロ経済および金融安定に対して、深刻なリスクとなっている。』

『こうしたリスクは、自国経済が外国資本に依拠している一方、自国の金融システムがショックに対して脆弱である新興国において、取り分け顕著である。新興国から証券投資の流出が過去に例を見ないほどの速さ・量で進行したコロナ危機の初期段階において、資本フローの大きな変動がもたらす課題に再び焦点が当たった。今次危機は、各種政策ツールによって、資本フローの極端な変動に伴うリスクが有効に抑えられた点を浮き彫りにした一方、政策を実施するにあたって、その手段や枠組みはなお発展途上にあることを示唆している。』

要旨だけ見るとリーマンショックからこの方って話をしているのですが、新興国からの資金流出ネタではやっぱり1990年代のアジア通貨危機じゃろと思ってしまうんですけどねえ。なんか要旨だけ見ているとあの時代から言ってる話が本質的に変わって居ない気がするがちゃんとよんでない(のとその暇がない)のでパス。

と、結局パスなのでまあお題にはならないのでした。間違って読む余裕あったら読む。


〇理事連中(FRBの)がお話をしておりますが金曜の続きでウォーラー理事ネタ

土日に追加投入するつもりだったのだが読んでるだけで体力が尽きた(汗)。

[外部リンク] 13, 2021
The Economic Outlook and Monetary Policy
Governor Christopher J. Waller
At The Global Interdependence Center's 39th Annual Monetary and Trade Conference, The LeBow College of Business, Drexel University, Philadelphia, Pennsylvania (via webcast)

この講演テキスト「チャートによりますと」みたいな記述があるのですがPDFバージョンの方を見てもチャートが付いていないという割と不親切設計になっているのがアレですが、経済の見通しといいつつ雇用情勢と物価情勢の話を思いっきりしています。どういう構成になっているのかというと、

・経済のパート:パラグラフ2つ(最初の挨拶まで入れると3つ)
・労働市場のパート:パラグラフ6つ
・物価のパート:パラグラフ13個(一部に金融政策をどうのこうのお話あり)
・住宅市場のパート:1パラグラフ(なんでやねん)
・金融政策のパート:パラグラフ3つ(最後の1行挨拶まで入れると4つ、金曜にネタにした部分)

とまあそんな構成(PDFで展開すると10ページ)になりまして、どう見ても物価の話ですなって所ですが、何故か住宅市場の話がありまして、住宅価格が「Prices for lumber and other inputs for housing are skyrocketing, and while that occurrence is not having a significant effect on inflation, it is limiting the supply of new homes and helping feed the house price boom. 」などと住宅価格がバブっておられるのではないか(ただし銀行システムが健全でレジリアントなので現状金融危機などのような大問題を起こすものではない)とか仰せになっているのもちと気になりました。

んな訳でパラグラフ13個を鑑賞鑑賞。


・他のFRB主流派と同様に「足もとの物価上昇は一時的である」というのがベースです

『Now let me turn to the other leg of the Fed's dual mandate, price stability. That second thud you heard yesterday was forecasters' bodies following their jaws to the floor after the CPI report was released. It was a surprise, but a look at its causes doesn't alter my fundamental outlook, which is that the main pressures on inflation are temporary.』

物価の話をおっぱじめるにあたって、先日(講演したの先週目標)のCPIの上振れはおーと思いましたけど、それによって私の基本的見方に変化はありません足元の物価上昇は一時的、と来ました。

さてここで冒頭から話が若干脱線しますが、バーナンキのテーパリング云々の時には、直近で起用したスタイン理事がのっけから外れ値上等とばかりに、BISビューチックに足元の金融情勢などについて外れ値発言をおっぱじめ、何じゃこの人は(でも金利が無いと飯の種の無いワイは緩和縮小大歓迎なのでワイは賛同してたな)という感じでしたが、ある時から急にこのBISビューチックなのにバーナンキがホイホイと乗っかってきたように見えたと思えば正常化路線、となった訳ですよ。

そういう意味ではウォーラー理事とかも振り付け的には面白いポジションにいる(これがクラリダだと鉄砲玉をする訳には立場上行かない(クラリダの場合は鉄砲玉じゃなくて地均しつまりぶっこんだ時点でダンディール扱いになってしまう)し、ブレイナードみたいに既にポジションある人は別にまあそのまんまでしょというのがある)と思うのでして、いやまあ勿論クラリダがぶっこむとかだとそらもう大騒ぎなのですけれども、予兆管理的にはブレイナードが中立転換するとか、ウォーラーさんあたりのあんまり色がついてない(と思われる)理事が外れ値上等の鉄砲玉を買って出るか、という辺りが予兆管理に有効ではないか(個人の感想です)と思うのですよ。という訳で以下鑑賞するのはそういう訳ね。


・政策スタンスの説明部分も基本的に主流派通りですが

『First, let me address concerns that strong growth threatens to unleash an undesired escalation in inflation. In August 2020, the Federal Open Market Committee (FOMC) adopted a new policy framework that includes flexible average inflation targeting and a policy stance based on economic outcomes as opposed to economic forecasts.』(forecastsが斜字体です)

CPIが上振れました、という掴みから来るので成長の過熱が望ましくない物価上昇を起こすのではないか、という問題に関すしてご説明しましょうってお話から始まるようですな。

『Flexible average inflation targeting means we aim to have inflation overshoot our 2 percent longer-run goal if inflation had been running persistently below target. Given that we missed our inflation target on the low side consistently for the past eight years or so, the FOMC has said that it will aim to moderately overshoot its inflation target for some period but then have it return to target.』

アベレージターゲットですがこの8年物価がマンデート水準を下回っていたのですから、多少のマンデート上振れは上等上等、という考えで行っているものですよ。

『Our willingness to aim for above-target inflation also means we will not overreact to temporary overshoots of inflation-we need to see inflation overshoot our target for some time before we will react.』

FEDの説明しているストラテジーというのは一時的な物価のオーバーシュートでは政策は過度に反応をしない(ってテンポラリーなのが明確だったら別にメイクアップ云々関係なく反応しないと思うがそこは措く)し、物価がオーバーシュートしていたとしても、我々は政策行動を起こす前に多少の時間を掛けるということです。

『An outcomes-based policy stance means that we must see inflation before we adjust policy-we will not adjust based on forecasts of unacceptably high inflation as we did in the past. Call this the "Doubting Thomas" approach to monetary policy-we will believe it when we see it.』

"Doubting Thomas"ってノンネイティブのミーには良くワカランチ会長ですが、過去のようにプリエンティブに対応する訳ではないですよ物価の状況を見てから慎重に判断しますよ、という解説が続きますの。

『We asked to see it, and lo and behold, we are now starting to see inflation exceeding our inflation target. But the critical question is: for how long? Although inflation is starting to exceed our 2 percent target, in my view, this development is largely due to a set of transitory factors that are occurring all at once. I can think of at least six.』

ということですが、ウォーラーさん途中途中に微妙な表現を混ぜてますなと思う所がありまして、しれっと「we are now starting to see inflation exceeding our inflation target」とかあれれ??となるような表現がちりばめられている印象は正直ある(個人の感想です)。

ただ、足元の物価上昇に関しては一時的であると言える理由が少なくとも6つある、とかその後にすかさずさっきの一瞬あれってなる文言を解毒しているので毒気をあまり感じないのですけどね。


・足元の物価上昇が一時的という説明に6つも理由をぶっこむのですがよく見るとうち4つは見通しの話だなこりゃ

という訳で理由の列挙が始まる。

『First, there is what we economists call "base effects," which is the simple arithmetic of what happens when the very low inflation readings of the first half of 2020 fall out of our 12-month measure of inflation. That adjustment will be over in a few months. A second temporary factor is higher energy prices, which have rebounded this year as the economy strengthens but are expected to level off later this year. Retail gasoline prices have jumped in some areas due to the disruption of the Colonial Pipeline, but the effect on inflation should be temporary also.』

何故か1と2だけ一つのパラ(残りはパラを分けてる)のですが、これは1と2が既に起きていること、3以降が今後のベースラインシナリオを踏まえた見通しの話をしているんですな。でもって最初の2つはベース効果とエネルギー価格の上昇の話です。

『A third factor is the significant fiscal stimulus to date. Stimulus checks put money in people's pockets, and when they spend it, there will be upward pressure on prices. But when the checks are gone, the upward pressure on prices will ease.』

3番目は財政大盤振る舞いをしたので物価に上昇圧力が掛かっていますが、この小切手大盤振る舞いが一段落すると物価上昇圧力は緩和されるでしょう、となっていて、この3番目から先はあくまでもベースラインシナリオによって経済が進んだ場合の話をしている、というのが微妙ちゃあ微妙でして、すなわち例えば上記3番目で言えば、バイデン大先生が威勢よく小切手ばらまきアゲインあんどアゲインとかやりだすとこのシナリオは崩れる訳ですな、まあそういう感じで見て行くのよ以下の理由は。

『A fourth factor is a reversal of the very high savings that households have built up over the past year. As households draw down these savings, demand for goods and services will increase, which again will put upward pressure on prices. But, just like stimulus checks, once the excess savings is gone, it is gone, and any price pressures from this factor will ease.』

パンデミックによって家計が防衛的になり貯蓄を増やしましたが、ワクチンヒャッハーとなってその家計の皆様がその時に蓄えた貯蓄を取り崩してヒャッハー消費にまわしているのですが、これも増えた貯蓄の分の取り崩しが終わったらおしマイケルなので一時的とな。

『A fifth factor is supply bottlenecks that manufacturers and importers are currently experiencing; supply chain constraints are boosting prices, particularly for goods-less so for services. One strength of a capitalist system is that markets adjust. If demand and prices rise for a product, supply will follow, and bottlenecks will dissipate. So once again, price pressures induced by bottlenecks should reverse as supply chains catch up and orders get filled.』

5番目の理由がサプライチェーンの毀損による影響ですが、これは需要が続くと見れば毀損したサプライチェーンも元に戻っていくような動きになるのでやはり物価上昇には一時的だぞと。

『Finally, the excess demand for labor I described earlier is likely to continue to push wages up in the next couple of months. How much of this increase gets passed through to prices is unknown, but some of it will. However, as I argued earlier, once labor supply catches up, this wage pressure should ease.』

ここは飛ばした労働市場の方をちゃんと見ないと行かんのですが、物凄くざっくりと読んだ感じですと、今回引用した物価の2パラ前の辺りから書いてあるのですが、今次コロナショックでは労働供給も大きく落ち込みました、理由は言わずと知れたパンデミックでありますが、こちらに関してはワクチン接種が進む中で戻って来るでしょう、ってな話をしています。

でもってそれを踏まえてこの一時的要因ちゃんは、労働供給府不足が賃金に上昇圧力を掛けていて、むこう2カ月程度はその賃金の上昇圧力が、どの程度販売価格にパススルーされるか分からないけれども、幾分かは転嫁されるので物価上昇圧力になるが、ワクチン接種の進展に伴い労働市場における労働力供給サイドの方が戻って来れば賃金圧力からの物価上昇は来ないじゃろ、という認識をしめしていまして、まあここの辺りも賃金動向などを見ながら注意なんだろうなあ、と思いました。


・物価話のまとめ部分でしらっと一時的要因だと思うがソウジャナイ可能性らしき言及もあったりする

『I expect that all of these factors will cause inflation to overshoot our 2 percent longer-run goal in 2021. But they will not lead to sustained, high rates of inflation. Financial markets seem to think the same-5-year breakeven inflation expectations are around 2.5 percent, and 5-year, 5-year-forward measures are around 2 percent, when adjusted for the difference between CPI (consumer price index) and PCE (personal consumption expenditures) inflation rates.6 Hence, markets do not believe the current factors pushing up inflation will last for long.』

ということで上記のファクターが物価上昇を起こすが一時的なので長続きしませんよ、という話をした後、市場での5年BEIおよび5年先の5年BEI(ってこれ分析の時によく使うんだが、アタクシは元々がセルの短期とマーケットメーク係上がりだからというのもあるんだが、このフォワードレート分析って短期に近い所なら分かるのですが、5年先5年とか10年先10年とかそういうのって、ただの曲率分析であって期待分析の意味は乏しいと思うんですけど、そういう事を言うと馬鹿呼ばわりされるから(まあ馬鹿なので仕方ないのですが)これを持ち出しまくるののってどうなのかねとは思ってしまう。曲率分析としては意味あるとおもう)を持ち出しまして、市場も同様に一時的と思っている、だそうです(そんなことになったら予想インフレがアンカーされなくなるんとチャイマスカと思うがその話は無いことになっている)。

ということでまとまっているのですが、

『While I fully expect the price pressure associated with these factors to ease and for some of the large increases in prices to reverse, it may take a while to do so.』

んな訳で今強めの物価というのは一時的でいずれ落ちて来ると思いますが、それには若干のお時間がかかるでしょう。

『Shortages give producers pricing power that they will be reluctant to let go of right away. Wage increases for new workers may cause firms to raise wages for existing workers in order to keep them. Consequently, there may be knock-on effects from the current wage increases.』

お賃金のここもとの上昇に関しては物価上昇に対するノックオン効果があるかも知れません、と来まして、

『The pandemic has also caused firms to restructure their supply chains, and, as a result, bottlenecks may last longer than currently anticipated as these supply chains are rebuilt. There are also asymmetric price effects from cost shocks-prices go up very quickly but often tend to come down more slowly, as consumers slowly learn that the bottlenecks have gone away.』

サプライチェーンは戻ると思うのですが、供給ショックによる物価の影響は非対称であって、供給ショックでコストが上がると物価には勢いよく跳ねますが、戻る方は時間が掛かるかもしれません、という微妙にキナ臭い表現が入っておりまして、この部分の最後のパラグラフに参ります。


・このあと金曜に引用した部分に続きますが金融政策へのインプリケーション

『For these reasons, I expect that inflation will exceed 2 percent this year and next year. After that, it should return to target.』

今年と来年が2%超え、その後2%に向けて低下していくでしょう、というのが見通しです。

ま、2.5%程度で済んでいるならFEDも涼しい顔できるでしょうが、3%越えが延々と続くような事になった時にFEDが涼しい顔をしていられるか、というのは見てみたいから米国物価上昇もっとやれって心境です(ただのワガママ)。

『And in my view, this fluctuation is okay-our new framework is designed to tolerate a moderate overshoot of inflation for some time as long as longer-term inflation expectations remain well-anchored at 2 percent.』

でもってこのような上昇は我々のアベレージターゲット的な長期的2%を希求するという点に整合的なので無問題、と来まして先週金曜にネタにした部分に繋がりますので、まあ基本的に今のところはウォーラー理事が緩和縮小早期化みたいな話に乗って来る感じはしません(この講演だけでは、ですけど)けれども、ただまあ前提になっている話の前提がどうなるかというのによってはFEDのおしりもムズムズしてくると思いますので、論点纏めてたんでなるほどと思いました。
 


お題「クラリダはいつもの火消しだがウォーラー理事は火消しだが微妙な面もあるかもです」   2021/05/14(金)08:14:17  
  ん??
[外部リンク] 午前
米国株式市場=ダウ急反発433ドル高、失業保険統計の改善で安値拾いの買い

インフレ懸念(=金融緩和政策の縮小)で株売りだったらイニシャルクレーム改善も金融緩和政策の縮小に通じるのに株買いになるのか、などと言ってもまあ仕方ないですかそうですか。


〇昨日のクラリダのテキスト短かったじゃねえかしまったわw(なお内容はまあ普通)

[外部リンク] 12, 2021
U.S. Economic Outlook and Monetary Policy
Vice Chair Richard H. Clarida
At the "NABE International Symposium: A Vision of the Economy Post COVID," Washington, D.C. (via webcast)

昨日はロイター記事のヘッドラインだけ見ただけ、という手抜きプレイを行ったのですけれども、あとからFEDのサイト見に行ったら短かったじゃねえかこっちネタにすれば良かったとか思ってもアフターフェスティバルとはまさにこのこと。

ということでクヤチイので最初の挨拶除く全文読んでやろうじゃないの(努力の方向がおかしい)。


・経済の現状については「ここまで見通し通りのロバストな回復」と表現に工夫が見られます

『Current Economic Situation and Outlook』って解説がまず入る訳ですが。

『In February 2020, none of us could have imagined that in a few short weeks the COVID-19 pandemic and the mitigation efforts put in place to contain it would deliver the most severe blow to the U.S. economy since the Great Depression.』

と掴みがパンデミック襲来から入るのでこのあたりは基本流し読みでええじゃろ。

『Gross domestic product (GDP) collapsed by more than 30 percent at an annual rate in the second quarter of 2020; more than 22 million jobs were lost, wiping out a decade of employment gains; the unemployment rate rose from a 50-year low of 3.5 percent in February to almost 15 percent in April; and inflation plummeted in response to a collapse in aggregate demand that dwarfed the contraction in aggregate supply.』

エライことになりましたな、という話なのでどうでもよい。

『But with the benefit of hindsight, it is clear that the economy has proven to be much more resilient than many forecast or feared one year ago.』

しかし後から考えてみればその後の経済は皆が恐れていたような事にはならずに物凄い勢いでレジリアントであったというのが明らかになりましたよ、って話でまあこの辺も別に目を皿のようにして読まなくても良さそう(全文読むとかイキってた割には飛ばしまくるアタクシ)。

『With timely support from monetary and fiscal policy-unprecedented in both scale and scope-and the rapid development and deployment of several effective vaccines, the economy stabilized and began a robust recovery in the second half of 2020 that both we and outside forecasters expect to pick up steam this year.』

この辺までは今までの話なので斜め読み、さてここで「So far」から始まるのでもうちょっとちゃんと読む。

『So far, the economic activity data we have received this year is consistent with this outlook. For example, GDP rose by an impressive 6.4 percent in the first quarter, with real final sales to private domestic purchasers up an eye-popping 10.6 percent. Household spending on goods is rising robustly, and spending on services is also picking up as contact-intensive sectors begin to reopen and recover. Business and residential investment have more than fully recovered from the 2020 collapse and are operating above pre-pandemic levels.』

直近の経済に関してコンポーネントの説明をしながら結構な数字ですなという話はしておりますが、その直前の部分にありました「2020年後半にはFRBや民間フォーキャスターの皆さんが同様に見込んでおりました、今年の経済ロバストな回復(つーか拡大)を見込んでおりました」っていう見通しに対して整合的(is consistent with this outlook)であるという経済データが出ております、って説明していて、「上振れ」と言わない所が火消し精神に満ちていて気を使いましたなと言うのがわかります。


・やたら4月雇用統計の弱い部分を強調するのも火消し火消し

と強い経済の話をしつつも「ただの見通し通り」と火消しをしながら4月雇用統計を引っ張り出して今度はやや消火ちっくな説明をしておる。

『However, after looking at the details of Friday's disappointing employment report, the near-term outlook for the labor market appears to be more uncertain than the outlook for economic activity. Employment remains 8.2 million below its pre-pandemic peak, and the true unemployment rate adjusted for participation is closer to 8.9 percent than to 6.1 percent. At the recent pace of payroll gains-roughly 500,000 per month over the past three months-it would take until August 2022 to restore employment to its pre-pandemic level. But what this necessary rebalancing of labor supply and demand means for wage and price dynamics will depend importantly on the pace of recovery in labor force participation as well as the extent to which there are post-pandemic mismatches between labor demand and supply in specific sectors of the economy and how long any such imbalances persist.』

この部分ですが、例えばこの講演をしている足元で仮に金融市場ちゃんの方が「雇用統計がクッソ悪かったから利上げは遠いでヒャッハー」ってやっている最中だったら、最初の「金曜に出た雇用統計は悪かったですな」の言及をしても以下の詳細説明をしない、というパターンになると思われるわけでございまして(個人の妄想です)、ああでもないこうでもないと説明しまくるのは雇用統計が(ノ∀`)アチャーだったからおまいらが先走る程金融緩和政策の縮小(なのではなくて正確には「拡大ペースの縮小」であって、ガチの縮小はバランスシートのランオフとか利上げとかですので念のため申し添えます)は先の話だわ、というのを伝えたいから、という点では最近のFEDの執行部様って割とアカラサマなので分かり良い。


・でもって肝心の物価ですが(順当ですけど)先般来FED執行部が言ってる「ワンタイムです」という説明

次のパラが肝心の物価の話。

『Readings on inflation on a year-over-year basis have recently increased and are likely to rise somewhat further before moderating later this year.』

年後半にモデレートしてくる前に目先暫くは前年対比のインフレがあがるでしょうな、といういつもの話。

『Over the next few months, 12-month measures of inflation are expected to move above our 2 percent longer-run goal, largely reflecting, I believe, transitory factors such as a run of year-over-year comparisons with depressed service-sector prices recorded last spring as well as the emergence of some supply bottlenecks that may limit how quickly production can rebound in certain sectors.』

この前FOMC後会見の時にパウエルさんが大演説をかましていた話と同じ(サービス価格の前年比効果、とちょっと詳しくなっていますが)でして、前年比のベース効果と、一時的な供給制約と、昨年の戻しによる一時的なペントアップで下駄をはいた需要、という説明なのは同じです、まあ当たり前と言えばそれまでですけど。

『However, under my baseline outlook, these one-time increases in prices are likely to have only transitory effects on underlying inflation, and I expect inflation to return to-or perhaps run somewhat above-our 2 percent longer-run goal in 2022 and 2023.』

これらの一時的要因が去った後は2022年、2023年ともに「somewhat above-our 2 percent longer-run goal」に戻るというのがワシのベースラインシナリオである、と来ていますが、まあそんなに虫の良すぎる話になるかどうかは神の味噌汁。

『This outcome would be entirely consistent with the new framework the Federal Reserve unanimously adopted in August 2020 and began to implement at our September 2020 Federal Open Market Committee (FOMC) meeting.2』

でもってその見通しってのは(なぜそういう言い方になるやと思いますが)昨年お示ししたロンガーランゴールあんどストラテジーと整合的であります、と謎説明になっているのですが、この次のコーナーがそのロンガーランなんちゃらの説明になっているのですな。


・次が政策の説明と来ましたが基本的に従来の話を継続していまして「いいから落ち着け」と言いたいんでしょ

ここから『Recent FOMC Decisions and the New Monetary Policy Framework』という小見出しである。

『At FOMC meetings convened since the new framework was announced last August, the Committee made important changes to our policy statement that upgraded our forward guidance about the future path of the federal funds rate and asset purchases to bring it in line with our new framework.』

から始まるこの部分、要は毎度の説明をしているだけでして、「物価が継続的に上放れするようなインフレが起きにくいと考えられる中では、金融政策はメイクアップストラテジーを基本にして運営しますよ」という例によって例の如くの話ですな。

『As announced in the September 2020 FOMC statement and reiterated in the following statements-including the most recent one-with inflation running persistently below 2 percent, our policy will aim to achieve inflation outcomes that keep inflation expectations well anchored at our 2 percent longer-run goal.3 We expect to maintain an accommodative stance of monetary policy until these outcomes-as well as our maximum-employment mandate-are achieved. We also expect it will be appropriate to maintain the current target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent until labor market conditions have reached levels consistent with the Committee's assessments of maximum employment, until inflation has risen to 2 percent, and until inflation is on track to moderately exceed 2 percent for some time.』

『In addition, in our December 2020 FOMC statement, the Committee combined our forward guidance for the federal funds rate with enhanced, outcome-based guidance about our asset purchases. We indicated that we will continue to increase our holdings of Treasury securities by at least $80 billion per month and our holdings of agency mortgage-backed securities by at least $40 billion per month until substantial further progress, measured relative to the December 2020 announcement, has been made toward our maximum-employment and price-stability goals.』

長えよって感じですが、現在ぶっこんでいるフォワードガイダンスについて説明していますが先刻ご承知のお話だと思うので次行きます。

『In our new framework, we acknowledge that policy decisions going forward will be based on the FOMC's estimates of "shortfalls [emphasis added] of employment from its maximum level"-not "deviations."4 This language means that, going forward, a low unemployment rate, in and of itself, will not be sufficient to trigger a tightening of monetary policy absent any evidence from other indicators that inflation is at risk of moving above mandate-consistent levels.』

相変わらずロンガーランうんちゃらの説明をしていまして、雇用のショートフォールに対応(だから緩和縮小は先)という話をしているのですが、今問題になり得るのは、第一段階が「一時的って言ってるけど本当に一時的で済むのけ?」って話でして、それこそ適合的期待が形成されてアイヤーってなるリスクをどの位考えているのかとか、供給制約が解消されなかったらどうすんのとか、一時的とか言いつつそれ以外のインフレも入ってねえかとか、そういう話であって、第二段階は「インフレと雇用のコンフリクトが起きた時にどうするのけ???(インフレ版)」ということでありまして、雇用が過熱してもインフレがアガランチ会長ならば緩和は継続、って言う方のコンフリクトのお答えはとっくの昔に頂いている訳で、今はその逆のコンフリクトにどう対応するのか、という話ですし、まあ普通に考えたらインフレの方がウェイト高かろうと思われる(先日のパウエル会見でもその質問は「適切に対応します(キリッ)」で逃げています)のでさてどうなのよ、という話なので、今更この説明をせっせとやってもそんなに釣れないと思います(個人の感想です)。

『With regard to our price-stability mandate, while the new statement maintains our definition that the longer-run goal for inflation is 2 percent, it elevates the importance-and the challenge-of keeping inflation expectations well anchored at 2 percent in a world in which an effective-lower-bound constraint is, in downturns, binding on the federal funds rate.5 To this end, the new statement conveys the Committee's judgment that, in order to anchor expectations at the 2 percent level consistent with price stability, it will conduct policy to achieve inflation outcomes that keep long-run inflation expectations anchored at our 2 percent longer-run goal.』

いやだからワシらの聞きたいのは物価と雇用のコンフリクトで物価側がアカンアゲアゲになってきたときにあんたらどうしますねんという話なんだが、まあ確かにこのロンガーランゴールあんどストラテジーでは、そういう場合を前提にした話というのは含まれていない、という事実isある(基本認識が「インフレが経済のギャップに碌すっぽ反応しない」だから)のでして、そっちの疑問へのお答えにはなっていませんですな。

まあ何ですな、それを言い出すとそもそもの昨年9月に考えたストラテジーの前提が音を立てて崩れるので、それを前提にした話をすると台無しおぶ台無しになってしまう、という面があるのでそこは触れない、と言う事なんだとは思いますが(個人の感想です)、普通に昨年のジャクソンホール以来の話を繰り返しているだけに過ぎないですな。

ま、ここで新しい情報がポット出てくるという訳にも行かないとは思いますが、何か出して欲しいな感もあるのですが、うっかり出すと変な思惑になってしまいますので、ここは従来見解を上記のように(というか下記にも続きますが)やたらめったらしつこく説明して、それによって「FEDの(まあFEDの、って言っても執行部の、ということですけど)スタンスは足元の経済物価状況によって変化する訳ではない」という火消しをしたいんでしょうなと思いました(個人の妄想です)。

『As Chair Powell indicated in his Jackson Hole remarks, we think of our new framework as an evolution from "flexible inflation targeting" to a "flexible form of average inflation targeting."6 While this new framework represents a robust evolution in our monetary policy strategy, this strategy is in service to the dual-mandate goals of monetary policy assigned to the Federal Reserve by the Congress-maximum employment and price stability?that remain unchanged.7』

ということで政策枠組み部分の締めが「ジャクソンホールでうちのシャッチョサンが説明した通り」になっておりますのも芸が細かくて何も変わってませんというのを主張してるんでしょこれは。、


・最後のまとめでは「APP見直し論議までは距離がある」がのっけからぶちかまされます

短いお話なので早くも『Concluding Remarks』です。

『Notwithstanding the recent flow of encouraging macroeconomic data, the economy remains a long way from our goals, and it is likely to take some time for substantial further progress to be achieved.』

キタコレという所でして、「it is likely to take some time for substantial further progress to be achieved」って言ってますが、この「substantial further progress」が達成されるのにお時間が掛かりますってのが例のAPP見直しのトリガーになっていますので、要はAPPのペース縮小はまだですよ(ましてや利上げなんてとてもとても)って話ですな。

『Our guidance for interest rates and asset purchases ties the path of the federal funds rate and the size of the balance sheet to our employment and inflation goals. We are committed to using our full range of tools to support the economy for as long as it takes until the job is well and truly done.』

まあ最後のところでも緩和の縮小に関する話で「until the job is well and truly done」までは金融政策のフルサポートをする、って話なんですが、現実に物価が上がってくる中でこの話をしても、さすがに「雇用重視だから物価の上振れはずっと放置プレイでしょ」というような話までは踏み込んでない(というか踏み込まないでしょうけど)のでは、火消しメッセージを出しているというのは伝わるでしょうが、市場が聞きたがっている物価とそれに関連した政策反応関数は如何に?ということには中々お答えにならんのかな、とは思います。



〇ウォーラー理事登場の巻だがこっちの方は火消し成分もあるが真面目に見ないと行けませんねって真面目な話です

しかし最近はオンラインだからなのかも知れませんが、講演の説明分量が以前より減っているように思えます、個人の勘違いかもしれないけど。

[外部リンク] 13, 2021
The Economic Outlook and Monetary Policy
Governor Christopher J. Waller
At The Global Interdependence Center's 39th Annual Monetary and Trade Conference, The LeBow College of Business, Drexel University, Philadelphia, Pennsylvania (via webcast)

小見出しつけろよと思ったのが第一印象ですw


・現世利益重視のインスタント読みでまずは途中を全部飛ばして結論を読む(ただの手抜き)

結論は「So, in summary」から始まる最後の4パラグラフ(事実上3パラグラフ)です。

『So, in summary, the economy is ripping, it is going gangbusters-pick your favorite metaphor. But we need to remember that it is coming out of a deep hole, and we are just getting back to where we were pre-pandemic. Labor market indicators are more mixed with 8 million workers still without jobs. But many of the problems holding back labor supply will dissipate over time, and we should return to the robust labor market we had in February 2020. Inflation is currently being driven above our 2 percent inflation target but is expected to return to target in subsequent years as transitory inflation shocks fade.』

まとめとして言ってる経済物価見通しの話は執行部見解と同様ですな。

『Highly accommodative monetary policy, in conjunction with unprecedented fiscal support, has supported a rapid recovery from a uniquely sharp, pandemic-caused recession. The improving economy is helping repair the significant economic damage suffered by individuals, families, and businesses, but there is still a way to go before we fully recover.』「

経済のフルリカバーまでは依然として距離がある(ロングウェイとは言っていない)ので大幅な緩和的金融政策は必要でっせとのお告げなので、

『In light of that fact, I expect the FOMC to maintain an accommodative policy for some time.』

と来ます。そりゃそうだ。

『We have said our policy actions are outcome based, which means we need to see more data confirming the economy has made substantial further progress before we adjust our policy stance, because sometimes the data does not conform to expectations, as we saw last Friday. The May and June jobs report may reveal that April was an outlier, but we need to see that first before we start thinking about adjusting our policy stance.』

この辺の話は本編の方にもあったりしますが、要するにウォーラー理事は「最低でもあと数カ月は経済データを見て確認しないと行けませんよね」とコロナ感染症の影響は多少拡大しても一時的とか言いながら展望レポートの経済見通しを盛大に上方修正したらフラグになったかの如くマンボーだ緊急事態宣言だと拡大するコロナちゃん、という結果をだしているどこぞの日本銀行は少し見習って頂きたいものでありますな。(まあこの場合足元の市場の先走りの火消し要素もあると思うけど)

『We also need to see if the unusually high price pressures we saw in the April CPI report will persist in the months ahead. The takeaway is that we need to see several more months of data before we get a clear picture of whether we have made substantial progress towards our dual mandate goals.』

でですね、足もとで市場が気にする物価ちゃんの方ですが、こちらに関しても「今後数カ月のデータをみていくことによってモノホンの物価上昇なのかワンオフの物価上昇なのか見極めて行く」という話になっているので、クラリダよりは真面目(というか何というか)な物言いになっておりまして、しかも本編の方では物価の見極めがどうのこうのというのを説明していて、PC右下に表示されている時刻を見て思うに、どうせクラリダは火消ししかしないんだからこっち先にやる方が吉だったかとまたまた大後悔時代なのですが、講演テキストのざっくり真ん中かちょっと上辺りに、『Now let me turn to the other leg of the Fed's dual mandate, price stability.』ってのから始まるパラグラフがあって、そこから下の方まで物価の話をしているので、まあこちらも早急にネタ投下します(できれば土日にするかも知れないですが何せ連休明けて久々の5日フル労働からの週末ですからねえ、と端から予防線)。

『Now is the time we need to be patient, steely-eyed central bankers, and not be head-faked by temporary data surprises.』

『Thank you for the opportunity to speak to you, and I would be happy to respond to your questions.』

ということで、ペイシャントと言ってもそのタイムスケールは数カ月のオーダーだったりするのがチャーミングなのですが、まあCPIがギャーとか言う前でも多分「ジャク穴か9月FOMCでテーパリングの頭出しが出て来年の頭から徐々にテーパリングして再来年に利上げ着手」っての普通にコンセンサスビューだったと思う(アタクシが思ってるだけで違ってたらゴメンよ)ので、別にそんなに突拍子もない前のめりでもないと思いますが、ただまあ全然考えてませんよ系の火消しのやり過ぎ系の話ではないですね、と思いました。
 


お題「ここもと米国長期金利上昇(と言っても10年1.7手前ですが)が話題のようなのでメモメモ/主な意見続き」   2021/05/13(木)08:06:29  
  この期に及んで未だにこの発想なのか・・・・
[外部リンク] 20時01分


〇CPI上振れするって前から散々FEDがゆうとるのですが(米国金利備忘メモ)

あらま。
[外部リンク] 午前

30年債(指標銘柄)16時31分 2.4161% 前営業日終値 2.3520%
10年債(指標銘柄)16時31分 1.6952% 前営業日終値 1.6240%
5年債(指標銘柄)16時31分 0.8660% 前営業日終値 0.8010%
2年債(指標銘柄)16時18分 0.1668% 前営業日終値 0.1610%

まあ何ちゅうか色々と味わいがあるのでロイターさんの解説をよんでみませう。

『 米金融・債券市場では、消費者物価指数(CPI)が予想を大幅に上回る伸びとなったことからインフレ懸念が台頭し、長期金利は1.7%近くまで上昇した。4月のCPIは、総合指数が前年比4.2%上昇し、2008年9月以来、約12年半ぶりの大幅な伸びを記録。食品・エネルギーを除いたコア指数も前年比3.0%上昇し、1996年1月以来の伸び率となった。』(上記URL先より、以下同様)

ほっほー。

『10年債利回りは一時1.697%と、4月13日以来の高水準を付けた。その後は7.1ベーシスポイント(bp)上昇の1.695%。一日の伸びとしては3月18日以降で最大となる見込み。』

と言ってもまだ1.7に迫るって水準な訳でして、まあ市場だからシャーナイのですが、そもそも論としてFEDちゃんとしてはプレマチュアーな金融引き締め(というか緩和縮小)観測から金利が走るのを防ぐために、特に10年金利が1.6だ1.7だみたいな話になっているところからは重点的に、オーラルベースでハトっぽい発言をしてバランスを取っていたとアタクシは理解していたのですが、米国金融市場様におかれましては、何を思ったのかあの辺りの発言受けて金利がホイホイと下がったりして、おまけにそれみて株価がヒャッハーとかするからその分の反動が出たって話じゃネーノ(個人の感想です)と思うんですけど、まあそれは外野席で観戦しているだけだからそう思ってしまうだけですかねえ。

『米連邦準備理事会(FRB)当局者は、物価の高進が一過性にとどまるとの見方を繰り返し示している。クラリダ副議長はこの日、量的緩和縮小の検討を開始するほど米経済が「さらなる著しい進展」を遂げるには「時間がかかる」と強調した。』

ちょっとここまで手が回らんのだが、クラリダだから読んでおく、ただ内容は大体予想はつくわけで、先日のFOMC会見(今さらになって質疑応答をネタにしてて面目ない)でもパウエルが大演説しているようなファクターが一時的に押し上げをしているだけで、これはパーマネントな押上タワーではない、という話をしたんでしょ、と見もせずに勝手に妄想。


『インデックスIQの調査部ディレクター、ケリー・イェ氏は「インフレや金利上昇の可能性が高いと判断して先走りする市場と、なお多くの下振れリスクが残るとして忍耐を求めるFRBの間で駆け引きが起きている」とした上で、実際にインフレ高進が続いた場合、FRBの手に負えなくなるのではないかと投資家は不安を感じていると述べた。』

うーんこのという感じでして、毎度アタクシの駄文にお付き合いいただいているのでまたその話かって怒られそうですが(汗)、むしろ「実際に物価が上がった時にFEDが落ち着いて居られるかって問題があるのに何でその点を軽視して雇用指数ばっかり気にするの市場ちゃんは」とアタクシは思っております訳でして、なんかしつこくもまた申し上げておりますが、FEDが金融緩和縮小にペイシャントでいられるロジックはロンガーランゴール&ストラテジーで説明されているように「労働市場動向を含む経済の需給ギャップに対する物価の反応が乏しいのだから、多少経済を吹かしても物価が跳ねる懸念は無い」という現状認識のもと「そのような物価形成を前提にすれば、コロナショックの後だし経済回復が不均等な状況を踏まえれば、緩和を継続して経済を多少吹かし気味にした方がより多くの米国国民に景気拡大の恩恵が行き渡るし、かつ望ましくないインフレが発生する懸念も無いのだから高圧経済アプローチバンザイ」という話ですよね、この駄文をご覧になっている奇特な皆様におかれましては先刻ご承知だと思いますが。

でもって、米国金融市場様におかれましては、今年CPIが種々の事情で上に跳ねるのもご案内の筈だったのですが、CPI跳ねた時にFEDのケツがムズムズしてこないか、という問題に関して丸っきり無視して、むしろ雇用の数字で一々ヒャッハーしてた感があって、いやまあ目先のデイとかスイングとかするならそうかも知れんけど、今年の米国の課題って上がるの分かってる物価に対してFEDは地蔵を決め込むけど、外野(特に議会)から文句が来るとか、物価を真面目に分析したら実は基調的な部分も上がってるじゃん、ということになって今までの「ロンガーランゴール&ストラテジー」の前提がズッコケ三銃士になったらどうなるのとか、まあその辺を懸念しないと行けないのに何で金利がホイホイと下がりますねんという感じだし、先日来ネタにしているように、物価指数が目先上に跳ねるのはFEDも宣伝していたネタであって、その話出ている間に何も反応しなかったのに、いくら市場予想より上振れとは言え、実際に物価が出てから売りで反応するってナンジャソラではありますな。

つーことでですね、何とかストの皆様に於かれましては、ここに来ての米国物価指標の上振れについて、これが本当に一時的で済むのか、という分析をして頂きたい訳で、FEDのスタンスがどうのこうのとか解説するの今更ジローで新しい情報じゃないんだよなー、と思うのですが、どうせ物価指標のコンポーネントまでちゃんと見てる何とかストが碌すっぽ居ないに1万バーナンキ。

ちなみにアタクシは馬鹿だから良く分かりませんけど、さはさりながらこれだけ盛大に財政を吹かしている中ですからして、「物価の上昇が一時的でまだ基調は弱いので、来年になるとまたマンデート以下とかになりそうです(から緩和縮小はまだまだ)」というFEDの現在の中心的見解ってえのもホンマカイナという感じはする訳で、景気吹かして物価があがるんだったら、それこそ適合的期待形成が動くリスクって多分にあるんでネーノとは思うのです。ちなみにかつて英国が金融大緩和中に物価が景気要因じゃない所で上振れしていたことがありましたが、あの時は明らかに景気が今三歩位の状態だったので、BOEは毎回ペラ1詫び状を財務省に出すだけで動かんかったしその後物価弱くなりましたが、何せこれだけ財政吹かして需要を捏造もとい積み上げているんですからねえ・・・・・・・・(個人の感想です)


ということで一応関連ニュースも備忘で貼っておきましょう。ロイターさんの良い所はネット版でもかなり過去の記事まで残っていることで、お蔭様で置物大師匠の過去発言とかが何度もサルベージできて大変にありがたいです^^;

[外部リンク] 午後
米4月CPI総合+4.2%、12年半ぶり伸び率 需要増や供給制約で

『[ワシントン 12日 ロイター] - 米労働省が12日に発表した4月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は、総合指数が前年比4.2%上昇し、2008年9月以来、約12年半ぶりの大幅な伸びを記録した。前年の弱い数字の反動が出たほか、経済活動の再開に伴う需要増大や供給の逼迫を背景に、上昇率は予想の3.6%を上回ったほか、前月の2.6%から加速。金融市場で長期にわたるインフレ高進に対する懸念が増大する可能性がある。』(上記URL先より、以下同様)

ですが返す刀で、

『連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、価格の高騰が一過性にとどまり、サプライチェーンの供給制約(ボトルネック)は緩和に向かうとの見方を繰り返し示しており、大半の専門家も同様の意見だ。ジョンズ・ホプキンズ大学金融経済センターのロバート・バーベラ所長は「インフレに問題の兆候は見られず、生産能力はあるが、軌道に乗せるには時間が必要だ」と述べた。』

と来ております。でまあ記事の先の方を見ますと、

『専門家らは、期待インフレ率の動向を注視している。ロヨラ・メリーマウント大学の金融・経済学教授、ソンウォン・ソン氏は「機器類からチキンウィングまで、あらゆるものが値上がりする中、これまでに打ち出された数兆ドル規模の大規模な景気刺激策に加えて、今後も何兆ドルもの追加支出が行われることから、インフレ圧力は強まるだろう」と述べた。』

だそうですな。何ちゅうか寧ろ米国金融市場様って少なくとも今年はコロナの影響の話がだいたい勝負着いたようなので(米国裏山鹿)、そうなったらCPIのチェック1点張りで良いんじゃネーノ(物凄く人間が雑にできているアタクシ)って感じじゃないかと思うのに色々考えすぎな気がします(個人の感想です)。


あとクラリダは後で読んでおく。

[外部リンク] 午後
米経済情勢、目標達成に程遠い 雇用回復はより不確定=FRB副議長

『[ワシントン 12日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は12日、米経済情勢について、FRB目標の達成には程遠く、量的緩和縮小の検討開始に向けた「さらなる著しい進展」を遂げるには「時間がかかる」との見通しを示した。また4月の低調な雇用の伸びと力強いインフレ率はサプライズだったが、FEBの計画を損なうものではないと語った。』

『朝方発表された4月の消費者物価指数(CPI)は、総合指数が前年同月比で4.2%上昇し、2008年9月以来の大幅な伸びを記録。これを受け、クラリダ副議長は自身の予想を「はるかに上回る」数値だったと述べた。』(以上上記URL先より)

雇用の方の話をするのってのは、そらまあ緩和縮小で走る市場の火消しをしたいからそうなるのであって、それこそこれもネタにしたパウエルの先日の会見での質疑でもありましたように、物価と雇用のコンフリクトが起きた際には、仮に雇用が完全雇用前であっても、物価がバカスカ上がってインフレ期待に火がつくようになった(あるいは明らかになりそうという判断が共有されれば)緩和してる場合じゃなくなるので、ここで雇用雇用言うのは緩和縮小に対する牽制球をバシバシ放っているということを意味しますな(個人の感想です)。


#何せ米国金利が下がっても盛り上がらないけど上がると盛り上がるという脳内セッティングになっておりますもんで柄にもなく米国相場メモメモで失礼しました



〇どうせ何もやる気がない日銀の主な意見を読んでもオモンナイのだがそうは言っても読んでおく(昨日の続き)

昨日は柄にもなく成長見通しの所だけで終わってしまって何ぼ何でも後日見るときに困るので残りを成敗。珍しく前半を全部引用したからこの際今日は後半も全部(政府の意見は除く)引用じゃな。

[外部リンク] 消費者物価の前年比は、当面、小幅のマイナスで推移した後、経済の改善が続き、携帯電話通信料の引き下げの影響が剥落することから、プラスに転じ、徐々に上昇率を高めていく。』

いままでそうならなかったのになぜ今回そうなるのでちゅかねえ。

『・ 企業が値下げにより需要を喚起する動きは広範化しておらず、先行き、物価の底堅い動きが続く中、経済の改善とともに、徐々に物価上昇率は高まっていくとみている。』

VIPだから仕方ないのかも知れないけど、あたくしどものようなしょみーんの皆様御用達のお店の値付けの傾向を見た方がエエんでネーノという気はする。

『・ 付加価値の減少に繋がる値下げの動きが拡がっている状況にはないが、そうした動きが拡がるリスクに注意が必要である。』

「付加価値の減少に繋がる値下げの動きが」ってわざわざ頭に「付加価値の減少に繋がる」とつける理由が良く分からん。誰これ書いたの????????

『・ 物価は、当面は前年比マイナスが続くとみられる。既往のデフレの経験に基づく根深い適合的期待形成の影響もあって、物価上昇のペースは力強さに欠けるとみられる。』

これは同意するんだが、その期待形成に働きかけるのがQQEだったんですけど期待形成に働きかける工夫ってのを考えようって話にならんの??

・・・・・とまあここまで来て次のが物価パートの最後なんだが盛大に意味不明な物件があるので晒す。

『・ 早期の物価上昇に臨む種火を残しておくためには、現下のような厳しい経済環境にあっても賃金の安定的な上昇が確保されるとの経験を通じて、賃金上昇期待が維持されることが必要である。』

>現下のような厳しい経済環境にあっても賃金の安定的な上昇が確保されるとの経験
>現下のような厳しい経済環境にあっても賃金の安定的な上昇が確保されるとの経験
>現下のような厳しい経済環境にあっても賃金の安定的な上昇が確保されるとの経験

はああああああああ??????????????????????

そもそも所得の恒常的な拡大期待があったらもっと先にインフレ期待も物価も若年層の消費行動とかも上がってると思うんだが、なにがどうなるとこういう現状認識になるんだろうか。



・金融政策の部分だが新コロオペ絡みとみられる意見が展望での認識と不整合なものが続出する件

『.金融政策運営に関する意見』ですが、最初の方は新コロオペ絡みの意見が並ぶんですが、これがまたイミフというか、まあ言ってることは分かるんだが、だったら何で展望レポートの記述に賛成したのと小一時間問い詰めたい。

『・企業の資金繰りにはなお厳しさがみられており、金融市場では引き続き様々な不確実性が意識されている。効果を発揮している「3つの柱」による金融緩和により資金繰り支援と市場の安定維持に努めることが重要である。』

えーっとすいません、今回の展望レポート基本的見解では金融環境の現状認識を引き上げていましたが何ですかこれ????

『・ 4都府県を対象に緊急事態宣言が再々発出されるなど、わが国では対面型サービスセクターを中心に改めて下押し圧力がかかっている。当面の金融政策運営については、こうした情勢を総合的に勘案し、しっかりと感染症の影響への対応に集中することが適当である。』

じゃあ何で今回の展望レポート基本的見解であんなに先行き成長見通し強くしてるの????

なお次のはまあ良い。一応引用する。

『・本年9月末に期限を迎える「新型コロナ対応資金繰り支援特別プログラム」の延長については、企業金融の環境変化などを踏まえつつ、議論を進めていく必要がある。』

ま、これは延長しない含みの話だったら展望の現状認識と整合的だし、その辺は今後も様子を見て判断というのならそらそうよという話ですな(ただまあ当たり前の話をわざわざ「主な意見」に書くのも何だよそれとは思うけど)。

『・ 当面は、感染症の収束、さらには経済の正常化に向けて、金融・財政政策の両面から、粘り強く支援を継続する必要がある。』

いやだから9月までの延長は既に決めているんだから、これは何を言いたいのよという話で、それ以降の話しも含めているんだったら展望で示している見解と不整合だし、手前の話だったらそれは既に政策として継続決めている案件なんだからただのオペレーションの話でわざわざ書く意味がないんですが。


・財政となんちゃらの話が2人ですな

さっきのもまあ「財政を出しましょう」というだけの話だったらまだ分かるのですが、そうやって財政財政というのがあと1名います。確か「物価はいついかなる時も貨幣的現象である、とミルトン・フリードマンが言っているように、物価目標は金融政策で達成できるもので、それができないとかいうのは只の無知蒙昧」とか仰せになっていた筈の方々が「財政ガー」となるのはお前らどんだけ転向してんねん(しかも転向するのに自己批判は無いのが何とも)という話ですな。

『・ 感染症収束まではワクチン接種が最良の経済政策であるが、マクロ経済政策の支えも依然として重要である。現在の政策フレームワークの下では、財政政策と金融政策の緊密な連携・協調が「物価安定の目標」に寄与する。』


・3月点検会合に対する市場の反応が主な意見に出るのかよ(困惑)

『・市場動向を見ると、3月の決定について、政策の持続性・機動性を高めるという意図は誤解なく浸透したと考えている。』

『・ 3月の政策対応に対する市場の反応は総じて落ち着いたものであったほか、金融機関の受け止め方も概ね想定していた範囲内のものであったとみている。』

その前に散々っぱら事前に右に振り左に振りまくったことはお忘れの模様です。


・展望会合に金融機構局が正式に参加した件について

『・「物価の安定」の実現には、「金融システムの安定」が前提となる。この点、金融システムは、全体として安定性を維持しており、金融仲介機能は円滑に発揮されている。今回から金融機構局の報告を受けることになったが、決定会合で金融システムの動向を定点観測する意義は大きい。』

寧ろ今まで定点観測していなかったことをばらしてるような気がするんだが。


・コミュニケーションとは?

『・ 感染症収束後に向けて、2%の物価安定目標に向けた道筋について引き続きしっかりと考えなければならない。コミットメントとともに、国民各層に金融政策への理解を促進する効果的なコミュニケーションがきわめて重要である。』

コミュニケーションの話、3月議事要旨にも出ていましたが、あの総裁会見とか、先般の点検会合前のお漏らし大会(しかも右にお漏らしたと思ったら今度は左にお漏らしというスカトロコミュニケーション)やってるのをまず反省して頂きたいのだが。


・これは片岡さんですね

『・ 「物価安定の目標」の達成は容易ではないからこそ、金融政策運営においては、先行きの景気回復という追い風をうまく捉えて、金融緩和を強めることで、目標達成につなげることが必要ではないか。』

だから想定される政策の波及パスと共に具体策を出せ。


・金融財政の大風呂敷を広げたものの回収ネタ

『・ 現在、各国の大規模な財政対応が、マクロ経済に大きな影響を与えつつある。中長期的には、安定的な成長の実現に向けて金融・財政政策をどのように調整していくか、政府とより緊密に連携しつつ考えていく必要がある。』

金融財政の大風呂敷を広げたものの回収ネタだと思って読みました。まあそうですねとは思うのですが、字数が足りないからシャーナイのですがもうちょっと絞って欲しかった。


・最後の方はオモシロ意見

『・ 感染症を契機に経済のデジタル化がさらに加速し、有形資産から無形資産へのシフトが進むことで、金融経済や金融政策の効果にどのような影響がもたらされるか、さらに理解を深めていく必要がある。』

まあ何となく言わんとすることは分からんでもないがやっぱりわからん。

『・ 気候変動は、経済や金融システムにも影響する重要な要素であり、引き続き行内連携を強化し、中央銀行のマンデートに即して、必要な対応を検討することが重要である。』

えーっとすいません、行内連携の話は通常会合でやっていただけませんでしょうか?こちらは金融政策決定会合なのですけど・・・・・・・・・・・・・


ということで最後にまたズッコケさせるというオチまでつけていて、これ編集するのは政策委員会議長、即ち黒ちゃんという建付けになっているので、黒ちゃんって笑いを取りにいくセンスはあるんだよな(かつてはジンバブエ先生のジンバブエコーナーを必ず最後に持って行ってたように)と思いました。

#今朝はバックグラウンドでウィンドウズアップデートが回りやがってややスタック気味でしたサーセン
 


お題「4月決定会合主な意見:展望レポートがアレだったので珍しく経済情勢の意見を見学してきました」   2021/05/12(水)08:10:50  
  ほほう。
[外部リンク] 12:35 (JST)5/11 18:22 (JST)updated
コピーライト 一般社団法人共同通信社

『内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授は(途中割愛)「世界の中で日本の状況を客観的に分析するのがモットーなので、それに支障が出るような価値観を含む用語は使わないようにします」とツイッター上で釈明した。撤回や謝罪はしなかった。』(上記URL先より)

>客観的に分析するのがモットー

これはまたデカい釣り針wwwつ、つられないんだからね!!!!

・・・・・・・なお、よくよく記事の下の方を見ますと、

『加藤勝信官房長官は記者会見で「参与は非常勤。コメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。』(上記URL先より)

とあるのですが、社外取締役を起用することによってコーポレートガバナンスの質を高めようとしているのに、非常勤なので知らんがなという発言を官房長官様が行うのはどうなんでしょうかねえ(棒読み)


・・・・えっとすいません、主な意見出る日を1日勘違いしていた(ただのうっかり八兵衛)ので先に主な意見の方を成敗させて頂きとう存じます。

〇4月会合の主な意見と言えばあの上方修正感満載の展望レポートを通した背景なので

[外部リンク] 年 4 月 26、27 日開催分)1

しかしまあ何ですな、コロナでまんぼうNo.5からの緊急事態宣言4都府県に発出、という中でどう見てもコロナの目先リスクが拡大しているのに、ワクチンでワクワク(4文字伏字)という見通しや、海外特に米国のワクチン接種でヒャッハーという状況を受けて、かどうかは知らんですけど、謎に強い見通しを出していた4月の展望レポートだったので、この展望を通してしまう思考回路がどうなっているのか、というのを知りたかったのですな今回は(政策は地蔵だからどうでも良い、本当は良くないのでマイナス金利解除しやがれだけど)。


・まあ経済>>物価の意見数ってのはそれはそれでアリとは思いますがね

さて前半の『.金融経済情勢に関する意見』ですけれども、今回は『.金融経済情勢に関する意見』のポツが(経済情勢)が16個、(物価)が5個となっていまして、3倍の差とか笑うしかありませんし、物価安定目標達成のために政策やってるのに物価の話をしない政策委員が9名中4名というのもお洒落ですが、まあ要するにそういう事やぞという感じで、もはや物価目標の達成云々とかよりも、とにかく今の政策をだましだまし続けて行ってそのうち何とかなると良いですね状態になっている、という覇気の欠片も無いのが今の黒田日銀なのはまーいつもどおり。

ま、早期達成に向けた工夫を放棄(この前実施したのは「早期達成に向けた工夫」ではなくて「今の政策枠組みを延命させるための工夫」)しているので、そうなのであれば経済情勢の話をしましょうって事なので経済>>物価になっているのは別にまあ(早期達成とかそういう看板下ろせやとは思うけど、そこはさておいて)そういうもんじゃろと思いますが、しかし16ってことは皆さんがほぼ2件の意見を経済には上げているというのに物価に対する熱量が笑えますね。

では意見を拝読。

『・ わが国の景気は、内外における新型コロナウイルス感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している。』

『・ わが国経済は、感染症の影響が対面型サービス消費を下押ししているが、製造業を中心に持ち直している。』

お、おぅって感じですが、まあこれは現状認識(4月時点の)だからまだ話は分からんでもない。


『・ 日本経済は、好調な外需などに支えられて持ち直しているものの、ワクチンの普及ペースや効果に不確実性があるもとで、感染症の再拡大による景気の下振れリスクには引き続き注意が必要である。』

えーっとすいません、その感染症の再拡大ってのがまさにマンボウに緊急事態宣言として具現化しつつあったのですが、まさかとは思いますがそれはGW終わったらパーッと終了だからモウマンタイとでもお考えだったのでしょうか???

いやまあそんなの関係ねえってんだったらまだしも、「ワクチンの普及ペース」に加えて「感染症の再拡大」のどちらも暗雲垂れ込めまくっている状況で「引き続き注意が必要」とかのんびりしたコメントしてるのどういう思考なんだと思うのですが、上級国民の皆様におかれましては(内務省検閲)。


『・ わが国経済は、感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直しの動きが続いている。ただし、4都府県を中心に公衆衛生措置が強化される中で、感染症の帰趨と、経済・物価の下振れリスクには注意する必要がある。』

と思ったら次の人はもうちょっと問題意識もってそうですな(ちなみに日銀文学野良教室教頭と致しまして解釈すると「注意が必要」と「注意する必要」では「する」という行為文言がある分だけ後者の方が警戒度が高い、と解釈しておきますが、実際にこの方々の思考がどうなのかは知らん)って感じですが、でもまあ警戒じゃないんだよな。なお、経済の現状認識に関しては惜しくも皆さんと同様に「基調としては持ち直し」なんだよなー、まあいっけど。


『・ わが国経済は、海外経済の回復から、外需中心の回復経路を辿るとみられるが、感染症やワクチン接種の動向など、先行き不透明感は強い。』

のにあの展望レポートで良いんでしょうかねえ。


『・ わが国経済は、対面型サービスを中心に感染症に左右される状況は続くものの、感染症の影響が徐々に和らいでいくもとで、回復していくと考えられる。』

でもってどうせ日銀の理屈からすると、見通し期間が1年延長⇒コロナの影響を受ける期間が見通し期間の中で前回より短い⇒つまりコロナの下押しはその分減るから全体的な見通しは上振れ、っていうことなのでしょう。確かにコロナの方が一進一退程度だったらそれで特に問題が無かったのかも知れませんが、今回の展望ってベースラインシナリオが思いっきり「足もとのコロナ拡大は多少は警戒するけど先に行けばコロナの影響は減衰するってのは同じだからヘーキヘーキ」って話になっている訳ですよね。

然るに、まあそれがフラグで今日からまた緊急事態宣言が増えまっせとかいうのもさることながら、そういう理屈で見通しを立ててしまった手前、7月展望で「やっぱコロナの影響がデカかったわ」と出すと「なんであの状況で上方修正したのアホじゃないの」って話になるし、まあそっちは止めて頂いた方がアリガタヤなので別に良いんですけど、9月に期限の来る延長されたコロナオペに関して、コロナの影響はそんなに長くは無いので2022年度で上方修正だし23年度も堅調という見通しを出しているのに、コロナオペは延長となるとこれまた政策と経済物価情勢判断との整合性が取れない、というオモシロ事案が発生してしまいますので、何も今回の展望で勝負をしに行く必要は無かったんでネーノと思うのよ。


『・ ワクチン普及後に感染症がある程度収束すれば、これまで抑制されてきた消費需要の顕在化等が、日本経済の持続的な回復に繋がる可能性がある。』

これは雨公のヒャッハーを日本にも、って感じなのでしょうが、飲み会の滞留在庫の処理でネーノと思ったが、よくよく考えたらインバウンド様が復活したらヒャッハーヒャッハーなんですね。まあそれは期待できるかも知れないけど、国内単体で考えると一連のコロナの動きによって、政府の対応能力の低さを如実に見せつけられてしまうと、家計ってより防衛的になるんじゃネーノという悪寒がします(個人の感想です)。


『・ 企業部門における前向きの循環メカニズムが徐々に働き始めており、感染症の影響が収束していけば、経済全体での好循環が強まり、わが国経済はさらに成長を続けると見込まれる。』

前向きの循環メカニズムキター!ではあるのですが、従来日銀様が仰せだった「前向きの循環メカニズム」ってえのは企業の所得向上⇒家計の所得向上というパスモ重視されていまして(ちなみにそれは賃金上昇からの物価上昇というメカニズムの説明もビルトインされていた)、企業が儲かる⇒設備投資などを拡充する⇒ウマー、で終わってしまいますと持続的なサイクルにならんのでありまして、企業部門⇒家計部門からの内需による回転が回るかって話は別問題何じゃネーノと思うし、これって輸出がドライバーになっている話ですが、それが家計まで回ってこないと持続的循環にならんと思うのだがいつの間にか定義変えて無い????


『・ 家計の現・預金残高は、この1年間で約 50 兆円増加しており、感染症の影響が収束すれば、サービス消費でも大きなペントアップ需要が生じるとみられる。』

しません(じっと財布を見る)。インバウンド様のペントアップは期待でしょうが。


この辺からもうちょっと全体感的な先行きの話を編集していまして、

『・ わが国経済の見通しについては、当面は、足もとでの変異株の流行や緊急事態宣言の発出を含め、感染症の影響を中心に、下振れリスクの方が大きいものの、見通し期間の中盤以降は概ね上下にバランスしている。』

『・ 今年度については、ワクチン接種の進展や感染症の帰趨などには高い不確実性が残っており、リスクは依然として下方に厚いと判断している。』

と思うんだったら展望の鏡の部分、何であんなに勢い込んで威勢の良い表現にするんだが、って所ですが、次の意見は中々結構な物件でございまする。


『・ 海外でワクチン接種が進む中、わが国での接種が順調に進まないことになれば、経済成長の面でも取り残されていくことが懸念される。』

良く言った!!!

これが次回会合でも7月展望でも問題になりそうな所で、どこからどうみてもスタック気味になっている上に、緊急事態宣言とかでまたまた経済活動を弱めに掛かっているのが重なって本当に回復するのけ??ってのがありますし、その辺が遅れて日本だけちゃっかりと取り残される中で「基調的には回復」を言い続けるのは無理があると思うのですが、今日になって緊急事態宣言拡大とかやっている中で4-6大丈夫じゃなかったりすると最早理由はこのご意見通りの話になりますので、そこをバシッと言及して認識を下げれるのか、はたまたウニャウニャと誤魔化して「基調としては回復しているし、ワクチン進むから結局回復ですよ回復」と言い張れるのか、もちろんその時点での状況次第なので今決め打ちはできませんけれども、日銀の芸風から考えて7月の展望レポートは苦しい判断を強いられそうな悪寒がします。


『・ 世界経済は回復基調にあるが、ワクチン接種、政策対応の相違を映じて、地域・業種別の回復の違い、不均一性といった K 字回復の様相が強い。また、回復の息切れ、政策の時期尚早な打ち切り、政治・地政学リスクも相応にある。』

さっきのようにズバッと言ってくれませんと。これだと何か難しい話をしているように見えるけど結局何も言ってないじゃんという感じですな。


『・ 日本経済を早期に成長軌道に戻すためには、消費者マインドの悪化や金融市場の変調を食い止めつつ、ワクチンの接種を加速していくことが重要である。』

結局ワクチンなのですからして、そういう意味ではワクチンの状況が見通せそうな7月展望まで先行きの強気判断を引っ張って、ワクチンが誰の目にも進捗してきた、と言える7月(その時難しければ10月)展望のところで「ワクチン接種も進みこれからはコロナの闇が徐々に晴れて行くと見込めますので我々の先行き見通しもガッツリ上方修正ですよ皆さん喜んでください!」て出した方が、どう見ても見せ方が美しかった(美しいから良いってもんじゃないですけど)と思うんだよな。

それに美しい美しくない問題は別にしても、目の前で明らかに短期的かもしれないけど大きめのリスクが動く中で、中期見通しを平然と引き上げてしまうってのは、今回は別にそれが政策対応に直結しないから実害が発生しませんが、本来的に言えば経済物価見通しに対して金融政策がフォワードルッキングで対応する、というのが筋なのでありますからして、目の前でリスク要因拡大中の中でこういう見通しが出て、それに沿って政策アクションをした、となりますと、あっという間に逆をやらないと行けなくなったらアホの極みっぽくなるわけでして、その点からしても何だかなあという感じがします。最近は政策対応が無いからその辺の判断に脇の甘さみたいなのがあるのかも知れませんね。

ところで、「金融市場の変調」って何ですか???マイナス金利政策とYCCで円債村が消滅の危機を迎えている方がよっぽと変調なんですけど???????????


『・ 業績回復を受けて企業の成長や変革に向けた取組みが先送りされると、中長期の経済成長や物価安定の実現に悪影響が生じかねない。』

????????????

『・ 米国における特別買収目的会社のリスク顕現化や、ファミリーオフィスと呼ばれる投資主体の破綻について、類似の事例が続くことがないか注視が必要である。』

あの案件はちょっと特異事例っぽい気がするんだが。

・・・・・とまあそういうことで、この意見の出方から勘案するに、足もとの感染拡大話はあるものの、何か普通に執行部だか事務方だかが出してきている楽観(というか足元は一時的説)にあんまり批判無く乗っかっている感じがしまして、まあ大体そうだろうなと思ったが、それにしてももうちょっとこう緊張感を感じさせる内容が出て欲しかったです、はい。

なお、いつもだと『.金融政策運営に関する意見』も見どころになるはずなのですが、今回は兎に角展望レポートのあの威勢の良い経済見通しの上方修正(なのに物価は上げないのもアレですけど)に対してどういう見解が出ているのかと思いましたので、そっちの方ばかりやっておりましたら時間が無くなってしまいました(その割に短いとかいうツッコミはしないでちょ)ので、積み残しネタと共に残りは明日続けて成敗して参りたく存じます(平伏)。
 


お題「FED執行部の物価動向に関する見立てを先般のパウエル記者会見における大演説回答から拝読」   2021/05/11(火)08:04:00  
  ヨーイチ先生が公共放送ニュースページのアクセスランキング1位とな!!!
[外部リンク] 日本のコロナ感染者数を「さざ波」と投稿
2021年5月10日 17時58分
(ちなみに確認したのは5/11の朝5時です)

それよりもサムネの穏やかな感じのご尊顔にビックリで、だいたいヨーイチセンセってもっと攻撃力の高そうな(個人の感想です)サムネで登場するんですが、もしや表舞台でご出世して角が取れたとかだったらビックリなのですが(我らがヨーイチ先生はどこまでも攻撃力が高くないといかんがね)。

で、よく記事を見たら・・・・・・

『内閣官房参与の高橋洋一氏は9日、みずからのツイッターに、各国の新型コロナウイルスの感染者数のグラフとともに「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」と投稿しました。』(上記URL先より)

ちょwwwおまwww自分の公式垢で「笑笑」とか書いちゃったのかよ、そういうのは匿名垢か無責任民間人のうちだけにしておけと。

・・・・・・というか「さざ波」ごときでこの大わらわ状態だったら大波来たらあっという間に転覆でそっちの方がヤバイ気がする。



〇超今更ジローで甚だ申し訳ないのですがFOMC会見ネタの質疑応答シリーズ

よし!まだバージョンがPRELIMINARYだな!!
[外部リンク] of Chair Powell’s Press Conference
April 28, 2021

まあアレです。そもそも論としてパウエル議長がちゃんとロジカルに答える、というのがある(イエレンさんもバーナンキさんもまあロジカルに回答してくれます、バーナンキの場合はしれっとロジックをジャガーチェンジしていることがありましたが途中で政策がジャガーチェンジしたせいもあるので・・・・)のですが、記者の質問の方も割とこうオモロイし、市場で気になっている部分についてというのと、世間的に気になっている部分についての質問がバランスよく行われていて、どこぞの総裁記者会見とは大違い。

まあ質問する気を無くさせるようなロジックの片鱗もない回答を黒ちゃんがするのがアカンので、質問者くじ引きで3人くらいに絞って共同会見にして、その代わりにその3人は更問しまくって1名20分くらい使ってゴリゴリ攻めてみたらジャパンの場合は面白いんじゃないですかねえ、最早会見と言えるのかどうか知らんけど。

すいません話がつい逸れました。だいぶ前にネタにしたのは最初から3番目にあったジーナスミャレック(って読むのかな)さんの質問「インフレ期待が先行してホイホイと上がりだしたらどうするんの」という質疑で終わってしまいましたが、実は「インフレが跳ねた時に本当に大丈夫なのか」質問は他にも出てきておりまして、どこかのようにデフレがどうのこうのというデフレな質疑が飛び出さないというのが実に美しい。

ちなみに他にも住宅市場が強すぎでネーノとか、サーチフォーイールドの動きとか大丈夫け?というような質疑もあって、まあこの辺は経済状況の好転が見えている中で政策が地蔵を決め込んでいるもんだから、その地蔵を動かそうとして質問するのでそっちの方向に寄った質疑になりやすい、というバイアスはあると思うのでそこは頭の中に入れながら鑑賞をしようかなって所ですぬ。


・物価が上方にアウトオブコントロールにならんのかという問いに対してまさかの大演説で詳細説明キタコレ

まずは12ページの質問な。ヘザースコット(と読むのかね)さんもいつもの質問者である。

『HEATHER SCOTT. Thank you. Good afternoon, Chair Powell. I wanted to ask you. You know you've been hearing, of course, these concerns raised by Larry Summers and others about inflation and the fact that they think the Fed might be, might let things get out of hand with the new policy stance.』

『So, my question is can you tell us what is different this time versus previous periods like in the 60s when inflation got out of control. Why are you confident with the lags in monetary policy that the Fed can get ahead of inflation and make sure it doesn't go too far above the 2 percent target? Thanks. 』

今回は(メイクアップストラテジーの要素を入れているだけに)インフレが上振れしすぎてアウトオブコントロールになる(結果オーバーキルの引き締めをしなければいけなくなる)ような1960年代のような事が起きない、という認識だと思うのですが、その根拠は如何に?てなことを聞いているように見えますな、というまあ政策枠組みの肝に当たる部分だからというのはあるのですが、それにしてもこの質問に対するご回答が、延べ2ページを超える大演説になっておりまして、どこぞの中銀総裁の「ご指摘は全く当てはまらないと思っています」とは人間の格が段違いだわと感心する次第。

#まあどこぞの中銀の場合はロジカルに説明できないからインチキ説明するか回答しないかの2者択一になって、麿だったら一生懸命ロジック立てて回答するし俊ちゃんなら理屈があれば理屈を捏ねるけどそうじゃない時は貫禄のインチキロジックソードを振り回して斬りまわりますな

しかもこれ段落分けがされていない(確か初稿版だと基本的に段落分けしてなかったと思う、ファイナルはうっかりネタにするのを忘れた時しか読まないので覚えてない)ので字面を追うのが目検だとめんどい。

『CHAIR POWELL. So, I actually have a couple things I'd like to say about inflation, including addressing your question.』

2点話すのに2ページ超かよ。

『So, let me start with just saying that we're very strongly committed to achieving our objectives of maximum employment and price stability. Our price stability goal is 2 percent inflation over the longer run, and we believe that having inflation average 2 percent over time will help anchor long term inflation expectations at 2 percent with inflation having run persistently below 2 percent for some time. The committee seeks inflation moderately above inflation for two times, above 2 percent for some time. 』

まずはマンデートの話から始まりました。オーバーザロングタームでの2%物価、というのがマンデートで、それに加えて現状では暫くの間2%以下の期間が長く続いていたこと踏まえ、「平均的に2%の物価」となることによってインフレ期待が2%近辺でアンカーされることに寄与する、と考えています。よってインフレは2%をモデレートリーに上回る状況が2度(ってのは手前で一時的に上がるって事の話ですなたぶん)あることを希求しておりますぞな。だそうで。

『So, with a little bit of context, we're making our way through an unprecedented series of events, really, in which a synchronized global shut down is now giving way to widespread reopening of economies, many places around the world. In the United States, fiscal and monetary policy continue to provide strong support.』

この辺からは経済の話になります。コロ助のせいでグローバルシャットダウンからの回復、という経済の状況のお話ですが、何で経済の話をするかというと後で分かりますが、さっきの「two times」の説明をしているようですお。

『Vaccinations are now widespread, and the economy is beginning to move ahead with real momentum.』

イイハナシダナー、どこかの国ではそのうち「ワクチン接種の遅れが我が国経済の世界的な回復に対する遅れに繋がっている」とかド直球の経済認識出すんじゃネーノと恐れる次第ですが。

『During this time of reopening, we are likely to see some upward pressure on prices, and I'll discuss why. But those pressures are likely to be temporary as they are associated with the reopening process.』

話が見えて参りましたな。コロ助の悪さによってアイヤーになった経済が再開して、その再開において物価上昇圧力がかかるのですが、その動きってのは一時的(落ちた分の取返しプロセスであって、ドテン倍返しプロセスではない)ですよという話。

よって、

『In an episode of one-time price increases as the economy reopens is not the same thing as and is not likely to lead to persistently higher year over year inflation into the future, inflation at levels that are not consistent with our goal of 2 percent inflation over time.』

経済活動の再開に伴うワンタイムの物価上昇圧力は、持続的にジャンジャンと物価が上昇して、ワタシらのマンデートとして求められている物価上昇を超えるアカン奴の上昇につながるものではありません(キリッ、というお話ですね。これが多分「ツータイムス」の1回目って事なんでしょう。

でまあ一々話が横に逸れて恐縮ですが、「適合的期待形成が強いので実際の物価上昇が起きるように緩和を続けて期待形成よ動け」ってシャーマン状態になっておられるどこぞの中銀ちゃんなのですが、実際の物価が上がりだして適合的期待形成が動き出す、というロジックを持ち出しますと、実はこの米国で今言ってるような話とコンフリクトするんじゃネーノ(なおそこを突っ込んだ場合、日米ともに2%の物価目標があって、米国の場合はその2%にインフレ期待がアンカーされているのでフォワードルッキングの期待形成が強固で日本とは議論のステージが違う、と回答するという位は咄嗟に思いつくアタクシ)という気がして中々興味深い。

ただまあインフレ期待そものもが何が何だか良く分からんフワッとした概念であって、実際の物価上昇を見て適合的にインフレ期待が動くもんだったら、何で日米では非対称になるのよというのがありまして、実はインフレ期待と今まで言われていたものは、単なる「将来における恒常的な名目所得(実質ではない)の上昇期待」というもので、それが消費や投資の行動を決定する要因になっているんじゃネーノという気がするので、そうだとすれば多少の物価のブレでインフレ期待(実は名目所得の上昇期待)はそんなに変わらんし、逆に名目所得が上がらんぞという話ばっかり聞かされるとそら期待は動かんわ、となる気がします(思いっきり個人の妄想です)。

・・・・・・すいませんまた話が逸れましたが、とりあえずFEDの主流チームとしては今年の段階で物価が多少上にぶれてもそこは「一時的」で押し通すことを想定、即ちテーパーは兎も角として利上げをそう簡単にぶち込んでこない、ということになると思います(個人の感想です)。

よって順当に進んでいる場合、利上げ云々ってのは今年の「テンポラリー」とされる物価上昇の裏が出る来年の所で、「あれま物価下がりませんなあ」となるか「裏が出る以上に物価が下がってるじゃんアカーン」となるか、という辺りが面白ポイントになると思うのですけどどうでしょうかね(個人の感想です、ってしつこいですかそうですか)。

大演説はさらに続く。

『Indeed, it is the Fed's job to make sure that that does not happen. If, contrary to expectations, inflation were to move persistently and materially above 2 percent in a manner that threatened to move longer term inflation expectations materially above 2 percent, we would use our tools to bring inflation and expectations down to mandate consistent levels.』

たぶんFOMC会見ってダビッシュという市場の初期反応(特にアタクシの場合先に声明文だけ読んでから会見テキストを時間差攻撃で読んだので、最初あの声明文で何で長期金利下がるねん(というほど下がった訳でもないが)とビビりましたが、まあそれを見て「こりゃ会見がダビッシュだわ」となりましたな、うんうん)でしたが、一応こうやって言う事はちゃんと言っているんですよね。ただ、声明文のテキストも今回は強かったので、プレマチュアーな緩和縮小論議で市場が走らない(というか走るの意識する向きは増えているきがするが)ようにということでオープニングリマークとQAの最初の方で中和してるんですよね。

この部分も、あくまでも「我々は今年に起きる物価上昇はペントアップ要因とその他(商品価格とコロ助による稼働低下に起因する供給制約)によるものでどちらも一時的だから、別に足元の物価を受けて政策は反応しないよ」という大宣伝がベースにあるのですが、そうは言いましても上記のように、見込み違いで上振れあばばばばーだったらそれはそれ、というお話をしておりますな。出口についての会話をするだけでアカンみたいなシャーマン中銀とは大違い。

でもって

『And I would say, if I may, that is a principal difference from, we're all very familiar at the Fed with the history of the 1960s and '70s, of course.』

『And we know that our job is to achieve 2 percent inflation over time. We're committed to that, and we will use our tools to do that. So, that's a very different situation than you had back in the 1960s. Or many, many differences actually.』

質問への返しになっていますが、足元の物価上昇は1960年代や70年代のそれとは思いっきり違いますよそれはテンポラリーのワンオフだからです、よって引き締めも別にやらんでヨロシという話でして、まあ結局はダビッシュに寄せて話をしていますが、ただまあ入れるべきフレーズはちゃんと入れてますね、という感じです。

話はさらに続く(長い)。

『So, let me talk quickly about the two reasons, two or you could say three, but really two main reasons why we think inflation will move up in the near term.』

テンポラリーでワンオフ、で片付けるだけではなくて更にこのディテールを説明していくという念の入りようなのですが、アタクシ例によって雨人じゃないのでさっぱりその辺がワカランチ会長なのですが、今回の質疑ってインフレ上振れ系の質問が多くて、FEDとしても世の中(や特に議会)から物価上昇を放置するFEDは怪しからんって弾が飛んでくるの事前に回避しようとしているのかね、という風には思ったのですが、こればっかりは生活実感を見ないと何とも。

まずはベース効果の話。

『The first is the base effect. Twelve-month measures of inflation are likely to move well above 2 percent over the next few months as the very low inflation readings recorded in March and April of last year drop out of the calculation. That process has already started to show up. You saw it in the March CPI reading, and you'll see it later this week in the PCE price data. These base effects will contribute about one percentage point to headline inflation and about 7/10 of a percentage point to core inflation in April and May.』

『So, significant increases, and they'll disappear over the following months. And they'll be transitory. They carry no implication for the rate of inflation in later periods. So, that's base effects. 』

昨年物価が落ちた分で下駄が発生していて、その下駄がヘッドラインインフレで1%、コアで0.7%ということですよ。既に3月4月の数字として出ていますね。でもこれは一時的であって、将来的なインフレに直結するものではないですよ、という懇切丁寧な説明キタコレ。


次が供給制約の話。コロ助起因による各種の行動規制などによる供給制約が発生しており、これが物価を一時的に押し上げるってお話。

『The other big one I would talk about is bottleneck.』

はい。

『So, this is what we're seeing in supply chains in various industries, and we're in close touch with all of these industries. You know, the Fed has a network of contacts that is unequaled in businesses and in nonprofits for that matter, too. So, what do we mean by a bottleneck? A bottleneck really is a temporary blockage or restriction in the supply chain for a particular good or goods, something that slows down the process of producing goods and delivering them to the market. We think of bottlenecks as things that, in their nature, will be resolved as workers and businesses adapt and we think of them as not calling for a change in monetary policy since they're temporary and expected to resolve themselves.』

話の切れ目が無いから何か結論まで全部区切ってしまいましたが、要するに今起きている供給制約はコロ助起因による移動制限とかのサムシングなので、これらの要因はいずれ解消に向かう、よって今回の場合は供給制約要因による物価上昇に対する金融政策の反応は必要なし、という認識ですな。

ここはホンマカイナ部分が確かにあって、アフターコロナだのウィズコロナだのの話があったり、カーボンニュートラルへの道の話があったりで、たまたまコロナが切っ掛けだったとしても、コロナ前後で別の世界になっていたりした場合、その影響は持続的になり得ると思うんですがさて・・・・・・・・

『We know that the base effects will disappear in a few months. It's much harder to predict with confidence the amount of time it will take to resolve the bottlenecks, or for that matter, the temporary effects that they will have on prices in the meantime.』

と思ったらパウエルも「ベース効果は数か月で解消するのは明らか」としながらも、供給制約要因がいかほどのもので、持続的な影響がありやナシやみたいな点を判断するのにはまだお時間が掛かるですわなあという話をしております。

『So, you know, I'll just sum up and say we understand our job. We will do our job, and we are focused, as you've seen, for many years, we've been focused on inflation deviating below 2 percent, and we used our tools aggressively to keep it back up at 2 percent. If we see inflation moving materially above 2 percent in a persistent way that risks inflation expectations drifting up, then we will use our tools to guide inflation and expectations back down to 2 percent. No one should doubt that we will do that. This is not what we expect, but no one should doubt that in the event, we would be prepared to use our tools.』

ということで、先々週(4/30・・・・)にネタにした方の質疑では「望ましくないオーバーシュートには対応しますし対応できます」程度で済ませていた感はあるのですが、まあ言ってみれば更問が飛んできまして、むしろ「目先の物価上昇は持続性に欠ける物価上昇であり、金融政策で対応する必要がない」と言う方を丁寧に説明する感じになった結果がこの大演説、ということですが、まあ米国物価動向において、FEDがどのようなポイントで見ているのか、と言う事を端的に説明しているので大演説を拝読という感じでして、まあ米国の物価指標見る方におかれましては、この部分(特に供給制約要因)が解消するものなのか、はたまた解消しないで結局経済構造にビルトインされてしまうのか、という辺りを見ると米国の金融政策動向と言う現世利益の話に直結するんでネーノ、と思いましたが、アタクシは米国物価とかまで見れるほど頭良くないのでそこは専門家の方よろしゅうお願いいたします(平伏)。


・・・・・・などと書いてたら時間が無くなってしまいました。質疑応答1問だけで終わってしまってその他のネタがもうちょっとだけあるので明日か明後日辺りに残りを成敗します(超大汗)。
 


お題「うーんただの追認機関ェ・・・・・・・・・・・(3月点検会合議事要旨ネタ)」   2021/05/10(月)08:05:43  
  大型連休中に2回休日更新したというのに全然成敗が追いつかないのですが、泣きを入れる前に何で土日更新してないのよ、というツッコミはお許しを(平伏)。

ショパンの事情でネタが渋滞中ですが大型連休モードもそろそろ終了で(そういや電車今日は通常ダイヤで良いんだよな)徐々に渋滞解消への所存。


〇3月議事要旨:点検会合で何を点検していたかを拝読しようじゃないの

[外部リンク]

ここの意見も言いたいことは分かるのだが、なんかソウジャナイ感があって、銀行の行動がどうのこうのっていうのって市場ベースで考えるとそうかも知れんけど、銀行(というか金融)の動きって基本的には経済全体における動きの反映として出てくるものだから、銀行の行動ガーではなくて、資金循環とかそっちの方から考えた方が良いんジャマイカと思うんですよね。なんかこう議論が細かい袋小路に入り込んでいる気がします。

なお、フラグにならないといいなあと思うのは、為替市場に関する話が最近の議事要旨で全然出てこなくて、いやまあリスクリバーサルが一方方向に傾いているからどうのこうのみたいなクソ細かい話(しかも的外れ)をする人が黙った(ちなみに10月会合を最後にその指摘無くなりました)のは結構なのですが、為替のかの字も出てこないと変なフラグにならんかねとかつい天邪鬼な感想が。

金融市場の話が独立しているから金融市場ベースで話をしていて、だから細かいネタが出てくる、というのはまあ分からんでもないのですが、以前出てたリスクリバーサルだのVIX先物だのみたいなクッソ細かい話が良く出てくるのって、スタッフ報告で出てくるのはまあ分かるけど、政策委員がああだこうだ言わんでもエエノニ、とは思うのでありました。


ついでに海外経済。

『海外経済について、委員は、一部で感染症の再拡大の影響が残るものの、持ち直しているとの認識で一致した。』

まあこの辺、4月会合議事要旨が出るのを楽しみに(その前に主な意見でネタが出る説はありますけど)しておりますが、4月に急に威勢が良くなった見通しと比較確認してみたいなとは思っておりまする。まあ海外よりも国内って感じではありますが。

『何人かの委員は、国・地域によって、感染症やワクチン接種の状況に差異がみられており、持ち直しの動きは不均一であるとの見方を示した。ある委員は、大きく落ち込む業種は、限定的かつ固定的になっていると付け加えた。』

『一人の委員は、世界生産や世界貿易量は、感染症拡大前の水準を上回るほど、改善が進んでいると指摘した。』

はい。

『海外経済の先行きについて、委員は、感染症の影響が次第に薄れていくもとで、先進国を中心とした積極的なマクロ経済政策にも支えられて、改善していくとみられるが、ワクチンの普及ペースの違いなどを背景に、改善ペースは各国間で不均一なものとなる可能性が高いとの認識を共有した。』

しかし何ですな、3月会合の時にこのように「ワクチンのペースによって改善ペースが」という話をしていて、一方で4月会合の時点でどこからどうみてもジャパンのワクチンのペースが全然進まなくて、進まないもんだから河野太郎大先生とかすっかりダンマリさんだったりしますが、そういう状況が顕在化していたのに何であんなに強い見通しになったのやら。

なおワクチンに関して日本の場合は、ワクチンバンバン打った米国が楽しいヒャッハー生活アゲインというのを見せてもらっているので、おっぱじまればおっぱじまりそうなもんですが、地方自治体にマルナゲータとかしててリソース投下が中途半端なのがアカンとは思うのですよね。米国がヒャッハーしてるの見せられたらお注射チューの方は進むと思うんですけどね。フロントランナーはやらないけど追走して流れ込んで5着まで確保ってのは得意ですからねえ。

『何人かの委員は、先行き、感染症の帰趨に加えて、米国の積極的なマクロ経済政策が及ぼす影響、米中間の緊張関係などのリスク要因があり、不確実性が高いと指摘した。』

米中に関してはトランプの時よりも読みにくいというか、そもそも米民主党って原理原則でガンガン押してくる(オバマはどちらかというと外れ値に近い)ので札束攻撃が効きにくいですからどうなるのやら。


・さて点検の点検はどうなっているのやら

ということで『.「より効果的で持続的な金融緩和を実施していくための点検」に関する執行部からの報告および委員会の検討の概要』に飛びますが、「点検会合」とか言ってるとあんまり違和感が無いのですけれども、正式名称の「より効果的で持続的な金融緩和を実施していくための点検」って見れば見るほどナンジャソラなオモシロ題名ですよね(白目)。

大本営発表の方はどうでも良いので『2.委員会の検討』って所から参ります。

『委員は、以上の執行部からの報告を踏まえ、「より効果的で持続的な金融緩和を実施していくための点検」に関する検討を行った。 』

点検の点検ですね。

『政策効果について、委員は、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」は、想定したメカニズムに沿って効果を発揮しているとの認識で一致した。』

ちょwwwwおまwwwwwwwwwテラ出オチwwwwwwwwwwwwwwww

と、大草原不可避なのですが、想定したメカニズムに沿って効果を発揮しているんでしたら、とうの昔に2%の物価安定目標を達成している筈なんですけど。

さてここで黒ちゃんの会見ネタの時にも引っ張り出してきたQQEの想定する波及効果メカニズムを再度の再度の再度位になりますが確認してみましょう。

2013年8月の講演
[外部リンク] 「第一の矢」の考え方 ー
京都商工会議所における講演 
日本銀行 副総裁 岩田規久男(肩書は当時)

こちらの6ページ目(PDFの7枚目)に『「量的・質的金融緩和」の波及経路』ってのがあって、どこからどう見ても「2%インフレ目標コミットメント」+「マネタリーヘ゛ース増加」⇒『予想インフレ率上昇』にしか見えない波及経路があるんですが、一方でさきほど華麗にスルーした大本営発表部分では、

『物価上昇率が高まりにくい状況が続いた要因としては、予想物価上昇率に関する複雑で粘着的な適合的期待形成のメカニズムが根強いことが確認された。』(これは今回の議事要旨から)

ってある訳で、全然想定したメカニズムに沿っていないんですが、想定したメカニズムはYCCを導入した時に差し替えました、というのであったら、きちんとその旨をアナウンスして、当初の目論見が空振りに終わった、ということを明示的にして頂かないとアカン訳で、それ無しでQQEの最初から今まで「想定したメカニズムに沿っている」って事をやっているからキメラの怪物みたいな政策になる次第で、先般の総裁記者会見で「演説」とか言って却下してたけど、あの演説自体は(盛り込み過ぎたのは上手くなかったかも知れんけど)やっぱりそうですよねと思う所大で、そこを却下する姿勢という時点でこりゃダメだ感は高い。


・・・・・・・でですね、まああの点検結果が出ている時点でそらまあ「想定したメカニズムに沿って」という話が出てくるのは明らかなのでそれはまあ良いんですけど、この出オチ部分、再掲しますと、

『政策効果について、委員は、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」は、想定したメカニズムに沿って効果を発揮しているとの認識で一致した。』

>との認識で一致した

ってのがもうねという感じで、誰か「当初想定していたインフレ期待の押し上げに効果を発揮できず」とゴネて大暴れする政策委員はおらんのか、と思うのでありまして、執行部が出してくるものを追認してばっかりのボードだったらガバナンスもあったもんじゃないと思うんですけどねえ。


『ある委員は、感染症の収束後も金融緩和を粘り強く続け、プラスの需給ギャップを維持し、賃金上昇を促していくことが重要であるとの意見を述べた。』

コロナ前の状況でも賃金上昇が進まなかったのですけどねえ。

『一人の委員は、需給ギャップの押し上げには、金融資本市場を通じた経路が相応に寄与していると指摘した。』

え??????

『複数の委員は、現在の金融緩和政策が効果を発揮するもとでも、物価上昇率が高まりにくい状況が続いた主因は、複雑で粘着的な適合的期待形成が強いもとで、デフレの期間中に根付いた物価観の転換に時間がかかることにあるとの見方を示した。』

QQEの目論んでいたインフレ期待の押し上げに失敗したからなのではないでしょうか、というかだったら他の方法でインフレ期待を押し上げる工夫をするのがQQE導入当初の考えに立ち返ったら検討すべきことであって、過去の施策を正当化するための点検(金曜にネタにしたように、実質長期金利1%下げたら物価が0.7%上がったんだったら実質長期金利あと2%下げれば良いのでマイナス深堀すれば良いのに(棒読み)それは実施しないんですから何の点検だよという感じでありますわ)をして良しとしている場合じゃないと思うんですが。

『このうち一人の委員は、適合的期待形成が強いということは、実際に物価上昇の経験が続けば、人々の物価観がそれに応じて転換しうることを示すものでもあると指摘した。』

だって物価が上がりにくいんでしょ???だったら強引に円安に振るとかしたら如何ですか??ってそれやったら結局消費がコケて、その前の駆け込み分も含めて反動が来たってのを既に2014年辺りにやってた気がするんですが。

『ある委員は、自身の分析結果によると、物価上昇率が1%を上回ってくると、フィリップス曲線の傾きがスティープ化して、需給ギャップに対する感応度が高まることが想定されるとの考えを示した。』

これは斬新!!!!!!!!ちょっと面白いから今後の金懇に期待しましょう。


『国債市場の機能度への影響について、何人かの委員は、イールドカーブ・コントロールの持続的な運営には、市場機能の維持と金利コントロールのバランスが重要であるが、ある程度の範囲内の金利変動は、金融緩和の効果を損なわないことを改めて確認できたとの認識を示した。』

何でこの話が出るのかと思ったらよく考えたらプラマイ25bpを明示化したんだった。しかし国債市場の機能度云々ってのもマイナス金利だのYCCだの散々やっておいて市場叩き潰して(おまけにクレジットスプレッドも叩き潰して)おいて何かやりたいことが出来ると急に言い出すんだよな〜。

『複数の委員は、2018 年7月に長期金利の変動幅の柔軟化を図ったことで、いったんは金利変動幅が拡大し、国債市場の機能度が改善したが、その後、再び変動幅は狭まっているとの意見を述べた。ある委員は、変動幅については、あくまで実体経済の回復を阻害しない範囲内とすることが
重要であると指摘した。 』

金利が変動すれば国債市場の機能度回復ってのも物凄い勢いで違和感のある議論ですな、とだけ申しあげておきましょう。


『金融仲介機能への影響について、何人かの委員は、金融システムへの副作用は時間の経過とともに累積していくため、金融システムの動向をつぶさに評価していく必要があるとの考えを述べた。』

してねえだろ。

『ある委員は、「物価安定の目標」を早期に達成することが、金融緩和の副作用を抑える最善の処方箋であるとの意見を述べた。この委員は、追加緩和に際して副作用が懸念されるのであれば、その副作用を緩和する措置を予め示すことも考えられると付け加えた。』

というか追加緩和すれば良いじゃん。目標を早期に達成する方策を考えるのがオメーらの仕事だろこのダボが。


『ETF等の買入れについて、何人かの委員は、分析の結果は、市場が大きく不安定化した場合に、大規模な買入れを行うことが効果的であることを示しているとの見解を述べた。 』

って事になっているのですが、市場が不安定化した時のバジョット・ルール的な考え方とか、QE1時代の実質クレジットイージングの考えからすると、ETFの買入が効果的ってのは何か違う気がします。


『オーバーシュート型コミットメントについて、何人かの委員は、金融緩和を長い期間にわたって継続することを明確にするうえで、「埋め合わせ戦略」としてのオーバーシュート型コミットメントは非常に重要であるとの見方を示した。』

おいこらちょっと待て、何で勝手に埋め合わせ戦略になってるんだよ。単に「2%を達成する前にプレマチュアーにマネタリーベースの拡大方針を変更しない」だろうがあのコミットメントは。

『このうち一人の委員は、デフレのリスクの方を懸念せざるをえない現状では、出口には容易に向かわないという日本銀行の強いスタンスを示す役割を担っていると付け加えた。』

「物価安定目標の達成に失敗し続けているから出口が見えない」の間違いではないでしょうか????

『この間、ある委員は、「埋め合わせ戦略」を掲げていれば「物価安定の目標」が達成されるわけではないと指摘した。 』

珍しく良い意見だ。


『この他、複数の委員は、グローバル・スタンダードである2%の「物価安定の目標」の必要性やその実現に向けたメカニズム、そのもとでの各種施策の位置づけについて、国民の理解深耕に繋がる情報発信や広報活動が重要であるとの考えを述べた。』

2013年から足掛け8年、まあ2020年以降はコロナで勘弁してやるとしても7年間全然達成してないのに国民の理解深耕って何を深耕させるんだよと思いますし、だったらあの木で鼻をくくったような黒田総裁の定例記者会見でのスタンスをもうちょっと何とかしろと小一時間問い詰めたい。

と言ったところですかね。『.当面の金融政策運営に関する委員会の検討の概要 』とか次にあるのですがまあどうでもよいのでパス。
 

2021年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。