FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
ストラテジー(世界情勢と投資戦略)
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
推奨銘柄
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。


弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  
 
 

全部で 4254件 の記事があります。(表示:1−1)


お題「FOMC議事要旨の続き:パーティシパントの議論を見るとそんなにヒャッホウするものとは思えんのだが」   2022/05/27(金)08:08:10  
  うーんこの。
[外部リンク] 午前
NY外為市場=ドル小幅安、米金融引き締め観測が後退

『OANDAのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「市場はFRBが引き締めに積極的になりすぎることはなく、株式などのリスク資産に見られた売りが行き過ぎだった可能性があると少し楽観的になっている」と指摘。これがリスク資産の上昇とドル売りにつながっているとした。』

『JPモルガンのストラテジストは顧客向けノートで「われわれの経済チームの基本的な見解ではないが、FRBは政策金利を1.75─2%に引き上げることで金融政策の正常化を終え、雇用とインフレへの影響を一時的に停止して評価する機会を提供すると主張するかもしれない」との見方を示した。』(上記URL先より)

どうもこう「中銀プット脳」が抜けきっていないような気がするアメリカンの皆様な訳ですが・・・・・・・・


〇FOMC議事要旨昨日の続きというか議論パートをちゃんと頭から読んでみる

[外部リンク] of the Federal Open Market Committee
May 3-4, 2022

A joint meeting of the Federal Open Market Committee and the Board of Governors of the Federal Reserve System was held in the offices of the Board of Governors on Tuesday, May 3, 2022, at 10:00 a.m. and continued on Wednesday, May 4, 2022, at 9:00 a.m.1

今日は真面目(?)に『Participants' Views on Current Conditions and the Economic Outlook』の頭から読んでみる。

最初のパラは全体観の話で、これは声明文で書かれたことが大体書いてある、というものですので引用だけサラッと参ります。

『In their discussion of current economic conditions, participants noted that, although overall economic activity had edged down in the first quarter, household spending and business fixed investment had remained strong. Job gains had been robust in recent months, and the unemployment rate had declined substantially. Inflation remained elevated, reflecting continued supply and demand imbalances, higher energy prices, and broader price pressures. Participants recognized that the invasion of Ukraine by Russia was causing tremendous human and economic hardship for the Ukrainian people. Participants judged that the implications for the U.S. economy were highly uncertain. The invasion and related events were creating additional upward pressure on inflation and were likely to weigh on economic activity. In addition, participants judged that COVID-related lockdowns in China were likely to exacerbate supply chain disruptions. Against this background, participants stated that they were highly attentive to inflation risks.』

見覚えがあると思いますがよーするに声明文の第1パラグラフ部分です。ということで2パラ目からが色々な項目に対する色々なお話です。


・「金融政策で需給のインバランスに対応する」と堂々と言ってるんですが

『Participants commented that after its rapid growth in the last quarter of 2021, real GDP had declined in the first quarter of this year, with net exports and inventory investment making large negative contributions to growth.』

今年の1-3の減速はネット輸出と在庫減少が主な要因だそうです。

『They noted, however, that these volatile components tended to contain little signal about subsequent growth and that household spending and business fixed investment had remained strong in the first quarter.』

上記要因はボラタイルなもので別にこれが弱いからといって継続的に弱い訳ではなくて、一方で家計消費と企業固定資産投資の強さが依然として継続しているので、

『These advances and the further tightening of labor market conditions were judged consistent with significant underlying momentum in the domestic economy. In line with this judgment, participants expected that real GDP would grow solidly in the current quarter.』

今の四半期に関しては労働市場は今後もタイト化が続くし、国内経済の基調的なモメンタムは大変に強いでしょう、と来てます。

『In their discussion of the economic outlook beyond the near term, participants indicated that they expected that output would expand more moderately this year than in 2021, with growth this year likely near or above its longer-run rate, and that the imbalance between aggregate demand and aggregate supply would diminish over time.』

でもってその先ですが、今年の成長率は潜在成長率程度か若干上になり、需給インバランスは時間を掛けて解消に向かうでしょう。

『Participants saw an appropriate firming of monetary policy as playing a central role in addressing this imbalance and in supporting the Federal Reserve's goals of maximum employment and price stability.』

しれっとチャーミングな事をいってましてですね、「適切な金融引き締めによってインバランスに対処するのがマンデート達成に重要」とか言ってまして、つまりこれは潜在成長並みに景気を減速させるのは当然やらないかんじゃろという話をしておりますよって、「景気減速の兆候が見えた」くらいで引き締めが止まると思うのはちょっと楽観にも程があると思いますけどどうでしょうかね。

なんせ「インバランスに金融政策で対応」となると、供給に対応できるわけないので、需要を締めましょうという話をしている訳ですから、いや何でそう「金融引き締めの勢いが緩和される」とか読める訳この辺りを見て、とアタクシなんぞは思うのですが・・・・・・・・・

『An easing of supply bottlenecks, a further rise in labor force participation, and the waning effects of pandemic-related fiscal policy support were cited as additional factors that could help reduce the supply-demand imbalances in the economy and lower inflation over the medium term. 』

『That said, the timing and magnitude of these effects were uncertain. Participants recognized the need to adjust the stance of policy depending on how these and other factors played out over time.』

その他労働参加の上昇とか財政支出効果の逓減とか、サプライチェーンの復旧とかも需給バランスを適正化する助けになるけど、まあいずれにしてもいつ出てくるのかはよくわからんからよく見ないとね。でこのぱら終了。


・家計消費の強さに住宅市場の話が絡まれておりますな

3パラ目。

『In their discussion of the household sector, participants indicated that they expected robust growth in consumption spending. They pointed to several elements supporting this outlook, including strong household balance sheets, wide availability of jobs, and the U.S. economy's resilience in the face of new waves of the virus.』

家計消費が相変わらず先行きロバストな成長をしそうなのですが、家計のバランスシートが強いのと労働参加のアベイラビリティと新型感染症来ても米国経済が強いのが背景、と言ってますが、このうち家計のバランスシートって要は家計のウェルスで株価もそうだけど住宅がホームエクイティーローンヒャッハーとなってる件がインフレ押し上げてるじゃろ、とか思う訳ですが・・・・・・・・

『The considerable increases in Treasury yields across maturities over the intermeeting period were associated with rising interest rates faced by households, particularly rates on home mortgages.』

直後にモーゲージ金利上昇の話が。

『A couple of participants reported that their business contacts continued to see robust housing demand and elevated home prices despite higher mortgage interest rates.』

2名の参加者はモーゲージ金利が上昇しても相変わらずの住宅需要ヒャッハーが続いている事を指摘してこのパラ終了という余韻の残る(個人の感想です)引き方ですな。つまりこれは住宅市場の過熱をどないかせんといかんという話を書いてないけど、そういう感じを受ける引きに読めましたが、まあそれはアタクシの個人の感想ですあくまでも。


・企業部門は主に供給不足要因についての話ですな

4パラ目は企業部門。

『With respect to the business sector, participants cited robust consumer demand, healthy household balance sheets, and inventory rebuilding as factors supportive of business activity and investment. 』

何でさっきの部分の引きがああなってるかというと、そうは言っても正面切って住宅バブルで家計の資産が水膨れしててその水膨れでヒャッハー消費してる、というような指摘は現時点では行っていないのがFEDでございまして、でも現実にはホームエクイティーローンヒャッハー状態だったりするので、これはFED及び腰、って感じもせんでもないのですけど、まああくまでもいまは「healthy household balance sheets」によって企業部門の活動にプラス寄与しているという話のようだ。

『The ability of firms to meet demand continued to be limited by labor shortages and supply chain bottlenecks. Although some participants noted that their business contacts had reported an easing of supply constraints, participants assessed that supply constraints overall were still significant and would likely take some time to be resolved.』

ロバストな需要に対応する為の供給不足、という話でサプライチェーンが一部改善の動きもあるが全体としてまだアカンのと、労働供給が足りんという話になっています。

『In addition, the invasion of Ukraine by Russia and COVID-related lockdowns in China were seen as likely to exacerbate supply chain disruptions. A few participants indicated that some of their business contacts were reportedly hesitant to expand capacity or had postponed construction projects.』

さらにその状況にロシアのウクライナ侵攻と中国のゼロコロナ政策が拍車をかけてます。


・労働市場の話は無茶苦茶強くて多少減速しても失業率はあがらんわなという位の指摘まで

5パラ目は労働市場。

『Participants commented that demand for labor continued to outstrip available supply across many parts of the economy and that their business contacts continued to report difficulties in hiring and retaining workers.』

労働需要を満たすための供給が足りなくて企業部門はヒーコラ言ってる、という認識から始まり、

『They observed that various indicators pointed to a very tight labor market.』

「various indicators」が「very tight labor market」を示している、とタイトですよと強調。

『Employment growth had continued at a strong pace, the unemployment rate had fallen to a near-50-year low, quits and job openings had remained extremely elevated, and nominal wages had continued to rise rapidly.』

労働市場の様々な指標を見てもどれもタイトです。

『A few participants noted that there were signs that the pandemic-related factors that had held back labor supply might be abating further, especially in the case of prime-age workers.』

数名の参加者はプライム世代が労働市場に戻ってきている兆候があると指摘。

『In addition, a few other participants suggested that the unwelcome erosion of real incomes due to high inflation may have contributed to the increase in labor supply.』

別の数名の参加者はインフレの高進により実質所得が減ってしまうことによって労働供給が増えますわなと指摘(鬼ですな^^)。

『Many participants indicated that they expected the labor market to remain tight and wage pressures to stay elevated for some time.』

多くの参加者は今しばらくは労働市場はタイトでお賃金の上昇圧力は強いままじゃろと示唆。

『Several participants raised the possibility that, in light of the exceptionally high ratio of vacancies to job searchers, a moderation in labor demand might serve to reduce vacancies and wage pressures without having significant effects on the unemployment rate.』

何人かの参加者は、現状で求人の比率が求職者に対してクッソ高い状態になっていることから勘案すると、求人が埋まっていき、賃金上昇圧力が緩和する局面においても、失業率が盛大に上昇するような事を伴わないのではないか、となってこの雇用に関する部分が締まっていまして、まあ要は無茶苦茶強いし、多少景気抑制的な金融政策してもヘーキヘーキって話をしておりますがなどう見ても。


・物価の話だがピークアウトの指摘がどうのこうのというのは何ぼ何でも部分的な所に注目し過ぎじゃろ

6パラ目がインフレのお話でまあ今回ここがメインイベントかな。

『Participants observed that inflation continued to run well above the Committee's longer-run goal and that inflation pressures were evident in a broad array of goods and services.』

inflation pressures were evident in a broad array of goods and servicesですのでまあコリャアカンという話ですわさ。

『Various participants remarked on the hardship caused by elevated inflation and heightened inflation uncertainty-including by eroding American families' real incomes and wealth and by making it more difficult for businesses to make production and investment plans.』

物価上昇で一般のアメリカンの皆様の生活が実質的に悪化するといういつもの庶民の皆様向けサービスフレーズですね。

『They also pointed out that high inflation could impede the achievement of maximum employment on a sustained basis.』

ハイインフレーションは最大雇用の持続的な達成にもいくない、というのも毎度出て来る話。何でなのかはイマイチ説明ないけど。

『Participants noted that developments associated with Russia's invasion of Ukraine, including surges in energy and commodity prices, were adding to near-term inflation pressures. In addition, COVID-related lockdowns in China were likely to disrupt global supply chains, potentially adding further upward pressure on the prices paid by U.S. businesses and consumers.』

ロシアのウクライナ侵攻と中国のゼロコロナ政策の影響は物価押し上げ要因、という何時もの話。

『Most participants indicated that their business contacts had continued to report that substantial increases in wages and input prices were being passed through into higher prices to their customers.』

殆どの参加者は投入コストと賃金上昇が物価にパススルーされている事を指摘。

『A few participants added that some of their contacts were starting to report that higher prices were hurting sales.』

数名の参加者は、ヒアリングデータによれば価格上昇によって販売が厳しくなってきている指摘があるとのお話。

『A number of participants observed that recent monthly data might suggest that overall price pressures may no longer be worsening. 』

確か後付け記事とかみるとこの部分、「何人かの(A number of)参加者は最近のデータをみると全体的な価格上昇圧力はこれ以上悪化(上昇)しないだろうというのを示唆している、と観測している」というのに盛大に反応した感じがしますが・・・・・・・・

『These participants also emphasized that price pressures remained elevated and that it was too early to be confident that inflation had peaked.』

そこに続く文章がこれで「These participants」なんだから今上記の指摘をした人たちの事なんですけど、「price pressures remained elevated and that it was too early to be confident that inflation had peaked」と言っている訳で、水準はそうは言ったって高いし、ピークを打ったというには時期尚早って言ってますし、そもそもManyとかMostとかでもない人たちの指摘に何でお前らそのお釈迦様の蜘蛛の糸の如く群がるんだよどんだけ中銀プット待望脳なのかと小一時間問い詰めたくなるのですがまあ人の事はシランガナということで。

『Many participants commented that measures of short-term inflation expectations were elevated or that far-forward measures of inflation compensation were near the upper edge of their historical range.』

でもってここからインフレ期待の話になっていますが、ショートタームのインフレ期待は上がりまくってエライことになっとるというのが多くの(Many)参加者から指摘されている訳で、おどれらこのパラグラフ通しで読んだら今年後半になると様子見とかどういう希望的観測なんだよと思う訳ですアタクシは(あくまでも個人の感想です)。

『Several participants judged that measures of longer-term inflation expectations derived from surveys of households, professional forecasters, and market participants still appeared to be broadly consistent with the Committee's longer-run inflation objective, likely reflecting respondents' confidence that the Federal Reserve would take the actions necessary to return inflation to 2 percent.』

ロンガータームのインフレ期待は家計のサーベイ、プロフェッショナルフォーキャスター調査、市場参加者によるものなど、総てに渡って概ね2%程度に維持されており、これはFRBの2%インフレ目標に対する皆様の信認を意味するものです!とロンガータームの話になると手前味噌発言が出てきますな。複数名の参加者意見、ではありますが。

『They noted that, together with appropriate firming of monetary policy and an eventual easing of supply constraints, well-anchored longer-term inflation expectations would support a return of inflation to levels consistent with the Committee's longer-run goal.』

手前味噌軍団の仰せによりますと、適切な金融引き締めと、今後起こるであろう供給制約の解消、ロンガータームのインフレ期待が十分アンカーされていることによって2%に向けて物価は戻るでしょう、という話になっていまして、まあそういうことにしておかないと短期金利超低過ぎ問題があるのでございますからそういうのでしょうが、昨日引用したのがその先の部分になりますが、だからこそ中立金利に向かって「expeditiously」に進まないといけませんね、という議論になっております。という所なのでまあ昨日のをあえて今日は残しておくので続きも見てちょと思いますです。

まあ何ですな、何ぼ先読みをするのがマーケットの重要な点と言いましても、今時点で「もう直ぐ物価も景気も減速するから利上げペースはいずれ鈍化ですわ」という水準が手前に来るというのはさすがにちょっとヒャッハーし過ぎなのではないか、と不肖このアタクシは思うのですが、どうもFEDに散々煮え湯を飲まされてきた(というよりもFEDの出してる情報発信ちゃんと読み込んでないだけだ(という程アタクシも読み込めている訳ではないけどさ)とアタクシは言いたい)何とかストの皆様が狂喜乱舞して米国金利ピーク説とか利上げペース鈍化説とかでヒャッホウしているのをベンダーヘッドラインで眺めておりまして、何ともかんともと思ってしまった昨日なのでありました。

で、次のパラからが昨日インスタント読みした部分になります。見通しのリスク→金融安定に関して→政策スタンスです。



(てなわけで昨日の拙文もついでに今日は下に残しておきます)



2022/05/26

お題「5月FOMC議事要旨である」

〇5月FOMC議事要旨だが既に散々前打ちされた話と同じではありますが色々と面白いし続きは明日で申し訳ない

寝起きで読み切るのはアタクシの知能では無理があるのでいつものようにインスタント読みになりますが(汗)。

[外部リンク] of the Federal Open Market Committee
May 3-4, 2022

A joint meeting of the Federal Open Market Committee and the Board of Governors of the Federal Reserve System was held in the offices of the Board of Governors on Tuesday, May 3, 2022, at 10:00 a.m. and continued on Wednesday, May 4, 2022, at 9:00 a.m.1

3月FOMCからビデオ会議ではなくなりましたですな。

・今回の議事要旨めっちゃみじけええええええええ

と思いました。まあ短いから全文寝起きで成敗できるかというと出来ないのですが、のっけからスタッフ報告からスタートしまして、これまでちょくちょくあった金融政策正常化に向けたAPPをどうするだのバランスシートをどうするだのガイダンスをどうするだのという感じの議論やらスタッフ報告がない、という物件になっています。

5月FOMCではバランスシートの縮小に関するお品書きがご案内のように出た訳ですけれども、これが出たということでバランスシートの正常化に関する方法論が片付き、あとは政策金利調整をどこまでやっていくのか、という割とシンプルな話になって、つまりはあとは「経済物価(というよりもインフレ鎮静化するかどうか、だと思いますが)の動向によって政策政策を調整するけど、最早方法論の所では議論になる訳ではなく、経済物価の判断および先行き見通しの差によって政策金利水準の度合いが決まる」というステージになっている、ということなんでしょうな(個人の感想です)。

とか何とかえらそーに言ったら次回辺りにまた何か別の論点が出て来るのかも知れませんけれども(爆)。

んな訳で今回は『Participants' Views on Current Conditions and the Economic Outlook』の逆順読みという何時ものインスタント読みをするのですが、ちょっと新企画(というかそもそも逆順読みがインチキ読みなので正常化に向けた検討ですが、笑)で、議論のお題の逆順読み、ということで上記部分の最後に書かれています金融政策スタンスに関する部分の9パラ〜12パラを先に読んでまいります。

・ほうほう投票メンバーどころか参加者全員が合意とな&スタンスは「引き締め」だよでも合意

では9パラ。

『In their consideration of the appropriate stance of monetary policy, all participants concurred that the U.S. economy was very strong, the labor market was extremely tight, and inflation was very high and well above the Committee's 2 percent inflation objective.』

はいはい全員一致全員一致ということで、これはまーフツーに声明文その他でも示されていますが、米国の経済物価情勢は「過熱」であるという見解で「全参加者」が一致しているんですよね。

『Against this backdrop, all participants agreed that it was appropriate to raise the target range for the federal funds rate 50 basis points at this meeting.』

投票メンバーどころか参加者全員が50利上げで同意っていうのも威勢のよろしい事です。

『They further anticipated that ongoing increases in the target range for the federal funds rate would be warranted to achieve the Committee's objectives.』

更に今後も引き上げるべきですと考えています。

『Participants also agreed that it was appropriate to start reducing the size of the Federal Reserve's balance sheet on June 1, as described in the Plans for Reducing the Size of the Federal Reserve's Balance Sheet that would be issued in conjunction with the postmeeting statement.』

バランスシート縮小に関しては今回出したお品書き通りの実施で合意した。

『Participants judged that an appropriate firming of the stance of monetary policy, along with an eventual waning of supply?demand imbalances, would help to keep longer-term inflation expectations anchored and bring inflation down over time to levels consistent with the Committee's 2 percent longer-run goal.』

もう完全に政策スタンスは「firming」となっておりまして、インフレ期待を2%に維持するために政策の引き締めをぶっこみますという話になっておりますですわな。


・「迅速な」中立金利への移行とバランスシートの中立化が求められるということで一致してあと2回50bpの話も

では10パラ。

『All participants reaffirmed their strong commitment and determination to take the measures necessary to restore price stability.』

物価安定を確保するために必要なことを行うしそれをコミットするのが大事だよ、とあくまで物価抑制大正義論が続きます。

『To this end, participants agreed that the Committee should expeditiously move the stance of monetary policy toward a neutral posture, through both increases in the target range for the federal funds rate and reductions in the size of the Federal Reserve's balance sheet.』

迅速(expeditiously)に誘導目標金利とバランスシートのサイズを中立状態まで政策を戻すべきである、ってあって、バランスシートのサイズあのお品書きでそんなに迅速に減るのかなというのが良く分からん(アタクシ米国のAPPの細かい所までは不勉強ですサーセン)。

『Most participants judged that 50 basis point increases in the target range would likely be appropriate at the next couple of meetings.』

殆ど(Most)の参加者は今後2回のFOMCで各50bpの利上げが適切と判断。

『Many participants assessed that the Committee's previous communications had been helpful in shifting market expectations regarding the policy outlook into better alignment with the Committee's assessment and had contributed to the tightening of financial conditions.』

多くの(Many)参加者はFOMCのこれまでのコミュニケーションによって、市場への理解が深まったことによって市場の期待がシフトして、ファイナンシャルコンディションがタイトニングしたことに「貢献した(had contributed)」と表現していましてファイナンシャルコンディションのタイトニングを歓迎しておりますな。

ということで、何でしょまあFEDが迅速にインフレ抑制に成功するから10年金利とか中立金利に毛が生えたような水準で無問題でっしゃろ的な市場のプライスアクションが最近起きているような気もするけど、その割には短い金利も下がっているので単に今の状況で既に引き締めだと思ってるのかも知れないので、何をどう市場がインプライしているのかがさっぱり分からんのですが、まあそれは兎も角として、何かホイホイと金利が下がって金融環境がまたぞろルーズになってしまうと、FOMCパーティシパントから牽制球飛んでこねえかという気はする(ハト派の人の発言はさておき)のだがさてどうなるやら。


・バランスシート縮小に関してはMBSも売っちまえという威勢の良い人と縮小に伴う市場混乱を懸念する向きが

11パラはバランスシート縮小の話。

『All participants supported the plans for reducing the size of the balance sheet. This reduction, starting on June 1, would work in parallel with increases in the target range for the policy rate in firming the stance of monetary policy.』

もはや「firming the stance of monetary policy」の連呼である。

『A number of participants remarked that, after balance sheet runoff was well under way, it would be appropriate for the Committee to consider sales of agency MBS to enable suitable progress toward a longer-run SOMA portfolio composed primarily of Treasury securities.』

何人かの(A number of)参加者はバランスシート縮小が順調に進んで行った暁にはMBSの売却も行いましょうという威勢の良い(かどうかはさておき)話をしております。この辺りの大義名分はあくまでも「FEDのポートフォリオは国債オンリーであるべきという原則に立ち返るべき」という名分であって、決して「住宅バブルのホームエクイティーローンヒャッハー状態が物価押し上げ要因だから怪しからんのでMBS売って冷やしましょう」ではないのですけど、その辺をどの程度考えているのかというのはこの辺りの主張をする高官のコメントとかをみてみたいです。

『Any program of sales of agency MBS would be announced well in advance. Regarding risks related to the balance sheet reduction, several participants noted the potential for unanticipated effects on financial market
conditions.』

数名の(several)の参加者はバランスシート縮小で望ましくない金融市場状況が起きるリスクについて言及してます。



では最後の11パラ。

『Participants agreed that the economic outlook was highly uncertain and that policy decisions should be data dependent and focused on returning inflation to the Committee's 2 percent goal while sustaining strong labor market conditions.』

お、このパラグラフは重要な話をしてそう、というのが冒頭から期待できますがさて・・・・・・

『At present, participants judged that it was important to move expeditiously to a more neutral monetary policy stance. 』

さっきも「expeditiously」が出てまして、これは例のニンブルの後継バズワードかと思ってしまいますが(2音節以下じゃないとバズワードにしにくい気もしますけど)手元にある23年前のデイリーコンサイス英和辞典だと、この形容詞形の訳語が「迅速な、手早い」でlyつくと「てきぱきと」って書いてありますが、迅速に上げるのだったらもっと威勢よく上げた方がエエンチャウノとか思わんでも無いのですが、まあそこはこの程度ちゅう話かいな。

『They also noted that a restrictive stance of policy may well become appropriate depending on the evolving economic outlook and the risks to the outlook.』

ちょwwwwおまwwwwwww

「a restrictive stance of policy may well become appropriate」と来ましたよ勿論その後に「depending on the evolving economic outlook and the risks to the outlook」ってのあるけど。

『Participants observed that developments associated with Russia's invasion of Ukraine and the COVID-related lockdowns in China posed heightened risks for both the United States and economies around the world.』

でもってやっと最初のところにあった「the economic outlook was highly uncertain」ネタが回収されますが、じゃあ何かこの事に対する政策インプリケーションがあるのかというと、この先を見ると「状況をみてあんじょうようやっていきましょうや」以外の事が書いていなくて、不確実だから引き締めスタンスを強めなくてエエンデネエノというような殊勝な話は出てこないんですよねこれがまた。

『Several participants commented on the challenges that monetary policy faced in restoring price stability while also maintaining strong labor market conditions. 』

チャレンジングな状態なのは分かったがだから何なのかというのが書かれていないので、「おやおやこれはえらいむつかしい局面にならはりましたなあ」くらいにしか読めないんですが結局どうしたいのかというとアイデア無いのかな、うーむ。

『In light of the high degree of uncertainty surrounding the economic outlook, participants judged that risk-management considerations would be important in deliberations over time regarding the appropriate policy stance.』

ここでやっと「経済の先行きが不透明なのでリスクマネジメント的なスタンスが今後も重要です」というのが出て来ます。まあここを見て「先行きの利上げ慎重だヒャッハー」と喜んでも良いかも知れませんが、逆に「中立には物凄い勢いで持って行く」という話も一方であるし、まあこれは後ろから読んでるアタクシのせいだからアレなんですが、問題は「経済の見通し」的にはウクライナの話と中国の話は景気抑制的でも、物価に対してはハイパーアゲアゲタイムになってしまう所ですので、それまで踏まえると少なくとも目先の利上げペースが緩むちゅうのはちょっと無いでしょうし、イマイチちゃんと気にしてないけど何ぼ何でもそこが止まるみたいな価格形成までは行かんじゃろ債券市場も、とは思うのですがあくまでも個人の感想です。

『Many participants judged that expediting the removal of policy accommodation would leave the Committee well positioned later this year to assess the effects of policy firming and the extent to which economic developments warranted policy adjustments.』

今年の終わりごろには「the removal of policy accommodation」をしておくのが、今後のポリシースタンスを考える上でも重要になるでしょう、って話で政策議論の所は終わっていて、何かとりあえず中立金利に物凄い勢いで持って行きたいのだけは良く分かるのですが、その後はその間にインフレの勢いが収まって2%に向けてヘロヘロとなっていくのかどうかにほぼ掛かっている感じなので、まあそういう意味ではここではその後にFOMC高官から次々とでた「景気がコケてもインフレを下げないと」という熱量ではないのかもしれないです。いやこれ政策部分の話しでも前半の熱量と後半の熱量が微妙に違う気もしないでもないという読後感がして、微妙に困るんだが、何はともあれ中立「と思われる」所には物凄い勢いで利上げしていく(と言ってもまあ50bp連続って感じでしょうけど)のだけは把握したので、従来路線の確認でもありましたかね。うーんムツカシイ。


ここからちょっと逆順読みします。時間があんまりないのでちょっとだけで続きは明日ですけど(サーセン)。今回の議事要旨は政策のところの前提をどう認識しているのか、も確認が必要だと思いますので、まあ手抜き読みは時間の無い時にはシャーナイナイですが、この議事要旨の分量、ということで最初に申し上げましたように、ある意味今までとは違って普通の普通に「経済物価情勢に鑑みて政策金利の調整をしまっせ」状態になっていて、フォワードコミットメントとかその手の手段がどうのこうのという世界ではなくなっている(中立まで金利が戻ればなおさらなのですが今はまだ大きい緩和状態)なあとは思ったんですよ曲がりなりにもFEDのこの手のもの見てきた門前の小僧的には。

ということでちょっとだけ戻ると、政策の話の前の所では「タイトニングに伴う市場の混乱とそれに伴う金融機関や金融仲介機能に関わるリスク」の話がありましてですね、


・タイトニングに伴う市場や金融仲介機能の毀損リスクへの言及

『Several participants who commented on issues related to financial stability noted that the tightening of monetary policy could interact with vulnerabilities related to the liquidity of markets for Treasury securities and to the private sector's intermediation capacity.』

数名による指摘ですけど。

『A couple of participants pointed to increased risks in financial markets linked to commodities following Russia's invasion of Ukraine, which had led to higher prices and volatility across a wide range of energy, agricultural, and metal products. These participants observed that the trading and risk-management practices of some key participants in commodities markets were not fully visible to regulatory authorities and noted that central counterparties (CCPs) needed to remain capable of managing risks associated with heightened volatility or that margin requirements at CCPs could give rise to significant liquidity demands for large banks, broker-dealers, and their clients.』

2名の方の指摘なんですけどね。市場のボラが急上昇した時に金融仲介機能のどこかにほころびがでないかとか、中央清算機関ではちゃんとリスクのカバーしないといけませんねとか、そういう指摘がありますね。


その前の2パラがインフレの話なんだがこれがクソ長くて全部やってると時間が足り無さそうなので、2つ目の「インフレ見通しのリスク」の方だけ引用しますサーセン後は皆さん議事要旨をよんでつかあさい。


・インフレリスクはアップサイドだらけ

『In their discussion of risks to the outlook, participants emphasized that they were highly attentive to inflation risks and would continue to monitor closely inflation developments and inflation expectations.』

先行きリスクではインフレとインフレ期待リスク来ました。

『They agreed that risks to inflation were skewed to the upside and cited several such risks, including those associated with ongoing supply bottlenecks and rising energy and commodity prices-both of which were exacerbated by the Russian invasion of Ukraine and COVID-related lockdowns in China.』

ウクライナ戦争と中国のリスク、について最終パラでありましたが、FOMCオープニングリマークでも言及されていましたように経済がどうのこうのの前にインフレリスクのアップサイドでした。

『Also mentioned were the risks associated with nominal wage growth continuing to run above levels consistent with 2 percent inflation over time and the extent to which households' high savings since the onset of the pandemic and healthy balance sheets would support greater-than-expected underlying momentum in consumer spending and contribute to upside inflation pressures. 』

お賃金がホイホイ上がり過ぎるリスク、しかも消費がコロナ期にたまった貯蓄のせいで全然勢いが落ちないのも物価のアップサイドリスクに繋がるとな。

『In addition, some participants emphasized that persistently high inflation heightened the risk that longer-term inflation expectations could become unanchored; in that case, the task of returning inflation to 2 percent would be more difficult.』

上振れ物価が続いてしまってインフレ期待が上振れるリスク、ってまあ当然の指摘ではあるのですが、これって「平均インフレ目標」みたいなのをやっていて、「メイクアップストラテジー」をしてればそのリスクはあるんだから、ブランシャールなどの言う平均インフレ目標だのインフレ水準目標だのという考えは机上の空論、と盛大に副議長時代にバッサリと斬って捨てる講演をしていたドン・コーンの偉大さが良く分かるというものです。

『Uncertainty about real activity was also seen as elevated. Various participants noted downside risks to the outlook, including risks associated with the Russian invasion and COVID-related lockdowns in China and the likelihood of a prolonged rise in energy and commodity prices.』

おおやっとロシアと中国による経済下押しリスクの言及来たわ、と思ったのですが返す刀で「エネルギー価格と商品価格の高騰が長期化すると経済に下押しリスク」と結局物価を下げる方が喫緊の課題という認識(なのか、そういうメッセージ性を出したい書き方にしたということなのかはともかくとして)なのは示されましたな。


という所で惜しくも時間が無くなったので続きは明日。
 

2022年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2022年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2022年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2022年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2022年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。