FPeye エフピーアイ
ホーム プライバシー・ポリシー サイトマップ お問い合わせ ブックマーク
サービスのご案内 コンテンツのご案内 会社のご案内 入会のご案内 入会のお申込み



 
コード・銘柄名・証券会社・キーワードなどから関連記事が検索できます。
 
アーリーバード(今朝の材料)
今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)
日経225先物マーケットプロファイル
ストラテジー(世界情勢と投資戦略)
データベース
レーティング一覧
過去のSQ値一覧


やぶのマーケットコメント
ディーリングコンパス
推奨銘柄
レーティング  [ レーティング基準 ]
ロングターム
裏街エレジー(割り切り系の銘柄や裏事情など)
ウィークリーレポート


エディターズROOM
レッスンページ
リンク集
FPeyeの歩き方
解約申請フォーム


 (無料会員様専用)
無料メルマガの設定が出来ます。

無料IDの取得はコチラから
※無料メルマガ配信開始!!
 
 (有料会員様専用)
株価の閲覧や有料会員様専用メルマガの設定が出来ます。
 
株式用語・経済用語検索 new
 
株用語のが検索できます。
 
上場企業一覧集

更新
自動更新 あり なし
お知らせ音 あり なし
※ COOKIEを有効にして下さい。


弊社代表取締役   藤ノ井俊樹 著
"実践的"投資研究家 盛岩外四 著
FXチャート自由自在
好評発売中!
ビンボー万歳!
むらやん(村上直樹):著
サガー・ジロー:イラスト

好評発売中!
弊社投資アドバイザー 泉 雅浩
コードワン投資研究所 緒方史法 著

でっかく儲かる! 資源株のすべて
好評発売中!
  弊社代表取締役 藤ノ井俊樹 著
個人投資家のための信用取引自由自在藤ノ井俊樹 著「個人投資家のための信用取引自由自在」
好評発売中!
無料銘柄相談 受付中!   無料銘柄相談
受付中!
  弊社代表 藤ノ井俊樹の「ロング・ショート戦略で自由自在 株式トレード必勝セミナー」
DVDがパンローリング社から発売になりました。
FPeye エフピーアイ 株情報のモバイルサイト モバイルサイト
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
金融商品仲介業のフォーキャストパートナーズ
 
「ストップ高」直撃ブログ
専業デイトレーダーむらやんのトレード日記。日々の取引履歴と資産残高を毎日公開している注目ブログです。
カブ知恵
雑誌等でおなじみの藤井英敏が、豊富な人脈を生かして「カブ知恵」だからこその新鮮な株式情報をお送りしています。まずは、カブ知恵HPへアクセス!!

今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)

表示件数
日付範囲 日 〜
タイトル   AND  OR 
本  文   AND  OR 
  
 
 

全部で 2件 の記事があります。(表示:1−1) 記事検索:5981


お題「円債市場ちゃんの死に様がある意味活写されていますな/久々に白井さんを見かけたので雑談」   2020/12/30(木)08:18:46  
  何となく字面で言っていることは伝わる(自由時報電子版より)
[外部リンク] 軍醫系統同時5人晉任少將
2020/12/29 10:50

『國防部29日舉行110上半年陸海空軍將官晉升布達典禮,國軍台中總醫院院長洪恭誠(左起)、
國防醫學院預防醫學研究所所長洪乙仁、國防醫學院三軍總醫院松山分院院長高中錚、國軍
花蓮總醫院院長戴明正、國軍高雄總醫院左營分院院長陳盈凱等5位軍醫少將晉任。
(記者羅沛攝)』(上記URL先の最初のサムネの写真の説明より)

台湾で国軍の医官が5名同時に少将(軍医少将)に昇任するという人事が行われました、
というのようでして、新型コロナの封じ込めに成功している台湾ならではのニュースで
ございますな(記事本文見ると新型コロナ肺炎の対応についての功績が説明されている
ように読めました)110ってのは民國110年ってことかいな(2021年が民國110年)。


一方の日本はこの有様であり彼我の差は当然の結果であります。
[外部リンク] 小中学生を狷旭瓩薫緡貼昌者に感謝の年賀状プラン 案の定ブーイング
12/21(月) 17:50配信


〇債券市場参加者会合の議事要旨をちょっと真面目に読んでみたけどやっぱり市場は腐海の海にズブズブと・・・・・

[外部リンク] 年 12 月 28 日
日本銀行金融市場局
「債券市場参加者会合」第 12 回議事要旨

何せ昨日も一昨日も横綱の売買高が11000枚ソコソコという事で、いいから今日は半ドンに
しやがれ(多分システム更改しちゃったからもう半ドンとか出来ないんですよね)と思う今日この頃で
ございます(なお半ドンの弊害は債券の一般売買とかオプションやってる方は半ドンなのに短期デスク
だけは締まる時間がズレてしまう(いつもズレるんですが半ドンだと特に差が出るから)所ですな、
うんうん)が、さてまあこの3か月ほど主要カレントの居場所が動かん(特に20年まで)という
素敵な相場でしたが皆様のご意見や如何に?

『1.開催要領

(日時)
銀行等グループ 12 月 9日(水)15 時 30 分から
証券等グループ 12 月 9日(水)17 時 20 分から
バイサイドグループ 12 月 10 日(木)15 時 30 分から

(形式)オンラインテレビ会議・電話会議
(参加者)「債券市場サーベイ」等に参加する金融機関の実務担当者
(本行出席者)金融市場局長、金融市場局総務課長、同市場調節課長、同市場企画課長 』

ほうほうそうですかそうですか。

『2.本行からの説明等
? 本行より、〆跳市場サーベイおよび東京短期金融市場サーベイの結果、国債市場の流動性、
最近の市場動向と市場調節について説明した。 』

そういやサーベイを読んだような気がするのだがネタにした気があんまりない(特に短期)。

『3.参加者の意見
・ 上記説明の後、意見交換を実施した。会合参加者から聞かれた主な意見は以下のとおり。』

ということで・・・・・・・・・


・年末年始大して時間ないけど改めて悩んでみたい何で長期化せんのよの件

『最近の債券市場についての見方』ってのが最初に来ますが、

『・ 国債増発による影響を懸念していたが、前回会合(6月)以降、日本銀行によるイールドカーブ・
コントロールにより 10 年金利がゼロ%近傍の狭いレンジで推移しているほか、20 年金利も銀行勢の
旺盛な投資需要を背景に横ばい圏内で推移している。日本銀行の買入れが相対的に少ない 30 年などの
超長期ゾーンは、7月以降の国債増発や海外金利上昇の影響もあり、幾分金利水準を切り上げている。』

まあそうですなと思いますが、マクラに「国債増発による影響を懸念していたが」ってありますけど、
今金利上がって困る人ってそらまあトレーダー目先ロングだと困るとかそういうのはあると思います
けれども、そもそも論としてマーケットメーカーは知らんが、リアル資金投資してるサイド的に
円債がパンパンのロングで金利上がったら死亡という人っておらんじゃろと個人の感想です的には
思うのですよ、毎度申し上げてますけど。

『・ 政府の経済対策に伴い預金取扱金融機関へ預け入れられる預金が増加していること等から、国債での
余資運用ニーズが高まっている。

・ 超長期ゾーンにおいては、生命保険会社の安定的な需要が存在することに加え、地域金融機関や
海外投資家の取引が増加している。』

まあ海外ちゃんはジャパンの投資家がヘッジ付き円投外債買ったりするのとは投資行動違うと
思うので海外ファクターって準備需要みたいなもの以外ってそんなに安定的には考えていないの
ですけど(個人の偏見です)、資金循環的にも、金利の絶対水準がやや足りない(あと20〜30
有ればもうちょっとこう絶対水準需要がバカスカ出てくると思うんだがアタクシが思ってるだけ
ですかそうですか)ので買いが手控えられ気味という時間帯が長いが故の実質的なバイサイドの
ショートポジションみたなのも含めて、普通に今長い所をホイホイだしてもエエヤンと思うのですが、
この調子だと大して長期化しないみたいな感じでエエのかそれとは思いますよね。

って全然日銀云々と関係ないですけど、ここで長期化、というか膨れ上がった短国の方が気になって
おりまして、日銀が買うからヘーキヘーキとか言いますけど、そうは申しましてもどうせ21年度
だってコロナで補正1本ぶっこんだ後、衆院選終わったらどうせ今度はポストコロナ(ウィズ・コロナ
かもしれないけど)社会の為の経済対策とか何とか言いながら21年度2発目の補正とか出るでしょ、
と思いまするに、今年度の補正による短国大増発は緊急避難で仕方ない面はあったのですが、
21年度当初の時点で短国からのシフトを進めておかないと、緊急避難場所が千客万来満員御礼
状態になっている所で大型補正キタコレになったらそっちの方がヤバかろうと思うんすけどね。

何でそんなに増発にビビるのかが良く分からん(と死亡フラグを来年に向けて建築なう)。


・うちの債券市場ちゃんが息をしていないの!!!の部分ですがちょっと引っ掛かるのがあった。

次の『債券市場の機能度・流動性についての見方』の最初の意見に初見で盛大にズッコケたんですが。

『・政府の緊急事態宣言発出中は市場参加者の業務運営体制の変更(在宅やバックアップサイトでの勤務等)
により、債券市場の機能度・流動性は大幅に低下した。その後、市場参加者が新たな業務運営体制に
習熟してきたこともあり、夏場以降、債券市場の機能度は概ね新型コロナウイルス感染症拡大前の
水準に復している。』

いやーこの意見なんすけど、初見でこの文字列を出されると「えーっとすいません、別に相手は
ガースーじゃないんだから忖度報告しなくっても良くってよ」とか血圧が上がりかけたのですが、
よくよく見たらこの方は債券市場における事務周りとかがスムーズに回っているか、即ち債券市場
ちゃんにおいて事務処理能力がボトルネックになって取引が阻害されることが無くなった、という
話をしているだけである、と二度見した時にやっと気が付いて、危うく変な悪態をつかずに済み
ましたですあっはっは。

まあキーワードが「機能度」だから機能度って入れたんだと思うのですが、これはあくまでも
事務周り面での話であって、市場の価格発見機能とかそういう意味での機能じゃないよね、と
思いまするに、ちょっとこれは発言の趣旨をもうちょっと踏まえて差し上げてください、って
思ったのだが、まあ実際に忖度ヨイショ発言だったらさすがにちょっとお前という話っす。


まあ事務周りのボトルネックは解消されたんですけど、肝心の取引の方が低調低調あんど低調な
訳でございまして、現実問題としては以下の意見にありますように、

『・市場参加者の売買が国債発行入札と国債買入オペのタイミングに集中しているため、セカンダリー市場の
取引は低水準となっており、債券市場の流動性は十分とはいい難い。』

という事になっておりまして、ロットが捌けない→普段の取引が控えられる→益々ロットが捌けなくなる、
の悪循環に陥っているというかもうアリジゴクから抜けられんじゃろと思いまするに、市場の価格発見
機能の部分って、マイナス金利YCCでの金利水準が問題だのの以前に、とにかくセカンダリー市場での
日銀のプレゼンスがデカすぎというのも相まっている訳で、これいずれは正常化しないといけない
市場機能なのに、ドンドン壊死して行っているという実感しかないので非常にマズイと思う。
もしかしたら3次補正とか来年度とかの国債市中消化において、あまり長期化が進まない状況に
なっているのが、単に発行サイドがビビっていただけではなくて、市場が壊死してきているからだと
いうのであれば物凄くアカン事だと思うのよね。

『・株価や海外金利が変動する局面にあっても、円債市場は安定的に推移したと評価できる一方、
ボラティリティが低水準であることは、取引活性化の観点からは必ずしも好ましいとはいえない。』

日経平均が700円上昇する中で横綱が数銭しか動いていない相場に昨日はアタクシも泣いた。

『・発行からある程度期間が経過した一部の既発債は、需給が特にタイト化している。 』

そらまあ日銀があんだけ買うわ投資家はセカンダリー売買低調だわですからシャーナイですな。

『・ 日銀ネットの操作が必要な国債発行入札と国債買入オペへの応札を在宅で実施可能となれば、
業務運営体制の一層の向上に繋がるだろう。』

まあ何ですな、アタクシは20世紀脳なので専用線と専用端末じゃないという今の日銀ネットですら
すげえええええと思うのですけど、まあ気持ちは良く分かります。ただまあ東証が1日止まっただけで
この世の終わりを招いた戦犯であるかのような非難と処分を食らっておられるという事案が発生して
いるだけに、あんまりその辺を日銀に求めるのは難しいんじゃないかなあ、と思います。


・オペ運営に関する意見を見ますとまあアレだ

『市場調節運営等』ですけどね。

『・ 新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴い、補正予算・来年度予算にかかるさらなる国債増発観測も
あるなかで、引き続き、柔軟かつ機動的なオペ運営および市場参加者との密接なコミュニケーションを
お願いしたい。』

『・ ボラティリティが上昇する予兆を捉えた際には、機動的なオペの調整により、過度な金利変動を
未然に抑制していただきたい。』

ってのが堂々と出てくるのを見ておじいちゃんはちょっと悲しかったんですけど、いやまあ立場によって
意見違うかも知れんけど、今のこの状況の中でしたら「ボラティリティ上等だぜドーンと掛かって来やがれ」
となって頂きたいんですけど「市場」の中の人だったら、という位のパッション(某証券の回し者ではない)
は持っていたいもんです。勿論その次に、

『・ 債券市場の低すぎるボラティリティに対して、オペ頻度引下げや買入れ日程上の工夫に加え、月間
購入額の減額も必要ではないか。

・ 超長期ゾーンの中でも、20 年債や 40 年債については、投資家需要が旺盛であり、需給が逼迫している。
市場機能度を改善させる観点から一段と柔軟なオペ運営を期待している。

・ CP・社債等買入れについては、無理に残高上限の達成を目指すのではなく、あくまでもバックストップと
しての位置付けでの運用を続けることが、市場の安定に寄与すると考えられる。』

というような一連の意見がありますので、最初の2つが市場の平均的見解とはあんまり思いたくは無いの
ですけど、まあ市場の流動性やら価格発見機能が落ちているどころか市場の壊死が静かに進行していると
いうのは、上の方の2つの意見にも表れている(別にこういう意見を言うのが悪いとか怪しからんとか
いう価値判断をアタクシはしないように心がけたいです、まあ一つの意見としては有りですからね)
んじゃないのかなあ、とまあそういう風に思いました。心配し過ぎかも知れんけどさ。


『今後の債券市場の見方・リスク 』の部分はどうでも良いので割愛します。




〇うっかり日経を読んでしまったので昨日の日経雑感

昨日は1面にアレな物件があったとの読者様の報告を受けてコンビニにひとっ走りして
日経新聞を査収したのですがこれは頭がクラクラ。

[外部リンク] コロナ時代(2)
2020年12月29日 2:00 [有料会員限定]

でまあ有料会員限定というだけに記事ちゃんの方は、

『新型コロナウイルス禍に対応した世界的な金融緩和は経済を下支えした半面、資産バブルや格差の
拡大も助長した。気候変動といった新たな政策課題も浮上するなか、中央銀行は今後どう動くべきか。
元日銀審議委員の白井さゆり・慶大教授に聞いた。』

『――中銀のコロナ対応をどう評価しますか。

「積極姿勢が目立ったのは欧州中央銀行(ECB)だ。足元の総資産は7兆ユーロ(880兆円強)とコロナ
の流行前から5割増えた。欧州連合(E...』(以上上記URL先より)

という所で終わっておりますのでシャーナイからさっき申し上げたように駅売り(コンビニだけど)の
日経を大枚はたいて絶賛査収して来たわけですが、一番吹いたのは、『2%の物価目標を見直し、
持続可能な成長につながる金融政策を探る時期が来るのではないか』(2020/12/29日経新聞朝刊1面より)
との御託宣。

さて、ここで白井大先生の過去のMPMにおける重要な投票行動を再確認してみましょう。

[外部リンク] 3 年 3 月 7 日
日本銀行

『(注1)白井委員より、基金の長期国債の買入れについて、「期限を定めない買入れ方式」を速やかに
導入し、「金融調節上の必要から行う国債買入れ」と統合する議案が提出され、反対多数で否決された
(賛成:白井委員、反対:白川委員、山口委員、西村委員、宮尾委員、森本委員、石田委員、佐藤委員、
木内委員)。』


[外部リンク] コロナ時代」の2人目に呼ぶのよどういう人選の感覚してる
のよ、とは思いました。

まあ何ですな、そんな訳で時流にいっちょかみの皆様が寄ってたかって「中銀、格差・環境にも配慮を」
みたいな話をぶっこんでくるようになっている、という現象を見事に活写したものとしてはこの人選は
秀逸と言えば秀逸なのですが、どうせ日経の事ですからそんな晒し上げみたいな発想はないでしょうから
ね、と思うのでした。何せ日経ちゃんは先日のMPM後の見直し云々に関して(会見QA読みたくて
翌日の朝刊を駅(コンビニ)売りで買いましたが)、

[外部リンク] 19:10 [有料会員限定]

とか何とか仰せでしたが、見直しを限定的ではなく幅広く行えみたいな話がイケシャーシャーと書いて
あったと思いますが、今まで散々っぱらQQEやらQQE2やら2%目標やら絶賛しておった話との
整合性はどうなっているんでしょうかねえという所ですのでまあね。

などとまた変な悪態を書いてしまいました年末だというのに年末気分じゃないから平常運転平常運転。


〇年末のご挨拶

年末ったって単に木金が休みなだけでGWより短いわ、という風情ですけど、まあ何というか
今年はバタバタしているうちに終わってしまいましたな、来年は良い年になりますようにm(__)m
 

2021年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2021年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2020年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2019年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2018年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2017年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2016年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2015年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2014年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2013年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2012年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2011年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2010年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2009年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2008年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年03月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年02月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2007年01月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年12月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年11月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年10月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年09月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年08月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年07月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年06月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年05月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧
2006年04月の「今朝のドラめもん(金融政策ウォッチ)」記事一覧

このサイトの内容は、情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決断は必ず読者ご自身で行ってください。掲載する内容については万全を期しておりますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではなくこれらの情報によって生じた損害について当社は一切の責任を負いませんので予めご了承願います。


   
   
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ベベのデイトレード日記
デイトレーダーの日課
Copyright (c) 2004FPeye,Co. Ltd. All rights reserved.
画像及び文章の無断転載は固くお断りします。